1211日 http://zouroku.com/14332127563518

匿名投稿

■はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。私、現在山梨県内の公立学校に勤めている者でございます。この度、蔵六様の山教祖問題の記事を拝見させて頂きとても共感いたしましてご連絡させて頂きました。 私の詳しい素性を申し上げることは自分の身を案じて控えさせて頂くことお許しください。なぜなら、私は山梨の公立学校で働いておりますが、数少ない「反日教組」の人間だからです。私のような若輩者が、山梨の教育現場組織の実情について卓越しておられる蔵六様へ申し上げるような意見は持ち合わせておりませんが、内部の人間である私が実際に経験したことをお話しさせていただければと思います。長文乱文になってしまうことお許し下さい。 端的に申し上げますと、山教祖についてはご存知の通り「異常な集団」だと言えるでしょう。今なお、山教祖と教育協議会という2つの名を駆使し、勤務時間内外問わず組合活動に明け暮れております。まるで「息をするかのように」という表現が的確だと思います。当たり前のように朝礼では組合の活動報告、学校を休校にし研究会と称した組合活動を行っているのです。このようなことが日常業務の中で繰り広げられるため当然組合へは強制加入になっているのが現状です 当然私にも採用と同時に組合勧誘がございました。私はかねてから日教組という組織を存じており嫌悪感をいだいていたため、丁重にお断りいたしました。ですがそれはまかり通りませんでした。その際、山教祖はどのような対応をしてきたかというと、私の所属校の校長とその他職員に私の組合非加入情報をリークしたのです。つまり、外堀を埋めてどんなせこい手を使ってでも私を組合加入させようという魂胆だったのです。そのため結局誰にも相談できない私は加入せざるを得なくなりました。 ですが、それでも私は組合加入届を記入していません。これに記入すれば加入に同意したものとして証拠になってしまうからです。にもかかわらず私から組合費の天引きがなされています。全く腹立しい、常軌を逸した行動です。 そしてなにより、山教祖という集団に接するたびに感じることですが、彼らはまるで「山教祖がいるおかげ」で山梨の教育現場は成り立っているんだという理屈を唱え続けています。全く勘違いも甚だしいです。むしろ彼らの思想・活動が教育現場に混乱を招き、教職員に必要以上の組合活動を強制させ、現場を疲弊させております。 正直なところ、根っからの山教祖信者という教職員は減少していると思います。ですが誰も組合に逆らえないのも事実です。中には狂気じみた組合信者もおります。また教員同士の結婚や親子が教員等のインフォーマルな理由もあり、誰も学校という村社会で村八分されたくはないからでしょう。年配教員は口癖のように「山梨では入らなきゃ」などといっております。 私の考えでは山教祖を解体しないことには山梨の発展はないでしょう。彼らに政治と教育現場という根幹部分を掌握されているからです。しかし中からこの集団を見ている私にはまた、この集団を衰退することが出来るのか正直考えてしまいます。内部からでは確実に不可能でしょう。外部の大きな力が働かないことには難しいです。そのぐらい強大に山教祖は存在しております。ですが私は自分のできることにより、山梨の将来のために行動していきたいと考えております。ちなみに私は今年度に学校を退職する予定であります。このようなきっかけもあり、このたび残り少ない現在の立場を活かし、行動したいと思います。 最後になりますが大変読みづらい文章でありますが、読んで下さりありがとうございました。これから寒さが厳しくなってまいりますので蔵六様もお体のほうご自愛くださいませ。

 

ここから蔵六

{C}    {C}こんな現場の投稿をいただきました。今年退職という事、ご苦労様でした、多分いい先生だったんだろうと思います。日本という国はいい国だと思うのです。戦後の復旧から、私も含め、日本の子供たちは世界に類のない幸せな子供時代を送れるようになってきました。先生方も教員という村でなく、開かれた教育行政に挑戦していただきたいものだと思います。子供たちと、山梨で先生を目指す若い人たちの為にも声を上げていただきたいと思います。うれしい投稿です。

 

ブツブツ

12月1日 http://zouroku.com/14332127563518

匿名投稿:

■私の知り合いの夫は●●高校の体育教師をしていますが、息子を学区外の山梨市に住まわせ(部活のバスケット強豪校が山梨市にあるため)、自分は富士吉田に住んでいるにもかかわらず住宅手当、交通費を水増ししてもらっています。住居実態のない県職員住宅手当、交通費許されるのでしょうか。県職員の悪事に対する内部通告する機関がホームページになく、こちらに連絡しました。ひどいものです。同じ親として強豪校に通わせたいのはわかりますが、息子の下宿先の費用を県費から出すのはおかしいです。何年か前もこのような手当の水増しが発覚しています。しっかり取り締まってほしいです。

 

ここから蔵六

{C}    {C}役所の仲間意識というものは村社会だと思います。いい面もあり、悪い面もあると思います。悪い面は、県民、市民にとって納得できない事が多い事も事実だと思います。今回の投稿はその一例であります。これを読んだ県庁の皆さん、知事、議員の皆さんの良識を信じたいと思います。過日の、山日の投稿にありました選挙違反の件も同じです。実名で山日が取り上げています。何にしない、できない県警なら、現在女性の本部長も悪い例の村の住民という事で、山梨県警、山梨県の、県民の信頼は亡くなるという事です。期待しています。正義の味方とまではいいませんが、まじめに、毎日を一所懸命に過ごしている県民には納得いくようにお願いします。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

5月14日 zouroku.comです。

 

■~教育研究協議会の始まりについて~

 なぜ、山梨だけが、日教組教育研究を勤務時間中に公務としてできるのでしょうか?それは、50年前に各地区(支部)に作られた「教育研究協議会方式」が認められてしまったからです。

 戦後、GHQの主導でできた教職員組合(日教組)には校長、教頭も所属できました。でも、共産主義に対する反動もあり、いまから50年ほど前、昭和40年くらいまでには、各県の教職員組合から、管理職として校長、教頭が抜けていったのです。

 

  これに危機感を抱いたのが「山教組」です。特に、教育研究の分野で、校長、教頭の協力がなくなれば、これまでやってきた勤務時間内の公費での組合研究ができなくなると考えたのです。

 日教組に教育研究を支配されることに抵抗した校長・教頭もいたようですが、抗しきれませんでした。各支部において、一般教員である組合員を「教育会」と称し、校長会・教頭会と並べて協議会を作れば、今まで通り組合教育研究が、勤務時間内に行え、授業を潰し、公費でできる、と始まったのがこのシステムです。おそらく、選挙活動を通して培った政治力を駆使したと思います。

50年前、世間の人々は誰も気づかなかったでしょう。おそらく、山梨の日教組組織率が100%近いのも、こういう仕組みがあることがその理由です。

 

  その当時の様子を知ることができる証拠資料は、堂々、「甲府市教育研究協議会10周年記念誌」にしっかりと記録されています。しかも、その当時の支部組合役員達の座談会という形で(笑)。この記念誌は、現在まで10年ごとに出されてきました。甲府市の多額の補助金を受けて運営されている協議会ですので、それらの資料は、甲府市教育委員会に申し込めばすべて閲覧可能なはずです。

50年前の詐欺行為を、今なお隠し続けられると思っているところが「左翼脳」だと思いますが、一般県民・市民としてはもう黙ってはいられませんよね。 ※座談会のページを、リンクしました。上手くダウンロードできない場合は連絡ください。

 

※座談会のページを、リンクしました。上手くダウンロードできない場合は連絡ください。 https://onedrive.live.com/redir?resid=248C5D76C982714B!682445&authkey=!AGuGJlyzDvK1oaQ&ithint=file%2cpdf

 

 

山教組問題

5月12日 山教組問題 その➂です。

 

■匿名・仮名で失礼いたします。山教組の教育研究協議会(甲府では甲教協)についてです。

 

 教員は、「児童生徒の前に立つ」という崇高な職務を負っているため、普通の公務員よりも一段高い法律が定められています。それが「教育公務員特例法」です。

その中に、研修について定めた条項があります。第21条、第22条です。

 「第二十一条  教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。」「2  教育公務員の任命権者は、教育公務員の研修について、それに要する施設、研修を奨励するための方途その他研修に関する計画を樹立し、その実施に努めなければならない。」

 「第二十二条  教育公務員には、研修を受ける機会が与えられなければならない。」

「2  教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所を離れて研修を行うことができる。」「3項省略」 教員にとって、研修は義務であり、権利でもあります。

 

この条文によると教員には以下の三つの研修の機会があると考えられます。

{C}    {C}公務としての研修(県、市町村教育委員会等が計画し、学校長の旅行命令により実施) ②公務ではないが、勤務時間中(授業に支障が無い場合のみ)職務を免除し勤務場所を離れて行うことができる研修(職専免研修)

勤務時間外の自主的研究

 少し話はそれますが、この中で②の職専免研修は、教員だけに認められた特権です。

 20年ほど前までは、これを悪用して、夏休みに「自宅研修」と称して、年10日ほど、実質「休暇」を取っていた時代もありました。現在は厳格な報告書の提出が義務づけられ、誰も取らなくなりました。特権の放棄状態です(笑)。

 

 さて、問題の「教育研究協議会」(甲府では「甲教協」)は①の立派な公務研修です。校長の旅行命令が出され、出張旅費がつき、半日授業、短縮授業にして、学校から人がいなくなります。甲府市からも年400万円程の補助金が出ています。年9回、出張旅費だけでも県全体で年間「数千万円」を超えるでしょう。山梨県の教員にとって最も大規模な研修と言えます。

 もし、この大規模な研修が「日教組全国教研」に繋がる研究会だとしたら、どう思いますか。日教組(各県の単教組)の教育研究活動は、当然③の勤務時間外の自主的研究です。

他県では皆そうなっています。

しかし山梨県では公務ではないはずの、山教組の教育研究活動が、公務として扱われてしまっているのです。(巧妙な仕組みですよ・・・・)  研修という「美名」のもとに、山教組の醜い利権が隠れているのです。

 

ココから蔵六

{C}    {C}この匿名の投稿は現場の経験者だと推測します。参議院選挙では、おそらく、教員に動員がかけられます。その時期は6月に入ってからと思われます。

そんな動きがありましたら、蔵六に知らせてください。子供たちの為に!!

 

蔵六の一言

カウントベイシー

■匿名・仮名ですみません。山梨県教職員組合のことです。その①

  蔵六さんも、子どもさんが小中学校に通っていた頃(ご自身も)「甲教協」という日があって、年に十回ほど、半日授業になって帰ったことを覚えていますか。

 甲府市教育研究協議会という研究会で、全市一斉に教職員が一会場に集まったり、研究会(各分科会)で各校に散らばったりするためです。

 甲府の教員は随分教育熱心だと思いがちですが(思いませんよね・・)、だまされてはいけません。これは山教組利権の最大のものです。この研究会の成果物(代表レポート)が、県の教研集会、日教組の全国教研集会に上がっていくのです。

50年前に、山教組各支部幹部が考え出した、全国でも唯一の研究会システムです(詐欺です)。「教育研究協議会」として校長・教頭・教員が共謀し県内8支部すべてで行われています。(50年間も!!)

 日教組教育研究(教育文化活動といいます。恐ろしい・・・)が、堂々、勤務時間に、公的出張として(莫大な出張旅費が支払われています)、しかも児童生徒の授業時間をカットして行われているのです。これが、山梨の教育の実態です。監視すべき、県、市の教育委員会も協力してしまっています。

 実は、年九回も強制的に学校業務が停止され、多忙化の中、全国の中で山梨の教員だけが、こんなことをさせられ、もううんざりなのです。(研究内容はお察しの通り形骸化し、時間の浪費になっているからです。)

 これが暴露され、国会等で追求されるだけで、山教組は計り知れないダメージを受けます。証拠はすべてそろっています。

  徐々にお知らせいたします。よろしくお願いいたします。

 

 

山教組問題

5月7日 http://zouroku.com/14619832787569(その①)

 

■その②

匿名・仮名で失礼いたします。教育研究協議会についてです。

  毎年1月末ごろ、開催都市が厳重警戒になり話題となる教育研究の場といえば、日教組全国教育研究集会のことです。日の丸・君が代反対、自衛隊、日米安保反対、極端な男女共同主義・ジェンダーフリー思想、偏った人権思想等々、左翼イデオロギーに染まった、偏った研究会であり、醜い教育公務員の違法選挙活動・政治闘争と共に、日教組活動の中心的な役割を持っているものです。日教組教育文化活動といいます。

 

 日教組が「日本の教育のガン」と言われるのもこの活動を指しているのです。

  この日教組全国教育研究集会を成り立たせるためには、24ある分科会に、各県から集められる「代表レポート」が必要なのです。この代表レポート選出のためには、各県単位の教組主催の〇〇県教育研究全体集会が、各県で秋頃開かれています。 この県教育研究全体集会を開くためにも、各市町村、地域からレポートが寄せられなければなりませんので、組合員はそれぞれが所属する支部等でレポート研究を行っているのです。

 当然、この研究会は、日教組傘下の組合の行うものであり、勤務時間内に行うことはありません。日教組イデオロギーに染まった教育研究であっても、勤務時間外の自主的な研究であるならば問題はありません。自分たちの自腹を切って行う自主的研究であり、日教組組合員にとっても誇るべき研究活動であるわけです。

 

  ところが、山梨ではそうではありません。全国で唯一、この組合教研活動を勤務時間内にやってしまっているのです。 なぜ、山梨だけこんなことができるのでしょうか?疑問に思いませんか。

 山梨でも秋に、山梨県教育研究全体集会を行っています。22分科会で研究討議が行われ。そこに提出された県内8支部からのレポートは、各支部の「教育研究協議会」において、勤務時間中に公務として研究されてきた成果物です。そして、それぞれの分科会での最優秀レポーターが、日教組全国教育研究集会に参加します。

 

  平成11年までは、この山梨県教育研究全体集会は、堂々と「山教組主催」として行われていたのです。ところが、平成12年からは急に「山連教主催」と主催者名が変わりました。内容は全く変わらずにです。「山教組主催」ではヤバくなったからです。

 

 「山連教」とは、「山梨県連合教育会」のことです。県内8支部の「教育会」の連合体という意味です。組合の研究ではなくて、任意の公的な研究団体みたいに見えますね。そして、各支部ではこの「教育会」と「教頭会」と「校長会」が3つ合わさり「教育研究協議会を作っているというわけです。

 

  蔵六さん、もうお分かりですね。「山教組=山連教」、「山教組支部=支部教育会」なのです。

「山教組執行委員長=山連教会長」「支部執行委員長=支部教育会会長」でもあります。

こんな子供だましのような詐欺行為ですが、山梨では一般教員だけでなく、校長・教頭・教育委員会もみんな当然のごとく思っているのです。 なぜ、山梨だけ、こんなことが許されているのでしょうか? また報告します。

 

ココから蔵六

{C}    {C}投稿②を発信しました。山梨の教育レベル・・全国最下位は現実の姿です。この問題が議論されているのか・・先生方!!!声・・・ 聞こえてきません。

 

{C}    {C}蔵六の主宰する『日本近代史講座』今月は、5月28日です。後、5名ほど余裕があります。興味ある方はご連絡ください。本当に面白いと思います。先生も熱くなり多少、イデオロギーが出てくるところもあります。

 

蔵六の二言

 

■匿名・仮名ですみません。山梨県教職員組合のことです。

  蔵六さんも、子どもさんが小中学校に通っていた頃(ご自身も)「甲教協」という日があって、年に十回ほど、半日授業になって帰ったことを覚えていますか。

 甲府市教育研究協議会という研究会で、全市一斉に教職員が一会場に集まったり、研究会(各分科会)で各校に散らばったりするためです。

 甲府の教員は随分教育熱心だと思いがちですが(思いませんよね・・)、だまされてはいけません。これは山教組利権の最大のものです。この研究会の成果物(代表レポート)が、県の教研集会、日教組の全国教研集会に上がっていくのです。

50年前に、山教組各支部幹部が考え出した、全国でも唯一の研究会システムです(詐欺です)。「教育研究協議会」として校長・教頭・教員が共謀し県内8支部すべてで行われています。(50年間も!!)

 日教組教育研究(教育文化活動といいます。恐ろしい・・・)が、堂々、勤務時間に、公的出張として(莫大な出張旅費が支払われています)、しかも児童生徒の授業時間をカットして行われているのです。これが、山梨の教育の実態です。監視すべき、県、市の教育委員会も協力してしまっています。

 実は、年九回も強制的に学校業務が停止され、多忙化の中、全国の中で山梨の教員だけが、こんなことをさせられ、もううんざりなのです。(研究内容はお察しの通り形骸化し、時間の浪費になっているからです。)

 これが暴露され、国会等で追求されるだけで、山教組は計り知れないダメージを受けます。証拠はすべてそろっています。

  徐々にお知らせいたします。よろしくお願いいたします。

 

ここから蔵六

{C}    蔵六ドットコムでは、山教組問題を提起してきました。現実、山梨の子ども達の成績が全国で最下位レベルであるという事に対し・・県、市町村、教育委員会、教職員組合、先生個人から・・・何の発信もありません。責任を取らないという事です。山梨の教育環境を変える事が今、重要な事だと思います。組合運動に協力しないと、校長にはならないと聞きます。マスコミもこの事を真剣に取りあげていそうもないように思えます。

 

{C}    今日の匿名さん、徐々に情報公開をしてくれるそうで期待しています。ぜひ、子供たちの為、山梨の教育の為にお願いします。

 

{C}    今日、人材センターに行ってきました。自宅で農園づくりに協力していただける方を紹介していただきました。腰を痛め、農作業は無理、野菜の常識も知らない・・私には力になってくれそうです。なす、きゅうり、ネギ、ピーマン、ゴウヤを植える事にしました。今年の夏は楽しみです。皆さんにもお分けしますよ!! 

 

{C}    茂手木寛=蔵六 は、フエイスを3つ持っています。これを一つにする事はできないと聞きました。今まで、3つに蔵六情報を伝えていましたが・・5月よりこのフェイスのみにいたします。他の二つのサイトで友達の皆さん・・ここの茂手木寛へ・・友達申請をしてください。お願いします。

 

山梨県政

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)