531日 zouroku.comです。

投稿が来てました。蔵六年度は今日なので、今年度最後の投稿をご紹介します。

投稿いただいた方には見過ごしてすみませんでした。懲りずに、登校お願いします。

 

■ 山教組役員達は、山教組の各支部と各「教育会」、山教組本部と「連合教育会」は別組織で「教育会」「連合教育会」の教育研究活動は組合活動ではない、別組織の活動に参加しているだけだと主張しています。  

こういった詭弁こそ、左翼活動の終焉をあらわす姿であり、徹底的に追求し、これ以上、組合の利権、税金の無駄使いを許してはいけないと思います。  

 

平成12年頃までは堂々一体化された活動を公に示し、教育研究の記録も資料も蓄積されていました。それら一切をなかったものとして、別組織と言い張る姿は、気が狂っているとしかいいようもありません。よほど県民・市民を馬鹿にしているのでしょう。

 「教育会」と組合の一体化の姿は役員選出の様子でも既に明らかです

 

投票用紙のコピーです。↓ https://onedrive.live.com/redir?resid=248C5D76C982714B!682479&authkey=!AGczAPJJ8Kwxyf0&v=3&ithint=photo%2cjpg 別組織が、こんな役員選挙をやりますか?  

 

さて、この<詐欺>教育研究協議会、甲府では、12()に城南中・大里小学校で全体集会を行います。児童生徒は1時すぎには下校させられ、日直を除く市内のすべての教職員が一堂に会します。各学校の業務は停止します。  

学校の危機管理も何もあったものではありません。会場周辺の交通渋滞は半端ないので、お気をつけください。  組合の<詐欺>教育研究協議会についてのご意見はぜひ以下の連絡先にどうぞ。 甲府市教育委員会学校教育課   055-223ー7321 甲府市教職員組合(山教組甲府支部) 甲府市教育研究協議会事務局   055-237ー1499   kofu-kyo-kyo@jasmine.ocn.ne.jp

 

山教組問題

5月31日 zouroku.com

 

■全国各地で「地域活性化」「地方再生」の名目で行われた投資はたいていヒサンな末路を迎えています。次の6施設がその「墓標」と呼ばれ、まちづくり失敗例として必ず取り上げられる有名な施設です。

 

スカイプラザ三沢 青森県  85億円

ココリ      山梨県 107億円

アクア木更津   千葉県 216億円

コムシティ    福岡県 185億円

アルネ津山    岡山県 270億円

アウガ      青森県 185億円

 

これらが、地域活性化を牽引するどころか、財政破綻に向かって地域経済の足を引っ張り続けている施設です。

 

失敗の原因はいろいろな研究結果がありますが、その中で必ず登場するのが「駐車場不足」。しかし、これはホントは駐車場なんか不足していなくて、近頃は「有料駐車場じゃ商売に勝てない」というのが最大の原因です。

 

ココリも駐車場を無料にすればケッコウお客さんも入ったと思うんですが、周囲の有料駐車場に気兼ねしてそれができません。そのうえ国・県・市の補助金が入っているものですから、官民連携の施設はヨケイ駐車場の無料化なんてできない仕組みになっています。

 

そして27日の新聞に

甲府銀座ビルの跡地にできる「デュオヒルズ甲府」の商業スペースの活用策を話し合うため甲府市は26日、大学の教授や不動産業などの関係者、合せて15人による初めての会議を開いたとありました。このビルには総事業費39億円の内の10億円を国と県、甲府市が補助します。
1階の商業スペースは332平方メートル、2階から14階に124戸のマンションを事業者が販売します。 ん? マンションを別にすると「地域活性化」に役立つとされる商業スペースはたったの332平方メートル? たったの100坪? これに10億の税金投入? 

 

県や市は貴重な税金を投入したから、こんな会議を立ち上げてココリのように失敗してもお役人が責任を取らずに済むようにしているわけですが、15人の委員の方はホントにご苦労様です。

ココリの二の舞だけは避けてくださいと願うしかありません。さきほどの6大墓標にデュオヒルズが入ってキリ良く七大墓標完成!なんてゴメンですからね。

 

ココから蔵六

    蔵六の行動体系の一つ、中心市街地の活性化問題をメインテーマとして始める。そのスタートの投稿をいただいた。このスタートは『甲府市街地まちづくり会議』の委員募集であった。論述を書き送った結果落選した。初会合が3月であった。蔵六は、この会議を追う事にした。市会議員にこの会議の情報を私に届くように依頼した。第1回の資料と議事録が届いた。第2回目の会議が、投稿のデオヒルズで5月26日開催された。この会議の資料と議事録を市会議員に依頼した。その内容は6月より、zouroku.comで公開していき、蔵六の意見や皆さんの意見をいただくようにしていこうと考えている。興味のある方は是非、参加して欲しい。

 

    蔵六は、33人目の市会議員という立場で、議員の通信簿計画を進めている。故に、議会の議事録を読み、蔵六の意見等を議員の皆様に送っている。3月議会の議事録を読んだが、予算委員会の議事録が6月3日公開なので、読んでから蔵六の手紙を議員に送る予定だ。4回目になる。

 

    今日で、ちょうど一年経った。蔵六ドットコムを立ち上げて一年である。多くの皆様に、:フェイスと共に読んでいただいているらしい。蔵六サイトには毎日50人ほどの皆様がクリックしている。蔵六の3信条・・・がんばらない・・・むれない・・・成果を求めない・・・

 

    そして、JAZZBARBASIEをオープンして、7月2日で三年目(正式オープン)に入る。いろいろの方にご来店いただき、いろんな話をした。大好きなJAZZBIGBANDJAZZ )を聞きながら好きな本を読む・・・忙しくて読む時間がない!! その場は確立した。日本近代史の勉強会(多くの皆様のご協力をいただきながら)スタートできた。

 

蔵六の四言

詳しくはこちらをクリック

5月30日 zouroku.comです。
6月1日 で蔵六ドットコムは2年目を迎えます。

■汚くて臭くなったら困るから放っておいてはイカンと国は「空家等対策の推進に関する特別措置法」をつくり、全国820万戸(平成25 年)の空き家を潰すか直して住むようにしなさい。でなけりゃ「住宅用地の特例」と言う法律で守られていた税制優遇措置をはずし、その後は税金が6倍になるから覚悟しなさいね、というのが空き家対策の国の方針です。

これもすべての空き家が対象ではなくて、すぐにでも倒れそうと認定されたものだけらしいです。そりゃそうですよね、庭の茶室なんかも見ようによっては空き家なわけで、そこまでとやかく言われたらたまりません。農家なんか人が住んでいない小屋や離れなんてゴロゴロあるわけですから。

ところで国がこのように本気で真剣になるときは「実は裏に何かある」と考えたほうが良さそうです。数年前に路上駐車を無くそうと監視員をそこら中に配置して異常に駐車違反を取り締まったことがあります。マスコミも違法駐車による危険性を盛んにテレビで流して世論作りをしたものですが、じつはこれはバブルがはじけて銀行が差し押さえた土地が急増して困った挙句、コインパーキングを全国に作るために駐車違反をテッテイテキに取り締まろうとしたのが発端で、銀行協会と一部の政治家のデキレースなのではないかと疑われています。

考えてみると、850万戸の空き家に数百万円の取り壊し費用をかければものすごい金額になります。空き家は解体屋、不動産屋、建設業にとって宝の山みたいなもので、そこには関係するたくさんの政治家が群がっていることでしょう。

ということで山梨県が空家率日本一というのは余り関係ないと思うのですが、彼等にとって山梨というスケープゴートをつくり、世の中が「ナントカしなけりゃイカン」という雰囲気になれば、「空き家が多くて困った作戦」をやりやすくなるということです。しかしながら、フツーに考えても空き家が多いことと不景気はいささか相関関係がありそうですから、こんなことで空家率日本一の貧乏山梨県が全国の笑いものになっているとしたら情けない話です。

ココから蔵六
①    5月21日 蔵六オフイス主催の日本の近代史講座の第2回目が行われた。県立図書館である。第一回の続きから、自由民権運動やその思想等を勉強した。次回、6月18日はいよいよ日清戦争の時代に入る。ここから日本は戦争の時代へとなる・・その根本を探ってみたいと思う。

②    昨日、甲府の保守系の市会議員の呼びかけの『甲府の未来を語る会』に行ってきた。国会議員・・宮川・中谷両氏・県会議員・・臼井・皆川・永井・宮本の4氏・・・もいた。参議院候補・・高野氏もいた。そうが、これは高野氏を応援する仕組みを考えたやつがいるなと思った。純粋に甲府の市議会議員が考えた事と思い、うれしくて行った自分が情けなくなった。それはともかく、3地区の自治会長が依頼ごと(陳情というのかも)を話、それに応えていた(国会議員・県議)・・知らない事が多く、勉強にはなった。各立場での話も良く理解できた。しかし、地元の市会議員がどの程度理解し、国、県の動きを把握し・・市民に適格に答えられるのかは疑問に感じた。ともかく、続けてやると言った市議の行動を楽しみに次回も参加しよう。と思う。

③    6月1日は、蔵六ドットコムの立ち上げ記念日である。良く、一年も続いたと思う。投稿も200にあと少し、税金の無駄づかいを追求するサイトとして継続するつもりだ。そういった意味で昨日の事を考えてみた。学校の校庭を広くする・・3億円。道路に200億円・等々の話である。将来を考えれば人は減る・・車も減る・・・そういった面からみれば・・今・・の人たちが我慢すれば・・・お金はもっと必要なところに行く。大きく言えば、日本の国は、50兆円と40兆円の借金で成り立っている。一般の市民の生活なら破綻である。膨らんだ無駄をなくす事を考える事が必要なんではとも思う。でも、いいワインを飲みたくなる自分は節操がなく矛盾だらけだ。山梨県も4700億円余りの金を必要とする。1000億円は県民で賄う。残りは、国から来る・・この形を変える議論が聞こえてこなくなった。県民が選んだ知事なので自民党でなくても、自民党の県議は一生懸命金を持ってくる努力をすると言っていた。だから、自民党の高野氏を国会へ送らないとしっぺ返しをされるよ・・・かな。

蔵六の三言

山教組問題・・・詳しくはこちらをクリック

527日 zouroku.com

 

■アメリカの大統領選挙で最終的にヒラリークリントン対トランプになったらトランプが勝つだろうと言われていました。その根拠はトランプはクリントン家に大きな貸しがあるというものでした。そのまえにトランプが共和党の指名争いに勝つとは誰も思っていなかったから、ヒラリーとの勝敗など気にもされていませんでしたが、トランプは共和党の指名をほぼ確実にして、そのうえ昨日はアメリカの一つの世論調査でヒラリーの支持率を上回ったという衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。「もしかしたら、」が現実になりそうになると、日本では暴論扱いされているトランプの発言を、もう一度真剣に考え直さざるを得なくなりました。

 

確かな出所のニュースに流れたトランプの数々の発言を列挙してみると・・・

 

「日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる」

 

「彼ら(日本)を武装させたくないが、巨額の金を失い続けたくない。そして率直に言うと、北朝鮮に対しては、自分たちで身を守れということになる。おそらく、(日本は)一瞬でやっつけるだろう」

 

日本と韓国が、アメリカの核の傘に依存せずに自ら核武装することを「アメリカにとってそれほど悪いことではない」

 

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などの貿易協定が米国に有害だとして反対し、日本の安倍晋三首相を「本当に頭が切れる」と評した上で、米国政府が「破滅的な通商協定(TPP)」を結んで「米国の労働者から仕事を奪い、われわれをさらに貧しくする」と非難した。

 

トランプは日米安保条約が不公平だと主張している。「もし日本が攻撃されたら、われわれはすぐに駆けつけて第3次世界大戦を始める義務があるが、われわれが攻撃を受けても、日本にわれわれを助ける義務はない。どう見ても公平ではない。これで良いのか?」

 

すごいでしょう。これがアメリカ国民の気持ちなのです。

ようするにアメリカは第二次大戦に勝ち、日本をテッテイテキに従属させたつもりだったが、じつは日本のほうが一枚上手で、アメリカさんの作った憲法のおかげで武力行使が出来ないことを逆手にとって、戦後70年アメリカの武力で国を守り、経済発展を成し遂げ、アメリカの雇用を奪っている。ケシカランじゃないかとトランプはアメリカ国民の感情を代表して言っているわけです。

 

言われてみると・・・そんな気がしないでもない。トランプの発言は暴論のようだけど、意外に正論なんじゃないかと思われてきます。

 

とにかく、可能性の出てきたトランプ大統領誕生は、アイマイな日米関係をガチンコに変えてしまい、日本の野党の「お花畑防衛論」は「トランプ大統領実現」でコッパミジンにフンサイされ、日本はホンネの外交、クッションの無い対北朝鮮、対中国政策に転換せざるを得なくなるでしょう。ま、70年にわたる日本政府のアメリカに対する巧妙なダマシがいよいよ通じなくなるかもしれないというオハナシです。

 

 

ココから蔵六

    投稿が現実になってきました。クリントンさんも人気が無いようで、今年の暮れはアメリカに世界が注目しているでしょう。今日オバマさんが広島に行きます。どんな風に迎えるか・・昨日の朝日新聞に塩野さんだったかな、素敵な事を書いていました。読んでみてください。日本人らしく、静かに・・・世界の人の心に残るように・・そして・・・静かに帰ってもらおうではありませんか。何やらの団体が昨日も今日もストらしい事をすると新聞に有りました。辞めていただきたい。蔵六も広島に行くことにした。いつになるかは??? 一緒に行く方募集中!!

    蔵六の大きなテーマ・・中心問題・・蔵六が落選した中心市街地街づくり会議の2回目の会合が新聞に載っていた。ばかか!! こいつらは!!と思いました。委員会で何を議論するのか・・徹底的に話会ったのか??? 委員が出した、街づくりの論述を議論したのか??? 市の担当も、委員長も・・こんなでは・・どうしょうもない・・怒りで頭が破裂しそうだ!!! 徹底的に追及する!! 資料は市会議員に依頼してある。その内届くと思うし・・議事録も要求する。

 

    6141516日に市議会の6月定例会が開催される。発言者と内容を見て1日聞きに行こうと考えている。蔵六は議員通信簿を企画しており、その為でもある。誰か、一緒にいきませんか??? 議員通信簿は次回選挙の時の議員評価につなげるものです。すでに、県会議員の内、いらない20人は名簿掲載してあります。議会放棄の20人です。

 

    61日で、蔵六サイトの立ち上げ1年目を迎える。投稿も記念の200回になる。

明日は、蔵六オフィスの主宰する、日本近代史の2回目の講座がある。あと一人か二人は入れると思う。県立図書館で630から・・・

 

蔵六の四言

ドリンクメニユー・詳しくはこちらをクリック

56日 その② zouroku.com

 

■空き家に関する投稿の3つめを読んで、よくわからなくなってきました。  「空き家問題」というけれど、なぜ空き家があると問題なのでしょうか?  

私は、今までは、「空き家は治安や防災の面から良くない」というのを、新聞かニュースかで見聞きして、そうなんだと思っていました。

  でも、今日(5月19日)の投稿に「空き家は個人の持ち物、資産ですから他人がとやかく言えるものでもありません。」、「『隣の家が空き家になって何か不愉快だからなんとかしろ』という住民の苦情に、行政が困って、世論を味方に付け、空き家の所有者を悪者に仕立てたいというのが行政の「空き家対策」の本音でしょう。」と書いてあるのを読んで、言われてみれば、個人の資産なんだから、空き家にしておくのも所有者の自由かもしれないと思いました。隣の家が空き家だと不愉快というのがワガママなのかもしれないと思いました。

  ただ、だとすれば、そういうワガママはワガママとして放っておけばよいということになると思います。空き家を減らす必要なんかないんだと割り切ってしまえばよいはずです。  でも、最初(5月17日)の投稿の中では「ヤマナシ県は…空き家になっている割合も日本一です。『マッタクなんちゅうところだ』と思いました。」と書かれていましたし、今日(5月19日)の投稿の中でも「山梨県が空家率日本一という不名誉なこと」、「山梨の空家率が日本一という異常な状態」と書かれていましたから、この2つの投稿を書かれた方々も、空き家率が高いということは良くないことなんだと考えているんだろうなと思います。  空き家が防犯上も防災上も別に問題(実害)がなくて、所有者が空き家のままにしておくのがその人の自由で、空き家を空き家のままにしておくことが何も悪くないのであれば、「空き家問題」というときの「問題」って何なのでしょうか? 空き家があることの何が問題で、空き家が多いことの何が「不名誉」、「異常」なんでしょうか??  わからなくなってきたので、自分なりに調べてみましたが、私としては、やっぱり、空き家があると防災・防犯上問題があるんだろうと思いました(この資料が参考になりました。→http://www.tama-100.or.jp/cmsfiles/contents/0000000/376/ALL_L.pdf)。

 

 空き家が建っていると、その土地の有効利用を妨げるという問題もあるのだと知りましたが、本当に何かに有効利用できる土地なら、そこを使いたいという人が出てきて、空き家の持ち主に「空き家なら、使っていないなら、土地を売ってくれ。」と頼むことができるはずです。その土地を何かに使いたいという人が現れないなら、空き家を解体して更地にしておいたとしてもその土地の有効利用はできないから、これは空き家があることによる問題とはちょっと違うんじゃないのかなと思いました。

 

  ということで、私は、今でも「空き家があると防災・防犯上良くない。→ 空き家が多いことは問題である。→ 空き家を減らさなくてはいけない。」というのが「空き家問題」なのだという理解です。  「空き家は防災・防犯上は問題ないけれど、空き家が多いことは問題(不名誉)である。」というふうに考えている人にとって、空き家があることの問題って何なのでしょうか。

 

ココから蔵六

{C}    {C}前にも書きましたが、蔵六的空き家問題は、地域から上がってきた問題でなく、国からのお金が来るという事に対しての問題提起をしたいと考えています。お金が来るから県の担当者が毛使いみちを考える・・案がないから・・市町村へ丸投げする。この構図が問題だと思う蔵六です。

一言です。

甲府市政・詳しくはこちらをクリック

5月26日 蔵六です。

 

■人は誰でも定年退職をすると、なにしろ平均寿命が80歳を越える時代ですから、そのあと長~い、長~い老後の生活が待っています。毎日毎日が考えられないほど暇で、タイクツで、家でゴロゴロしているのもいい加減飽きてきて、何かしたいと思ってもやることがありません。こんなとき街中に居心地の良い場所があったらどんなに楽しいかと思います。

 

ヘルシンキの街にはおしゃれでかわいいカフェがたくさんあります。ほとんどのカフェは、店内の規模が小さめでお店の外にテーブルとイスを置いて、天気のいい日は外でお茶とおしゃべりを楽しむのがフィンランド流です。ヘルシンキでは、少し涼しくなっても小雨が降っていても外でお茶をしている人を見かけてちょっとびっくりです!

パリのカフェは、カウンター、中のテーブル席、外のテラス席でそれぞれ値段が違います。

 

日本の国交省は通行以外の道路の使用に関してガンコで譲らない姿勢を貫くお役所として知られていますが、時代の流れかどうかはわかりませんが、まちづくりに資するならオープンカフェなどの道路占用の特例を認めようという粋なはからいの法律まで作って応援しようとしています。(平成23年付国交省道路局路政課長通知)

この法律によってすでに新宿をはじめ梅北・札幌・高崎・岡山などにオープンカフェが続々出来ています。

んで、アノ国交省も勧めているわけですから、甲府もストリートオープンカフェテラスをつくって高齢者の憩いのスペースとして解放したらどうでしょうか。

 

甲府の場合、銀座通りとオリオン通りはすでに歩行者専用になっていますから、ここに関係省庁の許可を得て県と市の予算でイス、テーブルなどの(立派な、しかもオシャレな)憩いの施設を造り、周囲の商店街は訪れる高齢者のために飲食物を販売すれば、アーケードの下で一日中くつろげる憩いの場所が出来上がります。

 

銀座通りなら春光堂さんで本を買い、満足屋さんで洋服をあつらえ、富士アイスで自慢焼きを食べ、江戸屋さんで昼食をとり、桜座で演劇を見るなどの楽しみ方があります。

街頭テレビや囲碁・将棋・麻雀台の貸し出しを始めるお店が出てくるかもしれません。露天屋台やストリートミュージシャンなど、通りで商売をしたい方からは多少の維持・管理費をいただいて許可しましょう。

 

樋口市長さん、後藤知事さん、前向きに検討してみてはどうでしょうか。人口の4人に一人と言われる高齢者には、けっこうウケルと思います。看板作ってイスやテーブルを並べるだけなら県庁の5億円噴水庭園の二割くらいの予算で軽く出来てしまいます。あとは自主管理団体にまかせれば維持費もそれほどかかりません。実現すれば通行量もいくらか改善するはずです。昼だけでなく夜の賑わいもとり戻せるかもしれません。

 

ココから蔵六

    アルベール・ビショー・シャトーヌフ・デュ・パプとペラン・レゼルヴ・ルージュトペラン・レゼルヴ・ブランのワインが今週有ります。1本3000円です(私も飲ませていただく条件です)ハーフサイズです。各1本限定です。ウイスキーに響を加えました。ダブルで1000円です。あ!BASIです。

 

    昨日は、県会議員の仕事とは何ぞや・・という事を考えるいい機会を与えていただきました。いや、政治家とはと言ってもいいかもしれません。一番の仕事は、県なら4700億円の予算の使いみちをチェックする事かもしれません。しかし、それをするには勉強をしなければなりません。どのようにお金が使われているか・・・県や市の政治家に試験をしたらみんな落第カモしれませんね。また、過日議会が流れ、知事の専決事項とやらで予算が執行されることになった事件がありましたが、そういう事態なる事を知らない政治家が20人の中にいたようです。大阪の橋下さんは、知事になった日から10日間、県の役人からヒヤリングを行い、予算の勉強をしたと聞きます。こんな政治家・・欲しいな!!

 

    今日はその②を午後掲載します。

 

蔵六のブツブツ

山梨県政・詳しくはこちらをクリック

525日 zouroku.comです。

 

■「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」

日本人なら誰でも知っている広島戦没者慰霊碑の有名な碑文です。

 

昭和2086日広島に原爆が投下されました。526日から開かれる伊勢志摩サミットに出席するオバマ大統領がその広島を訪問することが決まり、挨拶の中で原爆投下の謝罪があるのか無いのか話題になっています。しかし今のところ核廃絶は折り込むが謝罪は無いようです。

 

で、あの碑文にきざまれた言葉ですが、これは実に奇妙な言葉で、これだけ読むと、あんな悲惨な戦争を起こした私たち日本人が悪い、原爆投下はその悪い戦争を起こした日本に対しアメリカが下した鉄槌で、亡くなった方々はその犠牲者と言っているように聞こえます。まさに戦後GHQが日本国民に植えつけた自虐思想そのものです。

 

オバマ大統領が今回日本に謝罪してしまうと、何もかも日本人が悪かったんだと自虐思想を植えつけたウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)の意味合いが変わってしまうことが米国にとって具合が悪いわけです。

 

「ものは言いよう」とはよく言ったもので、うっかりしていると民進党や共産党の皆さんは原爆慰霊碑の碑文のような言い回しを多用して国民をだまそうとします。

 

「子供たちに武器を持たせたくない、教え子を戦場に送りたくない。」これは民進党候補の宮沢さんのお言葉です。この方、どこ行ってもこればっかしですが、よく考えるとすごーく変な言葉だということに気がつきませんか。

 

武器を持った無垢の子供たちの姿を想像すると「うわぁ、恐~、ヒサン」っていう感じですが、「安全保障関連法」を「戦争法案」と言い換えて、その法案があると戦争になるとか、将来この子達に武器を持たせてよいのかと、お母さん方の一番弱いところを突き国民を半分脅かすようにして安倍さんを批判する宮沢さんにお聞きしたい。それでは「誰が国を守るのですか?」と。答えられますか? そりゃ、「自衛隊の仕事だよ」ということなんでしょうが自衛隊だって同じ日本人なんですよ。日本は独立国なんだから自分の国は自分で守るのがアタリマエでしょう。子を思う母の気持ちを逆手にとって、いかにも子供たちの将来を考えているようなふりをして国を誤らせようとしているのが民進党のいつものやり方です。

 

高速道路を無料にするとか、子供手当て3万円とか、民進党さんにはこれまでサンザンだまされました。(そういう私もあの時は一票入れちゃいました)。宮沢さん、これから「子供たちを戦場に送りたくない」と言うときは、「誰が国を守るのか」という質問の答えを用意して主張してください。

 

ココから蔵六

   蔵六からの観点 空き家問題で蔵六的問題点を書きます。問題は、役人の質の問題です。 山梨県です。空き家対策の政策は 県でなく 国からきたものだと思います。お金が付いてきます。この金を使わなくてはならないのが  県であり役人たちです。山梨県の空き家が多いから これこれの問題があるから  予算をつけて 解決していこうでは ないのです。国からくるから です。 いただいたお金(国はお上と言う感覚があるようです)を使う事を考えるのが役人という事になります。これ以上の発想は役人には無理なのです。ぞして 県は 市町村に丸投げです。市町村も お金がくるから 県と同じ行動体系になります。これ役人の 本質です。自分たちで自分たちの街を考える事ができないのが役人です。お金の使い道のみを考えるのが役人たちです。税金です。自分の金でないから、無駄も平気です。現場の担当者の声を蔵六的に翻訳しています。

 

   今日から、3月市議会の議事録を読もうと思います。62日から6月議会が始まります。せめて、20日前には議事録を公開して欲しモノです。蔵六も忙しいので・・よろしくお願いいたします。昨日、BARに市の職員の方にご来店をいただきました。蔵六のサイトを読んでいただいているとの事で、仕事も緊張感を感じながらやっていただいてるとの事でした。また、店に遊びにきて下さい。

 

蔵六の二言

 

隠れた甲州人詳しくはこちらをクリック

524日 zouroku.comです。

 

■ここにきて県内の消費が絶望的に落ち込んでいます。先週の月曜日は、いつも満杯のはずの夜の中心街の駐車場がガラガラでした。5月はゴールデンウィークでノンキにお金を使ったあと、市・県民税、固定資産善、それに車の税金やら何やらがドット来ますから、それでなくても消費者の財布の紐が固くなる季節ですが、ため息が出るほど不景気です。

 

一昨年、日本は消費税を5パーセントから8パーセントに上げて以来消費の落ち込みが続いています。税率の引き上げは17年ぶりで、これで国民負担は年間で約8兆円重くなりました。8パーセントに上げようとしたのは、財務省の手先じゃないかと評された当時民主党のアノ「どじょう総理」です。「マッタク民主党がー!」と叫びたくなります。

 

安倍総理はこの夏の参議院選挙の直前に消費税の10パーセント延期を発表して自民党の支持率急上昇を狙っているようですが、その作戦が去年の暮れころからすでにダダ漏れで、サプライズ効果も薄れてしまいました。三橋貴明さんのような経済評論家は「国債なんて日銀が買い取ればチャラになるんだから心配ない」と言っていますが、消費税を上げなければ日本はホントに破綻するのか、あるいはしないのか、わたしらにはトンとワカリマセン。

 

月曜日に街で出会った友人たちも口をそろえて「こんな不景気な5月は経験したことがない」と言っていました。知り合いの寿司屋のおやじは、店がヒマなもので外に出て腕を組みながら「ヒマだ、ヒマだ」とブツブツ言っていました。この道30年のママさんもこぼしていました。自分の身の回りだけで判断しちゃイケマセンが、2ヶ月連続全国最低という景気動向指数調査はどうやら当っています。

 

次の選挙で「ヤマナシの景気を良くするんだ」という政治家が現れたら、県民はこぞって投票するでしょう。方法論はどうでも良いから、景気を良くするためにチャレンジしてくれればいいんです。何かしなければこの状態は変わりません。チャレンジもしないであきらめちゃったら、何も変わりません。

 

イオンにお帰りいただいて県外に流れている200億の金を県内に落ちるようにするとか、大キャンペーンを張って観光客を一挙に増やす政策を打ち出すとか、日曜祭日は県庁や市役所の駐車場を無料開放するとか、路線バスの料金を一律100円にするとか、すぐにでも出来そうな県独自の景気向上策が何かあるでしょう。効果はともかく勇気を持ってやろうとする姿勢が大切なのです。知事がそういう顔をしていれば県民もヤル気が出ます。この際「やらない、やれない、やろうとしない」知事には早く退場していただいて、次は「景気、景気」と一年中飛び歩くくらいのフットワークの良い知事の登場に期待します。

 

ココから蔵六

    大阪、京都に行ってきました。大阪の南の繁華街や心斎橋の付近は、人、人、人でした山梨の繫華街とは雲泥の差・・客引きのお兄さん『いい子います。2000円ポッキリ』 ではなく『何か、お手伝いいたしましょうか??』に変わっていました。南のクラブを2軒はしご、可愛い子と楽しい時間をすごしました。業界の最後のお勤めの総会で感謝状をいただいてきました。親父の仏前に朝報告をしてきました。

 

    書いている間に、笛吹市の斉藤さんと言う方から電話がありました。笛吹市のオンブズマンのような事をしている方です。NTT跡地の話等々させていただきました。御年75才、開かれた市政を目指し活動されているようです。お互い情報交換しつつやれるといいなあと思いました。山日には県のウオッャーが県民に分かりやすい議会運営をと申し入れをしたとありました。いろいろの方が、活動しています。蔵六もやるか!!

 

蔵六の二言

次落選させる県議会議員名

520日 zouroku.comです。

テーマ:枡添えさんと県議会

 

■正月の家族旅行37万円、自宅近くの天ぷら店やイタリア料理店で25万円、湯河原の別荘近くの回転寿司に5万円。金にセコイと近頃評判の東京都知事の自費ではなく公金の使い道が週刊誌でバクロされていました、薄給に甘んじている庶民にはため息の出るような話です。

 

まあ、山梨県議会でも過去同じようなことをやっています。20139月東京高裁判決が山梨県議会の海外研修は研修に名を借りた私的旅行であったと断じ、2014年の5月には最高裁で確定してしまいました。これで(その当時の)県議さんたちは、約850万円の旅費の返還義務を負うこととなりました。

 

訴訟原告団の山本大志さんのブログから紹介すると

旅行先はニューヨーク・ワシントン(米国)、カイロ・ギザ(エジプト)、アンカラ・カッパドキア・イスタンブール(トルコ)、板門店・ソウル(韓国)、屋久島(日本)です。11人の県議が2009年から2010年にかけて視察旅行をして税金から支出された金額はなんと850万円にも及ぶということです。ま、誰が見ても観光ですね。

 

この時の弁護士と県議との法廷でのやり取りが実に面白い。

弁護士

「あなたはホワイトハウスを訪問したと陳述していますが、外から建物をみただけじゃないんですか?」

県議

「そうです」

弁護士

「それを訪問と言われているんですか?」

県議

「まあ、訪問と書かせていただきましたですけれど・・・」

弁護士

「訪問といったら、普通ホワイトハウスの中に入って、誰かと会うことじゃないんですか?」

県議

「ああ・・・そうかもしれませんけど・・・」

弁護士

「ホワイトハウスは、ただ建物を見たというだけですね?」

県議

「ええ、そうでございます」

まるで漫才のネタですねと山本さんも書かれているように恥ずかしい話ですが、県議になるとご褒美のように海外旅行がついてきたという時代がこれで終焉しました。

 

東京都知事や山梨県議が何をやっているのかみんなウスウス知っていたのですが、こういうことが通らない時代になったということです。

 

海外の議員さんなんて「すずめの涙」のような議員報酬で頑張っています。イギリスでは活動経費は支給されるものの原則無報酬。ドイツは小額の報酬と出席手当てだけ。イタリアは議会の出席日数に応じて日当が支払われています。先進国の議員さんは微々たる報酬を承知で議員として社会貢献をおこなおうという志の高い人物が選出され、だからこそ市民の尊敬を集めているのです。この点では、日本はまだまだ後進国といわざるを得ません。

 

ココから蔵六

    県議の名前を公表しましょう。蔵六がしますので、私までご連絡お願いします。投稿者でも、原告団の山本さんでも・・

 

    向山のりとし議員のフェィスに、甲府の未来を語る会の案内があった。18人の保守系議員が集まって市民との対話をするという事らしい。いいことだ!!!くわしい資料をいただきたい。できるだけ参加しよう。

 

    明日から旅行の為、23日までフェイスは休ませていただきます。

 

蔵六の三言

噴水問題

5月19日 http://todo-ran.com/t/kiji/16414(このサイトのデーターは面白いです)

 

■空き家問題についてお二人の投稿を興味深く拝見させていただきました。前の方(517日投稿)の山梨の空家率が日本一となっているのは「きっと親と住みたくない子供が多いからだろう」という主張に対し、後の方(518日投稿)は冷静に山梨の同居率は全国平均並みだから相関関係はないだろうとおっしゃっておられました。わたしも後の方の「分析」に軍配を上げます。

 

しかしこの議論の論点は「何で山梨県が空家率日本一という不名誉なことになってしまったのか、何とかしなければいけない」という点にあるわけで、後の方は前の方の親子不仲説を否定するだけで、肝心の原因に対する自説の展開がありません。これは提案と提案で議論しないから成果が得られない「まちづくり会議」の議論にもよくある展開で、否定するだけで肝心の進展がない、成果のない議論になってしまっています。

 

それから「治安と防災の点で空き家は好ましくない」という行政の論理はおかしい、という前の方の説に、後の方は「空き家から骨董品や農機具などの貴重品が盗まれる」からと心配されていますが、それは「盗まれることを承知で空き家に貴重品を放置するのは所有者の自由」だと思います。また空き家が傷んで雨樋や壁が飛んできて怪我をしたなんて話も聞いたことがありません。だいたい空き家は個人の持ち物、資産ですから他人がとやかく言えるものでもありません。法律的には放置するのも貴重品が盗まれるのも所有者の責任ということになります。

 

「隣の家が空き家になって何か不愉快だからなんとかしろ」という住民の苦情に、行政が困って、世論を味方に付け、空き家の所有者を悪者に仕立てたいというのが行政の「空き家対策」の本音でしょう。単に空き家を持っていることを放置と呼ぶのもおかしな話です。空き家の処理に関してはいくら議論しても意味はありません。それより前の方は山梨の空家率が日本一という異常な状態に警鐘を鳴らし、もしそれが親子の関係から来るものであるとしたら問題なので、その原因を解明して改善するべきだと言っているのだと私は思います。

 

それに対し後の方は「そうではない」と主張するのであれば、自分の考える原因と思われるものをはっきり明示するべきでしょう。否定するだけでは世の中は一向に良くなりません。空き家対策も一歩も前進しません。いずれにせよこういう議論が蔵六さんのところで盛り上がるのは山梨の将来にとって大変良いことです。空き家問題に関してはまだまだ多くの見方があると思いますので、他の方のご意見もお聞きしたいと思います。

 

ココから蔵六

    3月甲府市議会の議事録は23日に公開されると市からメールが来た。政務調査費の公開は7月になるそうだ。市会議員の通信簿の為に議事録を読みたいのだが、もう少し早く公開を望みたい。市会議員の先生方にもお願いをしているが、誰一人として動いた形跡はない。市政に市民の声を届ける役目は誰がするのだろう???

 

蔵六の一言

 

 

2月のオピニオン

5月18日 zouroku.comです。

いろんな意見があり、議論が深まる事・・・このサイトの喜びです。

 

■山梨県の教育水準と空き家率を嘆く記事を拝読しました。

 山梨県の空き家率が多い原因について、「親と住みたくない子供が日本一多い県だからではないか」との推測を述べてらっしゃいましたが、それは違います。

 2010年の国勢調査結果から、各県における人口のうち、三世代同居している世帯の人数を割り出すと、山梨県は47都道府県中、22位とのことです(http://todo-ran.com/t/kiji/16414)。

 

山梨県は、全国各地と比べて、親や祖父母世帯と同居している人は別に少なくありません。

  ちなみに、東京は、空き家率は10%未満であり山梨に比べて非常に低いですが、人口のうち三世代同居している世帯の人数が一番少ないのは東京です。

 空き家率と親子同居の間には、単純な相関関係はありません。  若い人が進学や就職等で東京等の大都市に行ってしまい、そのままそこに住み着いて山梨に帰ってこないということはあります。そうすると、家を受け継ぐ人がおらず、空き家になってしまうということがあります。

 

  こういう空き家に泥棒が入るということは、実際によくあります。骨とう品や、農機具や工具等を転売目的で盗んで行くのです。  甲府中心街にはこのような空き家は多くありませんが、少し山の方に行けば、こういう空き家がたくさんある地域はいくらでもあります。窃盗をする連中には、どこを狙いやすい等の情報はすぐ知れ渡ります。  空き家は防犯上、よくありません。  人が住まず、手入れをしない家は、傷みます。風雨で屋根やら壁やら雨樋やらが剥がれ落ちたりすれば、その家の前の道を歩いている人に当たって怪我をさせてしまうかもしれません。  空き家は防災上もよくありません。

 

 でも、簡単に潰すこともできません。解体に費用がかかるのはもちろん、更地にしてしまうと納めなければならない固定資産税の金額が上がるからです。

  もう要らない土地なら売ってしまおうかと思っても、人がどんどん山梨から出て都市部に行ってしまっている状況です。人工自体が減ってるんです。土地を買ってくれる人なんか簡単に見つかりません。

  若い世代の人たちが、「ここで学ぼう。」と思える大学や、「ここで働こう。」と思える仕事、「ここに住みたい。」と思う魅力がなければ、人は山梨に住まないし、空き家率も低くなりません。  親と子が一緒に住むかどうかは、各家族によって事情が違います。  東京に行って、成功して、年老いた親を「一緒に東京で住もう。」と呼んでも、親の方が「住み慣れた家を離れたくない。」と敢えて田舎暮らしを選ぶということもあります。親子で同居してはいるけれど、子がいい年齢になっても一向に自立せず親に依存して、親の方では「いい加減に出ていって欲しい。独り立ちして欲しい。」と思っているという家もあります。  親子が同居しているかどうかと、親子関係が良好かどうかにも、単純な相関関係はありません。

 

 極端なことを言えば、例えば、幼少期に親から虐待を受けた子どもならば、自立した後にもはや親と同居したいと思わないのは当然です。こういう場合、学校で「親を大事にしろ。」と教えるかどうかはまったく意味を持ちません。  愛すべき素晴らしい親であれば、学校で「親を大事にしろ。」と教わらなくても自然に愛して大事にするし、どうしたって愛することのできない酷い親であれば、学校で教師から「親を大事にしろ。」などと綺麗事を言われたって、大事にできません。しかしそれは、学校教育のせいではなく、その親の自業自得です。

 

 世の中にはいくつも問題があり、原因も様々です。山教組問題を何とかしたいという熱意はいいのですが、現実に即さない思い込みで議論だけ白熱させても、世の中よくなりません。  蔵六さんは参考になる記事も多くて興味深く読ませていただいておりますが、あの記事は少し思い込みに流され過ぎではないかと思いました。

 

ココから蔵六

{C}    昨日の山中元事務次官の話続き・・・山梨の教育の問題点・・教育と世の中が別物・教育の内容・結果が出なければ駄目・・・全国で最下位が結果だと蔵六は思います。故に、山梨の教育はどこか間違っているという事だと思います。それに対する対策が県民に話されていない事は県政の問題かも。結果を出せない教育委員会は首にして、新しい体制づくりをする・・県外からでも人材を呼ぶ・・・このくらいの事考えて欲しいな。

 

蔵六の一言

山梨県政

5月17日 zouroku.comです。

 

517日のサンニチ新聞に、県は民間と連携して空き家対策に本腰を入れるという記事がありました。ヤマナシ県は景気と教育水準が全国最低ですが、空き家になっている割合も日本一です。「マッタクなんちゅうところだ」と思いました。

 

空き家対策が何で必要かというと、行政に言わせると「治安、防災面から不安がある」そうなんですが、それはお役人のタテマエで、ホンネは古くなって汚くなった家は一種の巨大なゴミのようなものだから、住民から苦情が出る前に処分してしまいたいということでしょう。人が住んでいないのだから地震で壊れたって問題ないし、当然空き家に入る泥棒さんも居ません。治安、防災なんて取ってつけた理由です。

 

全国の住宅総数6063万軒のうち、空き家は820万軒で空き家率は13.52%。約7.4軒に1軒が空き家という計算になります。空き家率の第1位は山梨県で22.01%2位以下は長野県、和歌山県、高知県と続いています。

 

何で山梨県が日本一なのかというと、そんな統計はないのでこれは私の想像ですが・・・

親と住みたくない子供が日本一多い県! だからではないかと考えています。

息子が結婚する。親と住みたくない。別に家を建てる。両親が亡くなるとその家が空き家になる。年寄りの家だからリフォームなんかされていないので誰もその家を欲しがらない。そして空き家になる。

 

じゃあ何で親と住みたくない、同居したくない、親の面倒を見たくない子供が山梨県で日本一増えたのかと言うと、それは普通に考えて「教育」でしょう。それ以外に考えられません。そうです。日本を共産化したいという日教組の牙城 ほぼ100パーセントという日本一の組織率を誇る山教組(山梨県教職員組合)の「国も親も大事にするな」という教育が数十年続いた結果こうなったとしか考えられません。「また、また、こじつけが過ぎませんか」と言われそうですが、空き家率でほかの理由があったらぜひ投稿していただきたい。

 

経済低迷も山教組(山梨県教職員組合)教育が根底にあります。共産主義は国やふるさとを愛する心を失わせ、人の心をばらばらにしてしまいます。国歌を歌ってはいけない。国旗を敬ってはいけないという方針ですから、国の親を敬えない人には自分の親も敬えなくなります。だから山梨県でふるさとを愛する心を失う教育を受けた若者は、東京の大学に進むと帰ってきません。政治や経済の優秀な担い手が帰ってこなければ、その県はどんどん衰退します。

 

空き家率と山教組(山梨県教職員組合)教育。そして景気動向指数2ヶ月連続日本最低、小学校6年算数B全国最低、やはり教育は大事です。山教組(山梨県教職員組合)教育はイケマセン。 

 

ココから蔵六

    大学を卒業して、先生を目指した彼が数年の臨時雇いみたいな立場から正式な先生になったと報告があった。非常にうれしい思いをしました。彼の学校の校長も推薦をしてくれたと思います。キットいい先生になるでしょう。しかし、こういった事を決めているのが山教組だと思うと考えてしまう蔵六・・・・・・です…公平性が保たれているか??です。イマイチ、信頼感がないのが思いです。給料は大幅アップらしい!!

 

    昨日、赤池まさあき議員の勉強会、山梨経営フォーラムがあった。元、文部事務次官山中さんが講師、都留市の出身だそうだ。グローバー化する日本の子供の教育に英語の必要性を話していた。文法でなく、聞き、話せる英語教育である、その通りである。じゃ、なぜ、徹底的にやらないのか・・役人の限界を感じた。また、山梨の教育の問題は現場にある・・という事を言いたいような口ぶりであった、先生の問題である。イコール山教組・・日教組だと思った。ハッキリは言わない・・・官僚を感じた。人当たりは良さそうで、気さくな人のように感じたが、事務次官まで上り詰めた人である、一度、地で話を聞きたいと思った。安倍政権での教育の変革は一部を除き、蔵六は支持したい。

 

蔵六

噴水問題

5月16日 http://zouroku.com/14351946406121

 

■官民格差の投稿に貴重なご意見が寄せられています。まわりに役人の友達がいますから、現職の警察官や学校の先生の事情も、もちろん良く承知しています。そのうえで「やはりこの官民格差は行き過ぎだと思います。

(滅多に)首にならない、倒産しない公務員が、明日の生活も保障されない時給900円の労働者にむかって「そんなこと言っても私たちだって大変なんです」と言って、はたして説得力があるでしょうか。「それなら私とあなたの職場を交換しましょう」と言われてしまったら、なんと答えますか。

 

県庁では堂々と時給900円、身分保障なしで臨時職員を募集しています。この臨時職員に「わたしら正規の県庁職員はあなた方の3倍以上の年収があるんですが、仕事がきつくてとても大変なんです」なんて言えますか。臨時でも正規でも仕事の内容はほとんど同じと聞いています。それに官庁以上に仕事がきつい民間企業はいくらでもあります。ブラック企業は問題外ですがそれに近い会社に勤めている人に、「あんたらは200万だけど楽でいいねえ、私等は700万もらっているけどとても大変なんです」なんて言えますか。

 

仕事がきついことより、精神的にこたえるのは「明日の生活の保証がないこと」です。時給900円、貯金もほとんどない状態でいつ仕事がなくなるか分からない生活の恐怖なんて、公務員の方には想像することが出来ますか。グローバル化なんていう甘い言葉に踊らされ、日本はアメリカから派遣システムを学び、辞めてもらいたくても首にできない社員を抱える経営者が「これはいい!」と飛びついて、非正規労働者が急激に増えてしまいました。今では全労働者の4割が非正規です。

 

「いつでも首に出来る労働者制度」の導入を進めたのも、放置しているのも、政治家と役人です。公務員の給料を下げろといっているのではありません。一度上げてしまったものを下げることはできません。「民間並み」というインチキな主張を引っ込めなさいと言っているのです。公務員は「われわれは高給取りです」とはっきり言うべきです。そのうえで毎年の人事院の勧告を辞退するべきです。県議、市議は人事院の勧告に「本給だけで比較せず、総年収で比較するべき」と異議を挟むべきです。そうすれば、10年くらいで公務員の給料は実質的に「民間並み」になるはずです。

 

昔の小中学校は1クラス55名の生徒を1人の先生が担当していました。少子化で子供が減り学級も学校も減った中で先生の数はたいして減りません。55人学級はなんやら理屈をつけて今や30人学級です。そのうえ校長、教頭、担任の先生以外に役職を山ほどつくり、南西中学なんかは全校8クラスしかないのに教職員が28名もいます。「これでも校務が忙しすぎる? ふざけんな!」と居酒屋チェーンで働いているお兄さんに怒られますよ。自分たちが稼いだお金で運営しないとこんなことになります。これを見ていても市会議員、県会議員は票が欲しいので何にも言いません。膨らみ続ける福祉予算と公務員給料による財政八方ふさがり時代がもうすこしでやってきます。このままいったら日本は確実に破綻します。

 

ココから蔵六

    今週はやる事が多すぎてテンテコマイです。6月市議会の議事録が公開されると思います。これを読んで、市会議員の通信簿作成に取り掛かります。また、中心街活性化委員会の資料の検証もまだできていません。業界の総会が大阪であり出席してきます。お客様の65周年パーティもあります。未来ファンドの件の補助金申請をしなければなりません。甲府一高の同窓会総会があります(こちらは欠席です)。宝石鑑別協会の総会があります、理事を退任します。BASIEの20日は貸切です。という事です。今週も皆様にとって楽しい州であるといいですね!!!

 

蔵六の一言

甲府市政

5月14日 zouroku.comです。

 

■~教育研究協議会の始まりについて~

 なぜ、山梨だけが、日教組教育研究を勤務時間中に公務としてできるのでしょうか?それは、50年前に各地区(支部)に作られた「教育研究協議会方式」が認められてしまったからです。

 戦後、GHQの主導でできた教職員組合(日教組)には校長、教頭も所属できました。でも、共産主義に対する反動もあり、いまから50年ほど前、昭和40年くらいまでには、各県の教職員組合から、管理職として校長、教頭が抜けていったのです。

 

  これに危機感を抱いたのが「山教組」です。特に、教育研究の分野で、校長、教頭の協力がなくなれば、これまでやってきた勤務時間内の公費での組合研究ができなくなると考えたのです。

 日教組に教育研究を支配されることに抵抗した校長・教頭もいたようですが、抗しきれませんでした。各支部において、一般教員である組合員を「教育会」と称し、校長会・教頭会と並べて協議会を作れば、今まで通り組合教育研究が、勤務時間内に行え、授業を潰し、公費でできる、と始まったのがこのシステムです。おそらく、選挙活動を通して培った政治力を駆使したと思います。

50年前、世間の人々は誰も気づかなかったでしょう。おそらく、山梨の日教組組織率が100%近いのも、こういう仕組みがあることがその理由です。

 

  その当時の様子を知ることができる証拠資料は、堂々、「甲府市教育研究協議会10周年記念誌」にしっかりと記録されています。しかも、その当時の支部組合役員達の座談会という形で(笑)。この記念誌は、現在まで10年ごとに出されてきました。甲府市の多額の補助金を受けて運営されている協議会ですので、それらの資料は、甲府市教育委員会に申し込めばすべて閲覧可能なはずです。

50年前の詐欺行為を、今なお隠し続けられると思っているところが「左翼脳」だと思いますが、一般県民・市民としてはもう黙ってはいられませんよね。 ※座談会のページを、リンクしました。上手くダウンロードできない場合は連絡ください。

 

※座談会のページを、リンクしました。上手くダウンロードできない場合は連絡ください。 https://onedrive.live.com/redir?resid=248C5D76C982714B!682445&authkey=!AGuGJlyzDvK1oaQ&ithint=file%2cpdf

 

ココから蔵六

{C}    {C}今日の山日の一面に、バス路線の記事が掲載されていた。県の交通政策会議の専門部会で役人が出した案(県交通政策課)である。バスネットワークの再編だそうだ。広域路線、地域内路線の詳しいことはわからないが・・蔵六は基本賛成である。ただ、一点、言いたい事は、各市町村内に、コミニュテイバス構想を導入する事を提案したい。甲府で言えば、バスを小さなバスにする。どこでも止まれるようにする。コンビニを利用する。一律100円にする。甲府中心街を拠点とする。朝早くから・・通勤、通学に使用する(公務員はバス利用を原則とする)。夜遅くまでは知らせる・・これにより飲酒運転が減る。夜の街が賑やかになる。中心街に人が集まり活性化する。市内の駐車場は少なくなり、利用方法が変わる。中心街の活性化問題が解決する・・等々 夢は広がる・・・全国で初の政策・・??

 

{C}    {C}ヤマトの経営者。小倉さんは・・既存の常識を破り、今のヤマトを育てた。県で言えば。知事である。知事が一言・・できるか検討しなさい・・と言えばいい。組織は動くらしい・・公務員とはそういう性格と聞く。多分、言わないと思う。しかし、県のトップは、会社で言えば社長である。廻りの重役の体制派をいかに説得し、新しい挑戦をするのか、会社の10年後のビジョンを描いて・・・県の10年後のビジョンは蔵六が知事になった方がいいかもしれない。

 

蔵六の戯言

トロンボーン
 

5月13日 http://zouroku.com/14332127563518

 

■彼女の立候補前のブログを見る限り、参議院候補なんて大層なものになる前はサヨクの「サ」の字もなかった宮沢さんが、突然サヨク化していて心配です。512日の新聞では、宮沢さんはとうとうアノ「シールズ」も参加する「市民連合」と安保法廃止で政策協定を結ぶと報道されました。宮沢さん、本当にご自分で望んでこんな事をやっているんですか? 子育て専門家から立候補したころは笑顔がかわいくて高感度満点でしたが、共産党と手を結んだころから「あれ?」と思いはじめ、今回のシールズ=市民連合と手を結ぶという報道を聞いて「ケッコウな人かも知れない」と感じはじめました。

 

その共産党やシールズが主張しているのは「安保法廃止・集団的自衛権の放棄」です。じゃ、どうやって日本を守るの? と聞くと戦争はイケナイ、あくまでも話し合いで平和を守るんだというロンリです。で、究極的には「あなたの子供さんを戦地に送っていいんですか?」とお母さん方の最も弱いところを突いてくるのです。

 

防衛を考える場合、他国との共同防衛か自主防衛かという選択肢があります。つまり日米同盟か完全自主防衛かということです。

「武力を持つと戦争につながる。他国が攻めてきたら、まず話し合いを」なんてお花畑議論は論外としてアメリカに頼らず自分の国を自分で守るためには大変なコストがかかります。

 

「アメリカさえいなくなればこっちのもんじゃい」という隣国に備えて対等に張り合うためには今の防衛費を何倍にもする必要があるでしょう。そのうえ核で脅かされたら何もいえなくなりますから核武装も考えなくてはなりません。これがアメリカ世論を代表してトランプ氏が日本に突きつけている主張です。

 

専門家の試算では、過去の戦争に関するデータから、集団的自衛権の行使を認めるほうが、防衛コストが75%安くなって、最大40%も戦争リスクを減らすという実証分析結果が出ています。

 

また、日米同盟と自主防衛のコスト比較については、防衛大学校教授の武田康裕氏と武藤功氏による『コストを試算!日米同盟解体 国を守るのに、いくらかかるのか』(毎日新聞社)という本には日米同盟のコストは17兆円だけど、自主防衛になるとそのコストは24255兆円と書かれています。

 

共産党や市民連合と手を結んだ宮沢さんは、これからニコニコしながら「戦争はんたーい」というお花畑主張をやっていくんでしょうが、その裏には大変な防衛コストがかかるということと、むしろ戦争リスク(あなたの子供を戦地に送るリスク)が高まるということを考えなくてはなりません。

輿石さん主導でどんどんサヨク化していっている宮沢さん、ホントに大丈夫ですか? 心配です。

 

 

ココから蔵六

    小野次郎さんのチラシがポステングされて自宅にて拝見させていただいた。民進党の比例区、全国区なのかな??? 同率一位なのかなと??? それとも優遇されて単独一位なのかな?? 気になる。米長さん、本当に立つなら泡沫かな??? 小澤さん、大阪維新で小選挙区、南関東で比例一位なのかな??? 高野剛さん・・・まず、紺の背広辞めて、自民党カラーのブレザーにしなさい・・・過日の政治経済パーティ・・どのの方が、高野さんかわからないよ???? これじゃ!! ダメじゃん!!! 経済界の組織は松葉さんが中心となり出来つつあるようですが・・・これじゃ浮動票は無理かな・・候補者が分からないいんじゃ・・・自民党の偉い方は・・皆・・紺色のスーツを着ている・・・・

 

蔵六の一言

3年後

5月12日 山教組問題 その➂です。

 

■匿名・仮名で失礼いたします。山教組の教育研究協議会(甲府では甲教協)についてです。

 

 教員は、「児童生徒の前に立つ」という崇高な職務を負っているため、普通の公務員よりも一段高い法律が定められています。それが「教育公務員特例法」です。

その中に、研修について定めた条項があります。第21条、第22条です。

 「第二十一条  教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。」「2  教育公務員の任命権者は、教育公務員の研修について、それに要する施設、研修を奨励するための方途その他研修に関する計画を樹立し、その実施に努めなければならない。」

 「第二十二条  教育公務員には、研修を受ける機会が与えられなければならない。」

「2  教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所を離れて研修を行うことができる。」「3項省略」 教員にとって、研修は義務であり、権利でもあります。

 

この条文によると教員には以下の三つの研修の機会があると考えられます。

{C}    {C}公務としての研修(県、市町村教育委員会等が計画し、学校長の旅行命令により実施) ②公務ではないが、勤務時間中(授業に支障が無い場合のみ)職務を免除し勤務場所を離れて行うことができる研修(職専免研修)

勤務時間外の自主的研究

 少し話はそれますが、この中で②の職専免研修は、教員だけに認められた特権です。

 20年ほど前までは、これを悪用して、夏休みに「自宅研修」と称して、年10日ほど、実質「休暇」を取っていた時代もありました。現在は厳格な報告書の提出が義務づけられ、誰も取らなくなりました。特権の放棄状態です(笑)。

 

 さて、問題の「教育研究協議会」(甲府では「甲教協」)は①の立派な公務研修です。校長の旅行命令が出され、出張旅費がつき、半日授業、短縮授業にして、学校から人がいなくなります。甲府市からも年400万円程の補助金が出ています。年9回、出張旅費だけでも県全体で年間「数千万円」を超えるでしょう。山梨県の教員にとって最も大規模な研修と言えます。

 もし、この大規模な研修が「日教組全国教研」に繋がる研究会だとしたら、どう思いますか。日教組(各県の単教組)の教育研究活動は、当然③の勤務時間外の自主的研究です。

他県では皆そうなっています。

しかし山梨県では公務ではないはずの、山教組の教育研究活動が、公務として扱われてしまっているのです。(巧妙な仕組みですよ・・・・)  研修という「美名」のもとに、山教組の醜い利権が隠れているのです。

 

ココから蔵六

{C}    {C}この匿名の投稿は現場の経験者だと推測します。参議院選挙では、おそらく、教員に動員がかけられます。その時期は6月に入ってからと思われます。

そんな動きがありましたら、蔵六に知らせてください。子供たちの為に!!

 

蔵六の一言

山教組告発

5月11日 http://zouroku.com/14351946406121 官民格差問題・政教分離問題

 

■県職員の給料の話をします。読んでいくとダンダン腹が立ってきますから血圧の高い方はご注意ください。

 

山梨県には概算1万5千人の県職員が居ます。内訳は

県庁職員が(ざっと)3千人

学校の先生  〃  9千人

警察官    〃  2千人

その他    〃  1千人

 

そして支払われる給与総額が県のHPによると

970億円!

一人当たりの平均年収700万円!

 

県の歳出の実に30%が彼らの給料に消えているわけです。

戦後しばらくは公務員の給料は民間に比べ低く、商人の家より公務員の家は貧乏でした。人事院は「公務員の給料をせめて民間並みにしてあげよう」と少しずつ公務員の給料を上げる勧告を出してきました。

しかし、気がついたら民間と公務員の給料格差は逆転してしまって、お役人の給料だけこんなに上がってしまいました。

 

カラクリは手当てです。公務員の給料のうちホントの給料は62.5パーセントほどで、これでいくと給料平均は400万ほどですが、これに山ほどのボーナスやらナンタラ手当てやらが300万円ほどついて平均給与は700万円になってしまいます。本給400万に手当て300万? ん? なんですか、これは。まるで手品です。

 

でもって人事院は手当てのことは考えず(目をつぶって)「本給は400万円なんだからまあ民間並みだよね」と言っているわけで、議会はコレを見て「まあ、妥当でしょう」とこれまで一切、一切口を挟まず、かくして山梨県職員の給料は民間に比べケタハズレに上がり続けているわけです。こんな状況にしてしまった責任者は? 知事と議会です。県議会議員のチェック機能はどこへ行ってしまったんでしょうか?

 

いま民間は働く人の4割が非正規労働者です。非正規というのは正社員ではない、いわゆる臨時社員、パートの総称です。彼らの大半は時給900円、一日働いて7200円。1ヶ月22日働いて158400円。1年働いて年収は190万円です。もちろん大半の非正規はボーナスも手当ても雀の涙ほどです。

 

県はこの状況を知らないのではなく、完全に把握しています。なぜなら県の臨時職員募集条件に

給与(平成28年度現在)日額(円)

{C}*       高校卒 7,100

{C}*       短大卒 7,350

{C}*       大学卒 7,650

と、堂々と明記されているからです。自分たちが年収700万円もらっておきながら、なんですか「この格差」は。その神経が解りません。

 

ここでこの問題解決のミョウアンを提案しましょう。それは次の知事選で、「給料の官民格差ゼセイ」を旗印にした(ルックスが良くて腹黒くなさそうな)候補を出すことです。貧乏民間と金持ち公務員の有権者の比率から言って確実に当選するはずですW。海の向こうでトランプ氏が人気なのはこういうことを平気で発言しているからでしょう。

 

 

ココから蔵六

    蔵六も毎日夜中に帰る日々を送っています。県庁、市役所の電気はコウコウト点いています。残業代・・税金でいくらになるのだろうと思う毎日です。そんな仕事があるなら、仕事を減らす努力をすればいいのにと思う毎日です。民間なら・・労働基準局からブラック企業と呼ばれます。これって・・官民格差????

 

    そう言えば、期日前投票の時間が早くなったり、遅くなったり・・と新聞記事。イオンで投票と市会議員・・これ・・何割増しの残業手当がつくのか・・新聞記者は書かない・・役所の発表もない・・・それより・・投票率上げる仕組みの根本が間違っている・・こんなこと思いました。私が市長なら、選挙管理委員会総トッカエだね。

 

    県の総合計画審議会が開かれたようだ。基幹産業の部会を作ったのはいいことだと思う。相変わらず、電子機械でいいの??が蔵六の言いたい事だ。また、県議の政調費訴訟問題の記事、市民派と思っていた仁ノ平さんまでが呼ばれていたようだ。書類上は・・・被告と呼ばれると思う・・・いやでしょ・・・新聞報道通りだと、駄目だね!! 県民目線・税金・考えると・・アウトだと蔵六は判決をする。

 

蔵六の三言

官民格差問題・政教分離問題
 

5月10日 zouroku.comです。

 

◆えらい評判が悪いが勝ち進み、とうとう共和党候補の指名獲得を確実にした実業家トランプ氏は54日CNNテレビのインタビューに答え、「大統領に就任すれば、日米安全保障条約に基づき米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を日本に要求し、応じなければ駐留米軍を全面的に撤収する」との考えを表明しました。

 

日本人には驚天動地の発言ですが、一般のアメリカ人には「至極まとも」な話なんでしょうね。だから彼は勝ち続けている。

 

だいたい独立国として一番大事な国防を他人にゆだねることが間違っている。安倍首相が「国防くらい自分で出来る国にしようよ」といって「安保法案」をつくったら「戦争になる」と反対している民進党の気が知れない。世界中のどこの国も国を守るために命をかけ体を張っている。悪いやつが攻めてきたら血を流してでも仲間を守るのはアタリマエでしょう。それが独立国というものです。トランプ氏はそれを言ってくれている。もういい加減、戦後の戦勝国による呪縛から日本を開放し一人前に扱ってやろうではないかというのが彼の真意なんでしょう。

 

民進党さん、そして宮沢さん。笑顔だけでは国は守れません。「戦争ハンターイ」といくら叫んでも悪い国は攻めてきます。「人道に反する・・・」なんて言っているうちにやられちゃいます。国防こそは理屈ではなく力と力なんです。

 

幸い私はこの年になるまで殴り合いのケンカに巻き込まれたことはアリマセン。その理由は大柄で強そうに見えるからです。平和といわれる日本にも悪いやつはいますが、彼らは馬鹿じゃアリマセンから大柄で強そうに見える男とは争いを避けるものです。そのかわり小さくて、抵抗しそうもない人はザンネンナガラ強盗の餌食になったりします。いやなことですが、強盗をするような悪者には理屈は通じません。これが現実です。

 

日本国憲法はアメリカをはじめとする戦勝国が二度と戦争をしてくれちゃ困るといって極限まで武力を持つことを禁じた憲法ですから、その下でこれ以上自衛隊を強化して正当な国防力を持つことに限界を感じた政府が「そこんところを何とかしようよ」というのが今度の夏の参議院選挙です。

 

そういうわけで、トランプ氏がアメリカの大統領になり、安倍政権が参議院選挙に大勝すれば、ようやく日本の戦後が終わります。その前に高野さんが宮沢さんに勝たなければなりませんが、これが何ともムズカシイ・・・ヤマナシが負けるようなら、今度の選挙は自民党の負けでしょう。

 

ココから蔵六

    トランプ旋風は、数年前、民主党が政権を取った背景を思い出す。フリッピンも同じだと思う。その結果は・・・・・

 

    18歳からの選挙権問題・・高校生の話が多く出ているが、大学生はどうなのかなと思わないでもない。また、親切すぎる傾向もありなんかおかしいと感じる。自立は自分自身が考える問題であると思うし、やっぱり、ゆとり教育の政策が間違いだったと思わないでもない。ゆとりを止めるなら、多すぎる国民の休日問題、有給問題も考えなおした方が良いと思う。日本は日本らしくやればいいと思う。休みが多い外国が決していいとは思わない。休みたい時、休める政策ができないのかと思う。国民の生活の背景はいろいろなのだ!!!

 

    ふと思った、バトミントン等の選手の事・・・・社会奉仕をさせた方が良いと思う。5年間とか・・・奉仕しながら・・選手生活を送れるようにした方が良いと思う。そう思いませんか??? 何でも、トカゲの尻尾を切り、もうつながりはありません・・関係ありません・・より・・・人を活かすことを忘れていませんか・・蔵六の意見ですが。

 

蔵六の三言

 

 

甲府市動物園問題
 

5月9日 zouroku.comです。少し遅れましたが投稿ご紹介します。

 

426日の新聞によると、とうとうヤマナシケンの景気動向指数は2ヶ月連続全国最下位を記録してしまいました。2ヶ月連続全国最低の景気ですよ、ため息しか出ません。

 

原因? 原因はハッキリしています。珍しく新聞にもはっきり書いてあります。「自治体の公共事業が数年前の半分になっている」からです。もう少し解りやすく言うと、「知事がねぇー、民進党系の知事だろー、だからさあー、中央から予算引っ張って来れないのよ」ということです。

 

こうなったのもすべては1年前の知事選です。「山梨県の自民党県連はこれまで他党に相乗りしたことはない、必ず候補者を出す!」なんて当時の自民党県連幹事長皆川さんは大見得を切ったのですが、これが大間違いで、結局自民党は候補者を見つけられず民主党に相乗りしちゃって、今のこの惨状です。皆川さん、責任大きいですよ。しかもその皆川さん率いる「山親会」はせっかくまとまりそうになった自民党県連をまたぶち壊そうとしています。この期に及んで敵(民進党)に塩を送ってどうするんですか? あなた方はイッタイ何を考えているんですか。仲間割れしている場合じゃないでしょう。

 

みなさん、選挙ってホントに大切です。気を抜いて「笑顔がかわいいからイイジャン」なんて感じで投票してたら、ヤマナシはちっとも良くならないですからね。国政の政治家は何としても経済の解る人、中央にパイプを持っている力のある人を選ばなければ、ヤマナシはどうにもならないことを忘れないでください。

 

クリーンだのしがらみだの利権だの言ってたら、今は自民党も民進党もマッタク変わりません。むしろ支援労組にがんじがらめになっている民進党候補者のほうがヨホドしがらみに縛られています。後藤知事の117の公約なんて、よくよく見るとほとんどが応援してくれた労組への恩返しのような気がします。衆参同日選挙が消えそうですから、今回の参議院選は、とりあえずヤマナシの景気をナントカしてくれる人を選ぶ最後のチャンスです。

 

それにしても全国最低の景気かー・・・周りの自営業者の顔色がだんだん暗くなっています。知事と甲府市長がなんにもしなかったおかげでイオン増床も決まってしまったし・・・あの巨大な売り上げがゼンブ県外に持っていかれては、そりゃあ景気も悪くなりますよね。何か明るい話はアリマセンかね。

 

ココから蔵六

    ゴールデンウイークが終わりました。正の木祭りは様変わりしました。講演の中だけになりました。テキヤと言われるやくざがらみの人達は警察のお達しで出店できなくなったと聞きました。しかし、公園の中にはそれらしき出店はあります。トルコ人の出店も全国規模で組織があるという人もいました。中途半端はやめて、市内の業者応募の仕組みを作ればとも思いました。古き祭りから新しい祭りへの転換になるのでしょうか??

 

    この公園で、JCの主催する親子写生大会が行われたようです。7500人の市民が参加したと新聞記事にありました。JCの諸君は、この動物園を公園をどうしていくかテーマになっている事を知らないようです。市会議員にJCの先輩も大勢いるのに何の情報共有もないのでしょうか?? 動物園開設100周年にあたる19年度に再整備を始めると聞きます。私もJCのOBですが、OBは原則、金は出しても口は出さないが不文律なのですが・・・残念です。

 

    懲りずに、県にパブリックコメントする事にしました。甲府城周辺地域活性化基本計画素案にたいしてです。5月26日までなのでよく考えようと思います。県会議員全員に意見を求めて公開して欲しいものです。

 

 

 

蔵六の三言

山教組問題

5月7日 http://zouroku.com/14619832787569(その①)

 

■その②

匿名・仮名で失礼いたします。教育研究協議会についてです。

  毎年1月末ごろ、開催都市が厳重警戒になり話題となる教育研究の場といえば、日教組全国教育研究集会のことです。日の丸・君が代反対、自衛隊、日米安保反対、極端な男女共同主義・ジェンダーフリー思想、偏った人権思想等々、左翼イデオロギーに染まった、偏った研究会であり、醜い教育公務員の違法選挙活動・政治闘争と共に、日教組活動の中心的な役割を持っているものです。日教組教育文化活動といいます。

 

 日教組が「日本の教育のガン」と言われるのもこの活動を指しているのです。

  この日教組全国教育研究集会を成り立たせるためには、24ある分科会に、各県から集められる「代表レポート」が必要なのです。この代表レポート選出のためには、各県単位の教組主催の〇〇県教育研究全体集会が、各県で秋頃開かれています。 この県教育研究全体集会を開くためにも、各市町村、地域からレポートが寄せられなければなりませんので、組合員はそれぞれが所属する支部等でレポート研究を行っているのです。

 当然、この研究会は、日教組傘下の組合の行うものであり、勤務時間内に行うことはありません。日教組イデオロギーに染まった教育研究であっても、勤務時間外の自主的な研究であるならば問題はありません。自分たちの自腹を切って行う自主的研究であり、日教組組合員にとっても誇るべき研究活動であるわけです。

 

  ところが、山梨ではそうではありません。全国で唯一、この組合教研活動を勤務時間内にやってしまっているのです。 なぜ、山梨だけこんなことができるのでしょうか?疑問に思いませんか。

 山梨でも秋に、山梨県教育研究全体集会を行っています。22分科会で研究討議が行われ。そこに提出された県内8支部からのレポートは、各支部の「教育研究協議会」において、勤務時間中に公務として研究されてきた成果物です。そして、それぞれの分科会での最優秀レポーターが、日教組全国教育研究集会に参加します。

 

  平成11年までは、この山梨県教育研究全体集会は、堂々と「山教組主催」として行われていたのです。ところが、平成12年からは急に「山連教主催」と主催者名が変わりました。内容は全く変わらずにです。「山教組主催」ではヤバくなったからです。

 

 「山連教」とは、「山梨県連合教育会」のことです。県内8支部の「教育会」の連合体という意味です。組合の研究ではなくて、任意の公的な研究団体みたいに見えますね。そして、各支部ではこの「教育会」と「教頭会」と「校長会」が3つ合わさり「教育研究協議会を作っているというわけです。

 

  蔵六さん、もうお分かりですね。「山教組=山連教」、「山教組支部=支部教育会」なのです。

「山教組執行委員長=山連教会長」「支部執行委員長=支部教育会会長」でもあります。

こんな子供だましのような詐欺行為ですが、山梨では一般教員だけでなく、校長・教頭・教育委員会もみんな当然のごとく思っているのです。 なぜ、山梨だけ、こんなことが許されているのでしょうか? また報告します。

 

ココから蔵六

{C}    {C}投稿②を発信しました。山梨の教育レベル・・全国最下位は現実の姿です。この問題が議論されているのか・・先生方!!!声・・・ 聞こえてきません。

 

{C}    {C}蔵六の主宰する『日本近代史講座』今月は、5月28日です。後、5名ほど余裕があります。興味ある方はご連絡ください。本当に面白いと思います。先生も熱くなり多少、イデオロギーが出てくるところもあります。

 

蔵六の二言

56日 その① 4日ぶりの蔵六ドットコムです。

 

■甲府城の天守閣の話です。ダンジテまがい物を造らせないという歴史学者と、観光・まちづくりに天守閣を造りたい人たちが、もう10年以上も議論を続けています。

みんな知っているように甲府城には天守閣がアリマセン。天守閣の無い城なんて頭の取れた鎌倉の大仏のようなもので、こんなものをわざわざ遠くから見学に来る人はまず居ません。

 

甲府城に天守閣があったか無かったかという議論はムダです。「あった」に決まっているからです。城一つ作るには当時も今も莫大な費用が掛かるわけで、石垣や門や櫓を造る金額に比べ天守閣を造る費用なんて全体から見れば知れたものです。城を造ろうとして縄張り(設計)をして、工事に取り掛かり、石垣を構え門塀を作り櫓を築き天守閣の土台まで造っておきながら、城の象徴である天守閣を造らなかったなんてことは、ゼッタイに考えられません。そんな変な城を造ったらきっと誰かが「浅野は甲府に城を築いたが天守閣をつくらなかった、不思議でならない」などと日記に書くでしょう。

 

だったら文化庁なんか頼らずにさっさと造っちゃえばいいのにと思うでしょうが、学者が反対するのです。歴史学者は文化庁に盾突いてにらまれると学者生命が終わり、明日から生活ができなくなるというビミョーな職業ですから、「まあ、この辺で適当に造っちゃいましょうか」なんて話にはどうしても乗れません。

 

文化庁はお城の天守閣の復元を写真や図面などたしかな証拠が残らないと認めません。お役所はあくまでもオリジナルにこだわるわけですが、城の天守閣のオリジナルって何だ?って話になると、たとえば戦国時代に造られた高知城、松山城なんかは、その原型を無視して江戸中期に造られています。城の天守閣の耐用年数なんて30年くらいしかアリマセン。したがって全国のどこの城も何回も作り直され、そのたびに創建当時の原型とは少しずつ違っているはずです。これが「平成の甲府城」だよといっても何にも不都合はないと思うんですが、いかんせん自分たちの生活がかかっている学者先生がそれをハバムという構図が10年以上も続いているわけです。

 

経済動向指数2期連続全国最下位にアエグ山梨県はリニア開通に大きな期待を寄せていましたが、リニアが開通してもせいぜい13千人、甲府駅乗降客の5分の1程度しか観光客は見込めないとわかってから、急速にリニア熱が冷めてしまいました。

そこで県はなんとかして甲府城の天守閣を実現しようと全国に問い合わせて資料探しをしています。極端なことを言うと、当時天守閣を描いたいたずら書き、メモ書き程度の絵が一枚でも出てくれば天守閣建設にゴーが出るんですが、これがなかなか出てこない。

 

多くの県民は、歴史的、文化的価値の維持をという学者先生の話をそのまま信じて、リニアよりよほどまちづくり・観光の起爆剤になりうる甲府城天守閣復元に後ろ向きですが、木造の天守閣なんてもともと30年に一度建替えられたようなものですから、この辺でそろそろ学者先生を議論から抜いて、甲府城の所有者、いわば城主は今ではケンミンですから、みんなが良いと思う形で天守閣を造っちゃいませんか。創建当時のものと違うから恥ずかしいなんてことは少しもアリマセン。これが今の城主(われわれ県民)が造った天守閣だと誇りに思えばいいんです。

 

マトモに整備すれば甲府城は関東有数の総石垣作りで見栄えのする巨城ですから、天守閣さえ出来れば間違いなく観光客が押し寄せます。甲府城よりかなり小さい松本城でさえ毎日たくさんの観光客を集めています。建設費用も美術館と同じように入場料でいつかはペイできるでしょう。天守閣が出来ると山梨県には観光客の消費するお金で莫大な経済波及効果が見込めます。山梨県はミレーの美術館でそれを経験しました。甲府城天守閣の復元こそ全国一不景気なヤマナシケンを救う最も手っ取り早い景気対策です。

 

 

ココから蔵六です。

    http://zouroku.com/ 休み中に蔵六のホームページを少しいじりました。昨年の6月1日にサイトをオープン・・記念日には一杯やろうと思っています。テーマ別に投稿等を整理してみました、少し読みやすくなったと思います。順次、いじりますので、皆様のご意見もお寄せください。

 

    さて、天守閣、蔵六は必要ない派です。甲府城は市民(県民)の心にない事が一番の理由です。心は信玄なのです。ですから、甲府城を中心とした事を考えるには、もっと違った観点が必要と思います。県もこの地域の活性化基本計画のパブリックコメントを求めています。県も市もその事を考えているのに・・やっている事はチグハグな事が多くみられます。残念ながら!!! お城の天守台はあったと思いますので・・・ここに、噴水を作れば観光客は間違いなく来る・・と思いました。

 

    3月議会の広報が来ました。しかし、議事録は16日くらいにアップするのでしょう。市会議員の先生に、もう少し早くならないかと求めましたが、一人も行動する議員の先生方はいないようです。一市民の声・・議員からは届かない事が確認できます。残念!!!! 多分、声あり声が聞こえないのスカラ・・声なき声はもっと聞こえないのでしょう!!

 

    天守閣の継続調査を続けると知事の発言・・君に、石橋湛山の言葉を贈りたい。甲府一高の同窓会が5月21日にある。その中の記念誌の中に書いておいた、一読して欲しい。

 

 

5月2日 zouroku.comです。5月も発信続けます。よろしくシェアお願いします。

 

■選挙で勝つことを目的に民進党と共産党が手を結ぶことを「民共」といいます。民進党は共産党に回っていた死に票が欲しい、共産党はどうせ当選しないんだから候補者を下ろしてでも民進党に貸しをつくりたい。

 

そこでヤマナシをはじめいくつかの県で共産党は候補をおろし「民共」体制で夏の参議院選挙をやろうとしています。こんなことを考える民進党って、つくづく変な党ですね。共産党はハッキリ共産主義革命を目指している党で、民進党はあくまでも民主主義の中で自民党の対抗勢力になろうとしてつくられた党ですから、最初から話が合うはずがありません。

 

もっと変なのはおおさか維新とタモトを分かった維新の党の小野さんで、この民主主義なのか共産主義なのかわけのわからない「民共」に加わって何をしようと考えているんですか。あなたは頭の良い人ですからこの民共の中で、どうやってご自分の主張との整合性をとろうとされているんでしょうか。民主主義、共産主義が混在する支持者の中で何をどうしたいのか、有権者に説明する義務があるはずです。選挙はただ票を回しっこすればいいってものじゃないでしょう。

 

さて民共維新に乗っかって一介の子育て専門家から参議院議員を目指そうとしている宮沢さん、やる気と意欲だけは伝わってきますが、ホントに政治のことが理解できていますか? こんな言い方は失礼でしょうが、政治の経験もなく、政治の勉強をした経歴もない人を選べといわれても何かを主張してくれなければ選びようがありません。この前の事務所開きでは「笑顔の溢れる山梨をつくりたい」なんて言っていたそうですが、ある日83万山梨県民がトツゼン笑顔だらけになったら、これは相当不気味ですよ。笑顔だけでは生活は改善されません。笑顔はいいですから、もうちょっとましな経済政策とか何かないんですか。山梨県民は中身のない、政策のない、愛想の良いだけの人を選ぶことに、もういい加減コリゴリしています。

 

そうです宮沢さん、政策です。早く政策を出してください。付け焼刃の「戦争法案はんたーい」なんてのはダメですよ。良く理解しないでそんなことを言い出したら高野さんに簡単に論破されてしまいますよ。県民も馬鹿じゃありませんから、誰かの作文なんて通りませんからね。笑顔と子育てはわかりましたから、あなたが自分で考えた政策で堂々と高野さんと勝負してください。その上で共産主義者があなたを支持していることをきちっと説明してください。できたらテレビカメラの前で論戦を戦わしてみてください。高野さんと公開討論会をゼヒやってください。そこでしっかり持論を展開されたら、これは本物です。私たちも納得して気持ち良くあなたを国政に送り出せます。

 

ココから蔵六

    参議院選挙、告示6月22日、投票日7月10日で決まり。笑顔溢れる山梨が宮沢さんの公約??らしい。日本の外交は、社会保障は、税制は、憲法は、教育は、介護は、医療は、経済は、天皇は、自衛隊は・・等々・・・これへの考えが公約と思うのですが・・・・今から出るのかな???

 

    民進党の江田さんが、衆議院は政権選択だから・・・・参議院は、どうでもいいから??・・・となんとか委員会で言っていました。この人までご都合主義???

 

 

    ともかく、蔵六の一番言いたい事・・国会議員一人一人に、山梨ビジョンをどう考えるか・・・・宿題を出しませんか!!!! 教育は全国最低、景気も同じく、観光政策はバラバラ、基幹産業は?何、何?? 

 

蔵六の三言・・・次は6日です。3ッ日間休みます。

山教租問題

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)