621日 参議院選挙、明日告示になります。当分この類の投稿は控えめにします。ソレニシテモ山梨自民党どうにかなりませんか!!

 

2005年(平成17年)、郵政選挙以来堀内家の怨念の黒雲が山梨県を覆っています。怨念から生まれた政治には、ふるさとの発展も、明るい未来も、健全な県政運営もありません。国政選挙も県議選も市町村長選挙もこの怨念に引きずられ、相手を敵視し、混乱し、ボロボロです。

 

堀内家は小泉総理から長崎幸太郎という刺客を送られ、自民党主流から野に降り、今に至るまでその怨念を引きずり、自民党県連はその後11年間、堀内対長崎という対立構図の中で、随所で水面下の戦いを繰り広げ、このことが自民党県連の結束を阻み、結束の乱れをいいように民進に利用され、その結果知事も甲府市長もたった8パーセントしか支持率のない民進に取られ、公約を次々に破棄する民進知事の下で山梨県は未曾有の不景気に見舞われ、景気動向指数は3ヶ月連続で全国最低を記録し、子供の学力も全国最低になり、リニアも生かせず、甲府開府500年も生かせず、中央商店街は閑古鳥が鳴き、山教組と自治労だけが元気で公務員と教員の給料だけが上がり、働く人の四割が年収二百万円で苦しむ中で、四県議除名だの、復帰だの、事あるごとに自民党同士の争いを繰り返してきました。教えてください、こんなことをいったいいつまで続ければ気が済むのですか、

 

そして615日、私怨からはじまり、堀内代議士の手足となって働くモト秘書らによってつくられた山親会という怨念の派閥が、とうとう山梨県議会最大の派閥に成長してしまいました。これはある意味山梨県最大の不幸です。常に対立を生む怨念の黒いココロザシから生まれた政治からは、暗い発想しか生まれません。明るい未来などトウテイ期待できません。厚い怨念の黒雲が山梨県全体を覆い光を遮っています。もうたくさんです。いい加減にしてください。もう気がすんだでしょう。堀内さんも長崎さんも立派な方です。個人感情で政治をやってはいけません。

 

郷土の生んだ偉大な政治家、堀内さんは亡くなりました。その遺志を継ぐモト秘書の県議会議員の皆さん。自分たちはいったい何をやっているんだと、もう一度自問自答してください。県政を目指したころの初心をもう一度取り戻してください。こんなことをやっていて、はたして山梨県のためになるのかを真剣に考えてください。

 

長い功績ある同じ自民党員の同志に刺客を送るという小泉さんのやり方も、確かに今思えばヒドイものでした。あの時堀内さんがどれだけ悔しかったかは理解できますが、もうあれから11年も経っているわけですから、堀内さんの遺志を継ぐ山親会は最大派閥になったことですし、もういい加減大人になって山梨のために矛を収めてください。ラグビーはどんなに激しく戦っても終了の笛と同時にノーサイドです。

 

ココから蔵六

■蔵六のサイトをオープンして一年、その投稿を抜粋した、山梨オピニオン2号の配布を始めました。皆様にお送しますので・・その旨ご連絡いただければと思います。また、蔵六の経営するBARにもありますので一言声をかけていただければと思います。良ければ一杯飲んで、お支払いをしていただけば感謝です。

 

    甲府市の議長が一年で変わる。最低2年位にしたらどうだろうか。4年の内2人の議長位にして・・議会改革等にとりくんでもらいたいなあ???

 

    リニアの駅の周りの構想が発表された。まあ、つまらない案であると思う。創造性がまったくない。あるものを並べただけ・・・リニアが本当にこの国をどう変えていくのか、人口減少の影響はどうなのか、議論をする切り口はあるあるある!! これも役人がつくった案を、お抱え学者が付いて、勉強しない審議員と、頭でしか考えない学者で、県民の声を聞いたと言って・・進めるのが目に見えるようだ。

 

    そうだ国会議員に質問をしよう。国会議員は、山梨の事に対しどんなビジョンを持っているのか全く分からない。リニアは国家の問題である。

 

蔵六のブツブツ

詳しくはこちらをクリック

 

3月14日 zouroku.com 山梨オピニオンです。

■民主党が新党名をどうするかでモメています。33日、民主党と維新の党が、新党の名称を一般公募すると発表したことがネットで話題になり早くもそれを揶揄する「笑点大切り」のような党名がネット上に発表されています。その中のオフザケ党名をちょっと紹介すると・・・七転八党 心中クラブ 新党さきがねぇ 今までありが党 反自民党 選挙互助会 国民の生活をごくたまに考える党 民主党と出戻り民主の仲間たち 本末転党 場外乱党 スーパー浅党 民主主義の墓場党・・・民主党の支持母体の連合は「民主」の名称を残したいと再三岡田さんに申し入れました。左よりの国や政党はなぜか「民主」でもないのに「民主」にこだわるのです。そこで真っ先に浮かぶのは北朝鮮の国名です。北朝鮮の正式名称は、「北朝鮮民主主義人民共和国」といいます。この国のどこが民主主義ですか?  中国も同じで、どう見たって人民が主体に見えないのに、「中華人民共和国」と言っています。ほかにもトルクメニスタン民主党や赤道ギニア民社党など党名とは裏腹に事実上の一党独裁制を敷いているものもあります。日本の民主党も同じです。日本の社会主義化、共産主義化を目指す日教組のような勢力が中心なのに民主党なんて名前をつけて、ことさら正体を隠そうとしているわけです。このやり方は、どう見たってマルチなのに「いや、私のところはマルチじゃありません」と言ってだまそうとする悪徳ネズミ講業者と良く似ています。党が目指すところを正直に言っちゃったらそのへんのカラクリがバレバレになってしまうので「何を目指す政党なのか」ということをいまだにアイマイにしている政党なんて、わけがわかりません。こんな党は次の選挙でさっさと消滅してください。ところで後藤知事の117も並べた甘い公約と、その後の不履行。出来なかったときの、なんともわけのわからない言い訳を聞いていると、あの民主党政権時代の悪夢がよみがえってきます。やっぱりこの人にも民主党の血が流れているのですね。で、この夏の民主党参議院候補の宮澤さん、まさか、あなたも・・そうなるんじゃありませんよね。

3月6日 

国勢調査員が調査票配布にいらした際、「家族構成と全員の氏名を教えて下さい」と言われました。 以前、聞かれたことはなかったので、確認しましたら、「昔のことは分かりません」と言われました。 調査票にちゃんと家族の氏名欄があるのに、何故調査員にまで教える必要があるのでしょうか。 調査員の手間になりますし、家族の個人情報が調査員個人に分かってしまうので大変不安です。 調査員全員が良い人であるはずがなく、将来流用されたり、悪用されることだって考えられます。 実は今回いらした国勢調査員が同じマンションの人で宗教関係者です。宗教というのは創価学会です。 以前、この人を含めたマンションと近所の学会信者から学会の勧誘や公明党の選挙投票依頼など、 しつこく訪問やお茶の誘いや付きまとわれたりしました。 あの連中、普段は「おはようございます」「こんにちは」・・・挨拶など普通にとりなしていますが、 勧誘や選挙となると人格や態度が豹変いたします。 マインドコントロール(洗脳)とは正にこのことで、あの変わり様にはビックリします。 被害を経験した人でないとあの恐怖は理解できないでしょう。 ノルマがあるらしく、こちらの迷惑など全く考えていません。 子供が小学校に上がる年、有志が登校班や歓迎会をやるとのことで出席したら、表面上装った勧誘の場でした。 池田大作の写真が貼ってあり、最後に場の流れで全員が題目を念唱させられてしまいました。 何度も何度も断ってやっと解放されたといいますか、勧誘や訪問はなくなったのですが・・・、 しかし、その後、腹いせか、家族が嫌がらせや悪戯やデマ流布や付きまといを受けるようになりました。  ・・・・・・・・・・・・・・  盗聴・盗撮(電話、インターホン、火災警報器、廊下外灯、近隣宅、GPS・・・) ※専門犯罪部隊あり  壁・天井の軋み ※電磁波照射  悪徳営業・無言・念仏等悪戯電話  未注文配達  車・自転車パンク・傷・空気抜き  玄関前吸殻・ゴミ散乱  廊下で子供達の大声・走り回り  大人の鼻歌・口笛・奇声、わざと咳・クシャミ・唾吐き  新聞紛失や聖教新聞摩り替え  郵便物紛失や投捨散乱・郵便箱破壊  ドンピシャ待ち伏せや玄関ドア開け(非常に危険 爆音・急発進/急停車・すれすれ猛スピード(非常に危険 宅配トラック・郵便バイク・Yレデイー等不審な徘徊や付纏い  ママ友・近隣・学校・お店・病院・・・へ誹謗中傷・デマ流布  ・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・ まだまだあります。もっと酷い犯罪と人権侵害を受けていますが、その内容が本旨ではないので止めます。 ---------- 先日久しぶりに、この人がいらしたのでビックリしましたが、 「今回は勧誘でないから安心して・・調査員で調査票配布に来ただけ・・」のような趣旨を言われました。 しかし、国勢調査員であっても、この人はれっきとした創価学会員です。表と裏の顔・人格があります。 あの時の態度や立振舞いと仕打ちは決して忘れませんから、こんな人に個人情報を預ける気など全くしません。 私達家族は今も深刻な被害が続いているんです。 大事な家族の個人情報を扱う人は特定宗教や団体に偏らない公正中立第三者的立場であるべきです。 他人や組織に情報を漏らさないことが絶対条件であるべきです。 でも学会員は横の繋がりが強く、役所や自治会、地域、学校・会社、業種等でコミュニテイを形成しています。 残念ですが警察も然り、このマンションにも創価コミュニテイ(○○○会)はあります。 預けた家族の個人情報は必ず漏れて信者の間で共有することになってしまいます。 創価系企業から学会本部への情報提供は今では公然の事実です。 例えば、情報流出で問題になったベネッセは創価系企業で、進研ゼミ等の塾に子供を通わせると、 家族の個人情報が自動的に学会本部に流れます。塾通いの親の間では知れ渡っています。 ヤクルトレデイーも同様です。大変危険です。 --------- 創価学会は日本のマスコミに大枚をばら撒いていますので、学会の不祥事・事件・犯罪は一切報道されません。 広告や輪転機(聖教新聞)等創価と癒着して、本来市民の味方で社会悪糾弾すべきマスコミには失望しています。 国会の総務委員会は昔から公明党が委員長枠を独占しています。 警察とNHKの予算案・人事権を握っており、創価公明党に逆らえません。警察とNHK懐柔策です。 国土交通省大臣枠のみ固執するのも大きな理由があります。 外務省大鳳会、宮内庁長官、法務省人権擁護局長・・・等公権力が創価学会に侵食されています。 創価公明党は与党でしかも批判に晒されない第2党です。寧ろ何故か矛先を向けない野党には失望しています。 もう宗教法人や政教分離の理念を逸脱した法律違反・憲法違反を犯しています。 その脅威は信教の自由を逆手にとったオウムや他カルトの比ではありません。 早く手を打たないと、池田大作が唱えた「総体革命」が本当に現実となってしまいます。 しかし、海外では既にカルト指定されています。 アマゾンでは「池田大作と暴力団」「憚らず」・・・等暴力団癒着の本が出ています。 宗教法人とは名ばかり、実体はカルトと暴力団まがいの犯罪組織です。 組織あげて、嫌がらせ・悪戯・デマ流布・付きまとう集団ストーカーという犯罪は全国で発生しています。 ターゲット(対象)となるのは、勧誘を断った人、脱退者、別宗派、政治家(公明党除く)です。 莫大な資金と信者を背景に寄って集って個人に攻撃を仕掛けてきます。平和宗教が実際はゴロツキ集団です。 創価学会や集団ストーカー周知・糾弾デモは全国で行われています。 このようなカルト組織の信者を国勢調査員に任命して、一般市民の大事な個人情報を晒して良いのでしょうか。 氏名・住所の他に、勤務先記入欄がありますが、悪用されたら本人も会社も被害にあう可能性が出てきます。 何故、国勢調査で勤務先情報まで必要なのか大変疑問に感じています。 国勢調査員はどういう基準で選ばれるか分かりませんが、是非今後の改善を願っています。 被害者でない一般国民は知りませんが、ネットで少し調べれば、創価学会の実体が分かります。 [創価 カルト][創価 犯罪][創価 脱税][創価 集団スト-カー][創価 広宣部][鶴タブー][創価 解体デモ] [創価 暴力団][池田大作と暴力団][池田大作 強姦][カルトタウン 信濃町][創価企業][創価有名人]・・・で 実像がはっきりします。全情報が正しい訳ではありませんが、これでもかなりのことが分かってきます。 創価が世間から嫌われていることは自覚していて、自分から信者と公表することは普通ありません。 公明党議員の95%は学会員ですが、その事実や創価の話は絶対伏せます。尋ねると嫌がったり怒ります。 因みに、学会員の違法な住民票移動(すり替え投票)により公明党議員は全員当選を果たしています。 ネットでこれだけ叩かれて、真実や実体が明らかになっています。 宗教タブーとかマスコミが報道しないから・・・関知しません・知りませんではもう済まされないでしょう。 警察も創価事案だとやる気がないというか、対応がうやむやで避けます、情けなく残念でなりません。 野放しだからやりたい放題で、多くの市民がカルト創価の犯罪の犠牲となってきました。 長年放置してきた為政側の怠慢と責任は大きいはずです。 本来最優先でやるべき事案を避け、どうでもよいことに勤しんでポーズを取っているようにしか見えません。 市民の生活と安全を守るのが行政や政治家の役割であって、そのための税金ではないのでしょうか。 --------- こんな組織の学会員を国勢調査員に任命して、市民の個人情報が晒されることは止めるべきです。 国勢調査を利用し、情報が本部に流れ信者に渡り、勧誘、選挙、悪徳商法、集スト犯罪・・・に悪用されます。 被害や犯罪に巻き込まれた例は多数載っています。 清水由紀子さん、騒音おばさん、氷川きよし傷害事件・・・等執拗な勧誘が社会に不幸を撒散らしています。 ~~調査員は自治会等より推薦され選ばれます。総務大臣から臨時国家公務員に任命されます。~~とか? 指名する側の自治会や町内会幹部にも結構紛れ込んでいるという話は聞いております。 ですから、紐付いた学会員が調査員に指名されることが多くなるのでしょうか。 というか、情報収集の目的から学会員が自ら名乗りを上げるよう指示されているという情報もあります。 そういう構図が根本的問題なのかもしれませんね。ターゲットを仏敵(敵対者)と称し、近隣学会員と結託して、 宅配・郵便・食品配達・タクシ-等、常時周回と個人情報収集の立場を悪用した集スト犯罪が行われています。 カルト信者を一時的にせよ、国家公務員なんて!言語道断です。 例えば、犯罪者とか暴力団とかでは絶対に駄目なはずですよね。 あの連中から犯罪と人権侵害を受けている私達家族は、創価学会だって同類以下の意識を持っていますよ。 --------- 国民として国勢調査には是非協力したいのですが、大事な個人情報を扱う国勢調査員があぁだと無理です。 家族が危険に晒されたり、犯罪に巻き込まれる可能性が一層増えます。被害者の気持ちを察して下さい。 将来、子供や孫・・・の世代が安全で平和な社会になってくれるのかとても心配です。 何も気づかず、日本は世界一平和国家・民主国家・・・などと嘯いている人達は本当に幸せでしょうか? 早く実態に気づいて、国民に「ストップ・ザ・創価」の意識が芽生えることを期待します。 組織の実態把握、情報漏洩防止と罰則強化、任命制限、記入項目見直しの改善を願って止みません。 参考意見として、是非ご検討をお願い申し上げます。

■かつては共産党は全選挙区に公認候補を擁立していましたが、負けるたんびに没収される供託金の費用がバカにならず、そのうえ尖閣や南沙諸島で共産主義の中国がやりたい放題をはじめてからは、共産主義そのものの人気も凋落気味で、収入源の赤旗新聞の部数も減ってしまいました。そこで野党の邪魔をしている候補者を下ろして、その代わり自分の主張(つまり日本の共産主義化)を通そうという主義に方向転換を図っているわけです。それに民主党県連がうかうかと乗ろうとしているのは、教育による日本の共産主義化を目指している山教組(山梨県教職員組合)のドン輿石東さんのタマモノでしょうが、統一候補の宮澤女史は、最近はソフト路線に切り替えようとしている日本共産党が過去どんな恐ろしいことをしてきたのか、ホントウにご存知なんでしょうか。(「日本共産党の正体」でググれば恐ろしい話が山ほど出てきます。)で、宮澤女子はそんな共産党と連携することによって「天皇制」にはマッコウ反対、国歌は歌わない、国旗は無視、中国と小競り合いになったときに国を守る法案はツブスという思想に染まってしまったんですが、こんなんじゃあなたの保育園に子供を預けている人が心配になります。最初は無所属で出ようと考えていたらしい宮澤さん、輿石さんの後継指名に乗ってしまった時から心配していましたが、なんにも言わないで、ニコニコしていれば、このままタブン勝つでしょうが、言いたくもないことを言わされながら国会議員になっても、いままでやってきたものが何にもならなくなってしまいます。それでも何でも議員になりたいというのであれば、結局あなたは子供の教育なんかニノツギで、ご自分の立身出世のために「子育て支援」を利用したことになってしまいます。これではあなたを信じ、あなたを応援したい人も離れていくでしょう。日頃のあなたの言動を知っているだけに、輿石さんと手を結んだときにもビックリしましたが、こんどは共産党ですか。ますますあなたという人が解らなくなります。

 

維新の参議院議員小野次郎さんが心配です。この人はヤマナシを代表する信念のある有能な政治家なのに、やることなすことが裏目に出るんですね。05年の郵政選挙で小泉首相の秘書官を辞して衆議院に当選、自民党内ではいわゆる小泉チルドレンの代表格として活躍して、その頃は郷土の期待も大変大きかったのですが、税金の無駄遣いを一円たりとも許さないと09年麻生内閣の定額給付金議決に退席、棄権したのがケチの付きはじめになってしまい、その年の選挙で落選してしまいました。10年には自民党を離党してみんなの党へ。その年の比例で当選、「これで一安心」と思ったら、例のゴタゴタでみんなの党を離党、結いの党の旗揚げに参加。14年には結いの党は当時人気絶頂の維新に合流、小野さんはここで幹事長代理に就任したのですが、15年の橋下騒動で維新の党はおおさか維新の会と二つに分裂、小野さんはここで(人気の無いほうの)維新の党に残ったのです。その後維新の党は民主党との合流を目指し今日に至っているのですが、ここで問題は小野さん達の旧みんなの党の比例で当選した人たちで、比例で当選した人は、当選したときに存在していた他党に移籍することは出来ないという規定があって、民主党は維新の勢力を吸収したいのに、それが出来ない状態になってしまったのです。自民党、結いの党、維新と、党を移籍すればするほど進路を狭める結果になってしまった小野さんは、結局次の選挙は(超)人気のない維新の比例で出馬せざるを得ない状況になってしまいました。しかしここまでは自分の信念を貫いた結果ですから小野さんらしい信念の行動と評価する人も少なくないのに、22日の新聞でアノ輿石東さんのタスキを受け継いだ宮澤女史と手を組むという記事を見て、アゼンとさせられました。小野さんの経歴のどこを探しても山教組(山梨県教職員組合)の新ボスと手を組む必然性はマッタク見当たりません。小野さん、宮澤女史との協力はマイナスになれこそ、プラスになることは決してありません。山教組(山梨県教職員組合)の片棒を担いだ政治家と一生言われ続けるのですよ。それより「信念の人、小野次郎」を貫き通し、たとえ今回は落選しても次を期すことが重要です。あなたほどの能力があれば次の活躍の場は将来必ず用意されるはずです。

 

11月27日 え、本当に自民党復党するの????

■山梨県の皆様オメデトウございます。1127日のサンニチ新聞によると、4県議の自民党復党が決まったそうです。自民党一本化が実現しました。これでようやく輿石さんに対抗するまっとうな候補者が立てられます。そしてまっとうな選挙になります。とは言っても、県民が日教組を選択するか、自民党を選ぶのかは別問題ですが、とにかくこれで全国最低レベルにある山梨県の学校教育改革と、加入率95パーセントという異常な山教組(山梨県教職員組合)の正常化の第一歩が踏み出されたわけです。みなさん、今年の夏にはヤマナシが変わりますよ~その日まで気を抜かないで頑張りましょう。とにかく良かった、良かった。なんとしても山教組(山梨県教職員組合)を全国平均並みの組織率25パーセントにもっていかなければ、ヤマナシは永久に変わりません。山梨県に生まれた子供に未来はアリマセン。

 

■もし、復党したら…長崎幸太郎さんと堀内問題は置いといて参議院選挙という事になるのかな?? 大人の対応かな?? 県民なめているんじゃないの!!! と蔵六は思うのですが・・それでも、輿石さんに勝てば、山梨の教育が変わるんじゃいいかな?? 公共事業40%も減っているのは・・民主党知事のせいだと自民党の一人が言っていたと聞く・・イやな世界だな・・・

蔵六

 

11月10日 来年の参議院選は輿石で決まり!!

なるほど、そうきましたか。11月10日のサンニチ新聞です。自民党山梨県連は来年の参議院選挙の候補者を公募することに決めたそうです。2週間(!)で公募を済ませ、2週間で候補を決めるそうです。(森屋さんの言うには)みなさんどしどし応募してください。ただし自民党は2つに分裂してますから、半分しか応援できませんがアシカラズ。あ、それから応募したい方は国会議員と県議と組合支部長の推薦が必要ですから、かなりハードルは高いと思います。アト県内各所に選挙事務所を作るんだったら相当な費用がかかりますけど、その辺はご自分でヨロシク。・・・誰がこんなもの応募できますか!これで輿石さんに勝てるとでも考えているんでしょうか。泡沫候補を一人つくってオシマイという作戦がミエミエの公募劇場になりそうです。ワカンナイのは、この夏以来すべてが「輿石再選」にむかって動いていることです。それに対して対抗する(はずの)自民党は・・・あらゆる動きが輿石さんに有利になるように動いているのです。まるで輿石再選を願っているような堀内・皆川・森屋ラインって・・・いったいこれはどういうことなのでしょうか。誰か事情に詳しい人、どうなってるのか教えてください。蔵六さんはどう思います?これじゃあ日本の教育も、山梨の教育も良くなるはずがないと思うんですが。  

11月2日 山梨自民党に期待するかな・・・・・・

1月2日のサンニチ新聞の記事からです。自民党県連の党紀委員会のメンバー人事が決まりました。委員長に注目の皆川さん、4県議復党を希望する県民クラブが3名、復党に反対する山親会から3名という、なんともビミョーな人選です。この人事は大げさに言うと山梨の明日を占うキワメテ大切な、県民生活にも大いに影響する人選であることをまだ多くの県民は気がついていません。4県議が復党すると→自民党県連の一本化→自民党は来夏の参議院選挙で公認候補を出せる→三日選挙が使えない輿石さんの惨敗→輿石さんの引退→山教組(山梨県教職員組合)の弱体化→山梨の教育現場が明るくなる→先生方のヤル気が出る→子供たちも喜ぶ→親も喜ぶ・・・と(必ず)こうなるんです。なることを願います。なるんじゃないですか・・・。これで山梨県の空を覆っていた黒い雲がパーっと晴れて、甲府盆地に希望が戻ってきます。3対3・・・それにしてもナントもビミョーな人選です。ハタシテ自民党の一本化は実現するんでしょうか。いずれにしても森屋さんの手腕に県民の期待が掛かっています。自身も教育者の森屋さん、山梨の子供たちのために、よろしくお願いします。

10月28日 山梨自民党 三役人事に一言

富士急行の堀内家には代議士を出し続けなければならないという事情がありました。朝日新聞が2007年9月7日に報じた「山梨県が80年間に渡り県有地を随意契約で格安賃貸している」問題です。政治の影響力がなくなるとその問題に火がつきかねません。郵政民営化に反対したおかげで長崎幸太郎さんという刺客を送られ、息子のお嫁さんを立てまで議席を守ろうとしたのは、そういう事情があったからです。山本さんと横内さんが一騎打ちになったとき堀内家は山本さんを応援しました。その時民主党系も山本さんを応援し、堀内家と輿石さんの関係が強くなりました。元秘書の皆川さんは堀内さんの懐刀です。自民党山梨県連幹事長として皆川さんが堀内さんの意を汲んで長崎勢力の排除行動に及んだ結果自民党県連は二つに分裂しました。そのスキを縫って民主党系の知事と甲府市長が誕生してしまいました。民主党だからイケナイというわけではなく、その裏にいる山教組(山梨県教職員組合)が県政、市政に影響力を持つことに県民は不安を感じているのです。なにせその親方が「教育に政治が介入して何が悪い」と広言する輿石東さんだからです。このたびやっと誕生した森屋自民党県連代表の下で三役人事が難航していると10月27日のサンニチ新聞で報じられました。堀内さんの勢力が県連三役に皆川さんを押し込もうとしているからです。皆川さんだけはイケマセン。ある意味山梨の教育と県政、甲府市政、地元経済をこれだけ悪くした責任の一端は、堀内さんの手足となって働いてきた皆川さんにあるからとも言えるからです。多くの山梨県民はリベラルで温厚な森屋さんに期待しています。森屋さん、一日も早く自民党を一本化して来夏の参議院選挙に候補を立て、輿石さんによる山教組(山梨県教職員組合)支配を終わらせてください。輿石さんがいなくなれば山梨の学校教育現場は大きく変わります。知事選、市長選の行方も変わります。山梨の経済にも、もう少し明るさが戻ってくるでしょう。

10月19日 政党問題に一つ・・どうする小沢氏

とうとう行き場を失ったようですね、小沢鋭仁さん。10月12日のサンニチ新聞では一面トップで苦悩の表情の写真が載っています。ま、「身から出たサビ」ってもんでしょう。維新に残留しても新党に合流しても針のムシロ。再国替えなどとお殿様のようなことを言っていますが、かつての支持者も離れているようだし、連合ヤマナシも怒り心頭で、ご本人は無所属でも山梨1区からと考えているようですが、県民はとっくに「終わった人」と思っています。1993年から連続8期22年間も政治家をやってきて、韓国とパチンコ業界のためには活躍したものの、山梨のためには記憶に残ることをなーんにもしてこなかった、こんな政治かも珍しい。ただ単に自分の保身のために政党を渡り歩き、とうとう行き場を失われたわけです。もういいかげん御引退されたらいかがですか。しかしこの人が国政をあきらめて県知事に、などという変な考えを示されたら、もっと山梨県民は困ったことになってしまうから、それだけはやめて欲しいものです。

詳しくはこちらをクリック

10月16日 自民党の敵は自民党・・・

山梨県の自民党は輿石さんの手のひらの上でいいように転がされています。10月15日のサンニチ新聞に自民党山梨県連会長選挙の記事がありました。自民党本部が「早く4県議を復党させ、県内の自民党を一本化しなさい」と言っているのは、当然来年夏の参議院選に輿石東さんの対抗馬を立てるためでしょう。それをやられたらたまらない輿石さんは山本知事選以来の盟友、堀内さんとオモワクが一致していますから、なんとしても4県議の復党と自民党の一本化を阻止したいわけです。でも自民党本部の矢の催促に耐え切れず「それでは4県議復党の前に会長選挙をやりましょう」ということになりました。実はこの提案が大きな罠だったのです。で、10月21日告示、11月4日開票というイソガシイことになりましたが。そこで前執行部系(堀内さん系)が推すのは森屋参議院議員。山梨県の自民党員は圧倒的に堀内さん系が多いので森屋さんの圧勝は目に見えています。結果として森屋さんに決まったらトウブン4県議の復党も自民党の一本かもナイ、ナイと読んだのが山教組(山梨県教職員組合)のドン、輿石東さんです。誰がこの筋書きを書いたのかはナゾですが、スゴイですね、ここまでして自分の議席を守りたいという輿石さんの執念に脱帽です。ところでカンケイナイと思っているお母さん方、この選挙の結果はオオゲサにいうと今後の山梨県の学校教育を左右することになるかもしれないタイヘン身近な選挙なのですよ。こうなったら山梨県民は、森屋さんの対抗馬を出す(はずの)最大派閥の自民党県民クラブのガンバリに期待するしかありません。

詳しくはこちらをクリック

10月13日 がたがた山梨民主党

10月10日のサンニチ新聞によると、山梨県の民主党ガタガタですね。選挙に教育をいいように使いまわして現場の先生と親たちの反感を買ったツケがいよいよ表面化して、ウッセキしていた県民の不満が民主党議員たちの足元を揺るがしています。ま、当然と言えば当然の結果で、自分たちの招いた痛みですから、この際存分に味わってください。いま全国の日教組組織率は24パーセントに低下し、新任の若い先生は20パーセントしか組合に加入していません。それなのに山梨県だけがほぼ100パーセント近い加入率を示し全国でもきわめて異常なことになっています。山教組(山梨県教職員組合)はドン輿石東さんを頂点に教員人事を一手に握ることで先生方をいいように動員して選挙においては県内最強の集票マシンと化し、その分手薄になった教育現場では小学校6年算数Bで見事に全国最下位の称号を取ってしまいました。「これではヤッテラレナイよ」と先生方が言わないのが不思議です。全国の加入率から見ても4人に3人の先生は「不本意ながら」組合のいいなりになっていると思います。しかし話し合いさえ出来ない閉鎖社会の中でお一人で悩んでおられるのでしょう。青雲の志を抱いて次代の若者を育てる教師という尊い道を選ばれ、子供たちを指導する立場に居られる先生方は、教え子たちに「人生でなにが一番大切なのか」を、身をもって示してください。一人で改革を呼びかけるような行動をすると過酷な締め付けがあると聞いています。みんなでやればいいんです。みんなで一斉に退会すれば怖くありません。組合も何も出来ないでしょう。退会したい先生は来年の3月31日を期してご自分の意志で山教組(山梨県教職員組合)に堂々と胸を張って退会届を提出する、ただそれだけでいいんです。県民が味方です。山梨県民のほとんどがあなた方の決断と行動を支持するはずです。

詳しくはこちらをクリック

10月6日 来年の参議院議員選挙の裏側??

自民党県連の分裂ゴタゴタのドサクサで誕生した民主党系後藤知事と樋口甲府市長。自民党県連分裂ゴタゴタの元をつくった堀内さん。刺客で送り込まれ堀内さんを怒らせた長崎幸太郎さん。阿部首相さえ恐れる実力者二階総務会長を通じ長崎さんを応援している県議会最大派閥の県民クラブ。自民党系県民クラブと手を結んで知事を支えていた民主党系フォーラム未来の飯島県議。飯島県議を追い出して知事与党に回った山梨クラブの四人衆。堀内親分の下で自民党四県議復党問題のイニシアチブを握る元県連幹事長の皆川県議。四県議が復党して自民党が一枚岩になると困るのは知事と甲府市長と次の参議院線出馬を狙っている輿石さん。そして大阪が危なくなったので次は山梨から出馬したい小沢さん。和解して一本化してもらいたいのは四県議と自民党に晴れて入党したい長崎さん。いま山梨県はこのような人たちの思惑で、大揺れに揺れているわけです。で、結局「なんとしても四県議の自民党復党」を阻止したいのは、民主党系の知事、甲府市長、長崎さんを宙ぶらりんにしておきたい堀内家、弱体自民党のままで出馬を狙っている輿石東さんと小沢鋭仁さんたちなのですね。その矢面に立っているのが堀内さんの元秘書皆川さんなのです。ということは、・・・堀内さんさえ「うんっ」と言えば何もかも解決する話なのですが・・・10月1日のサンニチ新聞によると30日自民党本部の茂木選対委員長に呼びつけられて「早く一本化しろよっ」といわれた皆川県議は、会長なんかそう簡単に決められないことを承知で「会長選出のほうを先に・・」などと、堀内親分からの指令で延々と続く引き伸ばし作戦を続行中です。とにかく、来年夏の参議院選まで自民党の一本化を阻止できれば輿石さんの勝ち!復党が阻止出来なければ輿石さんと知事の負け、ということになりますが、どうなるんでしょうかね。

詳しくはこちらをクリック

良くわからない県議会会派

9月28日の県議会は深夜まで大紛糾でした。山教組(山梨県教職員組合)のドン輿石さんは中央政界で「ゾンビ輿石」という異名があるそうです。叩かれても叩かれても不死鳥の如くよみがえるからです。その輿石さんの来年の参議院選出馬の思惑と堀内家の長崎幸太郎さん憎しの執念がうまくかみ合って民主党系後藤知事と樋口甲府市長が誕生氏しました。その原動力になったのがKDDI労組出身で小沢鋭仁さんの秘書だった飯島修さんという県議です。たった7人のフォーラム未来という弱小会派で知事選、甲府市長選を勝利に導いた豪腕の人ですが、ザンネンなことに人望がなかったようです。さらには、知事はオレの力で誕生させたんだという雰囲気を表に出しすぎたため、周囲の反発を買ってしまいました。そんな中、自信満々で提出した議案を県民クラブの石井議長に蹴られたため、それまで蜜月関係にあった民主党系フォーラム未来と自民党系最大会派の県民クラブが対立関係になってしまいました。これに怒った飯島さんは県民クラブ包囲網を敷いたのですが、県民クラブも負けずと反発しました。9月28日飯島さんは自分の所属するフォーラム未来の一年生議員から突然三くだり半を突きつけられ、会派から追い出されてしまいました。思えばたった6ヶ月の飯島さんの短い天下がここで終わってしまったのです。恐らくこれが9月28日深夜まで紛糾した県議会の顛末でしょう。「実るほどコウベを垂れる稲穂かな」この言葉を飯島さんに捧げたいと思います。フォーラム未来の残った4人と自民党系県民クラブ15人を合わせると19人になり過半数に届きます。後藤知事はこれからこの19人に支えられながら県政運営を進めるわけですが、それこそ生きた心地はしないでしょうね。

小沢さきひとさんどうする・・9月28日

山梨に最も必要ない政治家が帰ろうとしている。民主党を離党して維新に行った小沢鋭仁さんです。前の選挙で橋本人気にあやかろうと民主党から維新に行って近畿から出馬したから山梨県民は(出て行ってくれて)ヤレヤレと思っていたら、橋本さんの人気が落ちて「これじぁあイカン」と思ったのか9月27日のサンニチ新聞によると、「あれは誤解で私はあくまでも山梨の政治家」などと豹変し、次の衆議院選山梨一区からの出馬意欲満々ということです。ま、政治の世界は明日をも知れないとかいいますが、この人の「機を見て敏」の変身振りには凄まじいものがあり、たいていの人は驚きます。最初は自民党浜田卓二郎さんの誘いで自民党。細川ブームで日本新党に鞍替え。1年足らずで細川内閣が倒れると今度は新党さきがけに。さきがけの雲行きが怪しくなると今度は鳩山さんの旧民主党に鞍替え。鳩山さんの側近として活躍したが鳩山さんが不規則発言を繰り返したおかげで人気が急落すると、今度は2012年閣僚経験者として初めて人気沸騰中の橋本さん率いる日本維新の会に鞍替え。維新では当然優遇されましたが、今回橋本さんの人気に陰りが見え初め維新の情勢が混沌とすると、今回山梨へ帰ると言い出したのでした。別に鞍替えを非難しているわけではありませんが、この人のやったことで許せないのは2009年7月25日、甲府市で開かれた山教組(山梨県教職員組合)の政治団体「山梨県民主政治連盟」の勉強会で「もし民主党に政権を取らせていただければ、お金はしっかりと政治が負担して(つまり先生方の政治拠出金は無くします)、そして(教育現場に)余計な口は利かない(政治が教育に介入しません)」と宣言したにもかかわらず、民主党内で環境大臣という重い地位にいながら、山教組(山梨県教職員組合)に対してなーんにもしなかったことです。ドン輿石の統制下にある山教組(山梨県教職員組合)という巨大な闇に立ち向かうといった政治家は小沢さんが初めてでしたから、県民は大きな期待をして彼に投票しましたが、結局彼は山梨のためになーんにもしませんでした。そのくせ韓国には異常に親近感を持っている政治家で、在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟の副会長をつとめるほか、恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟、民主党娯楽産業健全育成会パチンコチェーンストア協会で政治分野アドバイザーとして活躍しています。2011年には海底ケーブルを引いて韓国から電気を買えばいいとも言っています。もちろん国旗及び国歌に関する法律では反対票を投じました。山梨県民の皆さん、小沢鋭仁さんとはこんな人です。

9月16日  山梨の自民党問題

堀内家の執念と自民党山梨県連の分裂。富士急行、富士急ハイランドを経営する堀内家は県内屈指の名門で、堀内光男さんは名門派閥宏池会会長をつとめたほどの自民党保守本流の政治家です。小泉首相時代総務会長をつとめましたが堀内派が冷遇されたため郵政選挙に反旗を翻した結果刺客を送り込まれました。それが長崎幸太郎さんで、以来堀内家と自民党山梨県連は主導権争いをめぐりゴタゴタが続いているわけです。堀内光男さんは2009年の選挙で民主党新人の坂口岳洋氏に敗れ引退。2012年の選挙では長男の妻堀内詔子さんを後継候補にしましたが、小選挙区では長崎さんに破れやっと比例で復活しました。それでも堀内家は自民党山梨県連幹事長に皆川県議をすえ県連幹部を自派で独占し権力の維持をはかりましたが、そのやり方に反発したのが旧金丸派、中尾派の流れを汲む県議たちで、両者はことあるごとにバチバチ火花を散らしています。2013年の参院選では党公認ではない候補(青木茂樹氏)を支援したなどとして自民党県連は1日、副会長の高野剛県議を除名したのをきっかけに争いが表面化、森屋氏公認問題、長崎氏支援問題、大月市長選の対立など抜き差しならないことになってしまいました。2015年県議選を終えた山梨県議会(定数38)の最大会派は15人が所属する「自民党・県民クラブ」で、堀内系の「自由民主党山親会」9人を合計すると24人と、自民系は圧倒的多数を占めているんですが、ゴタゴタ分裂の影響で県知事選、甲府市長選では候補者すら出せない状態でした。これを歓迎しているのは民主党で、異常に政治に熱心で、全国最低水準のレベルにまで山梨の教育水準を低下させた山教組のドンには山梨県民はおろか日本中がうんざりしているのに、913日には岡田代表が来県して「もう一期輿石さんにやってほしい」などと言っています。それもこれも堀内光男さんの執念が招いた結果です。一時は総裁候補にまでなった堀内さん、来年の参議院選挙までには除名県議の復党問題を解決し、なんとか自民党県連を和解させ、大政治家としての花道を飾ってください。

9月11日 輿石参議院議長に中立を問う

困った人ですね、輿石参議院議員。910日の山日新聞から。輿石参議院副議長は中立のはずが安保法公然と批判。12日には民主党の岡田克也代表と県内入りし、安保法案成立阻止に向けた集会に出席する。中立の立場であるべき副議長として異例の行動だが、輿石氏は「どんな立場だろうと言うべきことは言う。政治家としてのぶれない信条だ」と語ったというんですが・・・元学校の先生が言う言葉でしょうか。議長の職責をこれでは学校で教えられません。また、新聞の取材には「数の力で物事が決まるのはいかがなものか。今の国会は正常ではない。国権の最高機関である国会の権威が問われている」と述べたというんですが、この方は多数決という民主主義の基本もご存知ないらしい。国会の権威を壊しているのは実はあなたの発言だと思うんですが。さらに、元教師の輿石氏は県教職員組合(山教組)が出身母体。山教組は平和への取り組みや平和教育を重視しており、支援者は「『教え子を再び戦場に送らない』がモットー。安保法案廃案は使命と感じているはず」と話している。山教組(山梨県教職員組合)は学校で熱心に平和の尊さを教えているらしいんですが、もうすこし全国最下位を取った算数Bの教育もお願いしますよ。12日には民主党山梨県連が甲府市内で開く集会に参加し、岡田代表や中島克仁衆院議員(山梨1区)とともに安保法案を批判する予定らしいです。ところで中島さん、こんな人と一緒ではかえって票が減ると思うのですが私のとり越し苦労で

貴方のオピニオン

政党の機関誌を役所内で購読しているという話・・山梨県庁では新聞購読代が年間2687万円・・これ税金の無駄づかい???

以下、いただいた資料です。

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し

その他のメニュー

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)