よくそんな ことが  言えたもんだ!!

フードバンク甲府 支所 閉鎖問題!! 甲府市との協働に疑問!!子供優先の市長公約?

2019年 令和元年 8月19日 長い夏休みと思いつつ、あっという間の9日間でした。本も二冊しか読めませんでした。

また、長い統一地方選挙も終わり、山梨自民党の一本化、長崎知事の誕生で、一区切りつき、これからはのんびり(怒られそう?)やろうかなと思っています。

 

■長崎知事が誕生以来、山梨に活気が出てきたような気がします。過日の新聞報道にありましたが、競技場問題とリニア駅問題が大きなテーマとして浮き上がってくると思います。蔵六的には、競技場は優先度下位(必要ないと考えています)、リニア駅は変更し利権構造を無くす・・です。また、山梨が稼ぐ金をどこで調達するか・・山梨の産業構造の改革(創造)を知事に期待したいしています。県政には、都度、是々非々で発信をしたいと思います。近未来的には、知事にお願いですが、甲府市の中心街の活性化問題(特に夜の)にも取り組んでほしいと思います。

ボランテアセンターの有り様も問題があるようです。

 

■さて、甲府市政です。

蔵六的には、開府500年寄付問題・信玄ミュージアム問題・動物園問題中心街の活性化問題(特に夜の)・公共交通問題・コンパクトシティ問題・健康都市甲府問題・ふるさと納税問題・甲府城周辺地域問題・等々・・頭に浮かんでくるものだけでもこれだけあります。

 

■他に、JR東日本問題・若者が選挙に行かない問題・何故、戦争に突入してしまったか問題等々も蔵六的には発信をしたいと思います。

 

■その他、友人の金丸さぶろう君が甲府市議会議長になった事もあり、市議会改革も大きなテーマとして発信したいと思います。

 

皆さまよりの、ご意見を、蔵六ドットコムにお寄せください。匿名にて投稿できます。

蔵六オフィス(JAZZ BAR BASIE)での議論もお待ちしています。

 

 

JAZZ BAR BASIE

貴方も街づくりに参加しよう!! 

■蔵六ドットコムの一つの目的は市民と政治との懸け橋になることです。

街づくりに必要なのは強力で正しい政治の力であり、市民は一票の行使により政治を選択することでまちづくりに参加することができます。蔵六ドットコムは、その政治と市民の懸け橋となることを目的とした、山梨、甲府が大好きな人達の為の、街づくり議論サイトです。

■同時に、蔵六ドットコムは甲府市民の民度の向上で街を変えようと考えています。

民度とはある地域に属する人々の文化や教育水準、行動様式などの程度を表す言葉です。街はそこに住み生活する市民の民度を端的に表現しています。したがって、甲府の街がこのようになった責任は、政治だけではなく、そこに住む甲府市民にあるとも言えます。結局、街を良くしようと思ったら民度の向上が必要ということになるわけです。蔵六ドットコムは、甲府市民の民度の向上を目的の一つとしています。

 

■蔵六ドットコムは税金の無駄遣いを許すことができません。

街づくりは、税金の使い方で良くも悪くもなります。ですから蔵六ドットコムは『税金の無駄遣いを追求する』をキャッチフレーズに行政を厳しく監視しています。昨今の行政は為政者に対する直接的な批判を避けるために「審議会」とか「有識者会議」を隠れ蓑に、言いたいことを提案させるという方法を多用していますが、蔵六ドットコムはこれまでココリやデュオヒルズへの税金投入問題など、多くの税金の無駄遣いを厳しく糾弾してきました。

 

■誰かが何かを行動しなければ、このままでは中心街は廃墟になってしまいます。

未来への議論は何が正しいかどうか誰にもわかりませんが、素人の我々は、素人なりに、酒を飲みつつ、蔵六のお店で議論を沸騰させたいと思っています・・・蔵六的には『共謀処』ののれんをくぐるとそこが街づくり発信地であり、貴方の問題提起の場所になれればと思っています。中心の浅草街飲食店街1階にその店はあります。

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

蔵六情報

5月1日 令和のスタートです。

 

3月吉日

チラシの折り込みを山梨広告社(新聞折込独占会社)に依頼したところ、政治的という事で拒否されました。

よって、BASIEの店の前でお手元に届くようにしました。また、ポステングをする事で交渉中です。

なお、折込の件は弁護士に相談の上対処しようと思います。

 

2月吉日

蔵六の5年間の区切りとして(あくまでも蔵六個人の問題ですが)旧甲府市に蔵六のチラシを新聞折り込みをする事にいたしました。本当は昨年の予定でしたが、時間がかかった事もあり、1月は選挙中という事もあり、2月に実施する事に致しました。

 

2019年

1月30日 山梨知事選・甲府市長選が終わりました。

蔵六的には、自民党の一本化、知事を代える・・この事を主張してきました。これは民の民意で答えがでました。

新しい、長崎知事に期待したいと思いますが、蔵六的には、色々県政にも発信を続けていきます。

市長選は、検証もなく、戦いもなく、樋口市長の継続になり、蔵六的にはマグマが溜まったままになりました。変わらず発信を続けます。

チラシは2月には実施できそうです。

1月元旦

蔵六は古希を迎える事になりました。まさに、老人真っ最中です。

モテギ(株)相談役は・モテギ(株)ご隠居へ・・

街づくりの蔵六ドットコムは継続へ・・・。

居心地のいい場所、好きなJAZZを聴き、好きな本をよむ場所BASIEは継続へ・・・

その他、子どもの貧困問題・何故戦争二・等々 継続へ・・

その他・・新し事始めます。

 

2018年9月

HINK 2019 行動を起こします。

ここ5年間の区切りの為、近いうちに、甲府市内、70000世帯に、チラシを投入する計画を立案中です。

 

 

 

 

貴方の気になる事を投稿しよう!!

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

今、この時代、毎日のニュースを見ると、なんで? どうして? どうなっているの? なんでこんな日本になっちゃったの? 納得できない!!等々苛立ちを感じ、自分も何かできないか? と思う事が多々あると思います。

しかしながら、そういった場所(自分の気持ちを表現できる場)はなかなか見つかりませんし、その一歩を踏み越えるのには大変なエネルギーが必要となります。また、話相手もなかなか見つかりません。この蔵六サイトは、皆さんのオピニオン(意見・主張)を自由に、無料で掲載できるサイトとして作成いたしました。

通常新聞等の投稿は匿名ではできません。このサイトでは匿名、ペンネームでも結構です。

どんな内容でも結構です。一度投稿してみてください。蔵六はいただいたテーマと内容を確認した上で、本サイトにアップして、議論の場を広げていきたいと考えています。

個人情報は守らせていただきます。

その輪が広がれば、何かしらの行動が起こるかもしれません。

次の世代を背負う若者たちが、この日本に、山梨に生まれてよかったと思っていただけたらと思います。もちろん、私と同じ環境の老後の生き方を模索している皆様の場としてもご利用いただければと思います。

また、私の経営する、JAZZ BAR BASIE (蔵六オフイス)は皆さんと議論する場としても考えています。

お金(代金は安く設定しています)はいただきますが、お店へのご来店も期待しています。

 

その議論の中から、なにか創造し、行動しできるものがあれば一緒にやってみましょう。

貴方の声なき声(意見・主張)

安全な内部告発で社会の健康診断を

2015年3月30日の毎日新聞です。身元を伏せたままインターネットを通じて内部告発ができるサイトが解説された。本格的な『匿名リークサイト』は日本ではこれまでなかったもので、駿河台の大学専任講師の八田真行氏が匿名化技術を利用して立ち上げた。

告発者とジャーナリストを繋ぎ、公益目的の報道に活用してもらい狙いだ。毎日新聞はこのサイトに第1号のジャーナリスト受信者として登録し、情報の受付を始めている。

・蔵六の議論の場 BAR BASIE

ここは、蔵六の関心のあるテーマをご案内していきます。蔵六はいろんなことに興味を持っています。一番やりたい事は、市議会改革であります。近代現代史の勉強もやりたいと考えています。若者に夢を持ってもらう事や、年寄りに(退職後)生きがいをもあります。教育もあり、政治もあり、ここで最初の問題提起ができないかなあとも思っています。ともかく、蔵六のやる事に興味がありましたら、蔵六オフィス(JAZZ BAR  BASIE)へ一度顔を出してみませんか。

JAZZBARBASIEとは

 

蔵六オフィスに併設しているのが、JAZZ BAR BASIEです。私の大好きなビッグバンドから名前を付けました。高校時代に初めて聞いた時のスイング感は私の人生を変えました。大学時代は明治のBSSというビッグバンドでトロンボーンを吹いていました。その時に集めたレコードを中心に音楽している店です。ここが皆様との議論の場ともなります。

ワイン、ウイスキーを中心に飲み物を用意しています。ぜひ、お立ち寄りください。県外の皆様は甲府の中心にありますので、甲府にお泊りの時にご利用いただければと思います。おいしい食べ物屋、いい子のいるバアー、クラブ、ラウンジ紹介します。

■また、この場所は、上記のようなテーマを議論する場でもあります。飲み物代はいただきますが(安く設定しています)ご承知置き下さい。また、テーマごとにグループができれば、何か行動に起こすことも考えています。

このエリアをクリックし、右パネルの入力欄にHTMLを貼り付けてください

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)