横内正明いつもながらの卓見に感心しております。


1リニアの新山梨駅への停車頻度については私が知事の時にはまだ本格的議論はされていません。今は建設事業を軌道にのせる時期だからです。しかしダイヤを検討する時期になったら、沿線県市町村、国会議員が結束して在来新幹線並みの停車をJR東海に要求すべきです。JRも地元の思いや今迄の苦労はよくわかっていますから、常識的な結論で収まると思います。

 


2リニア新駅が鉄道駅というより空港に近いというのはそのとおりで、乗降客が県下各地にスムーズに行けるような乗り継ぎ機能を重視すべきです。1週間車を置いても大した負担にならない安い駐車場、バスネットワーク、観光案内所などです。ニュータウンづくりは難しいでしょう。よく長野新幹線佐久平駅が引き合いに出されますが、あれは地元市が区画整理をやり核施設としてイオンを引っ張ってきたから商業施設や住宅が立地したのであり、新幹線の効果は限定的です。とはいえリニア駅周辺には、研究施設、大学、ホテル、通勤客目当てのマンションなどは立地ニーズがあるでしょう。理工系大学の誘致を核とする頭脳産業団地なども魅力的です。

 


3高齢化と外客の増加によりバスネットワークが益々重要になってきます。県は幹線バスネットワークの再編を進めていますが、これに合わせて甲府市始め市町村も最適ネットワークづくりを進めるべきです。県市町村はもっとバスネットワークにお金を投じてもよいと思います。バス停なども屋根と椅子を備えたものに道路予算で整備すべきです。欧米の都市では交通政策が重要課題ですが日本ではそうなっていません。その理由はバス、タクシーなどの許認可権がすべて国にあり、自治体は口を挟む余地が少ないからです。権限移譲が必要です。

 

 

 

リニア問題・・詳しくはこちらをクリック

内正明茂手木さんが甲府市会議員に厳しい指摘をしているのは市議会改革ひいては市政改革に計り知れない効果をもたらします。市職員は蛇蝎の如く嫌うでしょうが頑張って下さい。時間があれば県議会にもメスを入れて下さい。
人口対策の一丁目一番地が若者に魅力ある雇用であることはご指摘のとおりです。かつて山梨にも魅力ある雇用機会がありました。昭和50年代後半中央道が全通したとき当時最先端の機械電子産業が大量立地しました。この結果有効求人倍率は平成15年頃まで山梨はトップクラスでした。しかし今は30番台です。それは1つはグローバル化により日本の機械電子産業が海外に流出していることと合わせて、山梨が新しい産業革命の時代に立ち遅れているからです。第1次産業革命は蒸気、第2次は電気、第3次はコンピュータ、第4次はIOTなどネットであらゆるものが結びつく時代と言われています。第4次の時代の主流産業は頭脳産業でしょう。研究開発、教育、各種デザイン業などであり、これらは緑の環境で生産性が上がりますから、リニアで東京に近くなり、かつ緑の多い山梨はもってこいでしょう。これら産業がどうすれば山梨に来るか、あるいは育つかを考えねばなりません。

横内正明茂手木さんが甲府市会議員に厳しい指摘をしているのは市議会改革ひいては市政改革に計り知れない効果をもたらします。市職員は蛇蝎の如く嫌うでしょうが頑張って下さい。時間があれば県議会にもメスを入れて下さい。
人口対策の一丁目一番地が若者に魅力ある雇用であることはご指摘のとおりです。かつて山梨にも魅力ある雇用機会がありました。昭和50年代後半中央道が全通したとき当時最先端の機械電子産業が大量立地しました。この結果有効求人倍率は平成15年頃まで山梨はトップクラスでした。しかし今は30番台です。それは1つはグローバル化により日本の機械電子産業が海外に流出していることと合わせて、山梨が新しい産業革命の時代に立ち遅れているからです。第1次産業革命は蒸気、第2次は電気、第3次はコンピュータ、第4次はIOTなどネットであらゆるものが結びつく時代と言われています。第4次の時代の主流産業は頭脳産業でしょう。研究開発、教育、各種デザイン業などであり、これらは緑の環境で生産性が上がりますから、リニアで東京に近くなり、かつ緑の多い山梨はもってこいでしょう。これら産業がどうすれば山梨に来るか、あるいは育つかを考えねばなりません。 2016,11,1

    林業公社は、分収造林といって、民間から金を集め県の金と合わせて植林をして数十年後成木になったら伐採して儲けを山分けする、という仕組みでした。しかし、木の価格が下落したために大赤字となってしまったのです。全国の県が国の指導の下にやったことですが、見通しの誤りは県民にひたすらお詫びするほかありません。なお林業公社の整理解散は5年前私の県政時代に決めたことでこの5年間出資者の了解を求める作業をしていたのです。
    高性能林業機械で合理化するのは正論ですが、日本の森林は急斜面のため、それを活用するために林道整備など金がかかり、利益を出すのは難しいですが、努力すべきです。
    山梨の森林で誇るべきことは、FSC指定森林が全国でも圧倒的に大きいことです。これは、国際機関である森林管理協会が「優良に管理された森林」を指定したもので、欧米ではfsc林から出来た紙がアメリカ大統領就任式やイギリス皇太子結婚式の招待状に使われ、ロンドンオリンピック施設の木材に使われるなど高いブランド性を持っています。

    1. 9月26日

    お問合せはこちら

    お気軽にお問合せください

    お電話でのお問合せはこちら

    090-3243-8641

    受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)