12月27日 http://zouroku.com/14375388857410http://zouroku.com/14375388857410

匿名投稿:イオン開店一か月

 

1223日のサンニチ新聞1面トップは

「イオン増床1カ月 高い集客力」「甲府商圏客足に変化」「周辺店舗は危機感」という記事でした。

 

読んでみると・・・

イオンは1カ月の来店数を公表していない
がしかし、イオンモール広報部は記者の取材に「客足は順調」と言っている。

ラザウォークは「売り上げが12%減少した。」、岡島は「分析はまだだが厳しい状態が続いている」、中心街で婦人服店を営む女性は「客足は確実に減っている」と言っている。

しかし同じ日の新聞の9面には

イオン利用者は「品数が豊富で今後も利用したい」「店舗が増えたので長い時間楽しめる」、地元の昭和商工会会長は「増床でさらに集客力が高まり活気が増えた」、甲府商店街連盟の長坂会長は「イオンの影響なのか、日曜日の人通りが減った」、甲府商工会議所専務理事は「イオンに人が集まるのは消費者のニーズに応えている」と言っている。・・・などとありまして、こちらはやや「イオンの増床良かったね」的な記事になっています。

 

新聞社にとってイオンと言えば大きなスポンサー企業ですから、1面で批判的に書いた分を9面で「利用者 魅力増した」などと提灯記事でバランスをとらなければならなかったのでしょうが、明らかに腰の引けた感のある記事でした。世論を形成する唯一の地方紙がこんな具合ですから、地元商店街の苦戦は止まりません。

 

私も行ってみましたが、正直なところ今回の改装の目玉である「ZARA」や「HM」なんかガラガラで、全体に買い物袋を持っている人も少なく、ただブラブラ歩くだけの物見遊山客がほとんどという印象でした。本当はそれほど売り上げはなかったのかもしれません。

 

実はイオングループの苦境はすさまじく、上半期の売り上げ4.2兆円のうち、大型スーパー(GMS)の売上が1.5兆円、食品スーパーの売上が1.6兆円あったが、この小売2事業を合計した営業利益はたったの4億円です。半年で3.1兆円も地方の金を吸い上げて稼いだ利益がわずか4億円とはなんともわびしい話ですし、地方にとって存在そのものが迷惑以外の何物でもありません。

 

実際のところアメリカではすでにモールブームが終わり廃墟になったモールが続出していると伝えられていますが日本でも地方の大規模店の苦戦が顕著になってきました。ラザウォークが言っているように山梨の少ないパイをみんなで取り合っているわけですから、どこかが消えなければ収まらないのでしょう。消えるのがオギノやいちやまでないことを祈ります。

 

ここから蔵六

    もし、ドラえもんのように未来の世界に行けたなら、生き残っている会社は明確にわかります。近未来、山梨は64万人に、甲府市は13万人になります、私はこの世にいません。

 

    この事は、まちづくり=政治=行政・・の世界でも簡単に理解できる事です。その上、過去作り上げてきたもののメンテ等に大きなお金が必要となる時代が目の前にきています。また、何十年も前の政策(例えば道路)も止める事ができません。車も減る時代がきます。

 

    結論を言うと、今ので十分間に合っているもの(例えば競技場)はそれでいいじぁんけ!!です。そんな金が有ったら、山梨のソフト(例えば教育)に金をかける事が優先するのが当たりまえだと思うのですが・・・・!!!

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

12月25日 http://zouroku.com/14247613931498

匿名投稿:あと一年で市長選です

 

■いよいよ甲府市も再来年の1月樋口市長の改選時期を迎えます。樋口さんは後藤知事と違い「無難な市政運営」をこころがけているようで、失点も少なかったのではないでしょうか。

 

樋口市政にあえて言うならば、来年早々に開店するデュオヒルズ一階の商業スペースをどうまとめるのかという点ですが、これとココリの補助金問題は宮島前市長時代の置き土産ですから樋口市長の責任であるとも一概に言えません。当面の課題としてはヤンキーのたまり場になるのではと懸念されている大人のおもちゃのドンキホーテを市場へ誘致する問題をどうするのかということでしょう。この二点が樋口市政の喉に刺さった小骨ですね。

その他の懸案事項としては開府五百年の企画、中心市街地振興問題、それにリニア駅周辺の再開発問題でしょう。

 

さて知事選のほうはともかく、せめて市長選の方は良き候補者が競う中で政策論争による選挙戦を期待したいものです。

 

となると前回の神山市議や宮本県議が再チャレンジするのでしょうか。宮本県議もなかなか頑張っているようですが、先ほどサンニチ新聞に取り上げられた神山市議の「二元代表制のなかで市議は結束して頑張るべきだ」という論説には感心させられました。

 

神山市議は過去二年半を見ても自分の勉強会を立ち上げ、あるいは東奔西走して見聞を広めるなどシャカリキに市政にまい進する姿は他の市議を圧倒しています。

 

しかし言うだけなら誰にもできることで、問題は言う事とやる事が一致するかということです。「首長と政策競争をする議会に」するために「地域政党をたちあげるべき」とせっかく良いことをいっているわけですから、ぜひ実現してください。神山市議の今後の活動に注目したいと思います。

 

ここから蔵六

    今年も残り一週間になりました。私は、年明けて69才になります。65才より始めた老後の第一期5年間の最後の年を迎えます。是についてはゆっくり検証しながら、2018年の蔵六物語を考えようかと思っています。

 

    さて、来年は選挙の前哨戦の年を迎える事になります。投稿もその空気を感じさせるものをいただきました。蔵六的には厳しく検証をし、評価をしていきたいと考えていますし、皆様の一票に表現できたらいいなあと思っています。そんな蔵六ドットコムを目指そうと考えています。

 

 

    あと、抱き枕を買って今年最後の買い物をしたいと思っています。いい商品をご紹介ください。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

12月22日 http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿:山梨の今後の政局

 

■自民党山梨県連が18日自民党としての政策提言書を後藤知事に手渡しました。この中の目玉は何といっても「新球技場」問題です。

自民党の言い分は「巨額の予算が必要になるため、県民の理解と後押しが得られることが最も肝要」というものです。当然です。拍手を送りたい内容ですが、ちょっと心配なのは、ハッキリ新球技場建設反対と態度を明らかにしていないことです。

 

なにしろ建設費140億の1%でも1億円を越える業者にとっては大きな利権争いです。おそらくこれから自民党対知事の水面下の折衝が始まるのでしょうが、新球技場問題の追及を契機に自民党が後藤県政と手を切り一年後の知事選に保守系候補を擁立するのか、

それとも

またしてもドン輿石と富士急が乗り出して「次の次」をちらつかせ自民党県連幹部をけん制しながら両者を和解させ、対立候補を出さず球技場建設を暗黙のうちに認めさせることになるのか、まだまだ自民党も知事側も手の内を見せようとしません。

 

ちょうど同じころ県議会議長に河口湖が地盤の白壁県議が立候補して当選しました。「半年ごとのたらい回し」と新聞では叩かれていますが、県議さん方はそんな批判は意にも介しません。「県議会基本条例」は何のためにつくったのでしょうか。

注目すべきは、対立候補を出すべき第二会派の「チーム山梨」と第三会派の「リベラルやまなし」は議長候補を出さず、しかも無記名投票なので誰かは分かりませんが反対票1票、無効白紙標が5票あったということです。もうすでに何かが始まっている気配です。

 

予想通り「新球技場問題」はどうやら政局の最大の課題になってきたようです。この問題を中心にこれから一年間、水面下で激しい戦いや取引が展開されることでしょう。

 

ここから蔵六

    県議、経営者、学者等々のグループから知事候補が出ない場合、自民党県連会長の守屋さん、1区選出の国会議員の、中谷さん、宮川さんのどちらか、コスタリカでどうなるか?? 無理だと思うが、小沢さん、米山さん・・・参議院選も考えるとどうなるのでしょうか??

 

    そして、2区の長崎さんが、自民党の幹事長政策補佐という役割で、2区にまた、挑むというような感じで登場した。二階さんと岸田さんが火種再燃!! 

 

    そこで蔵六的には、長崎さんを知事選に挑ませたらという事を考えてみた。

 

    堀内さんにしてみれば、このやろうと思うが、知事選に廻るのなら、それもいいと思うかもしれない。疲れる選挙はしたくないし、金もかからないし、息子まで続く堀内家万歳になる。堀内さんが2区を説得する。

 

    問題は1区である。中谷さんは北杜で負けた、甲府ではいい戦いをした。この結果から、自民党・・山梨の・・まとまれば1区も長崎で戦える。山梨自民党もまとまる可能性はある。特に、二階さんと岸田さんが手を結ぶと、自民党の総裁選に影響を及ぼすことになるかもしれない。中谷(額賀派)・宮川(麻生派)堀内(岸田派)長崎(二階派)・・赤池(細田派)・森屋さんはわからない・・・

 

    フェイク的に書いたが、これに輿石さんがどうするか?? である。ともかくも、知事は自民党からが蔵六の思いになりつつある。そして、競技場の無駄遣いを止めて欲しい、140億円もあるなら、優先順位は、山梨の未来経済(山梨は何で飯を食っていくか)子育て、子供の教育(山梨の頭脳への投資)等々いっぱいある。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

12月20日 http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿:

Jリーグの他のチームもほとんど陸上競技場をホームにしています。

 

■県は新球技場をつくりたい一心でいろんな理由をひねり出しています。

最初は小瀬なら駐車場につくれば用地買収費がかからないから安くできる。なんて言っていましたが駐車場をつぶせばその分駐車場に入れない車で周辺に大渋滞が起きることがわかってあえなく撤回。

老朽化が進んでいるからなんて言ってましたが、スタジアムの耐用年数はまだ先と分かってこれもダメ。国体・身スポのためにつくりたいなんて理由も昭和61年に今の会場で立派に開催できたことがわかってこの理由もボツ。

 

で最近は、陸上競技場では周りに陸上トラックがあるので臨場感にかけるからサッカー専用球技場をつくりたいと言い出しました。これだけ聞くと「なるほど」と思うのですが、実は全国的に見てもJリーグの試合が行われる会場のほとんどは陸上競技場なのです。

サッカー専用球技場をホームに持っているのは、鹿島、浦和、大宮、柏、清水、藤枝、ガンバ大阪、ガイナーレ鳥取の8チームしかありません。

 

あとの30チームは甲府と同じようにぜんぶ陸上競技場をホームにしています。ヴァンフォーレが常に優勝争いに絡むとか、今のスタジアムでは入りきれないほどの人が集まるというならまだしも甲府が専用球技場を持つのは、せめてJ1チームのほとんどが専用スタジアムを持ってからでもゼンゼン遅くはありません。

 

それでなくても大企業が少ない貧乏県なんですから今のスタジアムでガマンすべきでしょう。甲府が専用スタジアムを持つということは、年収400万円の家庭が息子にベンツを買ってあげるような、ぜいたくなことと思わなければなりません。しかもそのお金を出すのは役人ではなく納税者なのです。

 

それに、県の担当者は二言目には「県民の施設」と言いますが、残念ながらヴァンフォーレの平均観客は1万人しかいません。熱心なサッカーファンは80万県民の中のたったの1万人だけですから、サッカー専用球技場は決して「県民のための施設」とは言えませんね。

 

サッカーのスタジアムというものは公式戦が年間20日くらいしかありません。当然採算は取れません。赤字は最初から決まっています。それでも後藤知事は、まだまだ十分使える今のスタジアムの隣に、ほとんど同じようなスタジアムを140億円もかけて無理やりつくろうというのでしょうか。この計画にははなはだ疑問を感じます。

ここから蔵六

    蔵六ドットコムは、リニアと競技場問題をリンクして考えていました。この所の流れを見ていると、個別なテーマとして考えた方がいい(リニアとは無関係になってきた)と思えます。サイトの構成もこの週末に手を入れようと思います。

 

    蔵六の考えは、競技場をつくるつくると言っているのは知事と県だけで他(県民)は冷めていると思います。箱物は要らないのが県民の心ではないかと思います。いろいろ利権を抱えている皆様は違う観点かと思います。今回集められた(反対派賛成派同数でやるべきだが)有識者会議も、つくる前提で動いているように思えます。これは納得できません。

 

    原点から議論すべきと蔵六は思います。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

1218日 http://zouroku.com/15086497949764

匿名投稿:ドン・キホーテ出店にひとこと

 

■甲府市は13日市場に隣接する市有地に出店予定のドン・キホーテが約200人を県内で雇用する予定であることを12月定例市議会の経済建設委員会で明らかにした。・・・という新聞記事を見ての感想です。

 

要するにドンキ・ホーテは「200人もの新たな雇用を生む甲府市にとって有益な企業」なんですよと、市の担当者がドンキになり代わって市議会議員に説明しているわけですが・・・

 

市の担当者さんはドン・キホーテが過去に長時間労働(36協定違反)の疑いで2015年東京労働局に本社・店舗が家宅捜索を受けていたこととか、ブラック企業のうわさが絶えなかった企業であることを承知しているのでしょうか。

 

ドンキはアダルトグッズ・大人のおもちゃが有名で、このため深夜営業の店舗はヤンキーのたまり場になっているという指摘もありますが大丈夫でしょうか。市議会議員の皆さんは一度石和のお店を深夜に視察に行かれたらどうでしょう。ビックリしますよ。

 

市場の市有地の活用については、当初商売を知らない役人的発想で様々な制約をつけた結果、出店企業がなかなか決まらず頭を痛めたあげく、今度は「出店してくれるなら何でもよい」と方針を切り替えたようですが、それにしても過去にとかくの噂があった企業をわざわざ市有地に、それも市場の中という環境の中に誘致するのはいかがなものでしょう。

 

雇用が期待出来ると言っても、大半は時給のパートです。そのうえ最近はパートを募集しても集まらず、県内ではむしろパート不足の状態が続いている中で、200人の雇用が生まれると言われても地元にはあまりうれしい話ではありません。

 

甲府市民としては、県外資本の大手スーパーなどに消費をごっそり県外に持ち出され、地元の商店が不況にあえいでいることが問題になっている中で、わざわざ市有地に県外資本の企業を誘致する必要があるのか、大いに疑問を感じます。

 

「あんなものを、何も、市場につくらなくってもねぇー」というお母さんたちの声が上がってきそうです。

 

ここから蔵六

    ドンキは甲府市と笛吹市の境目位にあり、ジョナサンや夢庵があります。多分、そこのドンキを閉店して移転してくるものとおもいます。その土地を貸している方は知りませんが、家賃が入らなくなります。甲府にできる予定のドンキは年間2000万円の家賃と聞いています。そんな事は当事者が考える事でどうでもいいのですが、役人の頭で考える事は、経済問題が関わる事は止めた方が良いと思います。学者を使う事も止めた方が良いと思います。役人と学者を使う事は、儲からなくてよい事、弱者の為の政策等だけにした方が税金の無駄遣いが減ると思います。ドンキは自分で経営するのですから責任も取るわけです。

 

責任を取らない皆さんは余計な事しないで欲しいなと思う年末です。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

1215日 http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿:テーマ:新球技場問題の新展開

 

■総務常任委員会で総合球技場(スタジアム)の基本計画、リニア駅周辺整備の基本計画の補正予算の審議が行われたさい、県は県民の目が届かない県議会常任委員会の中で、小瀬の新球技場問題についてとんでもない発言を繰り返しています。いくらテレビ中継がないからと言って役人のゴーマンさがうかがえる質疑応答です。

 

「いろいろ問題がある施設であるが、なぜつくらなければならないのか、」というある委員の質問に

県は

「とにかく作る!そのためにいろいろ、手続きとりますから。費用はいくらかかるはこれから考えます。でも作ります!」と答えています。

 

「今まで十分使えている球技場の隣に、同じような規模のスタジアムを140億もかけてつくるのは無駄だ」という県民の声があると指摘すると、

「いや、今までの球技場は陸上競技専門にしますから、これからはサッカーの試合に使えないので、新しく作らなければならないのです」と答えているのです。こんな答弁ありますか? 今の施設をわざわざサッカー試合に使えないようにしたうえで、新しい施設をつくる必要があると強弁しているのです。県は人口100万人達成が無理と分かった時「通行人や県の出身者も人口に加えます」という奇想天外な答弁を発案しましたが、今回もまったくそれと同じばかばかしい言い訳を考え出しました。県民は愚弄されているのです。

 

そして民進知事に対し是々非々の立場であるはずのある自民党議員は、

「特定の市民がまるで箱もの建設するかのように言っているが、そんなことはない。県民のための施設だとはっきり言わなきゃだめだよ」と発言していたそうです。何ですかそれは。県民のための施設は箱モノではないのですか。みんな県民のための施設ではありませんか。それより自民党県議が民進知事の援護射撃をしてどうするんですか。これでは140億の壮大な無駄遣いが決まったようなものじゃないですか。

 

この応答から読み取れるのは、「建設ありき」で強引に事を進めようとする知事と役人の傲慢さ。そして民進党の知事に「おもねる」情けない自民党議員の姿です。委員会の質疑も議事録だけでなくテレビ中継する必要がありますね。

 

140億の予算があったらほかにいくらでも出来ることがあるでしょう。今の施設で十分なのに使用制限をかけてまで新球技場の建設を進めようとする民進知事に対し、もはやストップをかける骨のある政治家はいないのでしょうか。

 

ここから蔵六

{C}    {C}県の総務常任委員会の議事録(県の担当者名)と、ハコモノ発言をした議員の名前を調べてみようと思います。投稿の方、ご存じならば実名を教えてください。

 

■昨日の続きです。甲府市の委員会の議事録を読んで気になったところです。

 

9月議会です。

■総務委員会

向山協働推進課長 まず今回の甲府市の協働によるまちづくりに関する基本方針の改定では、協働の主体を明確にするとともに、その役割も明確にしてまいりました。(主体とは?・役割とは?ヲ聞くかな)(協働の戦略構想が役人にはできていないと感じる)

民生文教委員会

英語教育の取り組みが古い発想で全く評価できない。

丁寧な説明にありがとう・・という議員が多い。当たり前の事を市民の代表としてきいているのに、お上に聞くという発想が議員に多い。

環境委員会

意見なし 開会9時55分 閉会11時06分

実審議時間   71

経済建設委員会

意見なし 開会156分 閉会213

実質審議 17

 

おやまあ!!!  おやまあ!!!審議  17分 給料泥棒に等しいかな??

議論する事・・がないんかい!!

 

ブツブツ 

詳しくはこちらをクリック

1213日 http://zouroku.com/15117445417094

匿名投稿:テーマ:後藤県政の通信簿

 

■子供をつくろうとか、何人産もうとかは個人の考えで決めることで、役所がコントロールできる問題ではないと最初から思っていました。他の県は人口が減るけれど山梨だけは人口を100万人にまで増やしてプラチナ社会にするのだという選挙公約を掲げ当選した後藤知事は、どうやって人口を100万人にするのだろうと見ていたら、やっぱり「全然ダメでした」という結果が「ダイナミックやまなし総合計画」の達成度評価で出てしまいました。

 

共産国ではあるまいし、役所による人口のコントロールなんて最初から無理だったのです。子供でも分かる理屈ですが、私たちはすっかりそれに騙されてしまったわけです。

 

少子高齢化時代に入り毎年5千人ずつ山梨県の人口は自然に減っています。それを上回る転入者を増やせばいいのですが、関東で一番不景気な山梨県に職を求めてくる人はあまりいません。せいぜい転勤族の出入りだけでしょうが、それでは転入・転出がほぼ同数ですから人口は増えません。

 

そのうえ東京の大学に行った若者のほとんどが帰ってきません。県内の大学を出た若者も県内に就職してくれません。結局総合計画の進捗率は40%以下に終わり、ここまでの知事の通信簿は赤点・落第という結果になりました。

 

なにしろ総合計画そのものが人口増を基本にしているわけですから、人口が増えなければすべてが「絵に描いた餅」ということになります。たぶんそうなるのではないかという危惧がまさに的中してしまいました。

 

あと一年で知事選ですが、まさか後藤さんは「もう四年任せてくれれば、かならず100万人を達成します」とか言って再出馬されるのではないでしょうね。それとも一期目の公約なんか忘れたかのような涼しい顔で再出馬されるのでしょうか。いずれにせよ県民はもうだまされないでしょう。

 

男には責任の取り方というものがあります。公約の目算のはずれは大きな社会的責任です。人口増という空想物語のためにわざわざ中央から副知事を呼び、無駄な予算を使い、職員を動員して結果として計画が破綻し、景気回復という県民の切実な期待を裏切っているわけですから、言い出した人は責任を取らなければなりません。厳しいようですが政治家の責任とはそういうものです。

ここから蔵六

    いよいよ今年も後17日あまりになりました。来年の夏ころから選挙という政治家の一番嫌な時期を迎える事になります。知事選の争点はいくつかあります。投稿も届いています。第一位は、後藤知事の一番の問題点100万人構想です。できもしない事を、誰でもわかる事を、なぜ、ごめんなさい の一言で すむのに 何故言えないのでしょうか?? 私には全く理解ができない事です。

 

    蔵六は、議員の通信簿の作成をしています。甲府市議会議員の皆様を点数で表現しようと考えて、前回の選挙後より準備をしてきています。一つ言えるのは、甲府市議会議員の皆様は、数人を除き、市民の意見など聞く気はない事がこの3年余りでわかりました。議論もしたくないのでしょう。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

1211日 http://zouroku.com/14332127563518

匿名投稿

■はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。私、現在山梨県内の公立学校に勤めている者でございます。この度、蔵六様の山教祖問題の記事を拝見させて頂きとても共感いたしましてご連絡させて頂きました。 私の詳しい素性を申し上げることは自分の身を案じて控えさせて頂くことお許しください。なぜなら、私は山梨の公立学校で働いておりますが、数少ない「反日教組」の人間だからです。私のような若輩者が、山梨の教育現場組織の実情について卓越しておられる蔵六様へ申し上げるような意見は持ち合わせておりませんが、内部の人間である私が実際に経験したことをお話しさせていただければと思います。長文乱文になってしまうことお許し下さい。 端的に申し上げますと、山教祖についてはご存知の通り「異常な集団」だと言えるでしょう。今なお、山教祖と教育協議会という2つの名を駆使し、勤務時間内外問わず組合活動に明け暮れております。まるで「息をするかのように」という表現が的確だと思います。当たり前のように朝礼では組合の活動報告、学校を休校にし研究会と称した組合活動を行っているのです。このようなことが日常業務の中で繰り広げられるため当然組合へは強制加入になっているのが現状です 当然私にも採用と同時に組合勧誘がございました。私はかねてから日教組という組織を存じており嫌悪感をいだいていたため、丁重にお断りいたしました。ですがそれはまかり通りませんでした。その際、山教祖はどのような対応をしてきたかというと、私の所属校の校長とその他職員に私の組合非加入情報をリークしたのです。つまり、外堀を埋めてどんなせこい手を使ってでも私を組合加入させようという魂胆だったのです。そのため結局誰にも相談できない私は加入せざるを得なくなりました。 ですが、それでも私は組合加入届を記入していません。これに記入すれば加入に同意したものとして証拠になってしまうからです。にもかかわらず私から組合費の天引きがなされています。全く腹立しい、常軌を逸した行動です。 そしてなにより、山教祖という集団に接するたびに感じることですが、彼らはまるで「山教祖がいるおかげ」で山梨の教育現場は成り立っているんだという理屈を唱え続けています。全く勘違いも甚だしいです。むしろ彼らの思想・活動が教育現場に混乱を招き、教職員に必要以上の組合活動を強制させ、現場を疲弊させております。 正直なところ、根っからの山教祖信者という教職員は減少していると思います。ですが誰も組合に逆らえないのも事実です。中には狂気じみた組合信者もおります。また教員同士の結婚や親子が教員等のインフォーマルな理由もあり、誰も学校という村社会で村八分されたくはないからでしょう。年配教員は口癖のように「山梨では入らなきゃ」などといっております。 私の考えでは山教祖を解体しないことには山梨の発展はないでしょう。彼らに政治と教育現場という根幹部分を掌握されているからです。しかし中からこの集団を見ている私にはまた、この集団を衰退することが出来るのか正直考えてしまいます。内部からでは確実に不可能でしょう。外部の大きな力が働かないことには難しいです。そのぐらい強大に山教祖は存在しております。ですが私は自分のできることにより、山梨の将来のために行動していきたいと考えております。ちなみに私は今年度に学校を退職する予定であります。このようなきっかけもあり、このたび残り少ない現在の立場を活かし、行動したいと思います。 最後になりますが大変読みづらい文章でありますが、読んで下さりありがとうございました。これから寒さが厳しくなってまいりますので蔵六様もお体のほうご自愛くださいませ。

 

ここから蔵六

{C}    {C}こんな現場の投稿をいただきました。今年退職という事、ご苦労様でした、多分いい先生だったんだろうと思います。日本という国はいい国だと思うのです。戦後の復旧から、私も含め、日本の子供たちは世界に類のない幸せな子供時代を送れるようになってきました。先生方も教員という村でなく、開かれた教育行政に挑戦していただきたいものだと思います。子供たちと、山梨で先生を目指す若い人たちの為にも声を上げていただきたいと思います。うれしい投稿です。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

128日 http://www.motegi-kk.com/

匿名投稿

 

■「スーパーやまと」が倒産しました。一時は16店舗を展開、64億円を売り上げていたのに大型店との競争激化で昨年は27億円まで売り上げが減少、全店閉店に至ったということです。小林久社長は横内知事時代に県教育委員長を務め、その先進的な発想は地元経済界のけん引役の一人として期待されていた方でした。やまとは銀座通りに利益を度外視して商店街活性化のための出店をしたり買い物困難者のための移動販売業務をおこなうなど地元のために大変頑張っていただけに閉店を惜しむ声が上がっています。

 

これまで中小の地元スーパーが分け合っていたわずか40万人の小さな商圏に年間売り上げが200億、300億クラスのイオンやイトーヨーカ堂、ラザウォークなどの、県外資本による大型スーパーが進出し、いわば巨艦と釣り船が売り上げを奪い合っているようなものですから、力の弱いものから順番に倒産が出るのは分かり切っていたことでした。巨大な資本力を持つ全国展開の巨大スーパーが相手では、県内スーパーがどんなに頑張っても戦いになりません。

 

いちやまの年商が225億、やまとが最盛期64億です。ここにイオンが進出すると、イオン1店の300億の売り上げで「いちやま」と「やまと」を足した分の消費が県内から無くなってしまうわけです。この状況の中では倒産が出るのは当たり前でした。しかもこの厳しい状況はまだまだ続きます。

 

大店法の改正で法的にはイオンの増床は止められませんでしたが、県民の意志の代弁者として知事と県議会が反対すればイオンとしても強行するわけにはいかなかったでしょう。横内知事はそうやって増床をやめさせることができました。しかし後藤知事は何もしませんでした。何のための知事でしょうか。

 

ここから蔵六

    過日のフェイスでのイオンの投稿にいろいろな意見をいただいています。皆様のご意見やオピニオンをドンドンいただき、このサイトや私の店で議論し、市民・県民に情報公開し、少しでも、皆で街や、市や・県や・国や・生活を良くする事が蔵六の考えであります。故に、規制を守ろうとか、権益を守ろうとか、いろんな勢力と軋轢を生む事もあります。そんな事もお構いなくやるのが蔵六です。個人攻撃以外ですが・・・・公人は別です。

 

    昨日、安倍総理の奥様が勲章をもらい、涙という記事が掲載されていた。その中で、【今年は本当にいろいろなことがあった・・・】・・森友問題で批判を浴びている事が念頭にあるとみられる…という内容である。蔵六的には冗談じゃない・・この方の行動で・・・国民の税金で賄われている国会運営で、どの位無駄使いをしているのかを考えた事が無いのか。北朝鮮、年金、健全な財務、社会保障、人口問題、子育て・・いろんな議論がどの位大事か貴方のおかげで、無駄な議論がそのくらいなされているか考えてもらいたい・・・蔵六です。女性の社会参加で勲章らしいが、こんな参加では評価はできない蔵六です。

 

ブツブツ

 

127日 http://www.hanko-concierge.com/

匿名投稿

 

■山梨県の飲酒運転事故率は全国ワーストで、飲酒運転事故が止まりません。

その原因は郊外にある居酒屋です。他県の人が山梨に来てまず驚くのは郊外にたくさんの居酒屋があること。そしてどの店にも大きな駐車場があって、夜になるとその駐車場が車でいっぱいになることです。

 

私の家の近くにも比較的大きな居酒屋があって、毎晩5060台の車が停まっています。これだけの車が家路につく頃には何十台という代行車が来ていなければならないのですが、そんな気配はありません。酒を飲むところに車で行って代行車を使わないということは、ほとんどが酔っ払い運転で帰っていることになります。

 

そんな車にひかれて亡くなったり一生障害者になったらたまらないわけですが、警察は分かっていても何の手も打とうとしません。赤色灯をぐるぐる回して駐車場の出口にただ停まっているだけで飲酒運転を防止できるのに、そんな簡単なこともやりません。

 

飲酒運転事故率全国ワーストの山梨県の道路は、夜になるとまるで鉄砲玉が飛び交う戦場のような危険な道です。自転車に乗った塾帰りの子供が暗い夜道で酔っ払い運転の車にはねられてからでは遅いのです。

 

なんとかしてください。山梨県警さん。居酒屋の場所がわかっているわけですから対処法はまことに簡単です。店から出てきてそのまま乗って走り去ろうとする車をはじから検問すればよいだけです。アメリカの弁護士なら、もし仮に居酒屋から出てきた飲酒運転の車で被害者が死亡した場合、未然に防げる状態にあるにもかかわらず放置した警察に多額の賠償金を要求するかもしれません。

 

山梨県安全協会が1130日サンニチ新聞の全面広告でノーモア飲酒運転の広告を出していました。しかしここまでくると「飲酒運転やめよう」なんていう生ぬるい啓蒙活動ではとても効果は期待できません。

 

この際、山梨県警の思い切った対応を望みます。山梨県を移住したいところ、住みよいところにするためには、まず飲酒運転の撲滅からです。日本一の飲酒運転天国なんてまことに不名誉極まりません。次の県議会ではどなたかぜひこの問題を追及してみてください。

 

ここから蔵六

    飲酒運転の取り締まりに山梨県警の評判はあまりよくない。徹底的にやればいいのにという意見の人が多い。過日の選挙でもお金が動いたという事実が山日に投稿されているのにいまだ動きが無い。こんな県警でいいのかな??頑張ってください!!

 

    スーパーのヤマトが自己破産と報道が掲載された。小林君はいろんな方面で活躍していたし、弁も立つし、面白いやつでもあるし、大学の後輩でもあり、残念である。再起を期待したい。まだまだ若いのだから!!

 

    ディオヒルズマンションの完売御礼の看板が立ち、全容が明らかになってきた。さあ、中心街の活性化に役立つのだろうか?? 市役所の声がかりでできた、いいかげんな活性化会議なるものが、1階の100坪に何を持ってきたらいいのかというテーマを掲げた。昨年お8月に市長に答申をした。

 

    一昨日、友人のK君が来店した。デイオヒルズの1階の100坪(103060坪)をどうしたらいいのか考えてくれと、東京の方から頼まれたとの話だ。続く!!

 

    今日から12月市議会の代表質問が始まる。市場のドンキホーテは議論もなく了承されるのかな??

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

125日 http://hanko.gift/

匿名投稿:地域の味文化を守る

 

■私なんかタバコを吸わないものですから、灰皿が置いてあるようなラーメン屋さんや食堂にはあまり入りたくないわけで、間違って入った先が喫煙可のお店で、食べている最中に隣でタバコを吸われると実に嫌な気分になるわけです。

 

ですから日頃なるべく全国チェーンのファミレスやラーメン店に行くようにしています。全国チェーンの飲食店などはほとんど100%禁煙なので安心して食事が楽しめます。

 

そこでふと思ったのは、タバコを吸わない人の中で禁煙のお店を選んでいる人は結構多いのじゃないか。喫煙できる地元の食堂、飲食店が次々に消え全国チェーンの飲食店が繁盛しているのは、これが大きな原因なのではないのかということです。

 

「何で地元の食堂は禁煙にしないのか」ということですが、それは若干解るような気がします。たぶん吸うお客と吸わないお客の両方が欲しいからでしょう。ただそうしていると吸わないお客を失うことになるわけです。

 

統計的には、昔は80%の人が喫煙者でしたが、現在は吸わない人が80%と完全に逆転しています。普通に考えれば禁煙にした方がお客さんが増えるのです。古くからのなじみのお客さんも、こういう時代ですからよほど気に入ったお店なら禁煙にしても来てくれるはずです。だってそういう喫煙者でも全国チェーンの禁煙のお店では食べ終わるまで我慢できるわけですから。

 

そしてこのことは単なるマナーや好き嫌いの問題ではなく、地元の飲食店が次々に消えその分地元に落ちる消費が消えていくわけですから、ますます町は寂れ、それとともに地域の特色を持った食文化も消え、結果的に地域経済に大きな影響を及ぼすことになるわけです。

 

私の好きな上田屋さんというラーメン屋さんも数年前に店内禁煙に踏み切り、安心して通っています。これが今でも喫煙可なら残念ながら足が遠のいていたでしょう。

 

禁煙店は条例や国の施策を待つまでもなく、店主がご自分で選択することが出来ます。「店内は禁煙です」と張り紙一枚出すだけでできるわけです。営業上どちらが得か、大多数のお客さんに対してどちらが親切かを考えたらおのずと結論は出ることでしょう。

古き良きお店がいつまでも元気に営業していただけるように、こんな提案をしてみました。

 

ここから蔵六

    蔵六の共謀BAR『BASIE』も禁煙になりました。しかしながら、常連の二人だけはたばこを吸いたいようなので・・特別許可しています。ご了承ください。

 

    日曜日は、東京に行き、神田昌典氏と小阪裕司氏の二人の話が同時に聞けるという事なので講演会に行ってきました。他の講師も含め6時間の勉強会は久しぶりでした。多分、私が最長老ではないかと思ます。内容は、モテギのお客様に情報提供しつつ生かしたいと思います。

 

    12月に入りました。来年一年で、65才~70才の茂手木の一区切りになります。

  後継者に譲ったモテギ()との関わり・自分の居心地のいい場所づくり・地域への貢献・勉強と4つの柱を基本に人生設計をしてきました。来年は、次なる5年の為の一年でもあり、その手がかりをつくる年でもあります。まず。利益の出ないBARの立て直しです。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

12月1日 http://zouroku.com/14332127563518

匿名投稿:

■私の知り合いの夫は●●高校の体育教師をしていますが、息子を学区外の山梨市に住まわせ(部活のバスケット強豪校が山梨市にあるため)、自分は富士吉田に住んでいるにもかかわらず住宅手当、交通費を水増ししてもらっています。住居実態のない県職員住宅手当、交通費許されるのでしょうか。県職員の悪事に対する内部通告する機関がホームページになく、こちらに連絡しました。ひどいものです。同じ親として強豪校に通わせたいのはわかりますが、息子の下宿先の費用を県費から出すのはおかしいです。何年か前もこのような手当の水増しが発覚しています。しっかり取り締まってほしいです。

 

ここから蔵六

{C}    {C}役所の仲間意識というものは村社会だと思います。いい面もあり、悪い面もあると思います。悪い面は、県民、市民にとって納得できない事が多い事も事実だと思います。今回の投稿はその一例であります。これを読んだ県庁の皆さん、知事、議員の皆さんの良識を信じたいと思います。過日の、山日の投稿にありました選挙違反の件も同じです。実名で山日が取り上げています。何にしない、できない県警なら、現在女性の本部長も悪い例の村の住民という事で、山梨県警、山梨県の、県民の信頼は亡くなるという事です。期待しています。正義の味方とまではいいませんが、まじめに、毎日を一所懸命に過ごしている県民には納得いくようにお願いします。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

11月29日 http://zouroku.com/14837643754934

匿名投稿:子供の貧困問題の根っこ

 

■子供の貧困の問題でどうにもやるせないのは、子供の方からすると「その貧困が自分でつくったものではない」点にあります。子供の貧困は100%親の招いたものです。

 

しかし親の側からすると、もちろん好き好んで貧困になったわけではありません。一生懸命頑張ったのに貧困家庭=年収が平均の半分以下の家庭になってしまったのです。

 

1129日のサンニチ新聞によると山梨県の子供の10人に一人が貧困ということがわかったそうです。この中の三分の一は塾へ行きたくても通えません。年一回の家族旅行も七割が行けません。好きな本が買えない。お年玉も貰っていない。クリスマスのプレゼントなんか貰ったことがない子もいます。

 

この調査で主な原因が、非正規雇用が増えたことと親の離婚だということがはっきりしました。貧困家庭の76%の親は非正規です。そして50%は父親がいません。

 

私たちが(団塊世代が)子供のころは、パート・アルバイトは学生か就職のつなぎにするものでした。一般商店に勤める人も基本は月給制でした。非正規が増えたのは小泉内閣がグローバル化などと言ってアメリカから派遣制度を導入してからです。特に経済閣僚を務めた竹中さんが熱心に提唱していましたね。

 

さらにこのころトイザらスなんかが日本に出店するのに商工会議所とか地元の意見とか手続きが煩雑でやってられんということから、アメリカ政府を通じて日本に圧力をかけ「大店法」が改正され、郊外にどんどん大型ショッピングセンターが建つようになりました。もちろん従業員のほとんどは時給のパートです。それをダイエーやヨーカドーなどの日本の企業がマネしたわけです。ですから、イオンと子供の貧困は密接な関係があるのです。もちろんイオンだけが主犯ではありませんが、イオンは子供の貧困の象徴なのです。

 

それから離婚率が上がり、ひとり親の貧困家庭が増えたのは、大学でゲバ棒を担いで左翼思想にかぶれた若者が女性の権利、女性の自立などと言い出してからでした。その世代が学校の先生やマスコミ業界に流れてから日本の離婚率が急激に上昇し「ひとり親家庭の貧困」が生まれました。世界を共産化しようという流れが核家族化を招き離婚を増やし日本の貧困をつくったのです。まさに日教組の思うつぼでした。

 

さて、我々は子供の貧困解消のために何ができるのでしょうか。それは(象徴としての)イオンの全国展開を食い止め、山教組(山梨県教職員組合)の組織率を下げることが山梨県民が豊かになる一番の近道です。だからイオンの増床を許してはいけなかったのです。

 

ここから蔵六

    蔵六の今年の大きなテーマは、子供たちに食と教育をという事です。お店にご来店いただくお客様に入場料として500円をいただき、活躍している団体に寄付を始めました。希望する団体がありましたらご一報ください。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月29日 http://zouroku.com/14375388857410

匿名投稿:お店の集積

 

■イオンが増床開店して大変な人が押し寄せています。まるで毎日が60年代のえびす講のようです。

どうしてモールはこれほどまでに人を引き付けるのでしょうか。明るい、大きい、品ぞろえが豊富、理由はいろいろあるでしょうが、モールの最大の魅力はお店の集積にあるのではないかと思います。

 

たとえば現在イオン甲府にある180の店舗をバラバラにして甲府の郊外に一店舗ずつ作ったとしても、ほとんどのお店が単独ではやっていけないでしょう。名の知られたHMZARAでも独立した店舗なら山梨県では難しいと思います。

 

そう考えるとモールの最大の魅力は集積なんですね。田舎にドーンと大きな建物を建て、都会の香りのするお店を集め、そぞろ歩きを楽しんでもらい、ついでにイオンスーパーで買い物をしてもらう。これがイオンモールの戦略です。

 

前置きが長くなりましたが、お話ししたいのは中央商店街の活性化のことです。商店街活性化の問題を話し合うときに必ず最初に問題になるのが「何で商店街を活性化する必要があるのか」という質問に対する答えでした。

 

各地の商店街活性化の事例をいやになるほど調べてみましたが、「商店街の活性化の必要性」を明確に答えている専門家は見当たりませんでした。しかしイオンの賑わいを見て、もしかしたらそれは「人を寄せるには商店の集積が必要=だから単独より商店街が必要」という答えが正しいのではないのかと思いました。

 

我が甲府の中央商店街は相変わらず年々衰退を続けていますが、今はシャッターが閉まっていても幸いここには貸店舗が集積しています。このインフラを使えばここに一大飲食店街ができるでしょう。集積したグルメ街は魅力です。空き地や公用地に無料駐車場を作れば昼間から十分人が集まります。

昼は近くの会社員が、夜は賑やかな飲み屋街、休日は家族連れでにぎわう飲食を中心にして生まれ変わった中央商店街が現在のインフラを活用するだけで出来上がります。最近は酒気帯び運転の取り締まりが厳しくなったので、高齢者にバスの無料パスを配ったり、帰りの交通インフラを整備すれば郊外に散った飲食店も中心に帰ってくるでしょう。

 

リニューアルしたイオンを見ると、もうファッションは無理ですが、飲食なら十分対抗できます。あとは役所と商店街のやる気だけです。

 

ここから蔵六

    イオンの正社員のデーターを公開いただきありがとうございました。イオンで発した事でいろんな意見をいただきました。蔵六のBARで議論しませんか!! 遊びにきてください。

 

    消費者の立場では、地元であれ、県外資本であれ、街の商店であれ、ネットであれ、何でもいいのだろうと思います。いろんな消費者のニーズに応えたり、ニーズの先取りをした所が勝ち残りになるのだろうと思います。そんな力バランスの中で構成されていく、我が故郷の街を考えると、また違った面からの話があるのだろうと思います。街づくりという観点から見た場合、コミニュティからの観点・・・・。

 

ブツブツ

11月27日 

匿名投稿:新しいイオン見てきました。

 

■これで山梨の物販、特にファッション関係の小売店は全滅ですね。ここ二十年くらいで町の商店は県外資本にやられっぱなしです。電気屋さんはヤマダ・コジマにやられ、紳士服はアオキ・アオヤマにやられ、町の食堂はファミレスにやられ、衣料品店はユニクロ・しまむらにやられ、カメラ屋さんはキタムラにやられ、薬局も本屋も居酒屋も軒並み県外全国チェーンに降参しています。昔から営業していた数えきれないほどの商店が消え、その家族は時給労働者になりました。フツー地方経済は地元企業商店に勤めている労働者がそこそこの給料をもらって地元で消費する。そうやって回っているものですがイオンは日本一パート率の高い企業で、儲けを地元に還元しません。

 

県内のお店とイオンとの戦いはこちらが弓矢としたら向こうはミサイルのようなもので、まるで歯が立ちません。なにしろ全国に199のモールを展開するイオンの総売上高は8.2兆円。小売業ではとびぬけた巨大企業で、従業員数は143,374人、そのうち正社員は347人しかいません。あとの大部分はパートですね。ごく少数の社員が年収200万円以下のパートを管理して収益率を上げ、圧倒的な資金力で巨大な建物をドーンとつくり、地元の小売業の売り上げを根こそぎ奪い取る、というのがイオンの基本戦略です。

 

これまでのイオン甲府の年間売り上げが200億円。今度の1.6倍の増床で店舗も130から180に増え、300億円の富が山梨から消えることになります。中央資本による地方経済の侵食と疲弊は、とどまるところを知りません。

 

こうなることは政治家も、県内の小売業者もずっと前から分かっていたことでしたが、商工会議所も県も市も(ココリに形だけ出店するなどの作戦に)巧妙にロウラクされ、ただ指をくわえて見ていただけでした。2015125日当選した後藤知事は201675日(民進党代表の兄の経営する)イオンの増床計画を承認しました。盾となるべき県議会は派閥争いに明け暮れ何の役にも立ちませんでした。

 

県知事選に自民党は独自候補を立てられず(立てず)、共産党と、もと学校の先生相手の事実上の無風選挙で知事に当選した後藤さんがまず最初に手掛けたことは、横内前知事が阻止したイオン増床の承認でした。

 

ほんとに残念ですが、もう後戻りはできません。商店街連盟の長坂さんが言っていたように、甲府の中心街はもう物販はダメだから飲食で行くしかないかもしれません。盆地に灯っていた地元商店の小さな明かりがひとつ、またひとつと消えていきます。後藤知事がやったイオン増床計画の承認でどのくらい山梨県経済にダメージを与えるのか見守りたいと思います。地元貢献の言い訳に赤字覚悟で作ったココリのイオン店もいつまで続くのでしょうか。

 

ここから蔵六

    全国的にはショッピングセンター・・3000か所あるという。この中で異変が起きているという。それは、出店の急ブレーキであるという。昨年より3割減だという。特に、衣料関係が多いそうである。その原因は、衣料、雑貨に金をかける余裕がない事、若者の人口減等である。頼みの飲食も減少だという。

 

    しかし、製造業等の海外移転により、大きな空き地が生まれ、自治体の誘致もあり、SCの開業は続くらしい、しかし、ネット流通や、人手不足で、先行き不透明であるという。アメリカでは衰退が始まっている。

 

 

    結論は、イオンの社長曰く『Aクラスの大型店でなければ生き残れない』らしい。だから、甲府昭和のイオンは全国でも生き残る事になる。岡島、山交、イトーヨーカドー、アピタ等は・・????それより先に・・・商店街やその他の小さな小売店が破壊される事になる。

 

    岡島の第5駐車場が閉鎖になった。26日である。すでに、イオンの影響が出てきていると考えると、岡島は先を見た・・・生き残るかもである。テトポンの中止も岡島が200万円出せない事らしいし、中心街のお祭り拒否も岡島が原因らしいと聞く。お中元の残りものを破壊的な価格で販売する事も、岡島ブランドを破壊する事を知っているのだろうか??  

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月24日 zouroku.com

匿名投稿:県政の闇

 

■あくまでも噂ですから、真実を知っている方に教えてもらいたいのですが、山梨県政には裏で知事の手足となっているMさん、Oさん、Tさんという方々がいるそうです。

 

知事が代官で出入り業者が越後屋とすると、この方々は昔でいう代官所の手代のようなものでしょうか。新参者で実績のない出入り業者はいきなりお代官様に会うことすらできませんが、代官所の手代を通じて挨拶すると、不思議と願い事がかなったりします。

 

県政にはいつもこういう「裏で知事の台所を支える方々」のうわさが絶えないのですが、これは一つには知事選にお金がかかりすぎるのが原因になっているようです。

 

全県下を対象に行われる知事選は、他の首長選や県・市議会議員選挙と違って、かかる費用もけた違いになります。県下にくまなく選挙事務所を開設し、地域の有力者に一人一人挨拶し、何万という後援会会員に何回か案内状を送付すると、それだけで数千万円が飛んでいきます。

 

知事選の場合、選挙戦に入れば人件費や広告費、遊説、事務所の維持費などで、激しい選挙戦になると(噂では)数億円を用意する必要があるそうです。

 

対して知事の4年間の給与は知れたもので、とても給料だけでは元が取れません。昔みたいに箱もの一つ作れば選挙一回分が入ってくるなんて話は今や夢物語で、現代では社会の監視の目が厳しく、裏金作りなどはほとんど不可能になってしまったと思っていたのですが、この前の投稿のように政治家にまつわる悪しき噂は絶えません。

 

給料ではとても足りないような膨大なお金と手間がかかる選挙の構造そのものを、例えばSNSによる政策と政策とのぶつかりあいのようなものに変えなければ、本当に心から自分の生まれたふるさとを良くしようと思っている、賢く清新で実行力のある期待の新人候補は現れてこないでしょう。

 

自民党県連会長の森屋さんが26日に開こうとしている政治資金パーティーは参議院選、知事選の布石ではないかと新聞にも書かれています。しかしこの方の下で、知事は民進、中央では岸田さん一辺倒で、絶対の権力を持つ安部・二階ラインに真っ向から対立を続ける山梨県は、当分の間冷や飯食いが続くことでしょう。

 

ここから蔵六

    ちょっとフェイク的な投稿かも知れませんが、いただいた情報は全て公開が原則なのでアップします。長崎さんどうすんだろう?? 小澤さん知事選?? 山梨自民党どうする!! 

 

    さて、昨日、市内はえびす講まつり、雨も9時頃には止み、天候にも恵まれよかった一日でした。しかし、昔の風物であるこの祭りも、まつりが生まれた、その根本的なところから議論したほうが良いと思いました。

 

    同時に、イオンの改装オープン日でもありました。8000人が並んだそうであります。4000台の駐車場完備・・無料・・・・だそうです。これで、勝負はつきました。岡島は中華イベント、廻りの駐車場はガラガラ・・・商店街連盟含め、反対しましたが・・と言っていますが・・そんな形跡は微塵も感じられませんでしたよね!!  最近は飲食が増えて・・・そんな中心にしたい???? なんてテレビで言っていました。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月22日 

匿名投稿:選挙違反門題

 

■1120日のサンニチ新聞、「私も言いたい」欄に「金に左右される政治で良いのか」という興味深い、と言うより驚愕の実名投稿がありました。この前の衆議院選挙だと思いますが、投稿された笛吹市の主婦の知人の話として「菓子袋の中に現金が入っていた」というものでした。

 

これだけではどちらの候補の陣営がやったのか全く分かりませんが、これが真実であるとしたら大問題です。もし現金買収行為があったとしたら同じようなものが大量に配られたはずですから、少し捜査をすれば容易に事実関係が判明するのではないのでしょうか。

 

特に今回の衆議院選挙では、どっかの陣営がどっかの有力者に数億円を届けたとか、まことしやかなキマクサイ風説が出回り「この時代にホントなの?」と信じられない思いでしたが、こんな投書があると「もしかしたら」という気にもなってきます。

 

とにかく「買収」は大罪です。いまのところこれをやったのが当選した方か落ちた方かはわかりませんが、これだけ公になったわけですから、捜査当局は一応厳正な捜査を行い、その結果を県民に報告する義務があるのではないでしょうか。

 

ここから蔵六

    山日の、私も言いたいに・・笛吹市の・遠藤文子さん・64才の投稿がありました。選挙買収の実態が本当にある事が書かれていました。この投書欄は実名で出されていますので、この方の勇気に敬意を払いたいと思います。掲載した山日も褒めたいと思います。この方の知人が、誰かからお菓子をいただき、その中に現金が入っていたという事だと思います。警察は捜査をすべきと私は思います。

 

    フェイク的な見方すれば、笛吹市は堀内さんが、長崎さんを圧倒的に差をつけた地域です。市長も堀内系です。何かきな臭いにおいがしないわけでもありません。私の所にも具体的な噂話が届いています。

 

真面目に一票を投票している人達を裏切らない事。

信頼している山梨県警が真摯に行動する事、を期待します。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月21日 http://zouroku.com/337494217

匿名投稿:信玄公まつりの改革を

 

■マンネリで見物客が年々減少している信玄公まつりは、そろそろ改革が必要です。

以下は全国お祭りランキングベスト10です。

1青森ねぶた祭り(青森県)

2岸和田だんじり祭(大阪府)

3祇園祭(京都府)

4阿波踊り(徳島県)

5仙台七夕まつり(宮城県)

6さっぽろ雪まつり(北海道)

7よさこい祭り(高知県)

8博多祇園山笠(福岡県)

9三社祭(東京都)

10秋田竿燈まつり(秋田県)

この有名なお祭りと人気のない信玄公まつりを比較した場合、いったいどこが違うのでしょうか? 

それは、信玄公まつりは参加者が楽しくないのです。しおれているのです。しおれた武者の行列を見ても観客は楽しくありません。ほかの祭りは参加者が生き生きとしています。熱気があります。真剣です。喜んでいます。自分が祭りを楽しむために参加しているのです。それを観客が見に来て一緒に楽しむ。ここが人気のない祭りと、人気のある祭りの大きな違いです。

 

本来祭りは「家内安全・無病息災」とか「五穀豊穣」とか、信仰から始まりました。それが庶民のささやかな楽しみとなり、参加者の気持ちの高揚から「競う」という要素が加わりました。華美を競う、踊りを競う、速さを競う、優劣・勝敗を競うという「競う要素」が加わると祭りは爆発的に発展します。

 

ところが「信玄公まつり」や「甲府大好き祭り」には「信仰」「競う」という二つの大事な要素のどちらもありません。だから参加している人がつまらなそうに、しおれて歩いているのです。残念ながら、そんな祭りを見ることは観客にとっても苦痛です。

 

「信仰」と「競いあい」これが祭りの魂です。両方あれば最高ですが、そのどちらか一方でも構いません。大金を出して芸能人に信玄公役をお願いしてもあまり役に立ちません。少し頭を働かせて信玄公まつりに魂を吹き込めば、見違えるような祭りに生まれ変わります。

ここから蔵六

    今年も後42日で新しい年を迎える事になる。来年1月1日に、蔵六も69才になる。65才より70才までの5年間の人生設計をし行動をしてきた。来年は次なる70才からの人生設計をする一年になる予定である。65才より衰えてきた体が、70才からはさらに衰えを感じるようになるとの先輩の方々のお言葉である。せめて、口だけはタッシャな老人でいたい気持ちも理解できそうになる自分が情けなくなる。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月20日 http://zouroku.com/14977505207095

匿名投稿:気自動車の時代到来

 

■山梨県は早急に産業政策の転換を

自動車の進化と開発は、ピストンの上下動をいかに早く行い高馬力、高速力を獲得できるかにかかっていたが、回転する電気モーターはスーパーカーのエンジンをはるかに超える性能を簡単に発揮する。これは以前から知られていたことだが、これまではモーターを回す蓄電池の能力が追い付かず、スピードは出るが航続距離に問題があった。

 

ところが近年リチウムイオンバッテリーの進化でこの問題も解決され、いよいよ電気自動車の時代を迎えることが予想されている。アッという間にレコードが消えCDの時代になったように、一説ではあと10年でガソリンエンジン車は世の中から消えるだろうともいわれている。

 

電気自動車(EV)は構造がシンプルなのでそこら辺の町工場でも簡単に製造できる。自動車産業が基幹産業になっている先進国では、国策でトヨタやBMWGMのような大企業を簡単につぶすようなことをしないだろうが、何でもありの中国のような国ではあっという間に電気自動車開発が進み世界の市場を中国産EV車が席巻する日が来るだろう。

 

スマホ市場で中国のファーウェイが、わずか3年で世界第三位の市場占拠率を持つに至ったように、中国メーカーが大挙してEV車開発競争に参加してくることは目に見えている。

自動車産業が百年かけて積み上げてきたエンジンやトランスミッションなどに関する高度な技術や製造ラインのほとんどが不要になってしまうのだ。

これにより全自動車産業7割の人員・製造設備が不要になるという恐ろしい事態が予想され、あと10年もしないうちに世の中がひっくり返ることになる。社会の隅々にまですそ野を広げた自動車産業は戦国時代を迎えることを覚悟しなければならない。現在の開発・製造に携わっている労働者の大リストラ時代の到来は避けようがない。

 

これを見越して世界中で、そして日本の各地でも産業配置転換の動きが急速に進んでいるが、我が山梨県は、欧米各国がとっくに見限った水素をつかった燃料電池自動車にいまだに力を入れ、これを産業政策の柱にするプラチナ社会構想に固執するなど、時代錯誤もはなはだしい産業志向を行っている。このままでは山梨県はますます時代に取り残され、日本のガラパゴスになりかねない。最近山梨県の経済指標が数年ぶりにプラスに転じたというニュースが流れたが、県内総生産の四分の一を占めるファナックの好調が数字を押し上げたにすぎず、盆地の景気は相変わらず

 

ここから蔵六

    蔵六の愛車は、電気自動車リーフである。蔵六の性格はどうしても少数派に偏る傾向がある。当時、リーフは全国で3万台しか売れていない車であった。しかし、蔵六の目は常に世の中より数年先を見ている・・見ていない事もあった・・我が人生での最悪の選択をしてしまった事もある・・・その事はともかく・・・電気自動車時代が来ることを予想してリーフを購入した。日産の管理体系には問題があるが、新しいリーフを契約した。何時納品になるかはわからない!!!

 

    という所で、投稿のような問題提起の山梨県の産業未来像はどうなるんだろう。ファナックに食わせてもらうのもいいが・・・もう二つくらいファナックが欲しい!! ファナックは自社ですべてを解決する方針と聞く(最近はNTTの技術が必要らしいが)、その技術を補完する中小企業が山梨に育っていないのだろうと思う。これは、長い山梨県政の失政の一つでもある。後藤知事も水素はもう一度見直した方が良いような気もするが・・水素に未来はどのくらいあるのか見識者の意見を聞きたいな!

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月18日 http://zouroku.com/624082409

匿名投稿:最近電気代が高くなったと感じませんか。

 

■その主な原因は政府の方針で太陽光発電の電気を高く買った電力会社が、損した分を家庭の電気料金に上乗せしているからです。

日本が手本にしている再生可能エネルギーの先進国のドイツでは、電気料金の高騰を招き、政権を揺るがすほどの国民の猛反発を買っています。

 

電気は火力、水力、原子力といろいろな発電方法がありますが、たとえば原子力では1kW8.9円(政府の「コスト等検証委員会報告書」)で出来るものを国はFIT制度という買い取り制度で、当初企業が作った電気を40円、家庭で出来た電気を42円で買っていて、この差額を電力会社は電気料金に上乗せして国民に負担を強いているわけですから、たまったものではありません。

 

しかしさすがにこの制度の不当性に気付いた国民の不満が高まり国は買取価格を4年連続にわたって引き下げ、さらには中国製の安いソーラーパネルの登場などで太陽光発電関連企業の倒産が相次ぎ「バブル」とさえいわれたソーラーブームで潤った中堅・中小企業も、信用不安の噂が絶えず、危機が訪れています。

 

利益を出しにくくなった太陽光発電にはこのように今、逆風が吹き荒れ、13年は17件だった倒産件数は、14年は21件、15年は36件と年を追って増加し、昨年は自治体の太陽光発電から多く調達していた東京の日本ロジテック協同組合が負債総額1628244万円で倒産するなど、過去最高を大幅に更新しています。

 

ところがブームが去った今、国や参加企業のお荷物となっている大規模太陽光発電施設を、県は甲斐市につくることを許可したと報じられました。県は一般家庭の電気代負担がますます苦しくなることは承知の上だと思いますが、こんな県民いじめの施設を許可して、いったい県の担当者は何を考えているのでしょうか。オオタカ一羽を守るためと言って産廃施設建設に反対した環境保護団体はこんな大規模環境破壊施設の建設を黙って許すのでしょうか。山梨の自然を味わおうとやってきた観光客がこれを見てどれだけガッカリすると思いますか。

 

それに許可した先は「山梨甲斐東平メガソーラー発電合同会社」だということですが、もしこの長い名前の、しかも出来立ての小さな会社が途中で倒産してしまったら、県と地元はその環境破壊施設の継続や処理にとんでもない費用が掛かることを承知しているのでしょうか。疑問だらけのメガソーラー建設許可です。

 

ここから蔵六

    久しぶりに東京に行ってきました。歩く歩く事、駅を間違えて、小伝馬町から人形町へ、銀座線から丸ノ内線へ、東京が一番健康に良い街のようです。甲府の街にいるより、東京へ行こう!!健康の為に!! 買い物も東京でしよう!! おいしいものも東京で食べよう!!! 甲府駅に付き、タクシーに乗ろうとしたら,同じ場所に降車のタクシー・・何か変だよ甲府駅、平和通りは車線が減線か?良くわかない工事が一杯、税金の無駄づかいであれば追及しよう!!

 

    電気代ですが、ノジマ電機のかたに言われて、支払先を変えてみました。電気代が本当に安くなりました。規制改革は競争を呼びいい事なのかもしれません。イオンもいよいよ23日オープン・・・甲府の商店街は破壊的影響を受けるでしょう。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月13日 http://zouroku.com/15071703782125

匿名投稿:健康寿命

 

■平成2712月、平成25年データに基づく都道府県別「健康寿命」が公表され、山梨県は男女ともに全国1位となりました。

ところが都道府県別の最新「平均寿命ランキング」では

男性 25

女性 13

でした。? ? ?

不思議ですよね。健康寿命が日本一なのに短命なんてどういうこと?と思っていたら、1110日の新聞でその謎が解けました。

 

製薬会社の調査で、山梨県は「あなた糖尿病かもしれないよ」と検査結果が出ても「なあに、ははははは」と検査結果を軽視する人の割合が日本一なのだそうです。

 

健康寿命とは、WHOが2000年に提唱したもので、平均寿命から医療・介護なしに生きる期間を引いた期間です。

つまり、ず~っと医者にかからず、ぽっくり逝く人が多いところが健康長寿県というわけです。

山梨県人は医者を信用しないのかお金がないからなのかわかりませんが、とにかく医者から言われても再検査もしなければ治療もしない。そして医者に行ったときはすでに手遅れで、すぐ亡くなる人が多いので「健康寿命日本一」となったわけです。

 

「手術の繰り返しや薬漬けで少しばかり長生きしてもねぇー」という人が多いことがあながち悪いこととは思いませんが、それにしてもそんなわけですから、「健康長寿県日本一」を自慢したり売り物にするのは、ちょっと恥ずかしいことだということが分かった次第です。

 

ここから蔵六

  男の平均寿命は80才と言われています。蔵六的には残された時間は約12年となります。この、残された時間の過ごし方を考える事が多くなりました。同じ年代のみんなが集まると、健康と孫の事ばかりのようです。そんな人生中ですが、蔵六と一緒に、この地域を考えてみようなんて方は、共謀しませんか!!お互いに、お互いの人生には関わらず、一人で始末がつく程度にですが・・・・

ブツブツ

11月10日 http://zouroku.com/14349475161458

 匿名投稿:観光地で何時も悩むのは!!

 

■観光地でいつも悩むのは
次はどこへ行こうか?
そこまでの道順は?

 

そこで現在地からスマホアプリの「ヤマナシなび」を呼び出すと
「観光スポット」「グルメ」「ホテル」「旅館」「高速IC」「絶景」「ラーメン」「居酒屋」「ほうとう」「カフェ」「ワイン」「お土産」「イベント」

なんかがズラっとでてきて
その中から行きたいところを選ぶと
道順、内容などの情報が出てきて
「行く」ボタンで道案内が始まる・・・
みたいな「ヤマナシ観光おもてなしアプリ」が出来れば

すごく便利ですし
観光客も増えて
山梨県経済も
活気付くんじゃないでしょうか


鳥取県なんかは次から次に新しいキャンペーンを打ち出して
ずいぶん賑っているようですし
山梨県も負けずにガンバリましょう!

 

観光客一万人増えれば
地元に一億円の経済効果があるそうです
山梨には今でも年間三千万人来ているそうですが
これが一割増えただけで三百億円です
観光は一大産業ですね

 

119日 http://zouroku.com/14247613468817

匿名投稿

■広報こうふ11月号が自治会から各戸に配布されました。驚いたのはそこに発表されている市役所職員の平均給与がなんと

 
 {C}{C}

682万円!

 

 

 

 

 

 

 

県職員が今度上げると騒いている額が636万円ですから、甲府市職員は県職員よりはるかに多い平均給与を貰っているわけです。この高給を負担しているのは、客が来ないと青息吐息の地元商店街の皆様と、ボーナスもろくにない中小零細企業へお勤めの甲府市民の皆様方からの税金です。市民の平均は国税庁発表で421万円ですから、市役所職員がこれほどの高級をもらっている理由がマッタク理解できません。

 

もっと許せないのは、どうやって給与の額を決めているのかという説明に

{C}  {C}国・県・他都市の職員などの給与とつり合いがとれていること

とあって、今まであった「民間との格差が生まれないように」という部分がソックリ削られていることです。

 

県人事委員会でさえ民間との釣り合いを考慮して、県民の年収を調べたらこうだったからと答申を出しているのに、甲府市は全くそんなことは考えていません。他都市との釣り合いで上げるというなら、景気の良い市の給与を持ち出して「あれと同じにしたい」と言えば際限なく上げることが出来るわけです。

 

32人も居る市議会議員さん方の目は「節穴」ですか。職員給与の引き上げ基準をコッソリ改定されても、それに疑問も持たずに、やすやすと議会を通しているようでは、あなた方に投票した市民として情けなくなります。いつからこんなふうに自治労と市議会が馴れ合いになってしまったのですか。

 

これだけを見ても甲府市政は県政よりひどい。たるみ切っています。ココリやデュオヒルズに無駄な税金を投入したあげく、中心街は20年もぜんぜん活性化していません。それどころか衰退の一途をたどっています。そんな状況の中でこれほどの高給をよく貰う気になれますね。監督するべき立場にある樋口市長は何を考えているのですか。

 

ここから蔵六

    小池都政では働き方改革を実践しようという試みがスタートしたようです。昨日、取引先のメーカーの専務がご挨拶にご来甲いただき、久しぶりに甲府の街で楽しい時間を過ごしました。その帰り道、時間は十時頃かな・・市役所・県庁とも電気が煌煌とついて仕事をしているようでありました。蔵六的には民間と公との不平等化がその明りの陰に見えました。今回投稿をいただきました内容も、その一つの形なのだと思います。民間の厳しさを、公に伝える事が出来るのが市会議員の皆さまであります。ご奮闘を期待します。

 

ブツブツ

118http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿:テーマなし

 

■直接知事にインタビューしたわけではありませんが、これまでの実績を振り返ると後藤知事の答えはこうなるでしょう。

質  問

後藤知事

山教組(山梨県教職員組合)

守り抜く

先生の選挙介入

知らない

公務員の給料

上げる

富士急の県有地問題

触れない

甲府城の天守閣

これで終わり

子供の学力

どうでもいい

イオンに消費が流れる

関心ない

中央商店街が寂れる

何とも思わない

公共用地の駐車場解放

やる気ない

新球技場の無駄遣い

やる

公約の不履行

え、何のこと❓

図書館の高すぎる駐車料金

年金生活者は来ないでください

お城フロントの整備

むにゃむにゃ

街中の景気低迷

商店主の自己責任

子供の貧困

親の責任

誰のための政治❓

輿石さんと富士急行

二期目もやる気ある❓

当然

 

ここから蔵六

    昨日は、富士屋ホテルで山梨総研の20周年の記念フォーラムがあった。参加した方と夜ワインを飲みながら共謀した。私も話を聞きたかった。山梨の未来像をどんな風に、シンクタンクが考えているのか興味がある。特に、人口問題を取り上げていたと聞く。そんな時、上記のような投稿が来た・・・後藤知事は挨拶後すぐ帰ったらしい事を聞き・・知事こそ真摯にこういった話を聞くべきではないかと思った。あえて投稿を載せる事にした。

116日 http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿

テーマ:再来年の1月には山梨県知事選挙が行われます。

 

■もうあと13カ月しかありません。山梨県のこの低迷状態を打破するためにも、役人と富士急と山教組にヘコヘコしない実行力のある新しい知事の誕生が待ち望まれます。

 

再選をにらみ後藤知事はこの前の衆議院選挙で自分の選挙参謀を堀内陣営に送り込み大きな貸しを作りました。これで二階さんに楯突いてまで堀内さんを応援した森屋自民党県連会長も知事には頭が上がらなくなりました。就任以来公務員の給料を上げ続けた結果自治労との関係も良好です。もちろん山教組(山梨県教職員組合)のドン輿石さんもご満悦で、一見知事再選は盤石のような感じですが、後藤さんは大きな弱点を抱えていることを忘れてはなりません。

 

中央では民進党の分裂で野党がガタガタです。半年もすると立憲民主党ブームも終わるでしょうし、北朝鮮情勢しだいではさらに野党に逆風が吹く可能性があります。そこで知事の最大の弱点は何と言っても度重なる公約の不履行と球技場建設の無駄遣いです。まだ耐用年数も来ていないのに、現在の球技場と同じ場所に同じような規模の球技場を140億もかけてもう一つ作ろうというムチャクチャな計画ですから、丁寧に説明すれば県民が納得するはずがありません。後藤さんに対抗する候補者は、ここを徹底的に突くべきです。球技場建設を引っ込めればあてにしていた受注業者からの支援が得られませんから、後藤さんの選挙活動は相当苦しくなるはずです。

 

球技場建設阻止一本でも十分勝ち目はありますが、やはり山教組の三日選挙をやられたら対立候補は苦戦します。このため教員の選挙活動批判を(これまでのような及び腰ではなく遠慮容赦せず徹底的に)展開することです。選挙戦に入る前からイヤイヤ選挙協力に借り出されている先生方や、左翼偏重教育に不安を持っている父兄を味方に巻き込むことです。必要ならば文科省、警察を動かし山教組の足を止める事が重要です。

 

さて現時点で出馬が望まれる知事選候補者ですが、次の選挙でコスタリカがなくなり一人分席がなくなる宮川さん、中谷さんか、前の選挙で野に下った長崎さんのいずれの方でも山梨県が今よりはずっと良くなると期待できます。ただ今回の選挙の動きを見ていると、チマタで「ひょっとしたら次の次」なんて声もある森屋さんには正直言ってあまり期待が持てません。この方では富士急にも山教組にも強いことが言えず、残念ながら山梨県は少しも変わらない事が目に見えています。それにしても自民党は年明け早々にも準備を始めなければ間に合いません。一番悪い展開は、公募したが適当な人が居なかったので相乗りに決めましたという結論です。今の誠心会の執行部では今回もまたそういう結論に誘導するような気がしてなりません。宮川さん、中谷さん、長崎さん、山梨のためだと思ってゼヒ立ち上がってください。お願いします。

 

ここから蔵六

    コスタリカで山梨1区は3人の国会議員が誕生しました。なんか違和感があります。1人でいいのではないかと思います。選挙制度が良くないように思えます。昨日のテレビ放映で宮川さんの恋の物語の話が聞かれました。宮川さん独身で通すのでしょうか??気になりました。ともかくも、挨拶を3人の国会議員がするなんてくだらない事になりそうです。

 

    フェイク的かもしれませんが、今回の選挙には、1区で中谷さんが負けたので、次回はどっかに行かなければならないという話です。そんな事が決められていたとか、いないとか・・・・?? 新聞報道にあるように、山教組が動いた事に間違いはありませんが・・その時に金が動いたとかなんていう話も聞かれるようになりました。いやだね!!

11月3日

匿名投稿

 

113日は文化の日です。日教組の先生が日の丸に敬意を払わず、国歌斉唱を拒否してから、甲府でも郡部でも祝日に日の丸の旗を掲げる家がほとんど無くなってしまいました。私たち(団塊世代)の子供の頃は祝日ともなれば門ごとに日の丸を掲げ祝ったものですが左翼の人たちが「日の丸は戦争を想起するから」という理由で祝日の国旗掲揚を否定してから日本は国旗を堂々と掲げることの出来ない国になってしまいました。もちろんその理由は表向きなもので、共産党の「日本人の結束を弱め無力化する」という方針に沿ったものであることは言うまでもありません。

 

自分たちの国を愛することができるかという、いわゆる「愛国心」調査で日本が毎回先進国中ダントツのビリにあるのは、日教組教育のおかげです。

また、国際世論調査で「あなたの国が戦争に巻き込まれたら進んで戦うか」という問いに「はい」と答えた日本は11%で世界最低、中国は71%でした。日頃戦争はいけないといっている人もいざ攻められたら、自分と家族と国を守るために戦うというのが世界の常識ですが、日教組教育の優等生である我が日本人の9割りは「いやだ」と言っているのです。

 

祝日の国旗が消えた頃から日本の古き良き習慣も姿を消し始めました。特に季節の行事は激変しました。甲府でも十五夜にはそれぞれの家でススキの穂を飾り、お団子を皿に盛り、近所の子供たちに振る舞ったものです。お正月は新しい服に着替え家族揃って初詣に出かけたものでした。日教組教育はこういった家族の絆を育む行事でさえ否定的で、結果として核家族化が進んだ日本では独り暮らし老人が山のように生まれ、国家財政は社会保障費の負担に喘いでいます。

 

さすがに「人格形成に重要な学校教育が左翼思想偏重ではいけない」と考える人が増え、日教組の組織率は全国平均25%を割るところまで是正されましたが、昇進や人事を組合に握られている我が山梨県の先生方の100%近くは、いまだに日教組の下部組織である山教組にほぼ強制的に加入させられています。山教組は左傾偏重教育の推進だけでなく、禁止されている選挙にまで介入し、左傾知事、甲府市長を誕生させ、山梨県政界、教育界を我が物顔に牛耳っています。

 

おかげで小学校6年算数Bでは全国最低点を取り、山梨県経済は下から5番目、関東近県では最も貧しい貧困県となっています。つまり「日本人の結束力を弱め国防力を無力化する」という左傾教育思想の最も成功した県が山梨県というわけです。これではいけません。なんとしても日教組のドン、山教組のドンである輿石さんにご退場いただいて山教組の組織率を100%から25%以下に落とさなければ山梨県の明日はアリマセン。そのためには学校の先生方の山教組脱退を支援し、勇気を持って退会した先生を徹底的に守る知事を誕生させなければなりません。

 

ここから蔵六は休みです。

ブツブツ

 

 

11月2日 http://zouroku.com/14349475161458

匿名投稿:甲府城にはお宝が眠っている

 

■先日の日曜日に松本城に行ってきました。驚いたのは街の中が人だらけ! 信玄公まつりの何倍もの人出で、松本城周辺のお店は軒並み観光客でごった返し歩道は歩くのもままならないという盛況でした。

 

調べてみたら昨年松本城は、入場料を払って天守閣に登った観光客だけでも99361人を数えたということです。私も含めお城を外から眺めただけの観光客はカウントされませんから、実数はこれより多いと思いますが対前年比でも106.8%の伸びを示し、お城ブームはまだまだ衰えていません。

 

統計では観光客一人当たり平均1万円のお金を地元に落としていってくれるそうですから松本市は松本城だけで年間100億円の観光収入が見込まれるというわけです。これを千軒の観光関連施設で分け合ったら1店舗当たり年間1千万円の収入になります。まさにお城観光は宝の山と言えるでしょう。ちなみに昨年甲府城を訪れた人は年間25768人と寂しい限りで、これは静岡県藤枝市にある田中城という小さな誰も知らないようなお城と同じくらいです。

 

甲府城は天守閣がないのが最大の欠点ですが、文化庁は天守閣復元に諸々の厳しい制約をつけて再建を認めません。全国には何万という城がありますが、江戸時代以前から残っている現存天守は12城だけで、ほとんどは当時の図面をもとに再建した「復元天守」です。それ以外は復興天守、模擬天守にわかれ、ちがいは「そのお城に天守が当時存在したか」で、復興天守は天守があったらしいけど、詳細な資料が見つからないため他の城の天守を参考につくっちゃった天守で、模擬天守は、そもそもその城には天守がなかったのにつくっちゃった場合や別の場所に建てた場合を言います。

 

県はメモでも何でもいいから天守閣があった証拠が欲しいと全国の資料がありそうなところを調べましたがとうとう見つかりませんでしたが、「あったらしいので他の城の天守を参考につくった復興天守」でも可能なら、それで十分ではないかと思います。大阪城、岐阜城、小田原城などよく知られたお城もみんな復興天守です。元々なかったところにつくってしまった模擬天守を持つお城は浜松城、清須城など全国に51城もあります。

 

人っ子一人歩いていない衰退の一途をたどる中心街復興に「復興天守・模擬天守」をつくろう、たとえ100億かけても一年で元が取れますと呼びかけて県民投票でもやったらどうでしょうか。あの松本の賑わいを見たらきっと天守閣反対派の気持ちも変わると思います。

 

ここから蔵六

    蔵六的に賛成を言うならば(蔵六は天守閣反対派ですが)、競技場を止めてお城でも創るなら、まあいいか・・という・・・あきらめの感じです。このままだと県は競技場はつくるでしょう。知事のメンツもあり、陳情団体も経営者関係も多く、逃れないと感じています。私も経営者の端くれですが、ハコモノ行政、税金の無駄づかい、財政の健全化。地域の未来像等々(会社経営者だったら、自分の金だったら、絶対しない事だと思います。社会貢献になるというのだったら、身の丈を考えるのが経営者です)。この方たち(経営者等の皆さんです)が本気で考えて、発言しないと心配になります。数年後、数十年後、甲府市の人口、山梨の人口は激減します。国も、やっと、私のような団塊の世代が亡くなり、子供が減る・・という社会像を未来に描いた政策に腰を上げようとしています。県も市も同じです。必要な物・・それは将来を見据え、変化に対応できるリーダー達です。今のリーダーは失格と言えます。(過日、須田慎一郎さんの講演を聞きました、大した話はありませんでしたが、結論は変化への対応でした)

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

11月1日 http://zouroku.com/

匿名投稿:妄想が膨らみます

 

■あくまでも一個人の勝手な推察ですが、これが的を得たものか、あるいは見当はずれの妄想なのかは再来年の知事選になればハッキリ証明されます。

思い起こすと、2017428日後藤知事の後援会長が清田さんから県医師会長の今井さんに替わりました。重要なのはこの時知事の後援会幹事長の溝口さんが(さりげなく)退任し、10選を果たした早川町長辻さんに替わったことです。

 

溝口さんは知事の選挙参謀を長く努め、これから知事の再選・後援会組織作りには欠かせない人でした。そんな重要な人を手放して、なんで日本一人口の少ない早川町長の辻さんを幹事長に・・・と首をかしげたものでしたが、実はその謎が今度の選挙で少しわかってきました。

 

溝口さんはすでに昨年から堀内さんの後援会組織作りを引き受け、今回の衆議院選挙では笛吹選挙事務所で強力に堀内さんの選挙運動をサポートしていたのです。今回の選挙に先立ち1年前の1023日には笛吹市長選挙が行われ、堀内さんの義父の秘書であった山下県議が当選しています。笛吹市は2区の大票田で、笛吹市長がどちらの候補を応援するかは2区の戦いに大きく影響します。事実前回の選挙では笛吹市で長崎さんが6000票の差をつけて堀内さんに勝利しましたが、今回3098票の僅差で敗れた長崎さんに笛吹市の6000票があったなら余裕で勝てたかもしれません。

 

事前の周到な準備・根回しといい、なんとも鮮やかで正確な読みと戦略といい、選挙参謀が持つ力の恐ろしさをまざまざと見せつけられた今回の衆議院選挙結果でしたが、さて問題はこの溝口さんの動きの方向性を決めていたのは「いったい誰なのか」ということです。

 

民進に太いパイプを持ち知事の後援会幹事長を務めていた選挙参謀が自民党の候補者を一年も前から準備して必勝態勢をつくり応援したわけですから、よくよく考えてみれば自民党の堀内さんにはかなりの民進票が流れて当然と考えても不思議はありません。山梨県の民進は輿石さんの一強独裁ですから、どう考えてもこれは輿石さんの意志でもあり、また知事の意志と考えるのが自然です。

 

山中湖県有地問題を抱える富士急と批判の多い山教組(山梨県教職員組合)問題を抱える輿石さんにとって、この二つの闇に手を付けない安全な知事の続投は必要絶対条件です。もし仮にこの両者の思惑が一致し、県民の知らないところで、本来水と油であるはずの民進と自民の水面下取引が今回の衆議院選挙で行われていたとしたら・・・もしそうだとしたら、ほんとうに残念ですが山梨県ってところは当分ダメでしょう。政治を正す人がいないということですから。

 

 

ここから蔵六

    蔵六ドットコムが最高の数字を上げたのが23日でした。200を超える方が蔵六ドットコムにクリックしていただき、サイトの中・・多分・・山教組の問題を読んでいただいたと推測します。富士急問題にも関心を持つ方が実感として多い事も感じました。蔵六は、税金の無駄使いと公正、公平を基本原則と考えてこのサイトを運営したいと考えています。もちろん、蔵六的な主張もあるわけですが・・・・・

 

    今回投稿をいただきました話に出てくる溝口さんは、甲府一校の一級先輩であります。奥様とも個人的にもお付き合いをさせていただいていますし、数年間甲府一高の同窓会役員としてお世話にもなりました。甲府中心で、風月堂と言う和菓子屋と喫茶部門を経営しています。そのうち、この投稿もって伺おうかなと思います。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

10月30日 http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿:テーマ:どうなるのかな、今後の山梨県政

 

■何人かの県議は選挙が終われば長崎さんのもとに馳せ参じ、山梨県の自民党は長崎・森屋勢力が主導権争いをする中で、再来年の知事選、統一地方選を迎えることになる。これまで県政を支えてきた長老の相次ぐ引退で、最初は劣勢でも両者の経歴、当選回数、中央とのパイプの太さを考えると、いずれは県議会は長崎時代を迎え、再来年の統一地方選挙には少しはマシな自民党知事、甲府市長候補を出せるようになり、念願の保守王国再建が実現する・・・と期待した今回の選挙でしたが、長崎さんの落選ですべてが白紙に戻ってしまいました。選挙という民主的な手段の結果だから仕方がないと言えばそれまでですが、今回の選挙で山梨県民は大きなチャンスを逃したような気がしてなりません。

 

山梨の政治経済の改革には富士急という私企業の存続と繁栄のみに重点を置く県議が役職を独占する自民党県連では、次なる統一地方選挙でロウカイなドン輿石に対抗することはとても無理でしょう。ナンヤカヤ水面下の取引があり、またもや自民党は圧倒的な勢力を持ちながら前回同様、まともな知事・甲府市長を出すことが出来ず、民進県政・甲府市政の継続を許すという結果になるでしょう。

 

とにかく今の山梨県は富士急系議員の県政ロウダン、ボウジャクブジンの山教組の選挙活動を阻止しなければ、経済も教育もどうにもならないわけで、長崎さんはそれに対抗し得る唯一の期待の星でありました。

 

厳しい現実ですが、選挙で野党の候補がいくら耳障りの良い公約を並べても、政権与党でない国会議員には、その政策を実現する力はありません。したがって野党には政府の方針にことごとく反対して、審議を拒否し、議決を欠席し、あげくの果てには法案が議決されれば「強行採決だ!安部独裁だ!」と騒ぐことくらいしかできません。1区では中島さんが勝ちましたが、本当に山梨県民はこの人が山梨の救世主になると信じて投票されたのでしょうか。

 

2区では山梨県が堀内派県政支配から脱却する絶好の機会を逃してしまいました。いくら自民党に追い風が吹いても日本の中で山梨県だけが国政で野党に負け続け、何にもできない民進県政、甲府市政を許し、輿石さんの手のひらの上で県政がコロコロ転がされています。これは堀内派が役職を独占する自民党山梨県連の大きな責任です。おかげで山梨県は、すべての指数が日本の最低レベルを低迷し、あきらめムードが蔓延する夢も希望もない田舎県になってしまいました。

 

ふらふらと秋空に上るシャボン玉 パチンとはじけてすべて終了

 

ここから蔵六

    二週続けて週末はいろんなイベントが行われました。雨が無ければもっと盛り上がったと思いました。(問題があるイベントもありますが)少し残念でしたね。出不精の蔵六は、組長会議と、腰痛、ひざ痛、今朝は血圧検査と、老人病の真っ最中です。明日は目医者にと考えています。テレビでは、選挙の総括が聞かれました。今回の野党の全責任は前原さんにあると思います。彼の大臣時代のダム問題が中途半端に終わった事を覚えています。今回も同じように思えます。何が一番問題であり、その根本を変えようと考えたと思います。国政を担う事ができる二大政党制が正しい姿と思うなら突き進んでこそだと思います。民進党の議員総会でも徹底的に自分の主張を貫けばいいのにと思います。永久に浮かび上がらない民進党は居心地がいいみたいです。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

■蔵六の問題提起

甲府市長の素質の問題です。

 

6月議会の、向山議員の質問の一部です。

質問:そこで質問します。総合球技場について、そもそも甲府市として建設に賛成でしょうか、反対ですか、賛否をお伺いします。また、現段階において、総合球技場の建設に関して甲府市が財政負担をすることはないと考えてよろしいでしょうか。さらに、樋口市長はリニア駅前と小瀬スポーツ公園周辺、それぞれのメリット、デメリットをどのように考えていますでしょうか。市長が描く10年後、20年後のまちづくり構想を考慮した場合、どちらへの建設が最適だと考えますでしょうか。見解をお伺いします。

この質問に答えたのは、市長ではありません。

企画部長(中村好伸君)

 総合球技場建設に対する考え方についてお答えいたします。
 山梨県が検討を進めております総合球技場につきましては、スポーツを通して夢と感動を与える場とするとともに、交流人口の拡大や地域経済への波及効果を創出するものとされておりますことから、本市といたしましては、スポーツ振興や地域活性化につながる拠点として期待をするものでございます。総合球技場の内容につきましては、現在、山梨県において慎重に検討がなされているところであり、今後、建設に向けた具体的な内容が次第に明らかになるものと考えられますことから、本市といたしましてはその動向を注視してまいりたいと考えております。
 以上でございます

 

向山議員の質問の一部

住民は市長が先頭に立って市民の意見を集約し、代弁し、さらには先導してくれることを期待していると思います。リニア駅の周辺住民が集まった今年2月の会合で出席者が行政に投げかけた言葉が印象的でした。「総合球技場は甲府市のイニシアチブがあっていいのではないか。山梨県に追随して、山梨県が決めます、結構でございますというスタンスで本当にいいのか」、これは地域住民が甲府市に求める姿勢だと思います。総合球技場の建設場所により、地域の将来像は大きく異なるはずです。これらを踏まえて、もう一度再質問で樋口市長のお考えをお伺いしたいと思います。

 

結論・・・市長の答弁なし・・相変わらず・・企画部長が同じことを・・

 

上記は議会議事録より抜粋していますが、違っていましたらご連絡ください。

 

蔵六 

甲府市の闇

10月5日 http://zouroku.com/14247610660202

匿名投稿:テーマ:結構強いかもしれない希望の党

 

■日本では「護憲、日米安保反対、自衛隊反対、」を叫ぶ人たちをリベラルと呼びます。しかし近年こういう人達はだんだん少なくなってきて、一時は自民党の半分近い勢力だった社会党(現社民党)も見る影もなく衰退しています。中国や北朝鮮のような隣国が核とミサイルを持ち強権外交を行っている中でのリベラル一辺倒ではこれ以上組織の拡大が望めないことから、日本の左派はワケノワカラナイ隠れ蓑をまとい、社会党(社民党)、民主党(民進党)、などの政党に身を潜めることにしました。おかげで右と左の混在するリベラル政党は党の方針がまとまらないという問題を常に抱え、結果的に日本の安全保障の足を引っ張り、中国や北朝鮮への毅然とした対応を阻害してきました。これではイカン、民進党の中の右と左をはっきり分け、スッキリした形の政権交代可能な政党にしようという考え方は以前からありましたが、そうなったら出ていかざるを得ない人たちの反対で、なかなか実現しませんでした。

 

ところが今回解散総選挙をきっかけに、小池さんの希望の党に民進の中の右の人だけを受け入れるという形で政権交代可能な政党をつくろうと民進党代表の前原さんが考え、小池さんの考え方とも一致し「希望の党」が成立しました。これは民進党内の離婚した右と左がどちらも家を出て、右は希望と再婚し、左は立憲民主と姓を変えたようなものと考えればわかりやすい話です。

 

自民党の本心は、以前の民進党のような「右と左の混在する支離滅裂な政党」をいつまでも相手にしていたいわけで、「希望の党」のような「本当の意味での政権交代可能な政党」が誕生してもらっては都合が悪いわけです。そしてこれまで利権を自民党と共有していた産業界も心中穏やかではありません。これらの「自民党のしがらみ」が一斉に希望の党批判を展開しています。

 

104日の新聞に山梨2区の希望の党公認候補は民進党が公募で選んだ小林さんから井桁さんに差し替えるという発表がありました。希望と民進の間ですり合わせが進み、勝ちに行くためにもっと強力な候補を選んでいるのでしょう。いずれにせよその話の中心になっているのは中島さんや連合山梨ということですが、左派を追い出して希望と再婚して出来た新しい党が連合、自治労、山教組(山梨県教職員組合)などの強力な支持基盤とどのような距離を取るべきかを模索しているというところでしょう。各種の調査では「もしかしたら政権交代が実現するかもしれない」というところまで来ています。短い時間でここまで体制をつくりあげた希望の党の、小池さん、そして陰の策士ではないかと言われている前原さん、恐るべしです。さて、すったもんだの山梨2区はとうとう堀内さんの公認見送り、長崎さんの復党承認、ガチンコ勝負で勝った方が追加公認という結果が出ました。県連というより森屋さんは納得できないでしょうが、当然の裁定です。

 

ここから蔵六

    蔵六は希望の塾生である。オトタケサン・・小池離れをしている人・・・塾の講義を受けにいった時ご尊顔を拝させていただいた。オトタケサンもこらえ性がない。嫉妬から来たことだと思う。政治家の嫉妬問題は怖いという話をよく聞く。

 

    山梨2区の戦いの形がはっきりしてきました。富士急の御曹司に皇室からの嫁入りが問題になっています。政治家の家に皇室はあり得ないという人もいます。蔵六が公開しています・・山梨の闇・・富士急問題・・も、県(監査委員が?)が却下と新聞報道にありました。土地の貸し賃は適正だという判断でしょうか?誰か教えてください。県の退職者の話を聞くと、この問題はおかしいと言います。手が出せない問題だともいいます。ある人は、土地の権利を売る事であるといいます。借りた土地の権利を売るという行為だそうです。さらに、その権利を転売できるらしいです。県民の財産の売り買いを一企業が出来ているという利権かも知れません。勇気ある人・教えてください。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

私わ、甲府市内に住んで居ます、甲府市から、生活保護受けてます、慢性膵炎と糖尿病患者です、生活費で大変です、かなり体がだるく、せれでも仕事見つけてます、ただ、生活保護課担当職員に聞いたら、5万円働いたら貴方2万円もらえて、3万円わ国に納めると言われて、がっかりしました、甲府国立病院の先生が言われました、無理と頑張しないでねとも言われました。死よ!!とまでいわれました、5年前わ10万円家賃引くと7万円そこから光熱費、2万5千円掛かると、4万5千円で生活出来てました、今わ、物価上昇してるし、8㌫から10㌫生きてゆけない、今生活費3万円程度ですよ、生きられますか、それでも、仕事しても,又半分以上もってかれる、生活保護者甲府市民なんです、

詳しくはこちらをクリック

10月2日 http://zouroku.com/14247610660202

匿名投稿:テーマ:中島さん決断の時です。

 

■子供たちを戦場へ送るな!安全保障関連法を戦争法案とレッテル張りして反対してきた民進党の7割が、集団的自衛権の行使を容認する希望の党への参加を希望しているってことは、今までの民進党の主張って何だったのか? と思わざるを得ません。つまりこれが民進党という保守・リベラルのごった煮政党のわけの分からなさ、日本の政治混乱の病根、象徴であったわけです。

 

世界に誇る平和憲法で国を守るという建前は、北朝鮮の核ミサイルによって見事にフンサイされ、自衛のための抑止力はやはり必要だと国民の多くが気付き始めたときに、まことにタイミングよく小池さんが「そう思う人はこの指とまれ」とやったものだから、たった一晩で「政権移譲可能なもうひとつの保守政党」が誕生しました。

 

そして「国防方針の合わない人は入れてあげない」と言ったものだから、左傾マスコミ(ほとんどの新聞テレビ)と左傾評論家は一斉に「希望の党」つぶしの論調を掲げましたが、調査してみると「小池新党に期待する」人たちが日増しに増えています。

 

今起こっていることは、トランプが選挙戦の中で「マスコミはうそつき」と主張していたそのままで、マスコミと国民との乖離が日本でもすでに始まっています。したがって今回の衆議院選挙においては途中経過の分析と選挙結果が大きく食い違うことになるでしょう。

 

さて山梨県のもと民進党の中島さんは大変苦しい立場に立たされることになりました。民進党内で前原新代表誕生の立役者として活躍した中島さんは当然希望の党合流組でしょうが、ここに山教組(山梨県教職員組合)のドン輿石さんが強力な圧力をかけた様子が生々しく930日のサンニチ新聞1面トップを飾りました。

 

輿石さんは「説明を尽くさないと有権者は納得しない。大変なことになるぞ」と中島さんに伝えたそうですが、想像するにそんな生易しい言葉ではなく「希望の党へ行くんなら山教組(山梨県教職員組合)はいっさい選挙協力はできない」くらいのことを言ったのでしょう。中島さんにしてみれば、最大の頼みの綱である山教組(山梨県教職員組合)の支援がなくなることは死活問題です。

 

しかし考えてみると、教職員の選挙活動は法律で禁止されていて、このやり取りじたいがすでに選挙違反なわけですが、長い間山梨県ではこの状態が続いています。中島さん、そろそろ山教組(山梨県教職員組合)を振り切る時期が来たのではないのでしょうか。この際、輿石さんの山教組支配という山梨県の闇の一つを中島さんの決意で消し去りましょう。もう一つの富士急の闇も今度の選挙で消えそうです。

 

ここから蔵六

    10月に入りました、あと残すとこ三か月、気分を一新しようと思います。9月は腰痛で散々なひと月でした。老化現象に悩みつつ、毎日、ポジテブに過ごせる10月だといいなあと思います。

 

    さて、選挙です。昨日の山梨市長選で自民党が負けた!! この影響は2区の為わからない??一区は、宮川さん比例第一で決まったようなものです。中谷さんは負けるので比例復活が必要になる。南関東選挙区は自民対希望の票次第?? 2区は、長崎さんの公認門題が最大の課題?? 長崎さんの選挙本部長が自民党の中村さん?? いよいよ山梨自民党はどうするのか?? そんな事で蔵六なりの発信をしたいと思う。同時に、地元の甲府市の情報公開も進めようと思う。議会も終わったので役人の手もすくので質問を送る予定だ。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

9月29日 http://zouroku.com/14247610660202

匿名投稿:テーマ:山梨の選挙情勢が混とんとしてきました

 

■民進党の事実上の解党で、山梨選挙区の状況が激変しそうです。

山梨1区は前原代表に近い民進党の中島さんが希望の党入りでしょうが、大阪維新へお国替えされた小沢さんも居心地が悪くなったらしく山梨への里帰り、希望の党入りを希望されていて、野党はますます混とんとし、今回は共産党も候補を引っ込めないと言っていますから、中島さんにとっては痛手です。しかしそれ以上に希望の風が吹くことが予想され、自民党の中谷さんも安心できません。小沢さんがあきらめ、共産党が立候補を取り下げてくれれば、希望の風に乗った中島さんが中谷さんを超える可能性が十分あります。

 

山梨2区は「アンノジョウ」堀内さんの名前が第一次公認候補に見当たりません。自民党公認争いは、だいぶ長崎さんに有利に運んでいるようです。このままいくと2005年以来の保守分裂選挙になりそうですが、そうなると希望の党に新人の小林さんが公認された場合、自民党候補のつぶしあいの間隙を縫い、20098月の衆議院議員総選挙で、民主党の風に乗って堀内さんと長崎さんを破り初当選した新人無名の坂口岳洋さんの例もありますから。小林さんの当選も十分考えられます。

 

絶対安心の指定席と思われていた南関東比例に回る宮川さんも安心できません。東京の半分は希望に食われそうとか、無党派層の投票先は希望が自民党を上回っているなどの調査結果が出ている中で、以前から千葉・神奈川などから出ている批判も厳しくなるでしょうし、山梨のコスタリカ方式もこれが最後になるかもしれません。

 

いろいろ言われていますが、今回の希望の党に吹いている風は正規と非正規の格差の拡大に耐え切れなくなった貧困層の反乱です。この問題は大企業べったりの自民党、労組べったりの野党、そして大企業のCMで成り立っているマスコミは決して口にしませんが、有権者の関心は北朝鮮のミサイルより明日の生活です。

 

なにしろ今朝の新聞で国税庁が発表した数字で、正社員の平均給与が486万9千円。これにたいして非正規は172万1千円。さらには公務員の平均給与は657万7千円です。これでは誰だって怒るのは当然です。大阪維新の松井代表は「自治労がっちりの民進党関係者を引き入れるなら希望の党との連携はできない」と明言しました。小池・細野ラインも労組系民進党員を呼び込むつもりはないようです。

 

安部さんはアベノミクスの成功でみんなが豊かになったと言っていますが、カンコ鳥の鳴く商店街を抱えた地方の疲弊は深刻です。民主主義社会ではこの不満のはけ口は選挙しかありません。今回希望の党に吹く風をつくっているのは、誰も救いの手を差し伸べようとしない貧困層の無言の抵抗でしょう。小池さんは生活にあえぐ人々の気持ちを上手に取り入れ、細心の注意を払って野党再編を進めているわけです。

 

ここから蔵六

    昨日のBASIEの共謀のテーマは・・・今度の選挙でした。公明党議員の下半身問題、長崎、堀内自民党公認問題、小沢さんどうする問題・・・等々・・今日も、共謀しますので…ご来店期待します。

    ともかく、民進党は一度壊さないと立ち上げらないので、最後のチャンスだと思います。現在の時代は、経営者側・自民党と労働者側・民進党と大きく分かれますが、連合も経営者側もガラガラポンする時代とおもいます。ロボットが労働者に代わる時代です。問題は、役人と先生です。自治労と教職員組合で。特に山梨は顕著かもしれません。この二つも割れるといいと思います。が・・・・・樋口市長も後藤知事もどうするか・・山梨自民党、市会議委員の自民党議員も問われています。よ!・・・・ハッキリせい!!

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

9月27日 http://zouroku.com/14247617578198

匿名投稿:テーマ:三度目の比例復活は?

■自民党の二階幹事長が、「選挙が終わってから公認しても仕方がない。選挙までに公認して党籍を与えたい。」と、長崎さんの復党・公認を急ぐ考えを示しました。

 

自民党は平成26年の衆院選で計291人が当選しましたが、選挙区で敗れ、比例代表で復活当選した議員が52人に上りました。このうち25人は、24年の衆院選でも比例復活で当選していて、2回連続選挙には落ちたけど党の獲得した票で議席をもらった幸運な人が24人も居て、堀内詔子さんもその24人の一人です。

 

ここが小選挙区比例代表制選挙の盲点で、以前から(ちゃんと)当選した議員や比例上位になれなかった落選議員から「おかしいじゃないか」という声が上がっていました。特に二回連続比例で救われて代議士になっている人を三回目も公認して比例で当選させる必要があるのだろうか、という声に押され、自民党は昨年の10月「直近の衆院選選挙区で2回以上連続して敗北し、比例代表で復活当選した議員を対象に、次期衆院選では比例代表との重複立候補を禁止する措置」の検討に入りました。

 

選挙で落選して、現在「ただの人」になっている人から見ると、一部の人だけが優遇される比例復活制度は「なんともやるせない」制度と言えます。比例名簿の上位に座ることができれば、自民党の場合当選が約束されたも同然で、これが「わけのわからない力関係で決まる」のは、落選議員から見れば耐えられない差別と言えるでしょう。

 

しかし自民党も少し反省しまして、27年、公認候補予定者となる選挙区支部長の選任基準を厳格化。現職の場合、選挙区当選者は支部長に再任するが、比例復活議員は「暫定支部長」として毎年春に党員獲得状況などを審査し、支部長に「昇格」させるかどうかを判断しています。

 

長年にわたり党に功績のある人が比例上位に座るのは許せるとしても、一度も自力で当選したこともない人が二度にわたり比例で救われ、何食わぬ顔で当然のように三回目の公認を申請し、あまつさえ派閥の力を利用して長崎さんの復党・公認を執拗に阻害することは断じて許せないっ! と、言ったかどうかは知りませんが、おそらく二階幹事長の心中はそんなところでしょう。この問題は県政にも大きな影響を与え、自民党山梨県連の分裂・弱体化を招き、民進党の跳梁跋扈を許している原因にもなっています。山梨市長選挙にしろ今回の衆議院選挙1区にしろ、もうこれ以上支持率40パーセントの自民党が7パーセントの民進党に苦戦する、全国で山梨だけの異常な姿は見たくありません。早く何とかしてもらいたいものです。どう考えてもおかしな話です。

ここから蔵六

    山梨自民党の自分党への執着が山梨県をおかしくしてしました。今日、小池さんの希望の党が旗揚げをいたしました、朝、小池さんの声をテレビで聞く事ができました。うまい!! の一言です。寛容な改革保守・・・私は基本自民党支持層ですが・・小池さんに心が動きます。特に政策の・・行革という言葉を掲げてくれたのは希望だけです。税金の無駄遣い・・蔵六のテーマです。衆議院選挙に600億円・無駄にならないようにかな!!

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

9月25日 http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿

テーマ:政治家の信念

◆後藤知事は「こりゃまずい」と感じたのでしょうか。新球技場計画を引っ込めそうな気配だと新聞に叩かれていました。9月県議会の所信表明で「もし建設するとしたら・・・」と言ってしまったんですね。この方は7月に「小瀬に建設することに決めた」と言ったのにコロっと変更してしまいました。一部の県議は「今までの検討はなんだったのか」と怒っています。こういうやり方を「姑息」と言います。姑息とは「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」を指します。

 

これまでの知事のやり方を見ていると、まず、ひっそりと、恐る恐るアドバルーンを上げて世論の反応を見てみる。反対論が出るとすぐ引っ込める。重粒子線施設の導入がそうでした。高専建設もそうでした。こんな信念のない政治家って居ますか? 知事という重い立場の人が、そもそも簡単に引っ込めざるを得ないような計画を持ち出すことも問題です。

 

人口100万人計画だけは得意の「逃げを打つ」わけにはいきませんでした。なぜならば、これこそが県民がこの知事に期待して投票した「ダイナミックやまなし計画」実現の根幹だったからです。で、結果は「通行人や観光客や、もと山梨県民まで一切がっさい含めて100万人にする」という、あきれるようなキベンでした。こんなことをやっているから、22日時点で山梨県の景気動向指数は45位、全国で下から三番目に景気の悪い県になってしまったのです。

 

この知事を選んだために、山梨県の夢が、どんどん(甲州弁でいうと)スボンでゆきます。元はといえば、政権与党である自民党が現職の引退や調整遅れなどで独自候補を擁立することができず、元民主党の後藤さんに相乗りせざるを得なかった。甲府市長選挙も元民主党県議の候補に自民、公明が相乗りする形となっており、県内2選挙区で敗退した第47回衆議院議員総選挙を含め山梨が「民主王国」に埋没する状況となっているわけです。そしてこれをやった自民党の責任者が富士急系列の県議でした。もちろんその裏には民進のドン輿石さんの力が働いたことでしょう。山教組(山梨県教職員組合)の闇と富士急の闇、この二つの闇が山梨県をここまで元気のない県にしているのです。

 

選挙って本当に大事です。ちょっと間違えるとこういう結果になります。今回の衆議院解散総選挙は、山梨県にとってこの状態を修正する、ある意味絶好の機会です。みなさん、今回こそはよく考えて投票しましょう。

 

 

ここから蔵六

    腰痛も山を越えたようです。腰をいたわりつつ、無理をしないように、毎日の生活を心がけます。また、プールでの歩く運動(筋肉の衰えが原因という事もあり)を開始すべく、心をそこに持っていく努力に入ります。

 

    さて、政治家の言葉というものは恐ろしいものです。後藤知事の『する場合』という一言、県民のある方は県に競技場の見直しを陳情したと聞くし、蔵六も県の方針のような競技場は要らないと思うし、リニアも関係ないし、夢も描けないし、ハコモノ行政の負の最たるものになると断言できる。こんなものの為に税金を払っているわけではない!!

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

9月29日 http://zouroku.com/14982848433937

匿名投稿

 

甲府市は中心街活性化のための事業に補助金を出し、過去6年間いろんなことをやってきました。これがその一覧です。

 

◆銀座街の駅事業◆レトポン運行事業◆桜座事業◆中心市街地空き店舗活用事業◆小クループ自主的取り組み支援事業◆甲府市中心市街地企画提案型イベント事業◆中心市街地ストリート再生事業◆商工業団体等事業◆中心市街地空き店舗対策事業◆商店街協同販売促進事業◆甲府ジャズストリート事業◆甲府駅南口イルミネーション事業◆中心拠点連結事業費◆やまなし映画祭事業◆甲府中心商店街商人塾事業◆魅力ある街づくり推進事業◆まちなか散策ツール作成事業◆商店街活性化計画策定事業◆中心市街地再生モデル事業◆甲府グランバザール事業◆甲府中心街おもてなし巡り事業◆中心市街地定住促進住宅所得支援事業◆中心市街地定住促進住宅改修事業◆甲府中央一丁目地区優良建築物等整備事業◆甲府市まちなか不動産バンク活用促進事業◆甲府市街地リノベーション事業

 

街の活性化事業の成果は「人通り」と「地価の上昇」で評価されます。甲府市はこれだけのことを市民とともに頑張ってきましたが、残念ながら25年間、人通りは減り続け、地価は下がり続け、中心街は寂れる一方です。つまりこれらの事業はマッタク、な~んの効果もなかったということになります。街づくりの基本はまず人通りを増やすこと。そうすれば商売が成り立つようになりますから、空き店舗が埋まってきます。売り上げが増えれば相乗効果で商店がしのぎを削り、ますます人通りが増えます。その原則を忘れ一過性の人寄せ事業や、机上の空論事業にお金をつぎ込んでいるからこういうことになるわけです。

 

6年間で27もの事業に108千2百1万9千円ものお金をつぎ込みながらマッタク効果のない、ピントはずれの事業をやり続ける神経って、いったいどんな構造をしているのでしょうか。市長や、市議会や、お役人はいったい何を考えているのでしょうか。

 

こんなことを続けているから効果のない補助金は打ち切るべきだという声が出てくるのです。確かに「街なんか寂れてもイオンがあればいいや」という人も居ますが、それではますます地方都市は成り立たなくなります。地方から搾取することしか考えないイオンのような県外に本社のある大規模店は決して市民の味方ではありません。山梨県が日本で下から5番目に貧しくなったのは、こんなことを続けていたからなのです。政治家は選挙のたびに「中心市街地の活性化」を叫んでいるわけですから、少しは頭と金を「人通りを増やす」ことに使ってほしいと思います。それにしても、ただダラダラと何の効果もない街の活性化事業を続けているだけの市長や市議会や行政には反省というものがないのでしょうか。知恵というものがないのでしょうか。

 

ここから蔵六

    蔵六のサイトの大きなテーマが、甲府市の中心街の活性化です。ココ数年の市の日除菌事業を、蔵六なりに検証をしようと考えています。こんな投稿をいただきました。今日がそのスタートの気分です。中心街の事・・ご意見お待ちしています。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

913日 http://zouroku.com/14410828243421

http://zouroku.com/14410828243421・・・

匿名投稿

テーマ:山梨県は大きな政策変更が必要

■後藤知事の「ダイナミックやまなし総合計画」の中の最も重要な経済振興策が危機的状況になっています。県の基幹産業発展・創造プロジェクトの柱は、燃料電池関連産業の集積と育成を基本とし、将来的には「やまなし水素エネルギー社会の実現」をめざすのだ!と言っているのですが、そのカンジンの燃料電池が国際的にダメ出しが出されているのです。

 

ここへきて世界の中で最も水素燃料電池車(FCV)に力を入れていたトヨタが電気自動車(EV)にシフトすると発表し日本の産業界に大きな衝撃が走りました。日本は国を挙げて燃料電池車(FCV)開発を目指してきましたが、欧米ではすでに将来の車はEVになると予測されていて、BMWもフォルクスワーゲンもGMも燃料電池じゃなく電気自動車(EV)開発に本腰をいれています。英国とフランスは2040年までにガソリン車の販売を禁止する予定です。世界一の自動車市場である中国もガソリン車からEVへの移行を表明しました。

電気自動車の開発メーカーである米国のテスラ・モーターズの時価総額は20174月全米首位のGMを抜き510億ドル(約5兆7000億円)に達し、電気自動車(EV)への期待度の高まりを実証しました。

 

簡単に言うと燃料電池車(FCV)は旧来のエンジンを使ってガソリンの代わりに水素を燃料として走るので自動車産業はそのまま安泰ですが、電気自動車(EV)はそもそもエンジンが必要ありません。場合によってはエンジンよりも開発費がかかりコストも高い変速機もなく、燃料タンクも高価な燃料噴射装置も床下のスペースを占領するマフラーや高価な排ガス浄化用触媒もなく、エンジンを冷やすラジエーターも不要で、部品を細かく分類すると、数万のパーツが不要になります。ということは、自動車産業が一斉にEVにシフトすると、7割方の研究者・技術者、組み立て労働者、部品を製作する協力企業も、それを運ぶ運送会社も不要となり、現在のガソリンエンジン車から電気自動車(EV)への移行は、日本の基幹産業である自動車産業の構造が一変するほどの産業革命になるわけです。すでに各国の産業界はそのバスに乗り遅れまいと必死の努力を続けています。

 

FCVEVの競争はすでに決着がつき、世界の潮流はガソリン車からEV車なのに、いつまでも燃料電池などと言っている山梨県の「ダイナミックやまなし総合計画」は根底から(しかも早急に)書き直す必要があります。後藤知事は素直に政策の誤りを認め関東最貧県を脱するために早急に「やまなし水素エネルギー社会の実現」なんて旗を降ろさなければなりません。

 

ここから蔵六

    フォルクワーゲンは中国の企業が経営権をもっています。当然中国の政策が大きく影響しています。そして、中国市場は魅力的(2800万台世界一の市場)です。中国が自動車業界を左右しています。こんな事を考えていると、世界を動かしているのは何だろうと思うのは私だけではないと思います。北朝鮮問題(蔵六的には核の拡散が一番問題だと思うが)も同じくです。日本の基幹産業である自動車の業界は大きな変化の時代を迎えています。脱ガソリン時代・・・私の車はEVのリーフです。

 

    投稿者の言うように、山梨の政策を転換した方が良いテーマがあります。蔵六的には人口問題です。人口減少を前提とした政策創りに取り掛かる事が必要とお思います。知事は総花的な政策より、得意な農業、林業等にいい政策を考えられるのではないかと思います。100億以上もする競技場・・ハコモノは山梨に必要ありません。こんな金があるなら、山梨の未来の為には教育に金をかける政策が優先すべきです。知事、あなたは優先順位が間違っています。

 

    山梨の闇・・と言われる・・富士急問題・・・週刊新潮が記事にした。皆様の投稿を求む!!

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

911日 http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿

てーま:サンニチ新聞97日知事会見詳報から

 

●記者

東京五輪・パラリンピックの自転車ロードレースで大会組織委員会に要望活動をした目的は。

●後藤知事

国際自転車連合や県内の自転車競技団体、県民の強い思いを踏まえると、できるだけ早くコースを決定し、速やかに準備に入りたいという思いがあります。

 

新聞に発表されたこのやり取りですが、知事の発言に何か違和感を覚えませんか。国際自転車連合や県内の自転車競技団体というものがあったことも初耳でしたが、気になるのは「県民の強い思いがあったから」というところです。県民の強い思いというのは本当ですか? みんなが自転車ロードレースをやりたいなんて言っているでしょうか。あまり聞いたことはありません。

 

●記者

総合球技場について知事が思い描くタイムスケジュールは? 県議会内にある建設反対論に対する対応は?

●後藤知事

課題をどう整理するかによってもまとまる時期は変わってくると思います。スケジュール感はこの場で言うほどの熟度に達していないといことを理解いただきたい。私どもはこれからどういう形で具体的なものを詰めていくのか、鋭意取り組んでおります。その部分を含めて、これから県議会や県民にはきちっと理解していただける形での準備をしていかなければならないと思います。

 

一時に比べるとかなり腰の引けた答えです。それはそうですよね。1万7千人収容のまだまだ十分使えるスタジアムのとなりに必要もない2万人収容のスタジアムを新たに作ろうというのですから、その必要性を合理的に説明するのは大変なことです。後藤さんはまた、通行人を入れて人口を100万人にするみたいなキテレツな論理を考え出すのでしょうか。それに駐車場も新たに現在の4倍も買収しなければなりませんから、小瀬につくれば予定よりはるかに大きな建設費がかかります。知事の県議会での説明に注目したいと思います。

 

 

 

ここから蔵六

    腰痛により一週間安静状態でした。今日は歯医者の予約もあり午前中に会社に来ました.まだまだ全快には程遠く、数日かかるように感じています。健康第一が一番かなを感じている毎日です。BARの営業も木曜日再開を目標に養生します。

 

    モテギ()は今月2223日と東京で、41回目となるオール印章・印刷フェアを企画しています。モテギ()の年間の最大イベントであります。全国の業者に案内を発送しています。全国の頑張っている印章・印刷取扱業者を応援すべくいろいろな提案をしています。

 

    そういえば、印章は山梨の地場産業でありますが、知事も忘れないでほしいなと思いました。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

98日 http://zouroku.com/14791062311417

匿名投稿 テーマ

■デュオヒルズの迷走

イメージパース

 

国・県・市から計10億円の補助金を受け取り、「甲府市中心街発展の起爆剤にするんだ!」と大見え切ってはじまったデュオヒルズの1階商業スペースの活用法がなかなか決まらず、もはや甲府市のお荷物状態になっています。

 

この計画を簡単に説明すると、中心街の中心にある「銀座ビル」が遊んでいたので、これをアクロスという東京の不動産会社が買い取り、(ここが不透明なんですが)なんやかや市と交渉した結果「中心街の活性化につながる施設」という名目で、(ナント!)10億円の国県市の活性化資金が付いたわけです。

 

人通りもないこんなところへ商業施設をつくっても商売が成り立たないことはココリの例を見ても明らかなんですが、それが商売を知らない役人の悲しさで、最初は市もこのビルの役割に大きな期待をかけたわけですが、貴重な税金を10億円も投入した手前、なんとか地域活性化に貢献するビルにしなければならなくなったわけです。ところがビル建設業者はそんなことは意も介さず、通りに面した1階の100坪部分を商業スペースとして提供しますからどうぞ市の方で活用策を考えてください、しかし正規の賃料はきちっと頂きますよ、とやったわけです。つまりこの時点で市の仕事はまちづくりどころか単なる店子の斡旋になってしまいました。

 

何てことはない、ビルをつくって1階の商業スペースを正規な賃料で貸し出すだけなら、ただの貸店舗の建設だったわけですが、それなら10億も出す必要が全くありません。さすがに市の担当者もそのことに途中で気が付いたらしく、(その言い逃れ策として)学者や有識者を中心とした「中心市街地まちづくり会議」なるものを立ち上げました。市の職員はわき役に回って店子探しをこの会議にゆだねるという、まことに役人らしい逃げを打ったわけです。しかしココリで何をやっても駄目だったわけですから、そうそう良いアイデアが見つかるはずもなく、市民が納得するような活用策がなかなか出てきません。しかもこの商業スペースには公金10億円というヒモがついていますから、やれ「ああしろ、こうしろ」と役所らしい制限をつけ、ますます入居者か決まりません。市場で失敗した入居者探しと全く同じ轍を踏んでいるわけです。

 

しかし11月初旬にはビルのオープンが迫り、入居者も見つかりそうもないことから、今度は失敗したときの言い逃れ先として『甲府まちづくりラボラトリー』なるものを最近設立しました。ここへきて市は「『甲府まちづくりラボラトリー』は、業者が設立した団体で、主に、デュオヒルズ甲府の1階スペースのテナントリーシング等を目的としているものとお聞きしております」なんて他人事のように言い出しましたが、要するに入居店舗はこの会社が探すことになったので、(入居者が見つからなくても)市は一切関係がありませんと言いたいわけです。しかし、100坪で実勢価格より高い月130万円の賃料ですよ。人通りはココリの前より少なく平均13300人しかいません。それも買い物客ではなくて大半が付近の店舗の従業員です。しかも補助金のひも付きで、条件だけがうるさくて、そのうえ入居者には補助金の恩恵はありません。さて、こんなところを借りて成り立つ商売が果たしてあるのでしょうか。ココリは「まちづくり失敗例の墓標」とまで揶揄され、全国で有名(笑いもの)になりましたが、また同じ墓標をつくろうとしている反省のない甲府市にアキレます。

 

ここから蔵六

    腰を痛め、先生に安静にしているように言われ5日目です。まだまだかかりそうです。そんなんですが、午後数時間会社に出てこれるようになりました。そんな事で、久しぶりに蔵六します。

 

    中心街活性化まちづくり会議なるものを、昨年市が立ち上げました。会議の内容は『ディオヒルズマンションの1階をどうするか??』でした。ふざけた話です。3回の会議で市長に提言をしました。たった3回の議論で決まる事ですから、市が初めからストーリーを作っていた事に相違ありません。そして10カ月余り・・・その会議は開かれませんでした。そんな適当で、いい加減な会議をしていた市と、会議の委員の皆様の良識を問いたいと思います。真剣に議論する事・・・中心街にはいっぱいあります。

 

    新しい課長に替わり、7月に10カ月ぶりに会議が開かれました。少し怒りを込めて市へメールを送り、市より情報をいただく事が出来ました。順次蔵六サイトで公開していきます(蔵六の意見・市民の意見を聞きながらですが)。・・・・・・

 

ブツブツ

 

追伸

蔵六の経営するBASIEは、私の安静状態が解決次第開けますのでよろしく!!!

詳しくはこちらをクリック

9月1日 http://zouroku.com/

匿名投稿

テーマ:2017年度全国学力テスト

 

■8月29日は829をやきにくと読んで「焼き肉」の日だそうです。ちょうどその日の朝、北朝鮮が北海道を飛び越える軌道で弾道ミサイルを発射して、焼き肉の日に焼き肉の本場朝鮮半島から恫喝のミサイルが届けられました。皮肉な話です。

 

さてその日の新聞の一面トップは全国学力テストの結果でした。「小6全分野全国下回る・山梨県」という大きな見出し文字が躍っていました。昨年全国最下位だった注目の「小6算数B」の結果は・・・と見ると、全国44位。アレっ、最下位を脱したのかな?と良くよく見ると、今年は「わずかな差で競争を過熱させないように小数点以下を省略して整数で発表したので、山梨県は4県同率44位ということになった」のだそうです。ただしその下がないので「結局山梨県は最下位グループ」だった、ということになります。

 

どうしてこんなに山梨県の子供は成績が悪いのだろうと考えていたら、記事の中にそのヒントを見つけました。

政令市で正答率高い傾向。記事によると・・・

今回は初めて20ある政令市別の結果も示した。仙台やさいたまなど10市で、8種類全ての平均正答率が所在道府県(政令市分除く)の数値と同じか上回り、正答率が高い傾向が浮き彫りになった。

そしてその原因は、

教職員の人事権が都道府県から政令市に移されて権限が強まったのを機に今回から発表された政令市別では、新潟市が小学校の国語A、国語B、算数Aで、仙台市が中学校の4種類全てでトップだった。所在道府県(政令市分除く)と比べ8種類全てで平均正答率が下回ったのは、大阪と広島の2市だけだった。

 

つまり今回の学力テストによって、子供の学力の高い低いは「教職員の人事権」に大きく影響されていることが明白になったのです。

 

山梨県の「教職員の人事権」は(事実上)山教組(山梨県教職員組合)が握っています。疑問に思われる方はこちら↓

http://zouroku.com/14332127563518

をご覧下さい。これじゃあダメだ、ということがよくわかります。

 

県内の子を持つ親御さん、山教組(山梨県教職員組合)問題は他人の話ではないのです。ノンキに学校の先生に言われたからと言って何も考えず投票していたのでは、あなたの子供さんの将来がますます暗くなってしまうのです。次の選挙では学校の先生からの投票依頼はダンコ拒否しましょう。山梨県においては、それが教育改革の第一歩です。ちなみにこんな奇妙な県は日本中探してもどこにもありません。

 

 

ここから蔵六

    今日から9月だが、日本のサッカーがワールドカップに行ける事になり、うれしいね!! 勝利の第一は監督にあると見た。後半の抗議の様子なんか今までなかったね!あと一つは、世代交代だね。本田が出ない正解かな・・結果論になるけれど。私自身も世代交代を感じる事が多くなったのは現実・・・さて・・どうする…加齢老人蔵六は?

 

    甲府市のまちづくり政策に不信感を持っている蔵六は、このテーマに絞り、市民の皆さんに情報公開できるように行動する事にしました。その経過をフエイス、インシタグラム、等々を使い(勉強を開始する気持ちになった)、蔵六サイトに集中しようと思う・・ご意見のある方の投稿を期待したい。

 

    今月は、モテギ()主催のオール印章フエアが東京で開催されます。昭和51年に第一回の展示会、現在まで41年間継続しています。亡くなった会長の『継続とは力なり』を実践してきました。また、当時全国に先駆けて、問屋単見本市を開催した事がモテギ()の基礎をつくりました。当時は、業界の反発も多く、責任者の父は大変だったと思います。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月30日 匿名投稿

 

■山梨県に住む人がどれだけ貧しいか↓これを見てください。

http://todo-ran.com/t/kiji/19289

 

これは相対的貧困率を示す日本列島地図ですが、その真ん中にあるオレンジ色が我が山梨県です。関東一円では山梨県だけが飛びぬけて貧困率が高くなっていて、なんと全国第5位。つまり山梨県は日本で5番目に貧しい県ということがこの図で一目瞭然です。

 

相対的貧困率は、全国平均の半分以下の年収しかない人がどれだけいるのかという指数で、国税庁発表の平均年収は414万円(2016年)ですから、山梨県には207万円以下の年収しかない人が全体の20パーセント以上もいることになります。この中には150万円の人もいれば90万円の人もいるわけで、とにかく今の世の中で年収200万円以下で暮らすのは大変なことですが、全体の2割の人はそういう生活を耐え忍んでいるわけです。

 

こういう山梨県の現状をわかっていて、それでも県議会は「公務員の給料は民間に比べて低すぎるから、値上げの必要がある」という法案を通すのでしょうか。

 

ここで注目したいのは、隣の長野県の貧困率は全国最下位ということです。貧困率が一番低く、住民全体が平均以上の収入があるのは東京ではなく実は長野県なのです。

 

山梨県と長野県は海と港を持たない内陸県で、経済的条件はよく似ていますが、相対的貧困率がこれだけかけ離れているのはいったい何が原因なのでしょう。一言でいうと政治と経済の指導者の差です。

 

日本中の自治体が将来の人口減少対策を考えているときに、通行人を入れた人口を100万人にしようと考えている指導者。大型店進出で地元の商店が青息吐息なのに何の手も打とうとせずイオン増床を許している指導者。中央商店街にカンコ鳥が鳴いているのにココリやデュオヒルズに無駄な税金を投入しようとしている指導者。17千人のまだまだ使えるスタジアムがあるのに、同じところに2万人の不要なスタジアムをつくろうとしている指導者。開府500年というせっかくの節目の年を迎えようとしているのに、何の有効な提案もできない指導者。山教組(山梨県教職員組合)の異常な組織率と教育現場の悲惨な状況に手をこまねいているだけの指導者。自民党の圧倒的支持率の中で選挙になると民進党にコロコロ負ける指導者。リニアが開通するというのに、有効な活用法を提案できない指導者。実勢価格の9分の1という安い借地料で借りた土地に900万円の転貸借地権をつけて販売し、莫大な利益を上げている企業に一言も言えない指導者。・・・とても書ききれませんが、つまりこれが山梨県と長野県の差なのです。選挙という絶好の機会を軽視して、こういう指導者を選び続けた県民にも大きな責任があります。

 

ここから蔵六・・・・昨日の共謀より

    今、山梨を代表する○○百貨店、一時倒産なんて話も出たが、中銀が面倒を見ていると聞くし、三越が応援しているとも聞く。その百貨店の7階へ行くと、お中元等の在庫処理販売をおこなっている。バッタ市というやつである。

 

    県内には、○○百貨店のブランドを信頼し、○○百貨店の包装紙で包まれたお中元を贈る人も多いと聞く。ほとんどの人は定価で買う。その残りの商品がバッタで売られる。お中元を贈った人の顔丸つぶれである。聞くところによると。こうった商いは、松坂屋がよくするらしい、名古屋商法かも知れない。

 

    その○○百貨店、イオンの増床にも一言もない。甲府大好き祭りも、○○百貨店の前でやる事には反対のようだ。地元の反対で、小瀬にいったという事実もある。中心街の活性化もあきらめた方がいいかも。蔵六の税金の無駄遣いのターゲットは中心街だ。

 

    ついでに言えば、オリオンイーストに補助金を使って居酒屋が出来た。廻りの飲食店主曰く『我々はすべて自前でやっている・・税金使って、既存店をつぶすのか』・・なんて声もある事を知る事も必用かな・・難しいな・・若いやつら応援もしてやりたいし・・

 

ともかくも、税金いくら使ったかは聞こう!!!

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月28日 http://zouroku.com/14247610849622

テーマ:知事の巧妙な作戦

 

■重点公約を次々にスルーして評判を落とした後藤知事は、ナニガナンデモ新サッカー場だけは「ヤッパリだめでした」と言うわけにはいかなくなりました。ただ、県民のほとんどがヴァンフォーレファンなら話は簡単でしたが、スポーツファンはサッカーだけではありません。このため県は(知恵を絞って)ラグビーやアメリカンフットボールを巻き込んで、サッカースタジアムではなく総合球技場を建設するんだということにしました。役人さんてホントこのへんは上手です。

 

そしてここから知事と役人による巧妙な作戦がさらに続きます。知事の頭の中には2012年多機能アリーナ建設を推進して新人に敗れた荻野笛吹市長、そして2015年新市庁舎建設反対を叫んで現職の中込市長を破って当選した金丸南アルプス市長の影がありました。どういうわけか山梨県民は不要不急の税金の無駄遣いにはとても敏感です。後藤知事にとって総合球技場の建設は、ひょっとしたらこれが次期知事選の争点になり、再選の足を引っ張る材料になるかもしれない危険な賭けなのです。

 

そこで考えられたのが「総合球技場は県民が強く望んだから」という建設動機を作り上げるための10万人署名でした。そうしておけば、万が一反対運動が過剰に盛り上がった場合には「あくまでもこれは知事の発案ではなく県民の強い要望があったから」ということにでき、いざとなれば逃げもうてるわけです。

 

まあ、この段階でたいした反対運動も起きないと見た県は、次にお決まりの住民説明会を始めます。これも行政が何かやろうとするときに多用する常套手段で、事前に地域の声を十分吸い上げたという「言い訳づくり」のための会合ですから、反対意見が出ても気にせず、一応地元の声を聴いたという既成事実づくりができます。

 

さらに後藤知事の作戦の巧妙な点は、内容や規模や、金額を最後まで出さずに建設場所の選択に議論を集中させたことでした。とにかく税金の無駄遣いに異常に神経をとがらす山梨県民は80億とか140億とかの数字を先に出すと、とたんに頭に血が上り議論ができなくなってしまうのです。荻野さんも中込さんもこの県民性を読み切れず落選しました。

 

さて、財政負担の議論をタナアゲにして、リニア駅周辺か小瀬かという建設候補地の選定に県民の関心を集中させ、「じゃあ、小瀬にしましょう」ということになったのは、後藤知事の勝利の第一歩でした。「建設地が決まったってことは、みなさんやることに賛成されたってことでしょう」とトボケられるわけです。が、しかし、県民はバカではありません。おそらくこの後に知事にはイバラの道が待ち構えていることでしょう。『民進不況県政』を終わらせたいと思っている人達の声がもはや抑えきれなくなっているからです。この秋は、「県庁職員の給与引き上げ問題」と「総合球技場問題」に注目してください。

 

 

ここから蔵六

    名古屋版コンパクトシティ・・なごや集約的連携型まちづくりプランの方針案が公表された。このコンパト構想は、国が人口減を見据えて自治体に策定を促す・・立地適正化計画との事であるようだ。国も人口減を政策の柱として考えていく事を現実化してくれているのかと思うと、少し、まともになったのかと思う。甲府市はどう考えているのか・・聞こうと思う。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月24日http://zouroku.com/14410828243421

匿名投稿

テーマ:知事のトップセールスは必要か?

 

■県議の海外研修旅行がタダの観光旅行だったことがバレ、昨年5月山梨県議会の海外研修について「研修に名を借りた私的旅行であった」と断じた東京高裁判決(昨年9月)が最高裁によって確定しました。これにより県議らは約850万円の旅費の返還義務を負うこととなりました。

 

で、県議の間でなんとなくこの手の海外旅行が自粛ムードになってしまったわけですが、県議さん方はそれにこりず、今度は知事の「海外トップセールス」に同行するといううまい手を編み出しました。先ほど723日には山梨県の特産品のPRと観光客誘致のため後藤知事は県議を引き連れ台湾訪問を行い、熱烈歓迎を受けたそうです。

 

この訪問団のピントはずれは、台湾と中国の厳しい関係をマッタク理解していないことで、過去の例を見ても、中国という尊大な国は、敵対する国によしみを通じる者は徹底的にマークするという方針の国ですから、少しばかり台湾との貿易を拡大しても、結果的に何倍も失ってしまうことになるわけです。知事は対立する片方へ行かず、そのままそっとしておけば中国の反感も買わずに済んだのに、なんで台湾へ行ってしまったのでしょうか。

 

ところで、知事自らが山梨県産品を宣伝するという手法ですが、後藤さんはこのトップセールスという考え方がイタクお気に入りのようで、今回で就任以来8ヶ所目になるわけですが、相手の国はたとえ知事が訪問したからといって気前良く貿易額を増やそうとするでしょうか。貿易というものは民間の商取引ですから、行政の長がお願いしてどうにかなるものとも思えません。それに県議など随行をぞろぞろ引き連れて海外を何日も歩けば経費も馬鹿になりません。8回の海外訪問で総額いくらかかったのか、誰を連れて行ったのか、どんな成果があったのか、ちょっと知りたい気もします。

 

フツーに考えれば日本の山梨県という聞いたこともないところの知事がわざわざ来たからといって、「それでは大いに貴県の特産品を買いましょう」なんて、民間の商売はそんなに甘いものとも思えません。これがもしもトップセールスという名を借りた外遊であったとしたら、あるいは県議へのプレゼントのような旅行であったのなら、これは看過できません。

 

 

 

ここから蔵六

    山梨市の望月市長の口利き相場は、80万円という事らしい。あくまでも昔の話だというが、甲府市の相場は300万円という話を聞いた。応募用紙には、○○氏の推薦という推薦人の名前まで書いたらしい(本当かな?)。甲府市の場合、コウィッタ人物は能力が低いわけだから、臨時職員として環境部に入れるらしい、ここでゴミ等の収集を2年間余りやり、本庁に正規職員として移動させるような手を使っていたらしい。経歴を調べればわかるらしい。

 

    そういえば、最近は葬式が多い、新聞に掲載された広報を読むと、親が先生の葬式の喪主は先生が多い。親が公務員の場合も喪主は公務員が多い。大手の会社(公共的要素が多い会社だが)親が役員の場合も子供がその会社の役員で喪主になっている事もある

長い時間軸の中、格差問題化している現実な姿がある。税金が使われている場合は許せないなあ!!

 

    蔵六の店ののれんが変わった。『只今! 共謀中』と書いてある。過日は、上記のような内容を共謀した。

 

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

8月22日 http://zouroku.com/14805581070925

匿名投稿

テーマ:富士急行問題の問題点

 

◆富士急行が県から格安値段で山中湖畔の県有林を借地して、これを「別荘地は適正額の約4分の1、ゴルフ場は約9分の1に当たる」と指摘し、「適正賃料を大幅に下回り、契約自体が無効」と主張して南アルプスの男性が住民監査請求を起こした問題です。

 

おそらく県監査委員会は「貸出賃料が適正かどうか」を中心に監査を行うつもりでしょうが、この問題の重要な点は「貸出価格」ではなく、借りた土地を富士急が「さながら永久に県から借地し続けられる土地であるかのごとく」顧客に説明し、この土地に月額換算で約14,397円の借地料と300900万円という高額な転貸借地権を設定して

{C}l  {C}県の土地だから固定資産税がかかりません。

{C}l  {C}不動産取得税もかかりません。

{C}l  {C}期間満了に伴う更新が永続的に可能な権利です。

{C}l  {C}ゴルフ会員権のように転売もできます。

{C}l  {C}相続税は36%に減免されます。

などと説明して、県から借りた土地を大々的に転貸していることです。

※これが掲載されている驚きの広告は↓ここにありますのでご確認ください。

https://fujiyamastyle.com/features/yamanakako/style.html

 

ところが県と富士急行で交わした「恩賜県有財産賃貸借契約書」の第3条には

(1) 貸付土地の使用目的を変更しないこと。

(2) 貸付土地を転貸しないこと。

(3) 貸付土地の権利を譲渡しないこと。

(4) 貸付土地の形質を変更しないこと。

と明記してあり、完全に転貸は禁止されています。

もちろん県有林の借地は未来永劫借り続けられるものではなくて、期間は20年間と定められており、なおかつ契約違反があれば、契約の第14条により即刻契約解除になります。

 

これって完全に「恩賜県有財産賃貸借契約書」違反ですよね? だって、契約書には「貸付土地は転貸しないこと」とはっきりと素人にもわかるように書いてあるのですから。

 

おそらく、県の監査委員会は、転貸価格が適正化どうかという点については「周辺の実勢価格からみるとやや低すぎるかとも思えるが、ただちに違法であるとは断定できない」みたいなウヤムヤ結論にもっていくでしょうが、富士急問題の闇はそこではなく、禁止されているのに借りた土地を「転貸」して莫大な転貸借地権料を富士急が得ていることです。監査委員会はこの点もきちっと調べる必要があるでしょう。そしてさらにイケナイのは、そのことを県議会と代議士の力をつかい政治の力でフタをしようと考えているフシが垣間見えることです。その結果山梨県政は11年間にわたり荒れ続けています。

 

 

ここから蔵六

    開府500年のスタートが19日にあったらしい。市民の殆どが知らないようだ。こんな事でここ3年のイベントが甲府市民の心に残るものになるのだろうか。今のままでは、税金の無駄遣いに終わりそうだ。まだ、間に合う、市民全員で何故か考えてみよう・・・・ 皆さんのご意見をいただきたい・・・・・!!

 

    蔵六の結論は、市長の能力が無い事につきる。市役所がバラバラであるという事につきる。縦割り組織の弊害しかない。この縦割りの組織を、一つの組織としてまとめる仕事が市長の仕事であると思う。あえて、きつい事を書かせていただく。

 

    提灯を作成したらどうだろうか?? 開府500年への資金協力を、一口10000円したら名入れで提灯を作成する。それを、市民の自宅、会社等に掲げてもらう、一つ増えるごとに、市民の参加度が上がる・・・・・・蔵六を公募の委員にしておけばいろいろのアイデアがあったのに残念だ!! 公募で当選した委員は仕事をしているのだろうか??

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月17日 http://zouroku.com/

匿名投稿

テーマ:公務員の慢心

 

■最近公務員の倫理感覚が以前にも増して狂いだしたような気がしてなりません。

 

公務員の全部がそうだとは言いませんが、特に上級幹部クラスの公務員が権力を手にして慢心増長し、市民を見下す姿勢が露骨になり、アンタ何様?と言いたくなるような人がチラホラ見受けられます。それをチェックするべき議員は、勉強不足で公務員の助けを借りなければ議員活動もままならないことから、公務員の前では借りてきた猫状態になってしまうというわけです。

 

そしてこのような状況の中で、公務員の給料はお手盛りで際限なく上がり続けています。

 

昨年県人事委員会は、山梨県の民間の平均年収は4533200円なのに、後藤知事に「県職員の給料は民間に比べて低すぎるので、年間87千円上げ6347千円にすべきだ」とトンデモナイ勧告をしましたが、これに対して知事も議員も議事録を読む限りまともな異議をはさもうとしませんでした。

 

今年もまた89日には山梨県職労などでつくる対県共闘会議は、人事院の給与引き上げ勧告に「官民格差が発生していることを踏まえれば当然」という声明を出し、10月には4年連続の公務員給与の引き上げ勧告が県人事委員会から出る予定です。民間をはるかに超え、さらに引き上げをもくろむ公務員給与は、税金の無駄遣いの最たるものです。この馬鹿馬鹿しい茶番劇に体を張って反対する骨のある県議は一人もいないのでしょうか。

 

公務員の傍若無人ぶりを象徴するように、今月に入って県幹部の天下りが報じられました。退職前の職務と密接に関わる天下りは法律で禁止されているのにもかかわらず、それぞれが誓約書を書いて天下ったそうですが、果たして一片の誓約書にどんな効力があるのでしょうか。本来禁止されているはずの天下りが白昼堂々、誰にはばかることなく行われています。

 

このように県政のチェック機能を果たすべき議員の能力低下と公務員のモラル低下は密接な相関関係があります。もう少し議員さん方に頑張ってもらってチェック機能を発揮していただかなければ、このままでは山梨県の政治はどうにもなりません。

 

 

もしこの秋に「公務員の給与は民間に比べ低すぎるのでモット上げるべきだ」という馬鹿々々しい理由の法案を県議会が易々と通すようであれば、もはや県議会の機能は失われたものとみなし、一年半後の統一地方選挙で全県議の「そっくみ」を提案したいと思います。

 

ここから蔵六

    2017年のお盆も終わり、母の新盆も家族でのんびり過ごすことができました。子供達や孫たちは入り替わりで顔を出してくれました。皆様のお盆はいかがでしたか。さて、2017年後半に入りました。最近3人の友人が入院したり、老という字がどういう過程でできたものか調べてみようと思います。わかりましたらご案内いたします。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月10日 http://zouroku.com/14805581070925

テーマ:山梨の闇

 

■山梨県の二つの闇と言われているのは、山教組(山梨県教職員組合)による異常な形での教職員支配と、富士急行の借地問題です。そのうちの一つである富士急行の山中湖畔県有地の安すぎる借地問題を南アルプスの方が後藤知事に対し、契約額の見直しや損害賠償を求め県監査委員会に住民監査請求したことが85日の新聞やテレビで報じられました。

 

いよいよこれから1年半にわたり、山梨県政会を揺るがす(ことになるであろう)長堀(長崎vs堀内)戦争が激しさを増してきます。

 

四県議の自民党除名。民進党知事・甲府市長の誕生。自民党県連の分裂。自民党の派閥同士の対立。県議会流会問題。高野候補の落選と、山梨県政はこの11年間大混乱を続けています。そして高野さんの落選後形だけの自民党県連一本化となりましたが、まだまだ水面下では激しいバトルが繰り広げられています。

 

4月には、二階幹事長の「山梨2区は長崎を公認する決意だ。文句があるなら、私を幹事長から追い出してみろということになるッ!」と強烈なタンカで長崎幸太郎さんの自民党公認がほぼ決まったと思ったら・・・

 

ここへきて安部さんの支持率急降下。総裁レースでは加計問題での石破株急落で、堀内さんの派閥の親分である岸田さんが党政調会長に就任し、次期総裁候補に急浮上。さらには二階さんの推した大臣が「素人」発言でコケそうになるなど堀内さんにとっては朗報が相次いでいます。

 

そんな折の富士急利権の監査請求は長崎さんにとって干天の慈雨でした。借地料が数割安かったということであれば言い逃れの方法もありましょうが、なにしろ借地料が相場の9分の1ですから、いくら不動産鑑定士の出した金額だとシラを切っても、そこに何らかの政治的意図が働いたことはだれが考えても明白でしょう。

 

そして今回の内閣改造では堀内さんが厚生労働政務官を外れ、宮川さんが文科政務官に就任しました。宮川さん、山梨県でドン輿石の君臨する山教組(山梨県教職員組合)に対抗できるのはあなたしかいません。ここはひとつ子供たちの未来のために選挙違反を繰り返す山教組(山梨県教職員組合)解体と抑圧に苦しむ教職員の開放をぜひやってください。

 

 

ここから蔵六

    いよいよ明日からお盆休みに入る。母が昨年の8月17日に亡くなり、一周忌でもあり、父と母を思いながら過ごそうと思う。

 

    さて、山梨の闇が動き出した。昨年投稿をいただき、この門題は政治家、役人が分かっていながら手を付けられない、手を付けない問題という事が、私の廻りの皆様の話からも分かってきた。その事が表に出て、情報が公開される事は県民の利益にかなう事だとは思う。県民には事実を知る権利もある。

 

    山教組も、宮川のりこ議員が文部省の政務官と成った事で、期待したいと思う。近じか、宮川議員が発言した事を、再度サイトにて情報しようと思う。宮川議員期待しています。

先生の雇用問題も取り上げて欲し。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月7日 http://zouroku.com/14247607278798

テーマ:小瀬の方が安く済むというキベン(匿名投稿)

 

■小瀬に総合球技場を建設することの是非を県議会で検討するときに、なぜ小瀬に決めたのかという質問に対して県側はかならず「小瀬にすれば第3駐車場を建設予定地にしているので用地買収がいらず、リニア駅周辺につくるより大幅に建設費が安く済みます。」と答えるはずです。

 

一見もっともらしい説明ですが、県議会でこの問題を質問するとき、県議さん方はこの説明にごまかされてはなりません。小瀬には現在第1から第5まで2088台の駐車場があり、第3駐車場はその中でも840台という最大の広さで、さらに第3駐車場には59台分のバスの駐車スペースもあります。これをつぶしてしまったら当然別の駐車場用地を確保しなければなりません。当然この代替駐車場用地の買収に費用が掛かり、結局リニア駅周辺に造ることとなんら変わらないことになるわけです。

 

ところで小瀬スポーツ公園に今回2万人収容のサッカースタジアムを建設するとしたら必要な駐車場台数を計算してみると・・・

(必要駐車台数を「「都市公園利用実態調査(財)公園緑地管理財団(H19 年度)」自動車利用率を基に推計します。)

 

必要駐車台数=最大同時滞在者数×自動車利用率÷同乗者数

という計算式から、小瀬の場合は

・最大同時滞在者数:2万人

・徒歩・自転車以外の利用率:62.2100-37.8)%

・同乗者数:1.5 人・・・1 人~2 人と想定して計算すると

必要駐車台数=2万人×62.2%÷1.58293

 

なんと2万人のサッカースタジアムが満員になった場合、現在の4倍の駐車場スペースが必要になる計算です。つまり2万人の施設をつくっても「まともに来てくれたらとても収容できない。」ということになります。

 

ちなみにヴァンフォーレの試合に1万人の観客が来たら、駐車場に収容しきれない車で周辺道路に毎回必ず交通渋滞が起きるのは、2千台分しかない駐車場に4千台の車が押し寄せるわけですから、深刻な渋滞になるのはわかりきっていたわけで、小瀬にはこういう欠陥が最初からあったのです。したがって第3駐車場をつぶして新しい総合球技場をつくろうという計画は、つぶした第3駐車場の8.5倍の別の用地を確保しなければ、周辺の交通渋滞の解消は出来ない、という結論になります。これではチットモ安くなりません。それどころか莫大な駐車場用地買収費が必要になります。

「小瀬に造ったほうが安く上がる」なんていう県の説明にだまされてはいけません。

 

ここから蔵六

    母の一周忌が終わり、今年のお盆は両親の事を考えながらゆっくりしたいなあと思う・月曜日である。しかしながら、過日フェイスでご案内したように、ビール祭りのアワビステーキのような詐欺まがいの業者が山梨を代表するニガイのメーカーである事。南アルプス市民が、蔵六が問題視してる富士急問題を監査要求した事。等々・・問題山積・・さらに・・・表面上は何にもなく、問題も無いように思われる我々の生活の底辺にある行政の問題もある。競技場問題・・県民の税金が使われる・・ハコモノ行政問題でもある。リニアとの関連性はどこへ消えたのか??? 甲府市の開府500年のPRが山日の紙面一面に載ったが・・市民に全く浸透していない500年・・役人が頭で考えて・・効果のないプロモーションを何処かの企業に丸投げしていると想像する??・・・・甲府夏祭り・・開府500年との関連性は全く感じられない???甲府の自治会連合会の会報の裏に、自治会に参加をのPRがあったが、入っていない人に届かない会報??

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月4日 http://zouroku.com/14247607278798

テーマ:小瀬に決まった経過

 

■長い間リニア駅か小瀬かと論争が続いていた新球技場の建設地が小瀬に決まりました。しかし新聞報道を見る限りでは、小瀬に決まった理由は、何とも理解不能です。

報道では、県が住民説明会をしたところ、

①リニア駅周辺では反対意見が出た。

②一方で小瀬周辺では建設を強く求める意見があった。

というのが小瀬に決まった理由だそうです。

 

フツウ140億の施設の建設予定地を決めるときに、こんな決め方は聞いたことがアリマセン。たった1回の住民説明会の中で強い賛成意見があったから、じゃあ小瀬にしようかなんて決め方で本当に良いんでしょうか? こんな理由を堂々と発表する県もどうかと思いますが、本当に県民は「この日の住民説明会で強い賛成意見があった」というだけの理由で納得できますか?

 

で、その賛成意見を言った方なんですが、どんな理由で賛成と言ったんでしょうか。小瀬にはすでに同じ規模の中銀スタジアムという既存の施設があって、そこにまた新しいサッカースタジアムを作ることが地元にどんな恩恵があるのでしょうか。頭の悪い人間には小瀬に賛成する理由が思いつきません。賛成理由をあらためて聞きたいものです。

 

しかしこのとき、さぞ説得力のある賛成意見が述べられたのでしょうね。新聞にも「強い賛成意見があった」と書かれていましたから。でもまあ、これからもこういうことがあると思いますが、住民の声を聞くと称して住民説明会を開き、地元の自治会関係者か何かに意を汲んだ意見を言わせ、それがあたかも全県民の意思であるかのごとく都合よく解釈して事を進める手法は、もういい加減にやめてくれませんか。あまりにもミエミエすぎます。

 

かくしてこの日の住民説明会を契機に140億円という県民の貴重な税金を使う壮大なムダ事業の建設予定地がひと晩で決定してしまいました。

 

後藤知事が何がなんでもやりたいと言っている今回の新サッカースタジアム建設事業は、建設規模も、ランニングコストも、総事業費も、利用計画も示されないまま建設予定地だけが先に決まるという、まことにもってワケノワカラナイ不思議な事業です。後藤知事は記者会見で「細かい全体像はこれから決めていく」と言っていますが、本当は全部決まっているんじゃないでしょうか。県民の顔色をうかがいながら必要な情報を隠し、小出しにしていくという役人特有のすすめ方は、森友学園や加計問題の国会答弁で国民がウンザリするほど見せ付けられたアノ手法です。

どうにかなりませんか、山梨県の政治。そして新総合球技場建設計画の進め方。

 

ここから蔵六

    7月1日から蔵六の経営するBAR『BASIE//ベイシー』では入場料を500円頂いている。これは蔵六の今年のテーマ『子供の貧困問題』に協力させていただくためである。山梨県にはこの問題に取り組んでいるいくつかの団体があるので少しばかり資金提供をしていこうと思う。そんな団体をご紹介していただければとも思います。お客様には感謝しています。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

8月2日 http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿!

テーマ:サッカースタジアムの建設の理由を検証する

 

■今回は、何のために新しいサッカースタジアムが必要かという後藤知事の説明を検証してみます。新聞の報道によると知事は

①既存施設が建設から30年経過した。

10万人の署名が集まった。

③次期国体に向け健常者・障害者問わず利用できるようにしたい。

3点を新サッカースタジアム建設の理由にあげました。

 

まず①ですが、既存の球技場は30年たってもビクともしていません。そもそも全体がコンクリート作りで劣化する部分がほとんどないわけですから、少し手直しすれば50年でも大丈夫です。それにこの種のスポーツ施設は一般の建物のように毎日使うものではありませんので使用頻度も少なく、30年以上経ったから建て直さなければならないなんてことは理由になりません。

 

そして②は行政が多用する手法で、世論の追及をかわすためにとにかく署名を集めて反対意見を封殺するという役人の常套手段です。10万人の署名が集まったらなんでもOKなんでしょうか。甲府城の天守閣建設も10万人の署名が集まったのに県は何かと理由をつけてやろうとしません。同じ10万人署名でもこれが官製と民間の違いです。反対に「十分使える同じような既存の施設があるのに140億円もかけて新しいサッカースタジアムを作る必要があると思いますか?」というアンケートをしたら、タブン反対意見の圧勝でしょう。

 

③にいたっては、まったくの筋違いです。小瀬のスポーツ公園は昭和61年かいじ国体開

催を見据えて建設され、その際、天皇陛下をお迎えする中で健常者の国体と、身障者スポーツ大会が滞りなく開催できるよう、すみずみにまで気配りされ建設されたものです。当然現在の施設で国体も身障者スポーツ大会も何の問題もなく開催されました。ですからその理由で作り直す必要はまったく無いということです。

 

ということで、後藤知事の言う「建設の理由」はゼンゼン理由になっていません。どう考えても140億円の無駄遣いに終わりそうです。そもそも大きなイベントが年間18日間しかないスタジアムを財政が逼迫している山梨県が(それもわざわざ同じ場所に)つくる必要があるのかどうか。そのために後藤知事の挙げた建設理由が本当に妥当かどうか。県民はもう一度検証し直さなければなりません。もし仮に知事が自分の再選のための人気取りにこの壮大な無駄遣いをやろうとしているとしたならば、(みんなウスウスそうじゃないかと思っているんですが)これは、絶対にやめさせなければなりませんね。

 

ここから蔵六

    蔵六も後藤知事は選挙の為だとおもいます。優先順位が明確かなです??後藤知事のやるべき優先順位の高い政策は何なんでしょうか?? 蔵六は貧困問題だと思います。今を生きる、子供たちの為の政策です。安心して腹いっぱい食べられ、教育を受けられる環境づくりに金をかける事だと思います。山梨の将来の為にも今、必要だと思う蔵六です。人づくりが優先順位一位でなければなりません。

 

    そもそも新しい競技場が山梨にとって必要かという議論が全くありません。政策創りの出発点がそもそも間違っています。

 

 

    こんな意見もありました。小瀬は意味がない、競技場はリニアの駅を降りたら、その上に競技場がある、そのくらいインパクトの強いものを考えたらどうか!! 金はファナックが出す。

 

ブツブツ

 

 

詳しくはこちらをクリック

7月30日 http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿ご紹介します。

テーマ:サッカースタジアムの疑問

 

■県が示しているサッカースタジアム建設費用の80億円から140億円という数字ですが、建設費用を説明するのにこんないい加減な言い方があるでしょうか。例えば自宅を新築したい施主が工務店に「どのくらいなんですか」と尋ねたら、工務店は「そうですね、800万から1400万の間でしょう」なんていかにも無責任な答え方をしたら、たちまちお客に逃げられます。この説明のしかたは、まるでカードローン会社が本当の金利は15%なのに4%から17%と言っているようなもので、4%かもしれないという淡い期待を持たせ客を集める手口と似ています。今回も実際は140億円くらいなのに「もしかしたら80億円で出来るかもしれない」という「淡い期待」を与えておいて、建設の是非論争をあいまいにさせようという作戦じゃないでしょうね。

そもそもそんな大きな施設を建設するのに具体的な建設費用も維持費の試算も活用法も示さずに「この施設が県民にとってどれほど必要か」という議論をそっちのけにして、「さあ、小瀬がいいですか、それともリニア駅ですか?」なんて議論を延々と続け10万人の署名が集まったから県民は納得しているはずだと「建設ありき」で押し通そうとする県のやり方にはどうしても納得できません。

みなさんは簡単に考えているようですが、140億円のサッカースタジアムってすごい金額なんですよ。たとえば県立図書館は40億円で出来ました。それに比べても140億円のサッカースタジアムと言うのは、産業規模の小さい山梨県にとって大変贅沢な施設です。そのうえ図書館は一年中県民が利用できる施設ですが、サッカー場はヴァンフォーレの公式試合が年間18日しかなく、仮にヴァンフォーレが10年間J1の地位を保ってその間新サッカースタジアムで180試合が行われたとしても、1試合の施設使用料金は78百万円です。ヴァンフォーレが試合するたびに78百万円もの県費が消えていくのです。それでも知事さんは何が何でもこれをつくりたいわけでして、報道では「建設地は小瀬に決定」なんてことになっていましたが、いつ「建設することに決定」したのか、そんな発表が県からいつあったのでしょうか。カンジンの「建設の決定」がなくて「建設地の発表」だけが先と言うやりかたって何か変じゃアリマセンか? 県議会は何をしているのでしょうか?

まあしかし、共産党以外全員与党という県議会の中で誰が反対しようとシュクシュクとサッカースタジアムの建設は進むのでしょうが、知事にとってはこのスタジアムの完成が知事選の大きな力になることは疑いの余地はアリマセン。何しろヴァンフォーレファンは一生懸命現職知事を応援せざるを得ないでしょうし、指名された建設業者はそれこそ死に物狂いで個票を集めることでしょう。

ひとつ心配なのは共産党の小越県議がサッカースタジアム建設に強力に反対していることです。729日の新聞にそのビラが折り込まれました。どうやら次の知事選は民進と共産の選挙協力はなさそうですね。山梨県自民党県連もこの問題を機にそろそろ目を覚まされたらいかがでしょうか。過去には笛吹市長選や南アルプス市長選のこともありました。無駄な施設をやめようという主張は有権者の大きな共感を呼びます。サッカースタジアム建設はひょっとしたら後藤知事最大の誤算になるかもしれません。

 

ここから蔵六

    蔵六が不信感を感じている【甲府市の中心街のまちづくり活性化会議】が13日に開かれたと聞いた。友人から新聞記事を頂いた。この会議はとんでもない会議で、まちづくりを議論する会議でなく、ディオヒルズマンションに補助金を出したために、なんかしなくくちゃならないと市のバカな役人がたくらんだ事であると分かった。故に、昨年9月以来10カ月も会議を開催しないというとんでもない会議でもある。昨日、会議の資料を要求した。会議の議事録の公開日も問い合わせた。市民の皆さんには蔵六から情報公開をしようと思う。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

7月27日  http://zouroku.com/14247607278798

テーマ:新球技場の是非を論じてみよう

 

■県の発表によると、地元を巻き込んで長い間議論が続いていた新球技場は小瀬につくることに決まったそうです。新らしい球技場は収容人数2万人。建設費は80140億円。小瀬には同じ敷地内に17千名収容の球技場があるのに、何で同じところに同じようなものが2つも必要なんでしょうか。芝生の維持費とか経費も2倍になります。

 

球技場と言っても使うのは主にサッカーです。新しく大きなサッカー場が欲しいというヴンフォーレ甲府ファンの気持ちもわかりますが、2016年度のヴァンフォーレの観客動員数は平均で1万人でした。サッカー人気は少しずつ下火になっていて、前年度より500人減らしています。と考えると現実は、今の17千人収容の球技場でお釣りが来るくらい十分なのです。

 

この新球技場建設計画は、後藤知事就任と同時に立ち上がりました。県民は恐らく小瀬の球技場が手狭になったからと思ったでしょうが、観客平均1万人のヴァンフォーレには本当は今の球技場で十分だったのに、そのことは大きく取り上げられませんでした。県は当初から建設地の選考に関して「リニア駅から半径5キロ以内の適当な地」と言っていて、予定地は最初からリニア駅周辺か小瀬のどちらかという方針だったようです。

 

後で気がついたのですが、最初から意図していたとしたら、これが実に巧妙な県の作戦で、候補地を二つ挙げることによって「どちらが良いか」という議論は盛り上がるものの、肝心の「新球技場建設の是非」という議論はどこかへ飛ばされてしまったのです。

 

そして後藤知事の任期中に業者が選定され、工事が始まり、ちょうど再選の時期に重なるように新球技場が華々しく完成することでしょう。建設業者とヴァンフォーレファンは大喜びです。

 

ところで同じ小瀬にある17千人と2万人の二つの球技場をどのように使い分けるのでしょうか。AとかBとかつけて、「次の試合はBです」とかやるのでしょうか。お金も無いのに山梨県ってずいぶん贅沢なことを考えるのですね。

 

ここから蔵六

    久しぶりの匿名投稿をいただきました。蔵六にも火が付いてきました、県政、市政の情報公開をしていきます。まず、県市に質問をします・・・皆様の聞きたい事、蔵六が聞きますのでご連絡を・・蔵六サイト・・ご利用ください。

 

    貧困問題を今年の大きなテーマに掲げている蔵六ですが、何人かの方と話をしたりしてどう取り組むのかの方向性を考えています。そんな時ですが、今日の山日に制服の再利用の話が載っていました。これも貧困問題の一つだと思い、取り組んでいる皆様に敬意を払いたいと思います。蔵六も応援します。

 

    頑張らない、群れない、成果を求めない・・の3信条を柱としている蔵六ですが、今月から、蔵六の経営しているBARでは、入場料を500円頂いています。このお金は、貧困問題に使うために始めました。お客様は、いろいろ言いますが、気持ちよく協力をしていただいています。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

7月18日 http://zouroku.com/14247613931498

蔵六のブツブツです。

■甲府夏祭りのポスターやのぼりが目につくようになってきた。昨年、市議会では殆ど議論もなく1000万円の予算が付いた祭りである。また、市民まつりが小瀬に移った代わりの祭りでもあるらしい。祭りは何故か観光課が所管している(議員がおかしいだろうと意見を言っているが市は何とも思っていないらしい)。今年の夏祭りの予算審議は6月議会だと思うが市民には情報公開が遅い!!幾らの予算がついているのだろう?? また、業者に丸投げナラ・・蔵六的にはビジネス祭りと呼ぼう!! 開府500年にも直結しているまつりと思うが役所の縦割りで、そんな意識は微塵も感じられない!! 日程的には、過日の七夕のように人出が期待できると思う。辛口な蔵六でした。皆さんのご意見を期待したい。

以下

3月の市議会・常任委員会における議事録より、蔵六が感じた事です。

■市営住宅の未払い問題がある。1000万円もの税金で処理された。裁判費用に10万円かかった。これも税金である。148カ月、120カ月もほっておいた責任は誰が負うの??  おかしいと思うのは蔵六だけかな!!

 

■動物園の調査費・・1900万円・・冗談だろ・・どこかの調査機関に丸投げ・・? これも税金である。

 

■甲府大好き祭りの位置づけの議論を金丸議員が何回もしています。市の答弁を読んでもはっきりしません。市長にもまつりビジョンを話してあるとの事ですが、この問題は市長が方向性の決断をすべき問題であると蔵六は思います。こんな決断もできない市長にがっかりです。また、大好き祭りが小瀬に行った最大の原因は、岡島の考え方のように聞きます。岡島の前でやってほしく無いとの事です。

 

■開府500年で何を残すの?という問いに・・未来に甲府を背負う子供達という答えがありました。市長の考えとの正整合性も有りいいと思いますが、現実、やっている事との反古が有りすぎる500年の進み方です。

 

■水道代を払えない、払わない人が2013件、解除が1943件、停止中が160件・・この現実の分析はなされていないようだ。業者に任せているかららしい。

 

■業者との懇親会の問題、2000円会費・・安い・・懇親会5時30分開始、集合5時30分、皆、走って会場に行ったようだ。

 

■蔵六が甲府の闇と言っている、産業廃棄に1億円もの支援をした事に疑問点が多く指摘された。業者に何らかの忖度があった事は事実らしい。領収書も?申請等の期日もおかしい?? 確認等の日にちも書おかしい?? ように感じる。

それよりも、本当に産業廃棄物が申請の通り処理されたのか疑問視されている。

 

以上 

ブツブツ追加:

甲府市議会と役所の関係を見ていると、なにか、ビシッとした緊張感が無いように感じます。業者との関係はもっと一線を引いてもいいのではないでしょうか!! 政策論議もあいまいに処理されている事も多く、ビシッとした、市民目線で対応すべきではないでしょうか!! 税金を使っているという意識が薄いと感じられます。もう一つ言えば、総合的な観点から政策を見ていく事に対し、あまり無いように感じます。これは、市長の仕事だと思いますが・・。開府500年には大切な事だと感じます。今年、自治会の組長をやっていますが、開府500年の事はまだ、聞こえてきません。

 

6月26日 http://zouroku.com/14247607278798

 

匿名投稿 テーマ:リニア駅につくるウエルカム構想

 

■甲府のリニア駅には、山梨観光のすべてをワンストップで提供できるウェルカムセンターをつくったらどうでしょうか。

リニアで山梨県に降り立った観光客は、改札を出るとウェルカムセンターに迎えられます。コンセプトは「手ぶらで来ても楽しめるヤマナシ」。「リニア・ウェルカムセンター・ヤマナシ」は、東京圏のサラリーマンが、仕事が終わってから思い立ちそのままリニアに飛び乗ってヤマナシに向かっても、ここにくれば楽しみ方を何でも教えてくれる、そして準備できる、予約できる施設です。

 

例えば、12日で温泉に入って、おいしいものを味わって、渓流釣りを楽しみたいと思いたち、金曜日の夕方リニアに飛び乗って午後7時に甲府に降り立った東京のサラリーマンがいたとしますね。服装は背広、革靴で、何の準備もなく突然山梨に来ても、ウェルカムセンターで自分の好みに合わせた泊まりたい旅館・ホテルを探す事ができます。そして翌日の観光・渓流釣り場所、そこへ行くまでの交通手段。釣り道具・衣装のレンタル。レンタカーの手配、ルアーの選び方まですべて教えてもらえます。

 

センターには、観光・グルメ・ワイン・スポーツ・趣味・温泉・歴史・名所史跡・果実・登山などに精通したそれぞれのプロがリニアの営業時間中は交代で詰めていて、観光客の相談に親切丁寧に応対してくれます。スポーツの道具、衣装などのレンタルをはじめあらゆるもののレンタルが用意されていますから、何も準備がなく身一つで山梨に来ても、十分ヤマナシを味わうことができます。

 

「リニア・ウェルカムセンター・ヤマナシ」はヤマナシ観光の窓口、総合案内所になるわけですが、とは言ってもホテルのカタログを配るだけのこれまでの観光案内所とはイメージが全く違います。ここで観光のすべてを知ることができ、その中から自分の目的・好みに合ったスケジュールを組み立てることができます。なおかつそこへ行くまでの交通手段を確保でき、必要なものは買うなり、借りるなり何でも揃えることができます。

 

リニア駅にどんな施設をつくるのか山梨だけではなく各地で難航しているようですが、一番大切なのは「リニアで山梨を訪れてみたい」という気持ちを起こしてくれるような施設を用意することです。そしてどうせつくるなら、スタッフは優秀な人を集め思いっきりお金をかけて豪華につくりましょう。山梨県には昨年3204万人の観光客が訪れ、3千億円のお金を落としていってくれました。このセンターのおかげで観光客が一割増えるだけで十分元が取れます。

 

■過日の煙草投稿に投稿をいただきました。

「今時のタバコ好きはたいてい携帯灰皿を持っていますし、たばこが体に当たって被害を受けたなんて人は私の周りでは聞いた事がありません。」に憤慨している。 私の子どもはすれ違いの際、タバコが目をかすめ、瞬きが不自然になってしまった。 弁護士まで入っている。 サイトの管理人であるなら、人の感情を逆なでするような投稿は削除するべき。 はっきり言って不愉快。 他の日の投稿でも差別表現が見られる。 表現の仕方やカナの使い方からわかるが、投稿も自作自演で書いているようなので、役所の悪口よりも人の痛みをわかるサイト運営を。

 

ここから蔵六

    上記のようなご意見をいただきました。サイト運営について・・・・蔵六が投稿を発信する時の基本方針は、個人攻撃はしないという事に決めています。ハッキリとしたこと以外はですが。組織の長とかは除いていますが。投稿の意見については議論をして欲しいと思っています。しかしながら、ご意見のような事も現実にあります。議論を巻き起こし、歩きながらの煙草をみんなで辞めさせるような気運が起こせるといいなあと思います。蔵六は全ての路上を禁煙にすべきと思います。害となるものを国が許している事自体に疑問を持っています。

 

    甲府市で政策研究チームを若手職員で結成というニュースがあった。非常にいいことだと思う(発想が市長だともっと嬉しい)。蔵六のお店にも若い職員に偶に(ほんとに偶にです)ご来店いただくが、経験のある職員は責任ある立場なので、政策の説明が主になるが、若い職員とは議論になることもあり楽しい時間でもある。そのまま、育ってほしい!!!

 

 

    どうも8月に知事は競技場をどこにつくるか判断するらしい。つくらない選択もあると思うのだが・・・かなり前の投稿を思いだした。お金である・・・150億くらいかかるらしいが・・・この命名権を、先に買って貰う・・1年で10億・・15年で終る。税金は1円も使わないで済む・・・山梨中央銀行が候補かも・・

 

ブツブツ

甲府の闇

6月23日 https://www.motegi-system.com/

 

匿名投稿

テーマ:路上喫煙防止法

 

■世の中には頭の良い人間が居るものでして、アメリカでタバコの害が問題になりタバコ会社の主張が裁判で次々に負けだし、いずれこの「喫煙は健康に悪い」という流れは日本にも飛び火すると感じられた頃から、日本のタバコ会社は「喫煙の害論争」を、ポイ捨ての「環境論争」にすり替えようとしてしまいました。

 

大企業と結んでいる日本の役人はしばしばこの手法を使うわけでして、たとえば地方の経済を蝕む大型モールの出店に際しても、ホントは「地方の経済問題」であるのにこれを「周辺の交通混雑問題」にすり替えてしまいます。マスコミも解っていながらアエテ交通混雑問題が解決すればイイジャナイカなんていう提灯記事を書くわけです。

 

さて、承知していながらスポンサー寄りの記事を書かざるを得ないマスコミはまだしも、それに気づかず「たばこの路上喫煙禁止」条例をつくろうとしている甲府市の「環境水道委員会」所属の市議会議員の皆様のおめでた頭には微笑みを禁じ得ません。

 

世界の文明国の喫煙対策の流れは、タバコは完全に健康に害があると認めた上で、喫煙者の健康は自己管理の問題だが、その隣で煙を吸わされる人の健康を守ろうと室内の喫煙を厳しく制限しようという方向に向かっています。それが「受動喫煙対策」の流れで、日本でもようやく室内の喫煙をどのように制限しようかという議論が国会で続いているわけです。

 

それなのに我が甲府市議会では一昔前の路上のポイ捨てをやめようとか、歩いている人にタバコが当たると怪我をするなんて論争を延々と行い、620日の新聞では開府500年に向け「路上喫煙禁止区域を拡大した。こんな条例を持っているのは県内では甲府市だけだ」なんてことを自慢げに発表しているわけです。

 

しかもこのために「路上監視員」を雇用するらしいのですが、まったく無駄なことで、これこそ税金の無駄遣いというものです。今時のタバコ好きはたいてい携帯灰皿を持っていますし、たばこが体に当たって被害を受けたなんて人は私の周りでは聞いた事がありません。

 

市役所が市民の味方であることを主張したいならば、ポイ捨て禁止のようなタバコ企業のすり替え政策に乗せられることなく、一日も早く市民の80%を占める「タバコを吸わないで喫煙者の煙に迷惑している」人のために、「公共の場の禁煙」を実施する条例を制定してください。

 

ここから蔵六

    甲府市には、たばこ税で14億円の金が入るらしい。健康と二者選択の問題なのかもしれない。国では、厚労省と自民党でバトルがあった。因みに、蔵六の経営するBARでは、水・土曜日は禁煙にした。店の外に灰皿を用意した。7月からは、火曜日も禁煙にするつもりである。外に座ってタバコが吸えるように椅子も用意する。今国会では、法制化が出来ずに終わった。蔵六のBARのような小さな店でも禁煙を法律で決める事を望みたい。世界の動向の情報提供も欲しいな!

 

    今日は、蔵六の本職のHPの一端をご案内する事にした。モテギ()の本業の印章は斜陽産業の中に入り、業界としてもその他で扱われている・・厳しい業界である・・生き残りにいろんな事を考えている。さて、蔵六になって、3年半が立つ。70才まで、一日24時間の内、三分の一を本職のモテギ()で社長を支え、三分の一でJAZZを聞きながら本を読む、居心地のいい場所、BAR:BASIEで酒を交わし、三分の一でまちづくりを考え、残りの十分の一で、今年は貧困問題を考える(昨年は、歴史:明治から戦後までの歴史の勉強会をした)事にした。書く事が無いので、自分の事を書く事にした。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

6月21日 http://zouroku.com/14837643754934

 

テーマ:共謀罪

 

■毎日新聞によると、安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイントも減ってしまいました。不支持率は44%と安倍さん大ピンチです。野党が共謀罪とレッテル張りして反対している「テロ等準備罪」改正組織犯罪処罰法の制定や「加計学園」のゴタゴタが影響していることはハッキリしています。

 

加計学園の問題はともかく、テロ等準備罪については、時事通信社の20172月の世論調査では、賛成は66.8%、反対は15.6%と国民は圧倒的に法案賛成なのに、なぜかテレビや新聞は反対が渦巻いています。

 

組織犯罪をやろうとする人は、今の日本ではヒジョウに限られていて、だいたいが暴力団かサリンを作ってばら撒こうって人くらいでしょ。そういう人を取り締まってくれるってんだから、ありがたい事だと思うんですが、なぜ野党やマスコミはオオゲサに反対するのでしょうか。

 

居酒屋で酔った勢いで「上司を殴ってやる」なんて話しただけで、本当に逮捕されると思っているんですかね。戦前の特高警察じゃあるまいし、21世紀の文明国でそんなこと起こりっこないじゃないですか。ヤクザに脅かされても「鼻血のひとつも流してこなければ保護できない」なんて警察につれなく言われるより、ヨホドましな世の中になると思うんですがね。

 

ロシアに亡命したスノーデン氏によると、アメリカ国家安全保障局 (NSA)によって世界中の通信は傍受されているらしいのですが、考えてみれば空中を飛び交う電波ですから携帯電話が出来たときから、うすうす出来るんじゃないかなと思っていました。しかしまあ、携帯でよからぬことをタクラム人を取り締まってくれるほうが、私らあたりのたいしたことのない個人情報を守るより、ずっと個人の利益になるような気がします。振込みサギなんかのような、何人かで連絡を取り合う犯罪が大幅に減るのは確実です。

 

法案に賛成している7割の人は、自分は真っ当に生きているのでこの法律で不利益を受けることはないと思っているのでしょう。しかし3割の人は日頃何らかの悪いことを何人かで組織的に企んでいるからこの法案に反対か、あるいは政府のやることはとりあえず何でも反対という人たちでしょう。この法律の施行で「振込み詐欺師」が一網打尽になれば、政府の支持率もまた元に戻るでしょう。

ここから蔵六

    安倍政権の隠蔽体質と驕り体質が支持率を減らしていると思います。自民党の蔵六でさえ納得いきません。真摯という言葉の使い方に誠意がないと感じています。共謀罪にも連動し、この法律の運用に対し、今回の政府の態度と同じように、権力の横暴で国民に対応するだろうという、いやな思いを重ねて感じているように思えます。憲法も同じで、国民を権力で縛る・というような、憲法の精神と真逆なものにしか思えないと感じています。真摯とは??? 簡単に使う言葉ではないと思う蔵六です。

 

    蔵六の、大きなテーマの一つ、貧困の子供たちに食と教育を!!ですが・・最近の新聞には関係した記事が増えてきています。マスコミが関心を持ち始めてきたことは歓迎したいと思います。県も遅すぎましたが、調査をするとか言い始めました。甲府市は全く遅いし、見えません。南アルプス市は、フードバンクの地元でもあり、NPO含め行動を起こしています。蔵六も行動しようと考えています。まず、7月よりBARの入場料を500円いただき、寄付します。よろしくご理解お願いいたします。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

6月19日http://zouroku.com/14247607278798

匿名投稿

テーマ:サッカー場を小瀬につくるかリニア駅周辺につくるかでもめている!!

 

 

■サッカー場を小瀬につくるかリニア駅周辺につくるかでもめている。昨年中に決める予定がまだ決められず、延々とオカシナ議論が続いている。

 

ナニがオカシイかと言うと、小瀬には一万七千人収容のサッカー場がすでにあるのに、今度つくる新サッカー場は二万人収容だという。小瀬に一万七千人と二万人の、同じくらいの二つのサッカー場をつくる必要がどこにあるのだろうか。維持費が二倍になるだけではないのか。その費用の捻出はどうするつもりなのだろう。

 

最初に新サッカー場建設の話を聞いたときは、今のスタジアムでは収容人数が少なすぎるので、もっと大きなスタジアムが必要なのかと思った。ところがヴァンフォーレの今期これまでの平均観客動員数は小瀬のホームで10894人。一万七千人収容の現在のサッカー場でもゼンゼン大丈夫なのである。ちなみにヴァンフォーレ甲府はJ118チーム中最下位の観客動員数で、毎年降格争いをしている。J1にいるならまだしも、万が一J2に降格したら観客はもっと少なくなるだろうし、降格しないという保障もない。

 

小瀬に2万人と一万七千人のサッカー場を並べて作って何の意味があるんだろう。かと言って新サッカー場をリニア駅につくるのはもっとわけがわからない。県議の一人がいうように「試合がないときはただの巨大なジャマな施設」になりかねない。ヴァンフォーレのホームの試合は年間16試合しかないわけで、残り350日遊んでいる施設をリニア駅の前につくって、いったい何が期待できるのだろう。ひょっとしたらAKBのコンサート利用などをひそかに期待しているのだろうが、40万の商圏で2万人動員のコンサートを考える興行師はまずいないと思っていい。山梨県は音楽芸能文化が育たず、ヨホドのタレントを呼ばない限り2千席のコラニー文化ホールを満員にするのさえ難しいと言われている。リニアで東京から観客が押し寄せると考えていたら大間違いで、リニアが一日何本止まるのか、何時まで運行するのかわからない段階で、コンサート期待の会場作りは極めて危険である。

 

小瀬につくるのは同じようなスタジアムが二つ並ぶだけ。リニア駅の隣に作れば年間16日使用するだけの、ただのジャマな遊休施設。これを県は80億から140億の建設費をかけてつくろうとしているわけだが、今のスタジアムが一つあれば十分じゃないのかと思う。140億円があったら他にもっとマシな使い方が出来るような気がする。

 

ここから蔵六

    一時的に人が集まる政策より、人が居つく政策を考える事の方が、今の山梨には必要だと考える蔵六であります。リニアによる観光政策ももちろん必要だと思いますが、一日何本停まり、どんな人が乗り降りするのかも分析もなく、きめられる事ではないと思います。リニアと中央道と中部横断道が、未来の山梨県に大きな影響を及ぼすことは間違いがないのですから・・(後藤知事には上記の決断をさせるのは酷だと思いますから)・・プラチナも、人口100万人も、ひとまず・・置いて・・未来山梨のビジョン構想を練り直して欲しいなと思います

 

ブツブツ

6月17日 http://zouroku.com/

 

匿名投稿

テーマ:日本のGDPは世界3位ですが??

 

■日本のGDPは世界第三位ですが、一人当たりのGDP3年前が24位、2年前が27位、昨年は30位というように、年々低下しています。どういうことかというと、日本は全員の生産性は高いが一人当たりの生産性は意外なほど低いということです。しかも年々低下しているというところが現在の日本の危うさ、閉塞感を表している数字です。そして山梨県の経済はその日本の中でも最低レベルにあるわけです。

 

生産性の低さの象徴的な例は銀行の窓口係で、たいがいの用事はコンビニのATMで済んでしまう時代に、相変わらずたくさんの女性行員が窓口に座っています。その反対に、山梨県の忍野村にあるファナックという超優良企業は三千人の従業員で年間七千億円の生産活動を行っています。この差が生産性の高さ・低さというもので、当然のことながら生産性は給料に反映され、ファナックの平均年収は1571万円(42.9歳)ですが、銀行の窓口係の年収はファナックに遠く及びません。

 

つまり、山梨県がプラチナのように輝く将来に夢のある社会づくりを目指すのなら、生産性の高い企業をどれだけ引っ張ってこられるか、あるいは創りだすことができるかにかかっているわけです。

 

ということは、人口をいたずらに増やすことなどは、県民の幸せに何の役にも立たないということになるわけです。世界の生産性の高い国を1位から並べると1位ルクセンブルク、2位スイス、3位ノルウェーと小国が並び、国民の幸せ度と一人当たりの生産性は見事に相関関係を示します。

 

しかしここに人材育成という大きな問題があります。ファナックは山梨県にありながら県内から人材を募集しようとしません。新卒社員の合同企業ガイダンスにも参加していません。つまり、ファナックは自社の開発・生産活動を担えるほどの優秀な人材が山梨県にはいないと見ているわけです。これでは生産性の高い企業を誘致しても何の意味もありません。教育の質的向上が急務なのですが、615日の新聞は、またもや県学力テストが悲惨な結果に終わったことを報じていました。

 

山梨県の教育が全国最低レベルにある原因は、民進のドン輿石さんが院政を引く山教組(山梨県教職員組合)の強権的支配にあることは誰にもわかっていることですが、なにしろ知事も甲府市長も民進なのでどうにもなりません。なんとかならないものでしょうか。

 

ここから蔵六

    国会が閉会します。国民と共に、この日本の将来を、未来を考えようなんてまったく感じない、さびしい、国会でありました。蔵六的には共謀罪法が非常に気になります。内容的にはよくわからないのですが、これと重なり加計問題がリンクしているようで、いやな気分を感じた国会でした。前川前文部事務次官の発言後、出会いバー問題(警察が動いたと報道記事)が読売に全国規模(戦争に加担したマスコミ)で掲載されたり、菅官房長官の発言(犯罪者扱い)を聞いたり、国会の質疑等々から、共謀罪法の運営に非常に危機感を持ちました。真面目に、一生懸命、働いている我々一般国民に、いつ、何時、政府が、役人が、政治家が、自分達に都合よく、法律を使うような嫌な気がしました。信頼がおけないという事です。

 

    また、今の政治状況(私は自民党支持)、悪くはないのですが、国際的(北朝鮮問題以外)にも国内的にも・・安定という意味ですが・・皆さんはどう考えているのでしょうか??? 選挙でつくられた政治状況ですから・・・責任は国民にある・・・民主主義だ・・という論理を言う人がいます。しょうがない・・と続きます。まあ、前の政府がひどすぎました・・・その一員・・山梨県を支えてる人、後藤知事、樋口市長、上記のお投稿の通りですが・・・県民ファースト、市民ファースト・・に変えたらいかがでしょうか!!! 形から変えるのも経営の一つのやり方です。選挙は二年後です。

 

ブツブツ

 

 

詳しくはこちらをクリック

6月12日 http://zouroku.com/14410828243421

 

匿名投稿

テーマ:議員定数

 

■山梨県市町村の議員定数は全国平均から比べても多すぎます!まず県議が多すぎる。山梨県の県議は人口10万人当たり5.54人もいて、これは全国でワースト7位です。人口比では埼玉県の3.5倍も県議がいることになります。たくさん県議が居てもしっかり機能していれば言うことはありませんが、堀内派、長崎派の政争に明け暮れ、全国で笑いものになった県議会流会問題を引き起こし、あるいは近頃報道されているように元妻が詐欺罪で起訴されるようなことをやっている県議が居たりして、県民からすると「まったく、何やってんだか」という気持ちにもなります。

 

そこで県議会はとにかく県議の数を減らそうと過疎化が進む西八・南巨摩を合区にして一人減らし、ついでに甲州選挙区からも一人減らすことにしました。当然の考え方とは思いますが、どうせなら全国平均の10万人当たり2.64人にすれば山梨県の県議は22人で十分ということになります。二人ぐらい減らしても、まだまだ多すぎます。思い切って10人くらい減らしたらどうでしょう。相当な節税になります。

 

さて市町村単位の議員定数はもっとひどいことになっていて、2015年の統計ですが、人口19万人の甲府市の市議は32人。6千人に一人が市議という計算になります。ところが人口9千人の南部町には18人もの町議が居て5百人に一人が町会議員です。同じように計算すると早川町は125人に一人が町議、小菅村は102人に一人、丹波山村は85人に一人が村議です。

 

そんな中で、これはもう何とかしなければということから高市総務大臣は、担い手不足を抱えている小規模な町村議会は、議会に代わり有権者が予算などの議案を直接審議する「町村総会」の導入を提案しました。簡単に言うと議員のなり手がなく、無投票の議会が二割を占めるようになり、今後ますます無投票議会が増えそうという危機感からの改革案です。確かに丹波山村村議の月額報酬は13万5千円。小菅村村議は12万千円で、これでは村議だけでは暮らしていけませんから、役場の職員になったほうがまだマシということになります。そうは言っても甲府市の月額59万円の市議の報酬は逆に高すぎるでしょう。あまり報酬を上げすぎると、今度は市民のためではなく職業として自分のために市議を目指そうとする志の低い人間の集まりになってしまいます。

 

行政のチェック機能も形骸化し、役場の職員の言いなりになっている現在の地方議会は、担い手不足以外にも、抜き差しならぬ大きな矛盾を抱えています。いずれは日本の地方議会も欧米並みの、少ない人数で、報酬は小遣い銭程度、議会は夜間に開催して、志を持った人の名誉の職となっていくことでしょう。

 

ここから蔵六

    三井記念博物館の西大寺展に行ってきた。体の具合もあり、東京へは久しぶりである。真言密教の世界は興味もあり、好きな世界観である。岩船寺・・がんせんじ・・と読むが・興味を持った寺である。浄瑠璃寺のそばにあるという事で。一度訪ねてみようかなと思う。面白かったのは、像内物の展示が多かったことである。その後、秋葉原に行き、アニメ等々・・の世界・・・時代の今を感じ、理解できない老を感じ、ひざは痛い、股関節は痛い、腰も痛い・・・。

 

    甲府市も山梨県も国も・・行革というテーマから遠ざかっているように思うのは蔵六だけではないと思います。蔵六は、税金の無駄遣いを大きなテーマとしているが、両方とも同じ根っ子の問題であると思っています。官民連携とか、自助、共助、協働とかいう言葉はきれいに聞こえるが、関連しているテーマである、議員定数も同じくである。しかし、自分の首を絞める事は、やらない先生方である・・期待は0である。これを変えるには、庶民の声だが、届かないなあ!!!届けようとすると、人はそれを変人、クレイアーという・・蔵六の事・・・、変な世の中だなあ??

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

6月9日 http://zouroku.com/14349475161458

 

匿名投稿

 

テーマ:外国人資本のホテル買収

 

 

■厚生労働省によれば、国内の旅館数は全国で約4万軒ありますが、毎年減少傾向で、0414年度の10年間では1万軒以上が姿を消しました。旅館の客室稼働率は352%に止まり、頼みの綱は外国人観光客という状態が続いています。そんな中で、後継者もなく、業績が悪化しているホテルへの外国資本からの買収話はまさに渡りに船でしょう。

 

66日のサンニチに「石和温泉郷、中国資本と共存」の記事が大きく取り上げられていました。中国資本による日本のホテル旅館の買収攻勢はすさまじく、現在、旅館オーナーに占める外国人の割合は1割程度ですが、5年後の東京五輪の頃には3割、10年後には6~7割にまで膨らむ可能性も指摘されています。国内が不安定なことから中国の富裕層がホテル買収などで資本を国外へ移そうという流れが続いているのです。

 

サンニチ新聞の記事や地元の旅館組合長さんの談話などでは、石和温泉はこういった中国資本と集客などで連携して共存を図ろうとしているようですが、各地に進出している実態を調べると不安要素が満載で、「ホントに大丈夫?」と言いたくなります。

 

専門家の話では、中国資本が乗り出すとまず徹底的なコストカットが行われ、従業員の雇用環境は最悪になるそうです。昨年NHKNEXTでやっていた「中国人社長がやってきた伊豆修善寺“温泉ホテル”の9か月」はまさに衝撃的でした。日本流のおもてなしは効率化の邪魔とされ、日本人従業員は「休憩時間は削られ、早朝から夜まで10時間以上働きづめになり」、次々に辞めていきました。

 

社長がどういう方針で経営しようと法に触れなければ文句のつけようはありませんが、心配なのは地域全体が同じように思われ、石和温泉の評判が風に乗って全国を飛び歩くことです。

 

それに、中国人は旅館の経営をビジネスホテルなどと同じ感覚で考えていて、これまで温泉街の旅館では地域イベントなども大事にしてきましたが、こうした行事には参加しなくなるだろうという専門家の指摘もあります。これは非常に重要な問題で、石和という場所は特に風光明媚な自然環境に恵まれているわけでもないので、温泉郷としてのイメージ作りができなくなると死活問題なのです。

 

とにかく石和温泉は山梨県観光の大きな柱であるわけですから、ここが湯村のようになってしまったら山梨県経済にとっても大打撃です。外国人資本へのホテル売却は、石和温泉郷全体の問題としてもう一度考え直すべきではないでしょうか。地元も県もマスコミも、共存・連携とか言いながら、これを歓迎しているように見えるのが不思議でなりません。

 

ここから蔵六

    石和が、湯村のようになる。いいじゃんけ!! 老人ホームと、終末施設と、最高の最新医療で、東京から老人が移動してくる。人口が増える!! それとも、石和は中国になり、全盛期の芸者でもてなす・・・これもいいかも。老人対策の政策はここ20年は使える。中国人政策はこの5年だろう。だったら、老人政策がいいかな??こんなことした頭に浮かんでこない蔵六は疲れている???

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

6月7日 http://zouroku.com/14965539400184

 

匿名投稿

テーマ:東京都の高齢者対策

 

 

■省庁は規制を作ることが大好きで、何か新しい事件が起きたり、新しい産業が生まれたりするたびに規制を山ほど作ります。規制を作る目的はいろいろありますが、第一は、野放しにして何か問題が起きたら役所が叩かれないようにすることでしょう。ドローンがテロに使われないようにとかの規制です。しかし本当の目的は特定の団体の保護にあります。規制を設けて新規参入を難しくし、企業の既得権を護るために使います。そして役人は在職中特定の団体にセッセと恩を売り、退職後は恩を売った業界への天下りを期待します。

 

企業はこうした省庁との関係から派生する膨大な事務を処理しなければなりません。会社が大きくなればなるほど省庁との連絡調整、報告、打ち合わせ、書類の提出が増えますからどうしても大企業は省庁の集中する東京に本社機能を持つようになります。これが東京一極集中の最大の原因です。

 

本社機能が東京にある大半の大企業は、稼いだお金を東京本社に集め、そこで納税します。ソフトバンクが2兆円の利益を上げても、そのお金は東京に送られ地方には何の関係もアリマセン。そして東京本社の社員は入社して数年で山梨県の県議なみの給料をもらえることになります。資本主義国家はこれが合法ですから文句のつけようがありません。

 

ただシャクに障るのは、65日の新聞に、このままいくと東京の高齢者の数が増えすぎて11年後には医療や介護などの社会保障関連費が7千億円も増えて大変だから地方移住を促すべきだなんて言っているのですが、そんなもの東京は今までサンザン地方の富を集めて甘い汁を吸い続けたのだから、老後の心配くらい自分たちで処理してもらいたいと言いたくなります。

 

「老後は地方で」とか言って増え続ける東京の高齢者を地方に押し付けられたら、ますます地方が疲弊します。しかし記事を読めば読むほど「高齢者がいまや負のリスク」と考えられていることに寂しさを感じます。「高度経済成長を成し遂げ日本を豊かな経済大国にしたのは今の高齢者なんだよ」と言いたくもなります。若者よ、もう少し高齢者を大事にしなさい。明日は我が身なんだよ。

 

ところで山梨県の100万人構想は、まさかこの東京に溢れている高齢者の移住を大量に引き受けよう、なんて流れにはなっていないでしょうね。

 

ココから蔵六

    人口問題を個別テーマとして(国政、県政、市政の対応について)取り上げる事にした。ご承知のように、後藤知事のツマヅキは100万人構想であった。世の中の大きな流れとして、誰でもわかる事に、いい訳を言い続けた。この影響は次回選挙に大きく影を落とすことになるだろう。皆さんの意見を期待したい。チマチマした政策を否定するものではないが、根本的対策が出来ない日本に残念に思う。国政も真面目にやってほしいと思う今日この頃である。菅官房長官の発言・行動は共謀罪に不安を感じるのは蔵六だけではないと思う。トランプも何を考えているのかよくわからないし、北朝鮮はどう出てくるのかわからないし、ストレスが溜まるなあ!!

 

ブツブツ

6月5日 (観光問題)http://zouroku.com/14349475161458

 

匿名投稿:テーマ:ワインリゾート構想

 

■約60のワイナリーが集まる山梨県甲州、笛吹、山梨3市が、「ワインリゾート構想」を発表しました。日本屈指のワイン産地である3市を昨年訪れた観光客は約550万人もいますが、そのうちの7割が日帰り客です。この方々に温泉旅館などに泊まっていただいて、ワイナリーや周辺の観光スポット巡りをゆっくり楽しんでもらう滞在型観光の定着を目指すために地域が一丸となって取り組もうという構想です。

 

大変夢のある素晴らしい構想だと思います。ぜひ頑張って成功させていただきたいと期待が膨らみますが、ネットでは早くも次のような心配の声があふれています。

 

■絶対に地元議員の意向とか忖度とか、入れないようにしてほしい。永続性のある事業で、日本のワインの聖地となってほしい。

■この県は良い材料がありながらやることが遅い!観光客はだまっていても来るという感覚。

■予算を頂戴するコンサル独り勝ちが、眼に浮かぶ

■酒蔵の町で似たような町おこしをしてたけど、見事なまでに「なかったこと」になっている

■大丈夫かぁ~???数年後、寂れた施設建物やら荒れたワイナリーの跡地などの問題が起こらぬように祈る!なにせ官がらみは失敗するのが多い

■石和がパッとしないからね。ワイナリーだけじゃ、家族ずれも考えないと。

■地元議員:自分と身内の金、利権が全て。地方公務員:やる気がないがコネあり。こいつらを関わらせないでやるべき。

■寂れた甲府を放置して何考えてんだか

■コンサルの予測は皮算用

■バブル期のにおいがします、慎重に。

■必須なのはワインに加えて美味しい食べ物か。ほうとうと鶏もつ煮ではだめだ。

■構想は良いけど、それに便乗して余計な箱物とか造らないように。

■夕張市の二の舞いになるぞ・・・■失敗します。

■水を差すようで申し訳ないが、ワイン飲んで、1泊して、車で家に帰ろうとしたらアルコール残ってた、なんてことになりそうで怖くて行く気がしない。意識せず飲酒運転になってしまう可能性を考えると、ただただ怖い。

■山梨の場合、観光資源はたくさんあるけど接客サービスがまぁ残念だからなぁ…。昇仙峡とか忍野八海とか行くと、風景の美しさと人間性は反比例するものなのかと思ってしまいそうになる。

■観光スポットなんてないじゃないか。珍しくもない田舎の風景と枯れかけた温泉しかない。今まで殿様商売、山賊商売を続けて来たツケだよ。富士五湖方面とは偉い違いだ。県や銀行なんか入れてもダメだ。星野リゾート、うかいリゾートあたりを誘致出来ない時点で失敗。ワインならもう山梨より長野だよ。観光スポットも温泉もグルメも土産も楽しめる。・・・・・・

 

中には乱暴な意見もありますが、結構うなずける意見もあります。中でも石和温泉に対しては厳しい意見が多いようです。お色気で有名になったがイメージチェンジに失敗し、外国人観光客ブームに便乗しようとしたが、国内観光客には安かろう、悪かろうと叩かれ衰退の一途をたどっています。この構想を成功させるためには石和温泉郷の生まれ変わりが必要です。笛吹市長さん、NTT跡地利用が肝になります。頑張ってください。

 

ココから蔵六

{C}    笛吹市と聞くと、蔵六は山下市長に聞きたくなる・・それは、山梨県議会が流会になった時の500万円余りの税金の無駄遣いを議員が負担する事になっているが、その時、県議会議員だった山下市長は、その責務を果たしているのかという・事です。

 

{C}    ワイン産業には大きな税金が使われています。ジュエリー業界にも大きな税金が使われています。ジャパンプロジェクトの国策で9000万円余りの税金が使われています。その他いろいろ合わせるとどの位の税金が使われているのでしょうか?? 知りたいところでもあります。使われた税金に見合う、成果を期待します。そういえば、銚子市、千葉科学大学とかを誘致して、77億円もの税金を市が出し、毎年2億円の赤字をしているという話を聞きました・・・今、問題の、獣医学校と同じ根っ子の学校です。税金の無駄遣い・・・行政改革・・・政治家改革・・公務員改革・・をすれば・・どのくらいのお金が出てくるのか・・・想像もつきません。

 

詳しくはこちらをクリック

6月3日 http://zouroku.com/14837643754934

 

匿名投稿

 

テーマ:子育て相談数

 

■甲府市が昨年4月に開設した子供や家庭に関する相談センター「おひさま」の相談件数が3458件に達し15年度の2.1倍に増加したそうです。子育てを一番の政策目標に置く市長と市の担当者の「ドヤ顔」が目に浮かびます。

 

ところが新聞記事をよく読むと、相談の内容の1位は「家庭環境の変化から養育が困難になった」というものが大半で1442件です。そのほかには子供の疾患の相談が262件、しつけなどの育成相談はそのうちのわずか178件しかありませんでした。

 

相談の大半を占める「家庭環境の変化」とは、つまり「離婚」や「貧困」です。離婚をして母親が子供を引き取ると収入が激減し養育費の負担がずっしりと重くのしかかります。そういった人に対し何か手当はないか、あるいは生活保護を受けられないかという相談なのでしょう。子育ては教育費を含め両親に大変な負担がかかりますが、経済問題に関して役所は手助けのしようがありません。相談の中の電話によるものが2095件あったが実際に市役所に相談に行った人が1249件にとどまったのは、電話段階ですでに行っても無駄ということがわかったからでしょう。

 

市長のように「子育て支援に力を入れたい」というのなら、思い切った予算を計上し母子家庭、あるいは貧困家庭の経済的援助を公費で行うべきでしょう。それができなければ「子育て支援に全力を挙げる」などと軽々しく言うべきではありません。授乳がどうとか、おしめがどうとかの問題はわざわざ役所の窓口に行って相談しなくてもネットに全部書いてあります。子育て問題は、子育ての技術的な問題ではなく経済的な問題であることを認識しなければ、本当の支援にはなりません。そこのところを勘違いすると、ただの「相談しただけ」の子育て支援に終わり、何の解決にもなりません。「ハイハイそうですか、お金が足りない。たいへんですね~」で終わってしまうわけです。「相談件数が倍増した」と胸を張っている場合ではありません。

 

現在子供の6人に1人が貧困と言われている日本。その中でもシングルマザーの家庭は最も悲惨です。子供の貧困率は2014年のOECD加盟国調査では日本は34か国中25位の15.7%、そしてひとり親世帯の貧困率は50.8%と最下位でした。

親も大変ですが、なによりその家庭に生まれた子供が何の罪もないのに日々の生活に悩みと不安を抱えている現状を何とかしなければなりません。ホントの子育て支援というのは、こういう家庭の子供を支援することなのです。

 

ココから蔵六

{C}    投稿者のように、市の発表をいろいろな観点からとらえる必要があると思いました。こういった問題はマスコミの皆さんが鋭く追及する姿勢が欲しいなとおもいます。能力的にどうなんだろうとも思います。

 

{C}    蔵六の老人生活の十分の一を、子供の貧困に何か行動を起こしたいと考えています。そのスタートとして、蔵六の店(JAZZ BAR BASIE)では、入場料を7月よりいただきます。一人500円です。飲み代は、今まで通り、ビール、ハイボール、ソフトドリンク、1っ杯でも、2杯でも1000円。この500円は貧困問題に使います。よろしくご理解おねがいします。

 

ぶつぶつ

 

詳しくはこちらをクリック

6月1日 http://zouroku.com/14443560838897

(ボランテァセンター問題・・岡さん泣いていると思う)

 

今日は問い合わせに匿名者より返答がありました。

 

 

■今回 いくつかのご質問をお願いいたします。

 人材不足? それには将来性のある東京並みの給料の企業があれば? 本社企業移転? それにはネット通販?アマゾン?

 今 若者の地方への移住が増えていると聞きます。なぜか?

  ある情報によると、山梨県で年収500万円の生活するには、首都圏だと1000万円以上の収入がないと無理なのだそうです。
 確かに、都内で一戸建てマイカー2台をお持ちの方の年収を聞いてみたい気がします。
 また、埼玉県で高校生 大学生子供2人を育てるのは厳しい その大学生の学費の穴埋めが奨学金という記事も読みました
Q.山梨で暮らす上で給料は、東京並みに必要なのでしょうか?

 シャープや東芝などは成長企業?
Q.成長企業とはどんな企業なのでしょうか?
  県内には、魅力的で堅実な 中小企業が沢山あるはずです、そのPRを学生たちにしては?
  給料は、首都圏と比べれば低いかもしれませんが、生活は豊かなのでは?ライフワークバランスは?

Q.ネット通販やアマゾンと 昭和町にある大きなモールのお金の流れはどこが違うのでしょうか?
  ネット通販が来ると 商店街は潤うのでしょうか?山梨のスーパーや百貨店や小売業は潤うのでしょうか?
  地場産品のみを通販してくれれば 潤うとは思いますが、少しの雇用のためにネット通販の城下町になるのはいかがなものでしょう?
 この間 商店街の文房具屋さんで万年筆を新調しました 手に合うものを選んで私用に調整してもらいました
ネット通販では絶対無理だと思うのですが

 結局 我々は、旧泰然とした価値観でしかものをみていないのではないでしょうか?
 中心商店街の活性化について若者が集まって・・・
 時に彼らの考え方・行動は、古い人間には眉を顰めることもしばしば 
しかし、その新しい考えが成熟期を終えて衰退期に移行した日本には必要なのかもしれません

 申し訳ございません 勝手な感想でした 。m(__)m

 

 

■いくつかの質問に対する回答です。

山梨県の「県民総生産額」は全国41位で31千億円あります。

で、山梨県の「県民所得」は24千億円です。

 

その差額の7千億円はいったい何なんでしょうか?

 

2つの統計をよく見ると「県民総生産額」の定義は県内すべての事業所の生産額。

「県民所得」は県内に居住する人の生産額ということになっています。

ですから「県民所得」には、本社が県外にあるイオンやラザウォークやヤマダ電機やジョナサンやアオキの売り上げは含まれていません。これらの企業の売り上げは、パートとして非正規で雇用されている県民に時給900円が支払われる以外は山梨県には何の恩恵もありません。

 

これが山梨県の貧しさの根本原因です。さらに県民所得には「ファナック」という「山梨県にはあるが、山梨県と関係を持たない巨大企業」の売り上げが加算されていますから、それを差し引くと、おそらく山梨県は沖縄以上に貧しい国内最貧県の一つになります。

 

じゃどうしたらいいんだと言ったら、結論は明らかで「自前の企業」をもっとたくさんつくり、育てるしかありません。そのためにはまず「そういう考えを持った知事を選挙で選ぶことです」。そのうえで「最大限の投資効果が生かせる産業」に県を挙げて投資することです。つまり「成長産業」への投資です。それではどんな成長産業に期待したらよいのかというと、福祉・医療関係はもう少しで団塊の世代が消えますので、残念ながら未来は長くありません。自動車産業や重工業産業などは港がないので不可能です。けっきょく山梨県という立地条件の中で現在すごい勢いで成長している産業を探すということになると「EC=電子商取引(ネット通販)」ということになります。もちろんアマゾンを連れてきても何の意味もありません。自前のEC企業の創出です。これを知事を先頭に県民挙げて応援するのです。

 

ネット通販はここ10年で全商取引の5%を占めるまでに成長しました。アメリカは8%、中国は15%ですから、日本は今の倍ぐらいまでは「伸びしろ」があると考えられています。まさに成長産業の花形です。それでも本当に良いものやコアな商品を探すのは確かに難しく、私も東京の専門店に行くこともありますが、「同じ商品で安くてしかも配達してくれるのならネットで買おう」という消費者志向はこれからも増えていくでしょう。

 

とにかく山梨県は優秀な指導者の下で最貧県を脱し全体の県民純所得を上げることを目標にすべきです。そうなれば商店街の問題などオノズと解決します。

 

ココから蔵六

{C}    私の関わる印章業界・・業界に係わった40年間で、業界を変えるほどの影響力は、すべて、アウトサイダーと言われる人達でした。日本の国を変える影響力も外圧です。日本人は中から革命は出来ないのです。いわゆる村社会というものです。役所なんかいい例です。村の掟、役所の掟、権力を手放したくないのだと思います。ソフトバンク、ユニクロ、ヤマト・・・本当に例外です。さあ、蔵六ドットコムで議論しょう!!

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

5月31日  http://zouroku.com/518143625

(甲府市議会議員の皆様へ)

 

匿名投稿 テーマ:民主主義と共産主義

 

■世界にはアメリカのような「民主主義」の国と中国のような「共産主義」の国があります。きれいごとは抜きにすると、民主主義というのは、民主とは言いながら主人は資本家で、共産主義国家は共産とは言いながら実際の統治者は共産党の幹部です。どちらも掲げている理想と実際は全然別で、しかも貧富の格差があることは共通しています。

 

困るのは、革命と称して、民主主義国家を共産主義に変えようとするヤカラが世界中にいることです。自分の国の中でだけやっていてくれればよいのですが、特に中国という国は共産主義をせっせと輸出しようとします。以前のソ連もそうでした。北朝鮮は共産主義からは大きく逸脱してしまいましたが、やはり主義主張の輸出には熱心です。

 

戦後の日本で共産主義者は労働組合の組織に潜り込みました。また日教組という教育者の団体や新聞、テレビ局などのマスコミ業界にも潜んでいます。もともとこの二つの思想は理想とする国家観がまるで違うものですから、衝突したときには議論の余地も歩み寄りの姿勢もありません。注意深く見ていれば、基本的に現在の日本の存在そのものを否定している人達ですから、誰が日本の体制を嫌っているのかはすぐわかります。

 

戦争反対は世界共通の願いです。彼らはそういう何者も侵し難い美称を利用して巧妙に日本の防衛力を削ごうとします。日本を丸裸にして北のミサイルに怯える国にしようとしているわけです。平和主義者の淀君を脅かして大阪城の外堀を埋めてしまった徳川のやり方のようなものです。

 

「国を守るための戦力を持たないなんておかしいじゃないか」と言って憲法を改正しようとしているのが安部さんで、何が何でも反対というのが共産党や民進の中に潜んでいる「今の日本の体制が嫌い」という人たちです。世界の流れは防衛力を強化して戦争を抑止するというものですが、自衛隊を強化すると戦争になると言ってきたのが共産主義を信奉している人達です。

 

北朝鮮はバンバンミサイルを打ちまくっています。中国は南沙諸島でやりたい放題をやっています。インドネシアのジャカルタでは24日テロが相次ぎ2人が亡くなりました。フィリピンでも24日ミンダナオに戒厳令が敷かれています。自分の国を守る戦力を持つことに反対と言っている人達の気がしれません。そんなことを言っていたから北朝鮮に脅かされるような国になってしまったのです。平和は与えられるものではなく、勝ち取るものであることは歴史が証明しています。国民の一人一人が「平和」、「戦争反対」の心地よい言葉に丸め込まれないことです。

 

 

ココから蔵六

{C}    昨年、近代現代史の勉強会を立ち上げ、8回の講座をやった。今年は、大学の日本史という本を買い、昨日より明治時代に入った。明治という時代はすごいなと思う。江戸時代とは全く違う政治体制を作り上げた、発想力(西洋のものまねも含むが)、行動力・・20代の若者・・明治時代の息吹が・・今の、日本、山梨、甲府に欲しいな・・

江戸時代は士農工商で商の蔵六の地位は最低レベル、明治時代は平民で同じく最低レベルという事になる・・いつの時代も権力に対してどう立ち向かうか・・蔵六の立ち位置である。

 

{C}    前回の開府500年の歴史の勉強会について、対象は年寄りと昼間時間のある主婦??という問題提起を書いた。市長と役人のずれについても書いた。その意図は、市長の一番の政策の柱は『子供』と聞く。だから、開府500年で、ツナグという事の意味は??・・子供たちが甲府を知る・故郷を知る、500年事業後も、その基本理念が形として残る・そんな仕組みつくりが必要なのではないかという蔵六の意見である。不足分を補足しておく。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

5月29日 http://zouroku.com/14837643754934

 

匿名投稿・・観光!!

 

■観光は裾野の広い産業です。観光客は交通費を使い、ガソリンを入れ、おいしいものを食べ、ホテル・旅館に泊まり、お土産を買い、名所旧跡を訪ね、そのつど気前よくお金を使ってくれます。

 

首都圏に住む人が「今度の日曜日、家族でどこへ行こうか」って考えるとき、まず頭に浮かぶのは「見るもの」「食べるもの」「往復の交通の便」でしょう。その中でも「美味しいもの」は目的地選択の最大の要素です。旅行雑誌やネットの観光地紹介でも、食べ物の写真がズラーっと並んでいます。

 

山梨県には昨年3204万人の観光客が訪れ、3千億円のお金を落としていってくれました。この観光客を増やそうと県もこれから力を入れて行くと言っています。その際にひとつ考えねばならないのは、客観的に、あるいは県外からきた人の意見などを総合すると、山梨はけっして「食文化の高い県」とは言い難く、県民が「おいしい」と信じている味は、観光客には必ずしも「受けいれられていない」ということです。

 

その筆頭が2010B-1グランプリで優勝した「鳥もつ煮」でしょう。「これほど好き嫌いがありそうなものがグランプリを取るとは思わなかった。」「好き嫌いどころか、一切食べられませんって人も多そうなのに。」「旅先で食ったが、まずかった。店が悪かったのか?」「県民だけど美味いと思わない」とか、その評価は真っ二つに分かれています。というよりサンザンです。「不味い」と感じた人は時として周囲に悪評を撒き散らしますから、「もしかして、鳥もつ煮がかえって観光客を減らしているのでは?」と心配になります。

 

評価が分かれる名物と言えば「吉田のうどん」もその一つでしょう。日本最強と言っても良いほど異常に固い吉田のうどんは、私の周りでは賛否両論です。

 

そのほかにも、山梨の名物と言えばまず頭に浮かぶのは「ほうとう」ですが、これはまあ、嫌いという人は少ないが、単なる「味噌煮込みうどん」ですから、それを食べるためにわざわざ山梨へ行こうと考える人も少ないでしょう。少なくともグルメというほどのものではありません。

 

結局結論的には、いま山梨には「それを食べるためにわざわざ行ってみよう」という決定的なグルメが存在しないということになります。せっかくの大自然という一級の観光資源と首都圏から日帰り可能という地の利がありながら、これという「味の名物」が無いのは、観光山梨にとって最大の弱点です。早急に何とかしなければなりません。

 

 

ココから蔵六

    毎月28日は、組長会議がある。蔵六は会社関係も含め、4カ所で会費を払っている。住んでいる屋形の8組は12の世帯が参加している。今日の朝、広報を配ってきた。その広報誌の中に、甲府市の歴史を勉強する案内があった。2点について蔵六は文句をいいたい。一つは、講義の時間帯である。一時半から3時まで、誰に聞かせたいの?誰の為の講座なの? である。退職した老人か、暇な(すみません)主婦位しか参加できない。夜やれよ!!と言いたい。もうひとつは、甲府市を知る勉強会が、なぜ、開府500年とつながっていないの・・という事である。昨日、裏千家の山梨青年部の50周年記念の会が冨士屋ホテルで開催された。蔵六は第7代の青年部長でもあり、招待を受けた。その時の来賓の樋口市長は熱く開府500年を語った。記念誌の挨拶も500年であった。甲府市長と現場役人の、認識の違い・・これを感じた。まだ間に合う!!役人の頭の中に開府500年の植え付け運動を甲府市役所はする事を考えて欲しい!!

 

    過日友人から、山梨で、食(その店によりこだわりがいろいろある、そういう店だと思うが)に関心のある店が有ったら紹介して欲しい・・という話があった。その友人はワインをつくっている。食とワインで山梨の観光政策を何か考えてみてはどうだろうか? いろいろな分野・・和食・イタリアン・フレンチ・中華等々(いろいろあると思うが)・・・の職人にワインと合う料理コンテストをしたらどうだろうか!!やり方は、専門家と役人に任すが、その上位店を、観光政策にする事も面白いと思うが、こんな事とっくにやっているかな。料理職人を売り出すには面白いと思うが・・

 

ブツブツ

5月26日 http://zouroku.com/(税金の無駄遣を追求するサイトです。国政・県政・市政へのオピニオンお寄せください)

 

匿名投稿です。

 

 

■市長や役人はことあるごとに「市政に対するご意見、提案がありましたら遠慮なくどんどん言ってきてください。」と言いますが、「民間並みと言いながら民間以上になってしまった給料は高すぎるじゃないですか。」なんていうと、とたんに機嫌が悪くなります。

 

どうやら市長や役人の「なんでも言ってきてください」という言葉の本当の意味は「(当たり障りのないことなら)何でも言ってください」ということのようです。日本はかつてのソ連や今の中国と違って民主主義の国ですから、ご主人様は国民ということになっていて、市議会議員を選挙で選んで「国民主権」の政治をやっているかどうかをチェックしているわけです。

 

しかし戦後70年もたつと、市民の意見を代表しているはずの市議会議員が巧妙に市長や役人に取り込まれ、給料面だけを見てもどんどん役人と市民がカイリしていって、とても「市民に仕える役人」の体をなしていません。それもこれも市政をチェックすべき立場にある市議会議員がしっかりしていないのが原因なのですが、「それなら俺がこの市議会議員を叱咤激励しよう」と蔵六さんは立ち上がったわけです。

 

共産党は何でも反対するのが党是なので、共産党が反対しても「またやってる」程度しか思われません。そこで共産党以外の市議会議員がしっかりと意見を言わなければならないわけですが、役人はあの手この手で「当たり障りのない意見」を求めようとします。で、あんまり役人に楯突くと陳情は受けない、質問には協力しないとか「陰険なしっぺ返し」が待っていますから、市議会では共産党を除く全員が「借りてきた猫」状態になるわけです。

 

こんなことを戦後70年延々とやってきて、それでも好景気に沸いているうちは良かったのですが、働く人の4割が非正規労働者で、大半の市民の年収が市役所職員より下になってしまいました。それでも税金は取られ、その税金を見るからに無駄に使っているわけですから、善良な一般市民の不満は高まるばかりです。

 

一昔前はお上に楯突くなんて大変なことでしたが、今ではSNSが発達し、フェイスブックなどをつかって個人が市政に対し簡単に意見が言える時代になりました。それでも2チャンネルのような場で何を言っても信用されませんが、蔵六さんのような社会的地位のある人の意見は、ある程度世論を喚起できるようになったのです。

こうなると、行政側は「ただ単に面倒な人を毛嫌い」するだけでは済まなくなります。ある程度襟を正さなければなりません。ま、そうは言っても簡単に崩れるような役人天国の牙城ではないと思いますが、一市民としては「フガイナイ市議会議員」より蔵六さんの活躍に大いに期待をしているわけです。

 

ココから蔵六

{C}    蔵六は上記のような・・立ち上がった・・なんて大層な表現ではありませんが・・65才からのまちづくり(故郷甲府)思いと、人生後半の生き方と、時代を背負う若い人達へ夢をと、老の今をどう生きるか、老の後(老人がいなくなってから)のまち・・・等々の事で単純に行動しているだけの話です。もちろん、自分が楽しくもあります。

 

{C}    12月議会の議事録を読んで、また、蔵六の市政への問題点等を、書いた。恒例の市議会議員の皆様への手紙を今週中に送る事にした。内容は、近いうちにフエイスでご案内するつもりです。しかし、これ2年間続けてきましたが、結構大変である事、2年後に選挙がある事を考えて止める事にしました。といっても、市議会議事録を読んでは、サイトにて蔵六の思ったままを書いて公開していくつもりです。市会議員の皆様へも意見を言っていこうとは思いますが、市民の皆様に直接伝える方向に転換をしていこうと思います。

 

ブツブツ

甲府市政・・詳しくはこちらをクリック

5月17日 http://zouroku.com/14247610660202

匿名投稿。蔵六は国政へのオピニオンも待っています。

 

テーマ:喫煙マナー

 

 

 

■喫煙可のベイシーさんでは掲載しづらいでしょうが、市民の声と思って聞いてください。道を歩きながら紙くずをポイ捨てするのはマナー違反ですよね。普通の常識を持った人ならそんなことはしません。紙くずをそこら中に捨てると、街が汚れ大半の人が不快になるからです。じつは屋内でタバコを吸っている人も同じようなことをやっているわけです。そんなことをしていて心が痛まないのでしょうか。

 

オリンピック開催を控え日本では飲食店を禁煙にしようという機運が高まっていますが、自民党たばこ議連のおじさんたちは「建物内を禁煙にしたら小さな飲食店はみんな潰れてしまう」と反対しています。一番大きな声で反対しているのが居酒屋ワタミの創業者なので説得力があります。

 

しかしこの主張はすでに飲食店の喫煙を禁止した各国の結果を見ると「大間違い」だということがわかります。「飲食店でタバコが吸えなくなったことで、ロンドンには潰れるパブが続出しています!」とか「パリで禁煙に反対するカフェ経営者のデモ隊が警官隊と衝突しました!」なんて海外ニュースは出てきません。ほとんどの国で大きな社会混乱を引き起こすことなく「飲食店全面禁煙」へと移行しているのです。それどころかイタリアではバーとレストランを禁煙にした結果、売り上げが20%も増加しました。

 

いまや国民の8割がタバコを吸わず、喫煙者が20パーセントを切った日本でも、むしろ禁煙にしたほうが客が増えるでしょう。今まで居酒屋を敬遠していた人も行くようになるからです。お寿司屋さんが回転寿司に負けたのは、値段もありますが禁煙効果もかなり影響しているはずです。簡単な話、寿司やラーメンを食べているときに、隣でタバコをプカプカやられたら味が台無しになるわけで、タバコを吸う人でさえ、自分が食べているときには隣で吸ってほしくないと考えるでしょう。

 

オリンピック開催国は2010年に国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)が「たばこのない五輪」の推進で合意しましたが、批准しなかったのは日本だけでした。自民党たばこ議連の反対があったからです。全国たばこ販売政治連盟と、全国たばこ耕作者政治連盟から、たばこ規制に反対する議員には6年間で1億円以上の献金が流れています。厚労省は昨年9月、15年ぶりに「たばこ白書」を公表し、肺がんや虚血性心疾患、脳卒中などと受動喫煙との因果関係を「確実」と位置づけました。同省研究班は受動喫煙が原因で死亡する人は国内で年約1万5千人と推計しています。これは交通事故死者の4倍にもなります。厚労省時代に禁煙法を主張した小池都知事は国がやらないなら東京都は条例でやろうと言っています。大賛成です。条例でできるのなら山梨県もやりましょう。禁煙条例制定を次の知事選の争点にしたらどうでしょうか。8割の県民が禁煙派の知事に投票します!

 

ココから蔵六

{C}    蔵六はどんな小さな店でも禁煙を支持します。店の外に喫煙場所・・灰皿・・を用意します。政府で決めてもらえばありがたいですが・・・・・甲府の街は火が消えたような街になってきました。連休でお金を使い過ぎたようです。過日、すし屋で、若い女の子が電子煙草を吸っていました。女子の煙草は美しく吸って欲しいなと思う蔵六です。甲府市はたばこ税収入・・14億円と聞いています。君はどっちを選択する??かな??

 

 

ブツブツ

 

 

詳しくはこちらをクリック

5月15日  http://zouroku.com/14247612861961

匿名投稿です。

 

テーマ:人材が逃げ出す。

 

2016年に本社機能を県外に移転した企業は16社で過去最多を記録したそうです。つまり山梨県から「逃げ出している」企業の数が県の努力にもかかわらずマスマス加速しているってことなんです。なんか悲しいですね。あ~あ・・・山梨県はこれからどうなるんでしょうか。

 

企業が山梨県から逃げ出す原因は結構ハッキリしています。人手不足、というより人材不足。求める人材が集まらない、優秀な人材が集まらなければ企業の発展は望めません。それではどうして優秀な人材が山梨県には居ないのかと言うと、(これもハッキリしていますが)子供たちが東京の大学に行ったっきり帰ってこないからです。私の知り合いの息子さんや娘さん達の多くは、優秀であればあるほど卒業したら帰ってきていません。深刻です。これは山梨県にとって大変深刻な問題です。

 

で、解決方法は極めて単純です。誰だって生まれ育ったところで人生を送りたいと思うものですから、将来性のある、全国平均並みの給料が保証された働きたくなるような成長企業さえあれば、優秀な人材が必ず帰ってきます。

 

山梨県という、港も空港もない立地条件の中でも全国を相手に成り立つ成長産業を探して、思い切った好条件を示し、本社ごと山梨県に誘致するのです。

 

そんな企業があると思いますか。ところがあるんです! イー・コマース、つまりネット通販企業です。現在日本のEC(イー・コマース)取引は年々10パーセント以上の成長を続け、いまや全商品取引量の5パーセントを占めています。アメリカは8パーセント、中国は15パーセントの商品がネットで取引されています。

 

ネット販売が増えていくと、その分スーパーやモール、デパートの売り上げが減っていきます。実際にアメリカでは全米に展開するモールがどんどんつぶれ廃墟になっています。イー・コマース企業は実店舗の売り上げを食いつぶしながら成長を続けるモンスターのようなものです。しかしこれが時代の流れであることも現実です。モールやスーパー業界には残念なことですが、近い将来確実にこの波は山梨県にも押し寄せてきます。

 

イー・コマース企業の誘致は、これからの地方都市が生き残るための唯一の選択肢と言っても良いでしょう。山梨県をぺんぺん草の生えるゴーストタウンにしたくなかったら、全国に先駆けて、山梨県を、金融界のケイマン諸島を手本に「夢のようなEC企業先進地」にすることです。「山梨に本社を移せばいろいろな面でムチャクチャ優遇します」と呼びかけるのです。山梨を豊かにするひとつの方法です。

 

ココから蔵六

    通販のニッセンという会社がある。カタログ販売を主力でやってきたが、ネットに負けた企業である。そういえば、本屋やコンビニに行くと無料で置いてあったのがこのカタログであった(今は姿かたちもない)。今は、セブンイレブンの子会社と聞く。この会社、カタログを年間数億冊印刷していたと聞く。今年から。3000万冊にするらしい。この事実が、上記問題を正当化している。このカタログの印刷会社の事を心配してしまう。同時に、この会社と取引をしている会社はかなり淘汰されると予想する。ネットに資本を集中させる流れである。この流れを取り入れようが投稿者の意見かも知れない。県議会議員の中にもこんな考えを持っている人がいたと記憶する。

 

    さて、山梨県がEC事業に本格的に取り組むには、そのビジョンが必要になる。いままで、そんな発想がないところを鑑みると、今の、県庁の人材では無理という事になる。そんなことを考えていたら、蔵六の頭にアマゾンの物流基地を誘致したらどうだろうかなんて案が突然浮かんできた・・・蔵六の考えを聞きくくる事もいいと思うが??山梨には物流に必要なロボット・・ファナックがある。

 

    さて、蔵六さんはここ4日間、腰を痛め、行動ができない状態であった。一部の友人の皆様にはご心配をおかけして申し訳なく思っています。今日はBARの営業が出来ると思う。

 

ブツブツ

噴水問題

5月10日 http://zouroku.com/14349475161458

 

 

観光客2割アップ計画  匿名投稿です。

 

■小さくて、人口が少なくて、大企業がなくって、そのうえ港も空港もなく、足の引っ張り合いが大好きという負の条件にはこと欠かない山梨県で、手っ取り早く県民がそろって豊かになるには、どんな手があるのでしょうか。

 

大企業の誘致は、数人の東京本社から来た正社員に地元民が非正規でコキ使われる結果に終わるだけだということが身にしみました。農業振興も生産性向上でたとえ生産額を10パーセント上げても県の経済にはスズメの涙ほどの効果しか期待できません。今から人を育て地場企業の育成といっても何十年もかかる話です。

 

そういう消去法で考えると、山梨県が手っ取り早く豊かになるのにはやはり「観光」でしょう。2015年山梨県には実数で3千万人の人の観光客が訪れ、13百万人が県内に宿泊しました。観光消費額はナント4千億円、一人当たりの平均消費額は12千円にのぼりました。山梨県にとって観光は宝の山です。

 

この観光収入を20パーセント上げるだけで80万県民一人当たり100万円のお金が手に入ります。ま、直接手にできるわけではありませんが、それだけのお金が県内をグルグル回り、その分だけ確実に景気が良くなるわけです。

 

山梨県には富士山、南アルプス連峰、八ヶ岳高原と国内屈指の大自然があり、何と言っても戦国武将コンテストで常に上位を占める武田信玄公の生まれ故郷です。しかもぶどう・もも・ワインは日本一ですし、そこら中に温泉が湧いています。これで勝てないはずがありません。

 

これらの自然・文化資産を活用して観光客を増やすことを考えれば、たちまち豊かな山梨県に生まれ変わることができるはずです。そのためのアイデアを豊富に持っている観光のプロフェッショナルを日本中から探し出し、えっ!と思うほどの高給を払って山梨に来てもらい、県観光課の中に「観光客2割アッププロジェクトチーム」をつくり、この計画に思いっきり予算をつけるのです。

 

どうでしょう、次の知事さん。県民もきっと応援するはずです。いろんな業界にいろんな補助金をばらまくよりヨホド夢のある話だと思いませんか。

 

ココから蔵六

{C}    連休明けの夜の(昼間もですが)甲府中心街は火の消えた様相です。大型連休にお金を使い果たした庶民の財布は空になりました。それにしても、夜の街が好きな男達はどうしたのでしょうか。甲府駅北口のパチンコ屋、10時開店前の行列も少なめに感じました。この連休山梨に来た観光客はどうなのか気になります。

 

ブツブツ

58日 http://zouroku.com/14410828243421

 

蔵六ドットコム 連休明け行動開始です。

 

 

■サンニチ新聞に「農の風景」が連載され、県外企業による農業参入が紹介されていますが、農業まで黒船(県外企業)進出を許す時代がすぐそこまで来ています。車で道を走れば衣食住の店舗のほとんどが県外から来たチェーン店に占められ、山梨県の地場商店はみんなどこへ消えてしまいました。これらの商店、企業に時給900円、年収200万円で雇用されているいわゆる「非正規雇用山梨県人」は、いよいよ自分たちのケツに火が付くようになるまで安穏として、危機感を持とうとしません。

 

そんなヒサンな境遇を変えられるかもしれない2年前の大事な「選挙」の時も、政権を取ってから33カ月の間さんざん国民を振り回した民主党出身の知事を、何も考えず選んでしまうというノンキでお人よしの県民性です。

 

ところで3兆円の県民総生産の中で農業生産額はタッタノ900億円しかありません。日本一のブドウや桃の生産額はそのうちの500億円だけです。県はこの果実の輸出を奨励するために後藤知事自らタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアへ出かけトップセールスを行い、昨年は県産果実の輸出額が6億円を突破したと鼻タカダカでしたが、前年比5千万円ほどの成果を上げるために、これらの国をまわる知事自らのトップセールスにどれだけの費用をかけたのでしょうか。この出張費用の明細をぜひ知りたいと思います。

 

そんなことより、いま県が力を入れなければならないのは、地元企業の育成、新成長産業の地元資本による起業です。一日も早く東京の大学に進学した若者に、安定した勤務先を提供する施策を展開しなければなりません。そして私たちはそういう仕事ができる知事を選出しなければなりません。だから選挙が大事なのです。

 

 

ココから蔵六

{C}    長い休みが終わりました。時が物事の解決をしてくれる事をしみじみ感じています。長い休みどうしようか??なんて、悩みも解決しました。どんなに金があり、名声があっても、人は死んでいきます。その歴史に残る人物はわずかです。何かに悩んでいても、時間が解決してくれます。しかし、それは自己責任という範囲に限られると思います。世の中で責任ある立場の人、例えば知事、知事は山梨の未来に責任を負っています。4年で区切れる県政なんて発想でやってほしくないと蔵六は思うわけです。こんな五月連休でした。父と母の墓参り、考古学博物館、孫と徳べい(回転すし)、自治会費の集金、こんな連休でした。

ブツブツ

52日  http://zouroku.com/14410828243421

 

匿名投稿です。

 

山梨県の将来人口、100万人構想の概略が見えてきた。

 

 

■人口100万人構想についての県の考え方が見えてきたので紹介しましょう。

国は「国立社会保障・人口問題研究所」の推計で、2060年の山梨県の人口は出生率1.37で計算して50万人になると言っています。

それなのに後藤県政は「いやいや出生率を1.87に上げて2060年には75万人にできるはずだ」と言うのです。(出典=山梨県まち・ひと・しごと創生人口ビジョン)

 

その根拠は?というと、 それは県内の未婚者・既婚者6000人に県が実施したアンケートで「そのくらい子供が欲しい」と言っているからだというのです。だから山梨県の人口は2060年には75万人になるはずだというのですが、オイオイ、それって希望でしょ。「あなたは将来どれだけのお金を貯めたいですか?」と聞かれれば、3千万円とか5千万円とかみんな答えるでしょう。それと同じやり方で出た数字をそのまま将来の人口推計にするなんて、これは統計でも何でもなくて、ただの夢物語です。もうすでにこの辺から統計学を外れ、メルヘンの世界に突入しているわけですが、もう少し我慢して聞いてください。

 

さてそこで、後藤県政が無理やりひねり出した75万人という数字でもまだ100万人には届かないわけですが、ここから公約の100万人にもっていくために「リンケージ人口を定住人口にくわえる」という日本中の都道府県がどこも考え付かなかった奇抜な方法を採用しました。

 

このリンケージ人口なるものは、簡単に言うと①別荘人口と②県出身者の帰省と③宿泊観光客数を75万人に加えるというのですが、おもしろいのは山梨県を訪れる観光客をそのまま加えると何千万人という数字になってしまうので、宿泊者数×訪問頻度が年1 回以上の割合×宿泊者1 人当たり消費額÷定住人口1 人当たり年間消費額・・・という複雑な計算式で観光客数を無理やり削って2060年には212千人と推定していることです。もうこうなると都合の良い数字を得るための机上の数字いじりとしか思えません。

 

でもね、後藤さん。100万人構想というのは、県の人口を100万人にして、そこからダイナミックな活力を生み出していくという、あなたの「ダイナミックやまなし構想」の基本中の基本でしょ。今から40年も先の2060年にやっとそれを実現したとして、どうなるんですか。あなたも私もとっくにお墓の中ですよ。ダイナミックやまなし構想がそんな先のものだったなんて知っていたら、誰もあなたに投票しませんでしたよ。

 

まったくひどい話です。言いたくはありませんが、後藤さんの公約って、ほとんどフーテンの寅さんのマガイ物を売るための口上みたいなものだったんですね。そんなわれらが知事さんは、もう公約のことなんかすっかり忘れたみたいで、残された二年間を再選のための後援会づくりにマイシンされているようです。以って瞑すべきとはこのことでしょうか。

 

ココから蔵六

    蔵六は明日から、五連休に入ります。BAR BASIEは、 米酔と名称を変え、2345日と営業します。特に、正の木祭り日は、昼から営業・・楽しい酒を飲みませんか!! 2000円持ってご来店ください。

 

    さて、後藤知事、人口が減る事を前提とした、政策転換が必要なのに、なぜ、100万人に、こだわるのでしょうか??? 2期目を考えるのなら、頭の切り替えをした方が良いと思います。そして、民進党カラーを消す事です。故郷で働きたい若者の為に、何をなすべきなのでしょうか??チマチマした政策もやらないより、やった方がいいのすが、これしかしていない事にがっかりします。県庁の頭のいい役人達は何を考えているのでしょうか? 

 

ブツブツ

5月1日 

 

 

■忍野村へ行くと広大な敷地の林の中に黄色の巨大な工場が延々と続いていて、これがファナックという世界に知られた超優良企業です。世界4大ロボットメーカーの一つであるファナックは工作用CNC装置(車なんかをつくるでっかい腕のロボット)では世界首位、国内7割のシェアを持ち、2015年の売上高は73百億円もありました。この会社は技術流出を恐れ忍野村の本社工場でほぼ全量を生産していますから、売り上げはゼンブ山梨県の総生産額に入っているわけです。

 

ところで全国の都道府県のなかで、山梨県の面積は下から16番目、人口は下から7番目、名目県内総生産額は31千億円で下から6番目です。そのうちの73百億円がファナックの売り上げですから、ファナックという会社は実に山梨県の総生産額の23%を占める巨大企業です。ちなみに2015年の県別総生産額からフォナックの売り上げを差し引くと237百億円になり、(驚いたことに)山梨県の経済規模は全国最下位ということになってしまいます。

 

これだけの規模の会社が忍野村の林の中にひっそりとありながら、山梨県にはほとんど関係がありません。県内から社員を募集しているわけでもなく、下請け企業もほとんどありません。つまり経済規模が下から何番目の小さな山梨県に、ファナックの総売り上げを県内総生産に組み込むと、ファナックの企業規模があまりにも大きすぎ、すべての経済指標・統計が実態を表さなくなってしまうわけです。

 

人口が下から7番目で、県内総生産が下から6番目だからマアマア良いか・・ではなくて、山梨県はもっと頑張らなければいけないのです。人口に比して日本一生産効率の悪い山梨県は、これから地元で正社員を雇用し下請けのすそ野が広い成長産業をどんどん取り込む施策を展開していかなければならないのに、現在の知事は就任2年目で(あんまり)具体的な成果を上げられないまま、県政はそっちのけで自分の再選を目指す後援会づくりに血道をあげているわけです。(と、見えるんですが・・・)こんな自分のことしか考えない知事が山梨県を豊かにしてくれると思えますか。

 

鳥取や島根や高知と違い、山梨県は首都圏という立地に恵まれながら、すべての経済指標が下から何番目という情けない状態が何十年も続いています。ファナックの売り上げを除けば、ほぼ全国最低です。この原因を一言で言うならば無能な政治・経済の指導者・かじ取り役が何代も続いたということです。そのためには知事にあと2年を全力で頑張ってもらいたいのですが、就任二年目にして早くも再選のための後援会づくりに全精力を傾けているようなこの人って、もう少し何とかなりませんかね。

 

ココから蔵六

{C}    新緑の5月に入りました。蔵六は相川地区、峯元自治会に所属しています。428日の総会、組長会議に出席してきました。まあ、自慢じゃありませんが、ゴミは出さない、分別はわからない、葬式以外殆どかかわりがない、こんな人間が街づくりもおかしいと思うわけですが、いろいろの経験の中で、できる事をやる事でお許しくださいませ。蔵六自治会だよりもサイトに開設し、自治会問題もテーマの一つに取り上げたいと思います。甲府市内では改革をしている自治会もあると聞きます【役員の成り手がなく】。自治会とは何? です。市は、防災で各自治会と2年かけて話をするという事も聞きます。公助、共助、協働・・等々・・市民を巻き込む言葉がチラつきます。

 

{C}    会費の集金は、組町費(1000円×12か月=12000円)自治会費(300円×12か月=3600円)子供クラブ会費(原則240円×12が月)が等組の会費です。甲府の相生の会社は、2000円×12か月=24000円払っています。駐車場の町は【9600円払っています】何でこんなに違うのかも・・・

 

ブツブツ

428日 http://zouroku.com/14805581070925

 

匿名投稿です。

 

■長崎幸太郎さんの自民党公認がほぼ決まりました。すごいですね、この決定をした二階幹事長の強烈なタンカ「公認する決意だ。文句があるなら、私を幹事長から追い出してみろということになるッ!」

 

これまで何度も公認の話がありながら、堀内詔子さんと堀内さんが所属する自民党岸田派の反対で実現しなかったものの、今度こそは次期首相候補最短距離にあると言われている岸田さんの力も及ばないでしょう。ま、岸田さんにしてもこれ以上火の粉をかぶりたくないというのがホンネでしょう。

 

それより驚いたのは、ウィキペディア堀内詔子さんの項に、

堀内の実家である富士急グループは、山中湖畔の県有地、約440ha(東京ドーム94個分)を山梨県との随意契約で1㎡当たり約74円借り受け、1㎡当たり平均1万円で顧客に転貸している。このような「デタラメが通るのは、堀内家の政治力があるからだ」(facta評)という批判があり、現在2期続けて比例復活している堀内については「山梨2区から堀内家の議席が消えたら、タダ同然で借りている別荘地がどうなるか」という議論が起きている。

・・・と堂々と書かれていることです。堀内家にとっては代々の政治力で必死に押さえ続けた県有地借地問題もSNSの時代には隠しようがなく、簡単に明るみに出てしまい、全国民が知るところとなってしまいました。

 

山梨県は長い間この堀内家の固執により自民党が二つに分裂したまま民進党のチョウリョウバッコを許し、38パーセント対6.6パーセントという圧倒的な支持率の差がありながら山梨県知事の座も甲府市長の座も民進に取られ続け、日本の中でオイテケボリを食らってきました。民進首長のイカンところは自治労の強力なバックアップで当選した見返りに公務員給料を際限なく上げ続け、役人に主導権をとられ、さらには山梨県の場合はドン輿石の影響を政治に反映せざるを得なくなってしまうことです。

 

前の知事選で自民党候補を探しきれず(ということにして)民主党出身知事アイノリの人選をしたのがこの堀内家の秘書をつとめた人です。サスガに今回の長崎さんの復活で次回の知事選には堀内家の影響は少なくなり「純自民党」の候補者が出せるようになるでしょう。今年の1月に発足した保坂武さんや横内前知事の「自民党を励ます会」のガンバリを期待したいところです。

ココから蔵六

    今、国会議員の発言問題が大きく報道されています。上記の長崎問題・山梨二区公認問題・・・かなり激しい二階発言です。幹事長職までかけて長崎さんを公認すると言っているんですから・・するんでしょう!! 山梨自民党どう動くかな???

 

    さた、共産党のこごしさんの議会報告・・県有林破格の賃借料の質問に、県曰く『適正である』との事、天下りもあるらしい・・・蔵六は、この問題は共産党応援します。徹底的に情報公開をしてください。判断は県民がします。

 

ブツブツ

4月27日 http://zouroku.com/14247613931498

 

匿名投稿です。

 

■平成11年、現在の地に移転した市立甲府病院は17年連続の赤字を改善するために経営効率改善プランをつくったと425日の新聞にさりげなく報道されていましたが、まてよ、平成11年に出来て17年間赤字と言うことは・・・ズット赤字だったんだと気がつきました。普通の病院ならとっくに倒産です。

 

これこそデッカイ税金の無駄遣いです。市立病院運営のチェックは甲府市議会の民生文教委員会の担当ですが、今まで何をチェックしていたのでしょうか。それとも市議会にはこの問題をチェックする能力がないのでしょうか。運営する担当部署の市職員の無能さにもアキレます。よく17年間も赤字を垂れ流していながら市議会に対し言い訳が通じてきましたね。私立病院の赤字問題は、議会と市側の馴れ合いの弊害がそのまま現れている象徴的な事案です。

 

東芝の社長のように、民間なら数年赤字を続けると責任を取って辞職するものですが、行政の事業は誰のフトコロも痛まない「税金」ですから、ナアナア議会で赤字の原因を厳しく追究されるわけでもなく、簡単に承認されてしまいます。普通に考えれば市長が辞職を考えてもおかしくないほどの大問題なのですよ。

 

そんな中で樋口市長は法定人口が20万人となっている中核市指定を特例期間中にとろうとエラク熱心なのですが、このような状況の中で県から1800もの事業を委譲されて、ちゃんとやって行けるのでしょうか。特に心配されているのは、保健所の事業が県から市に移譲されそれをしっかり運営していかなければならないことです。(失礼ながら)私立病院の運営すら満足に出来ないような体制で、保健所の運営を含め1800もの事業を県から委譲されて、ホントに出来るのか不安です。

 

シロート目に見ても、現在の市の管理職と市議会議員の大半を有能な人材に入れ替えなければ中核市の指定を受けることなんてトウテイ無理なような気がします。やがて16万人になると言われ、人口がドンドン減っている甲府市は、中核市指定なんていうダイソレタ背伸びをあきらめ、足元をもう一度見つめなおしたらいかがでしょうか。

 

ココから蔵六

   ここ10日間で二人のJCの先輩が亡くなりました。一人は、私がJC入会時配属された委員長の方で、本当に可愛がっていただきました。また、父が創業時からお世話になった方もなくなりました。戦後、はんこの行商をして、全国を廻っていた甲州商人の方です。モテギ()の基礎をつくっていただいた方です。ご冥福をお祈りします。

 

   この甲府には、いろんな形で人生を全うした先輩、後輩の方々がいます。その故郷を活性化したく、残された人生の十分の三をそれに費やしたいと考えている蔵六です。今日はこんな事、書きたくなりました。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

4月26日 http://zouroku.com/

 

匿名投稿です。

 

 

424日のサンニチ新聞で米長晴信さんが次期知事選に立候補したくて自民党幹部に擦り寄っていると報道されていましたが、「おやめなさい」と言いたい。前回知事選で自民党は有力候補を立てられず民主党出身候補の一人勝ちになり、米長さんはその結果を見て手を挙げたくなったんでしょうが、節操がないというものです。

 

米長さんは2007年参議院選挙で小沢一郎さんの要請を受けて当時の民主党から初当選しました。それが2013年に「みんなの党」へ鞍替えし、維新の推薦も受けたけど落選し、前回の参議院選挙では輿石さんに擦り寄ったものの袖にされ、その輿石さんが立てた宮沢由佳さんに敗れ落選したと思ったら、今度は自民党に擦り寄って自民党から知事選を目指すという話ですが、あまりにも節操がなさすぎます。

 

民主党と自民党とでは国家観がまるで違う上に、前回はアノ山教組のドン輿石さんの後継になりたいとみずから言ったわけでしょ。いったいあなたの教育政策はどうなっているのでしょうか。「当選した政党の政策に合わす」では、政治家としての矜持が感じられません。ハッキリ申し上げて、県民としてはこのような人に山梨県の教育を任せたくはアリマセン。

 

一本化したとは言え、水面下でいつまでも堀内派対反堀内派のシコリをひきずり、次回の知事選、甲府市長選に(今のところ)まともな候補者を出せそうもない自民党のスキをついた巧妙な仕掛けでしょうが、米長さんのこの「機をみるに敏」という身の振り方が、いまひとつ政治家としての成長を妨げているとお気づきになりませんか。

 

人柄の良さで山梨では絶大な人気のあった米長邦雄さんという将棋界の重鎮を叔父さんにもち、自身は別な苗字なのに米長という名で立候補し、叔父さんを選挙対策本部の特別顧問に据えて当選したときも、なんとなく「この人って勝つためには何でもやる人かな」という思いがよぎったものですが、今回の自民党擦り寄りを見ていると、ますます不信感が湧いてきました。

 

二年後の知事選は民進知事でガタガタになった山梨県政と経済を立て直す4年に一度の大切な機会なのですから、少なくとも渡り鳥のような自分の信念がどこにあるのか分からないような人に出てもらいたくはアリマセン。それと言うのも山梨県の自民党が早くスッキリしないからこういうことになるんです。直近の政党支持率では自民党38パーセント、民進党6.6パーセントと民進を圧倒しているのですから、自信を持って「純自民党」の中から後藤さんに勝てる候補者を立ててください。

 

ココから蔵六

    さて、その自民党です。最近の大臣発言はいろいろ物議を醸しています。山本大臣の一番のがんは学芸員だ。金田大臣の役人に任さないと収まらない答弁能力問題。稲田大臣の教育勅語の礼賛発言【防衛大臣としても少し無理かなと思うが】。今村大臣の自主避難者は自己責任発言等々・・・安倍総理の奥様問題。そういえば、過日、安倍総理主宰のさくらを見る会があり、一万数千人が集まったと聞く・・・蔵六は思った・・・豊臣秀吉も花見の宴をしたなあ・・・その後・・は・・歴史が証明している。蔵六は自民党支持者だが、弛んでいる自民党もあるが、その権力の下の官僚機構に危機を感じる。籠池問題の財務省への追及の共産党は、いいね!だ!

 

    そんな事を書いている途中に、今村大臣の辞職報道。安倍さんの気持ちわかるなあ!!この今村さんという人、東大の法学部だとある。日本の頭脳もここまで落ちぶれて来たか??そういえば、この人幹事長の二階派とある、政治資金パーテーに4000人、中に、山梨の、蔵六も応援する、長崎幸太郎さんが、支持者180人を連れて参加と新聞報道。二区の選挙はどうなるんだろ??? 山梨の自民党が気になってきた。

 

ブツブツ

 

追伸

そういえば、匿名投稿の米長さん、数年前に、甲府南ロータリークラブで卓話を聞いた。」その時の、話、今日は政治の話はしません・・・え!!!・・政治家なのに・・その時点で、こいつは何を考えているのかと思った・・・政治の話や、国際の話や、まちづくりの話を、しなければ意味ないじゃん・・だ。そんな米長さんは政治家失格です。蔵六の点数では。

 

 

詳しくはこちらをクリック

4月24日 http://zouroku.com/14375388857410

匿名投稿です。

 

■市内を回遊するレトボンが廃止になるそうです。それほど効果が上がっていないことと、費用負担が大きいためと言う理由らしいのですが、回遊バスと言う考え方がもう時代にそぐわない「レトロ」だったんですね。

 

ところで甲府市には中心市街地活性化基本計画というものがあって、これをもとにして14年から19年まで市街地活性化をやることになっているのですが、読んでみるとこれが実にショボイ。これによると、中心市街地活性化の切り札は「岡島デパート」と「ココリ」と建設中の「デュオヒルズ」なんですと。残念ながら今のガラガラの岡島やココリが甲府の魅力作りに寄与しているとはとても思えません。いかにも全国の市町村から請け負っている企画会社が作ったようなこの計画には、なるほどと思えるような新しい考えがまるでないのです。

 

それにしても、中心市街地活性化の起爆剤。市街地活性化の切り札と期待され、今年の10月完成予定のデュオヒルズの1階商業スペースにどんな施設が入居するのか、いまだに聞こえてきません。これを検討するために立ち上げた「まちづくり会議」ってどうなっちゃったんでしょうか。40億のビルを作るのに国県市合わせて10億の補助金をぶち込んで「失敗は許されない」と201513018:55山梨放送で胸を張った宮島前市長さんは今どんな心境なんでしょうか。

 

この中身のない「中心市街地活性化基本計画」を今すぐ見直したほうがよろしいのではないかと思います。そして甲府市は土日祭日夜間の公共施設の駐車場無料開放を今すぐ実施するべきです。税金が1円もかからず、間違いなく市街地を訪れる人を増やすことができる施策です。市長も市議会議員も商店主の皆さんも人通りを増やしたいというのなら、ナンヤカヤ心配する前に一度実験的にやってみませんか。

 

付け加えると、「商店街の魅力作り」なんてものは行政の介入出来ることではアリマセン。民事です。人通りが増えて、少しはものが売れ出して、個々の商店主が「よーし、もっと稼ごう」と思って品揃えを考えたり、接客の笑顔を増やすことが商売と言うものです。役所は人通りを増やすことだけを考えればよいのです。商店街の魅力作りを行政主導でやろうとすること自体がオコガマシイのです。10億もかけてつくったデュオヒルズ一階の商業スペースに、どんな店が入ろうと人通りが増えるとはとても思えません。そんなことより市役所の駐車場を今すぐ土日祭日夜間開放するべきです。何度も言いますが1円もかからず、停めた車の台数だけ確実に街の売り上げが挙がります。これこそ街の活性化の第一歩です。

 

ココから蔵六

    レトポンは、毎年480万円かかるそうです。税金から240万円、中央商店街連盟から240万円で運営されていました。その240万円は岡島が出しているとの事でした。岡島が、もういいやと言ったかどうか知りませんが、そういう事だそうです(どんな決算報告をしているかわかりませんが)。蔵六の調査では・・違ったら反論してください。まあ、8年間何の工夫もないレトポンですから・・中央商店街の経営者の能力がないという事です。こんな経営者ばかりなので・・活性化は無理かな・・レトポン(コミニュテイバス)は利用方法がいっぱいあり、利益も出せるのに・・もったないなあ!!

少し、きつい事を書いてしまいました。

 

    デュオヒルズ・・あと、10部屋位の残という事で・・これは・売れているという事なのでしょうか?? 聞いたところ、まだ、補助金が出ているようです。冷暖房機が付いていませんので、買わなければなりません、これに50万円金が出るそうです。どこから出るのでしょうか??

 

ブツブツ

 

上記の、まちづくり会議・・これについては蔵六いっぱいあるので後日!!

4月21日  匿名投稿

http://zouroku.com/337494217

 

■アメリカの航空母艦が北き朝鮮に向かっているはずが、実はインド洋で遊んでいたと言う世紀の誤報は面白かったですね。大統領選挙中に「マスコミは嘘つき」と盛んに吼えていたトランプの強烈なマスコミに対するしっぺ返しだったわけです。世界中の政治評論家だの軍事評論家だのがテレビカメラの前で今後の成り行きをもっともらしく説明して、世界中を緊張状態に包み込んだ挙句が、じつはカールビンソンは反対方向へ向かっていたと言うことが解って、大恥をかいてしまいました。

 

アメリカ政府は「ちょっと連絡の手違いで」なんてとぼけていますが、トランプと彼のスタッフはきっと大笑いしているでしょうね。

 

北朝鮮問題は、冷静に考えれば、アメリカが戦争を仕掛ければ、北朝鮮の破れかぶれの反撃で日本と韓国に何十万もの死者が出るのは確実なわけですから、韓国・日本の指導者がそんな攻撃を事前に相談されたって、認められるわけがありません。核というものは使えば両者が終わってしまう兵器なのです。

 

北朝鮮の核武装をあきらめさせるためには、中国が北に攻め込んで北朝鮮を地図から消してしまう方法しかありません。それで北朝鮮に核を持たせるくらいなら中国のほうがまだマシと、アメリカが中国の侵攻を暗に認めることしか北朝鮮の核開発をやめさせる方法は無いでしょう。しかしそんなことを認めてしまったら、南沙諸島でも中国はやりたい放題になるでしょうから、結局北朝鮮の核武装を止めることはたとえアメリカと言えども不可能なのです。

 

で、日本はこれから核を持った狂犬のような国に「いやなら核ミサイルをぶっ放すからネ」と脅かされ、経済援助を名目に際限なく金をゆすられる国になり下がるか、あるいは世界中の反対を押し切って核武装するのかという決断を迫られる場面が、それほど遠くない未来にきっと来るでしょう。「戦争ハンタイ、非武装中立」なんて非常識なことを言っていると結局こうなるわけです。憲法に戦争放棄と書いてあるから攻められることはないなんてことは、ただの神話だったことが身にしみてわかったでしょう。今回の北朝鮮問題で、自分の国は自分で戦争覚悟で守るしかないということに日本国民がやっと気がついたのは、唯一の収穫でした。

 

ココから蔵六

    この手の話は、私のBARでも盛んに議論?? されますが・・・・???・・テレビと同じです。最近は、日本が攻撃された場合とか、緊張感を取り入れた構成も見られるようになってきました。私は、日本や韓国が被害にあってもアメリカはやる方に重心が移りつつあります。皆さんはどう思っていますか??

 

私のBARです。

 

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

4月19日 http://zouroku.com/14410828243421

 

匿名投稿です。

 

■後藤知事の後援会づくりが難航しているという記事が417日のサンニチ新聞1面にありました。当然でしょう。これまでの知事の後援会というのは、まず県下市町村の首長が支部長になり、その下に議員、関係団体、企業がついて知事が「よろしく」と頭を下げてお願いすれば、断る人はほとんどいませんでした。

 

ところが後藤さんは旧民主党の出身です。この民主党という党がイカサマ政党で(個人の意見です)、自民党と政権交代ができるようなリベラル保守政党を目指す、子供手当3万円、高速道路無料にすると言っておきながら、いざ政権を取ったら次々に公約をひるがえし、挙句の果てには党内の右と左の調整がつかず33カ月で無残に自壊してしまいました。後藤さんはそんな政党の出身ですから、誰が考えてもこんな人の後援会に入るのは「ちょっとな」と考えるのが普通でしょう。そんな中で8割の首長が後藤後援会の支部長を引き受けたというのがむしろ不思議です。

 

さらに最近の民進党(旧民主党)は、共産党とのなりふり構わぬ選挙協力なんかが党内で批判を浴び「国家観が違う共産党との選挙共闘はできない!」と長島議員の離党につながりました。さらに細野豪志元環境相の党代表代行職の辞任は、民進党がもはや「沈みかけた船」であることを印象付け、蓮舫降ろし、党の分裂含みの展開がますます加速すると見られています。

 

そのうえ、後藤さんの印象を悪くしているのはドン輿石東ひきいる山教組(山梨県教職員組合)の異常な違法すれすれの選挙協力です。そんな山梨県知事は、就任以来「100万人構想」「高専設立」「重粒子線治療導入」などの重要公約を次々にホゴにし、評判はいたってよろしくありません。

 

「こんな後援会はごめんこうむる」と毅然とした態度で入会を断った甲斐、都留、北杜、身延、南部の市町村長さんに拍手です。保守の考えを持っている人が共産党と手を組んでいる人を応援してはいけません。子供でも分かる理屈です。共産党と自民党ではこの国を、この地方を、山梨県をどのようにしたいのか、という考え方がマッタク違うのですから。

 

ココから蔵六

{C}    ここまで、後藤県政を評価するに、後藤色という色が見えないのが県民の気持ちだと思います。投稿のように、最初の色付けが大きく失敗した事が影響しているよう思えます。後藤色という色は、基本的に役人色だと感じています。今、県政に求められているのは経営者の感覚だと思います。経営者は、自社の置かれている環境を客観的に把握する能力が必要です。大きくは世界、アジア、日本、という大きな流れを感じなければなりません。次に、自社の強み、弱みを冷静に判断する必要があります。そういった中で、自社の能力、お金、人材、信用等々も把握する必要があります。そして、わが社の未来ビジョンを考えます。

 

{C}    政治、行政との大きな違いは、能力の殆どを与えられます。お金は税金です。人は大学出での頭のいい人たちが集まります。潰れない信用もあります。しかし、会社経営のような、大胆な改革はできません。・・それは、困らないからです。自分たちの生活は保障されているからです。経営者は自分で責任を取ります。

なんていう事を考えてみました。

 

{C}    私も会社経営をしていたころは、頭の中はその事で一杯でした。悩みは時間が解決してくれました。その責は自分が負いました。毎晩、飲んでいましたが、飲みながら友人や、同席した人達との議論や、話の中で、いろいろなアイデアが生まれてきたり、いいネーミングが浮かんだりしてきました。後藤知事さん、街に出て県民の声を聞く行動を起こしたらいかがでしょうか???!!!ね!!

 

 

ブツブツ」

詳しくはこちらをクリック

417日 http://zouroku.com/14837643754934

 

 

◆着物業界の売り上げ低迷の起死回生策として誕生したのが小学校卒業生にはかまを着せちゃおうという必殺技でした。412日のサンニチ新聞に富士吉田市で小学生のはかま着用は是か非かなんて記事がのっていましたが、よく読んでみると新聞は「はかま着用派」に好意的な内容になっています。マスコミは少しでも広告が増えればそれで良しですから、そういう論調になるのは当然ですが、大半の(生活が苦しい)父兄の皆さんはニガニガシク思っておられることでしょう。

 

日常生活から着物姿がほとんどなくなり、日本の着物業界と言うのは極めて追い詰められた崖っぷちに立っていて、成人式一本に命運をかけているような状況にあるわけですが、これも着物業界自身が招いた深い闇の体質に起因すると言われています。

 

着物の原料の絹の生産は1934年ピーク時の1600分の1にまで減少し、いまや大半は中国産の絹を使い、製造のほとんどはベトナムや中国に丸投げしてつくられています。これを日本の絹で日本の職人が織り上げたものとして値段をつけて販売しているものですから、大変な値段になってしまうわけですが、本来仕入れ値は驚くほど安いもので「伝統と書いてボッタクリと読む」この着物業界のやり方が自ら衰退を招いているわけです。

 

さて小学校の卒業生のはかま着用は是か非か論争をみていると、新聞にはレンタルで1万から25千円なんて書いてありましたがトンデモナイ話で、着物のレンタルと着付けがセットになったもので3万円~6万円が主流です。3万円以上のものもあり、京都丸紅の高級和装ブランド『九重』の袴セット99,800円なんてものまで出回っています。

 

可愛いわが子のために一生に一度のことだから・・・と金に糸目をつけない親がこの費用をさらに高騰させていくことは火を見るより明らかです。吉田ではまだ360人中36人とはかま着用派が少数ですが、みんなが着るようになったら必ず家計の大きな負担になることでしょう。

 

他人に対し、はかま着用をやめろとか、自粛しろと言う気はありませんが、商魂たくましい商法に踊らされてなけなしの金をはたいて華美な競争に血道をあげる浅はかでオロカで情けないバカな親には決してなりたくありません。しかしみんなが着ているのにわが子だけ着ていないのは悲しいものです。ここは学校が「はかま着用はやめましょう」と言ってくれるのを待つしかアリマセン。

 

ココから蔵六

    今日は朝から内科医に行ってきた。血圧、74~129であった。体重は1,5キロデブになり・・今週から減量の行動体系を計るべく、決断を迫られている。食の管理をしなければならない。何の為? 健康? 人生健康で、ある日ポックリがいい!! その為には、いつも身の回りはキレにしておきたいと思う。親父と母の遺産整理が終わったらしようと思う。なんてことを考えていたら、自治会費の集金に6800円、相生3丁目の会費、この他に4か所で自治会費を払っている。血圧が上がりそうだが、あまり影響はないように思える。

 

    過日、高校の同窓会の会で、会費を払えない子供たちが全校で40人くらいいる事がわかった。これには、一応の目安があり、その子供たちは免除される仕組みになっているらしい。約1割の子供たちがそういった環境下にある事が、実感としてわかり、何とかしてやれないものかと思った。蔵六は貧困と教育の面で、何か子供たちに行動を起こしたいと考えてはいるが、私にできる事ありましたら連絡がほしいない。今年の蔵六のテーマは、子供たちの貧困問題と教育の公正である。

 

ブツブツ

利権問題・・詳しくはこちらをクリック

414  http://zouroku.com/151319348

 

匿名投稿です。

 

■山梨県は「やまなし新産業構造対応雇用創造プロジェクト」を立ち上げて、医療機器、燃料電池、IoTを成長分野と位置づけ43千万円の予算をかけ、新たに278人の正社員雇用を生み出そうとしている計画を発表しました。

 

いかにも時代に取り残された周回遅れのチンプな施策です。地球温暖化⇒Co2削減⇒水素動力で走る車というわけでひところもてはやされた燃料電池は、水素を作るために大量の電気を必要とし、その電気を作るために大量のCo2が発生することがわかって、なーんだということになっています。製造コスト、ランニングコスト、耐久性も解決しておらず、産業界の熱はかなり冷めています。このままでは第2の太陽光発電になりかねません。

 

そもそも「地球温暖化」と言われているのに地球の平均気温はここ20年上昇していないし、南極の氷は増えているし、海に浮かぶ北極の氷がいくら解けても海面上昇にはつながらない子供でもわかる物理学の基本に世界中が気がついて、温暖化ビジネスそのものが破綻しようとしています。

 

だから燃料電池車はもはや時代遅れで、これからは電気自動車といわれているのです。その証拠にアメリカの電気自動車メーカー「テスラ」の株式時価総額が創業わずか14年でGMを抜いたことが大きく報じられています。この燃料電池を成長産業と位置づける山梨県担当者ってどういう時代感覚なんでしょうか。

 

それより首を傾げたくなるのは、これだけの予算を使ってたった276人の正規雇用の創出? ん? もう少し何か他にやりようはありませんか。確かに山梨県は正社員の有効求人倍率が全国に比べ極端に低く、新規正社員求人倍率も全国平均を9ポイントも下回っています。それは県外資本がバンバン侵入し、地元企業を思いっきり食い荒らしているからに他なりません。

 

県の担当者がやらなければならないことは、時代遅れの燃料電池産業に貴重な税金をつぎ込むことではなく、県外資本の進出を食い止め、いかにして地元の企業を育てることが出来るのかを考えることではないのでしょうか。

 

ココから蔵六

    山梨県が何で飯を食べていけるのか・・というテーマだと思います。昨年蔵六が山梨県に提案したビジョンを紹介します。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

412日 http://zouroku.com/です。国際問題も取り扱います!!

 

匿名投稿!! 

 

■もしかすると実現してしまうかも知れない妄想です。トランプ大統領が習近平国家主席をアメリカに招待し、これ以上ない笑顔の中で米中首脳会談が行なわれました。もちろん主題は北朝鮮問題です。トランプはその会談が始まる前にシリア空爆を決断し、直接これを習近平に伝え、その場で習主席は了承したと伝えられます。不思議な話です。

 

今テレビやネットで氾濫している北朝鮮をめぐる憶測は、小型核爆弾と米本土に届くミサイルを完成させた北朝鮮をアメリカは決して放っておくことはないであろう。そのため空爆や巡航ミサイルによる各施設、軍事拠点への北朝鮮攻撃をアメリカはすでに決意し、日本、韓国、中国への根回し外交を盛んに行っている。なぜならば空爆では完全に北朝鮮のミサイルを破壊することは不可能で、打ち漏らしたミサイルが韓国、日本に飛んで来た場合莫大な被害が不可避なので、アメリカは事前に日中韓の合意を取り付けているのだ。

 

・・・ということなんですが、「北朝鮮を叩きますよ、ミサイルが飛んでくるかも知れませんが、そのときはゴメンネ」なんて話を日本や韓国の指導者が呑めるはずがありません。本当に核爆弾が東京やソウルに打ち込まれたら確実に何百万と言う被害が出るわけですから、そんな合意は不可能でしょう。つまりアメリカが北朝鮮にミサイルを撃ち込むなんてことは現実的にはかなり難しいことなのです。

 

しかしアメリカと言う国は、自分の国が直接脅威を感じたらどんな手段も辞さないと言う国ですから、何も対抗手段をとらないわけがありません。ましてやあのトランプなら何かやるはずです。そういう状況の中で行われた今回の米中首脳会談。しかも異常な和やかさの中で行われ笑顔で握手したトランプと習近平の姿を見ていたら、あるとんでもないことに気がつきました。

 

もし仮にこの会談でトランプが習近平に「アメリカは北朝鮮を中国が併合することに異議をさしはさみません。どうぞおやりください。」と発言したとしたらどうでしょう。中国軍が北朝鮮に侵攻し金正恩体制を崩壊させ併合したとしたら、とりあえず暴走的な北朝鮮による日韓への反撃は回避されます。半島から北朝鮮という危険な国がなくなれば、日米韓三国は中国と言う一応話が通じる相手を得ることができるわけです。中国はアメリカ貿易の50%を占める重要な国ですから、両国の経済界はその権益を守ることができます。何より大統領が逮捕され、国の体制がぐらついている韓国は、北朝鮮が中国に併合されたほうがヨホドましと考えるでしょう。

 

そしてわが日本は核ミサイルの飛来という心配がなくなり、そのうえこれにより親北朝鮮・反日の大統領候補がいなくなってくれれば万々歳です。トランプ・習会談に先立つ電話会談で安倍さんがそれを伝えられ、了解していたとしたら・・・と、考えるとこの妄想、案外実現するかも知れませんね。こんなに半島情勢が緊張しているのに、日本政府がのんびりしているのは、「そういう話になっている」からなのでしょうか。

 

ココから蔵六

  昨日の蔵六のブツブツを読んでいただいた方でしょうか? 北朝鮮問題について投稿をいただきました。拉致問題も解決して欲しいと思います。

 

  色々なサイトを見ると、韓国軍の事が書いてありました。紹介しますが、今でもこんな状態なのですかね??  

内容です:本来、国を守るべき韓国軍は、その指揮権を米軍に“献上”している。朝鮮戦争(1950〜53)で韓国軍は敵前逃亡を繰り返したあげく総崩れとなり、兵士がどこにいるのか、そもそも部隊が存在しているのかもわからない状態となった。 米軍から「自国(韓国)の軍隊を逃げずに戦うよう統率しなさい」と求められた韓国初代大統領の李承晩は、連合軍総司令官のマッカーサーに対し「指揮権一切を移譲することをうれしく思う」「韓国軍は、あなたの指揮下で服務することを光栄に思う」などの卑屈な言葉を並べて指揮権を一任。以降、韓国軍の実質的な指揮権である戦時作戦統制権は米軍(国連軍)にある。(今でもそうなのでしょうか??)

  という事で、日本の軍隊=自衛隊は、どうなのでしょうか? 北朝鮮と戦争になった場合・・・アメリカと・・・日本の立ち位置が良くわかりません。アメリカの下に付くのでしょうか?? 山梨選出の国会議員の皆様教えてください。法律論でなく・・現実論で答えを欲しいな!!

  こんな記事もありました。日本という国はどこまで本気なのかよくわかりません。記事内容:核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する国際圧力が強まる中、日本政府が、国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議をまともに履行できていないことが11日、分かった。対北朝鮮制裁関連法が、次々に採択される国連決議に追いついていないからだ。日本は制裁決議の旗振り役を務めてきただけに、現状のまま放置すれば「日本の対応は国連決議違反だ」と国際的な批判を浴びかねない。

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

4月10日 予定 http://zouroku.com/14375388857410

 

匿名投稿です。

 

■歩行量低迷にあえぐ甲府市の樋口市長は、2016年度の歩行量調査で前年と比べ「通行量は131584人で、1700人も増えた」と発表しましたが、これはトンデモナイインチキ統計で、ナントその日はかすがもーるでダンスイベントが行われ、商店街がスタンプラリー抽選会をやっていて、通行量が増えるのが当たり前の日をわざわざ選んで調査を実施したと新聞に報道されてしまいました。ほかの地点の調査結果は16.5%も減ったわけですから、イベントが影響して一時的にその日だけ通行量が増えたのは明白です。

 

通行量が減ると、中心街活性化のために毎年多額の補助金を出しているのに何の成果も上がっていないじゃないのかと市民から非難されるのを隠すために、こんなインチキをやったんでしょうが、それにしてもあまりに姑息でミエミエのやり方にアキレます。

 

樋口市長、どんなにごまかそうとしても昼間の街中を歩けば一目瞭然です。通行量は減り、商店は撤退し、まるでゴーストタウンです。こんなごまかし調査で失政を隠そうとしているからいつまでも甲府の町が発展しないのです。堂々と正確な通行量を発表し、そのうえで市民の意見を受け止めるべきでしょう。

 

中心街活性化のためには、土日祭日夜間の公共駐車場の開放など、策はないわけではないのに、どうしてやろうとしないのですか。駐車場がタダになっても若者は中心街に行かないと言っているようですが、やってみなければわかりません。人口の4分の1を占める高齢者がまず街に来るようになるかもしれません。通行量さえ増えれば成り立つ商売もあるわけです。夜間無料駐車場ができれば夜の街が活気づくのは確実です。

 

樋口市長、あなたは豊かな甲府を実現すると宣言して当選したわけですから、もう一度選挙の時の公約を思い出し、初心に帰って頑張ってください。こんな日を選んで通行量調査をした担当者には厳しい処分をお願いします。

 

ココから蔵六

{C}    上記内容の新聞記事に、市の商工課曰く『イベントなどの開催を通し、近隣市町村だけでなく他市町村からも中心街を訪れる人を増やせたらいい』とある。バカかこいつはと思った。こんな役人の発想だからますます寂れていくのだろう。何十年同じ発想でやっているんだこいつらは・・である。もっと根本的な事を考える時なのにと思う。なさけないなあ!!

{C}    そういえば、中心街の活性化委員会なるものがあったなあ、昨年の8月以来・・7か月間も委員会は開かれず、何しているんだろう??? やっぱ、尻を叩くか!!!

 

 

ブツブツ

まちづくり会議・・・詳しくはこちらをクリック

4月7日 匿名依頼投稿です。

http://zouroku.com/

 

■一年間、組長として地域の自治会に参加して数々の疑問がわきました。自治会って戦前の隣組組織の延長で、隣同士で仲良く助け合いましょう。あわせてお上(市役所)の下部組織としてお役に立ちましょうというものでしょうが、明確に市の運営する組織でもなく、市の補助金を受けながら、独立した組織のようなものらしいのです。

 

だから例えば災害時に自治会として何ができるのかアイマイで、市との連携もあるのかないのかよくわかりません。そういう風に自治会幹部の方がおっしゃるわけです。

 

自治会の事業はモロモロあるのですが、おしなべて低調で負担感だけが重くのしかかり、「そんなものやめたら」と思える事業も多々ありまして、中でも〇〇神社礼大祭への協力事業なんかは、「え?政教分離の原則があるのに、ホントに良いの」と驚かされる事業も含まれています。総理大臣が神社へ行くだけで騒がれる時代に、こんな事業が残っていることに感動すら覚えました。

もう一つ驚いたのは、〇〇議員グランドゴルフ大会が自治会事業になっていて、これも「え?」ってなものでしたが、こちらは明らかにNGでしょう。

 

子供の球技大会も人気がなく参加者が年々減るというし、地区運動会もどれだけの人が楽しみにしていることか、おそらくあまりいないのではないのでしょうか。

 

問題は、いろいろな事業をするたびに理事と称する組長の負担が増すことで、担当者を選任する自治会役員選考会議なんぞは、まるでお通夜のような状態になるわけです。そのうえいろいろな事業をやるものだから予算だけが増えていき、一戸あたり年間9600円もの負担金を取られます。埼玉県川口市の自治会は年間3500円くらいですから、甲府はバカ高い自治会費ということになります。

 

会議に出るたびにたくさんの資料を各戸に配るように渡されますが、テイの良い郵便屋さんになった気分です。市も、いろいろな団体も自治会を通じて配布すれば郵便代が浮くと思っているのでしょうか。

 

B29の投下する焼夷弾の被害が拡大しないように隣近所で助け合いましょうという時代はとっくに終わったわけですから、助け合い精神は否定するものではありませんが、もう少し時代に即した自治会運営を根本的に考え直す時が来たようです。

 

ココから蔵六

{C}    初めて自治会というテーマの投稿をいただきました。今回より自治会問題もテーマとして取り上げていきたいと思います。そういう私も、今年度より、組長をセよという事で、毎月28日が定例日という事で、BARの営業日には、開店の時間が遅くなることになります。よろしくお願いします。地域で、自治会についてご意見等があれば、投稿をお願いいたします。

 

{C}    聞けば、自治会という組織は、投稿のように戦争中にできたそうで、国民共闘一致を目指したようです。そういえば、テレビ等で、叔母さんたちが、協力しない市民に、非国民とか言ってイジメしている風景の番組を見た事があります。あれかと思いました。今、話題の、教育勅語問題にもつながるかも?????

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

43日 http://zouroku.com/14375388857410

まちづくりの無策な政策が終わりを告げました。レトポンです。

Nさんより投稿をいただきました。

 

■初めまして。記事拝読しました。本当におっしゃる通りです。

 デユオヒルズは無駄な策に、自民党内では割れ、民進党に取られ、現状土建屋がはじから潰れてると聞いてます。山梨はどうしようもないという話を聞いてます。首相も現状は山梨が大嫌いだそうです。

政治家ではないですが一般の私達が変えて行きましょう。

廃れてる商店街を始め週末は観光客相手に役所の駐車場を無料にするとか対策はあります。

いろんな県に住んでますがどこも週末は役所駐車場は解放してますよ。タクシー運転手も丁寧です。 私は今は東京に住んでますが度々実家に帰省してます。 是非一緒にまともな正しい方向で当たり前な活動をしたいです。

傍聴にも伺います。とにかく政治家が何もやらないのだから、県民がやるしかないのです。そういう人間が出てこないといけないのです。全国のお手本となるように。11人が首相と思いながら生きないと国は滅びます。仕事も同じだと思います。 お返事お待ちしております。

 

 

ココから

蔵六のブツブツ提言

 

■過日、たまたま、完熟農園の話が出た。この施設をどう生かすか、議論の真っ最中だと推察する。

山梨の観光は、特に、外国人観光は富士山である。

甲府の方面にはほとんど来ない。最近までは、石和温泉への需要があったようだが、富士山近辺では泊まれない観光客が、たまたま来たという事らしい。

 

この、外国人観光客を富士山から、国中に呼ぶ戦略構想である。

それに、完熟農園を組した構想を考えてみたらどうかという事である。

 

最近の観光客は、何を求めに日本へ来るかというテーマである。

日本に触れる事であり、日本人とのコミニテイであり、日本を経験する事であり、買物ではなくなっている事を自覚する事である。

 

その戦略の第一は安い民泊である。南アルプスに外国人が泊まれる民泊システムをつくる事を考えたらどうだろうか!! 外国人は泊まるところは安い事が一番優先するらしい。寝るだけだからという発想のようだ。

 

蔵六みたいに、どうせ泊まるなら、最高級の内風呂があり、最高級の料理がありなんてことを考えるのは少ないそうだ。(10年に1回くらいなので)

 

泊まった外国人は、完熟農園に行き、日本を経験できる事を何か考える。

そじて、その完熟農園で日本に接する事ができる。

日本を体験する事もできるようにする。

 

寿司を自分で握る、お茶を自分で点てる、そして、夜はバーベキュー等々(山梨産の食材を使い、ワインを飲ませる、地元民との交流もいい、)・・・等々

そんな、外国人向け完熟農園を発想の柱として、日本人の観光客も来る施設を、英知を絞って考えたらどうかなという提言である。

 

翌日は、武田神社、白州のサントリー、日本酒メーカー、ワインメーカー、で帰る・・・こんな事考えてみました。さくらんぼもある。

 

■次の提言は、山梨、甲府の国際化です。

県にしろ、市にしろ、国際化といえば・・国際交流となる。これはこれで必用不可欠な事だとは思うが、

少し、頭を柔らかくすると・・・多くの外国人がこの山梨で生活しているという認識を再確認する事が出来ると思う。

外国人が生活しやすい環境づくりが・・次の・・政策の・・柱にしたらどうだろうか・・という提言である。

 

国際化といえば、外国人を招待し、日本の食を味わってもらう・・あるいは・・外国人の祖国の料理を日本人が味わう・・・

この事業もいいが、時代は、一歩進んでいるという事を、お役人は感じた方が良いと思う。

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

331

http://zouroku.com/14247607278798

 

蔵六のリニア論の続きです。

昨日は、蔵六のBARで、甲府を愛する人たちといろいろな議論をさせていただきました。リニア、中部横断道、中心街、開府500、甲府駅南口等々・・・

 

■リニアの仕掛け人は東京一極集中を、させよう派なのか、分散派なのか、関西と言うか、西日本派なのか・・という議論もあるように聞く。

江戸幕府開府の前まで、日本の中心は西であった。

江戸時代になり、江戸が日本の政治経済の中心となった。大阪も全国のコメ等が集まり経済的には大きな影響力を保持していたと推測する。

参勤交代という制度は、道路、人の動きを江戸に中心する事になった。

江戸幕府を倒したのは、西日本の薩摩と長州であるし、同時に天皇が江戸(東京)に移ることになり、政治的には東京の時代になる。また、戦後、経済の発展も東京中心となる。大手の本社機能は全て東京になる。

 

◆その反動が、今度の動きであるという人がいる。天皇が代わったら京都に帰ってもらえ。京都に文化庁を。リニアを大阪へ・・・こんな論を言う方が出てきた。

さあ、皆さんはどう思いますか??

今、有名な 日本会議かもしれない????

 

日本の成り立ちの物語は、そういえば西でした。

 

■甲府に飛行機であるリニアに停まってもらうには?? どうするが大きなテーマになります。

この議論は、県も市も上滑りのような気がします。そんなに頑張っても、山梨にはそんなに影響ないよ・・派も多くいます。

上滑りの理由は、リニアが何本停まるのかという事について、JR東海は口を閉ざしています。しかし、県や市は、一時間に一本とか、全く根拠のない前提で話を進めています。

だから、ココに、甲府、山梨のビジョンが必要になるわけですが・・・ビジョンを作成する、根本が不明確で、そんなものができるわけありません。

 

ある市会議員は、東京の政治機構(緊急避難的に?)を甲府へと言う。一理あります。甲府へ停まる理由になります。山梨は、富士山の噴火と地震災害が予想されています。だから、今、遷都論は長野が有力になっているそうです・・・・・・・????

 

 

 

 

 

蔵六のブツブツ

■超高速鉄道、リニアは大量輸送機関で、時間と距離の短縮が目的で、その柱は経済と利便性と言われています。

繰り返しますが、ここに、東京という大きなテーマが重なってくると思います。

リニアを東京という立場で考えるのは小池知事かなと思いますが、東京がリニアをどういう位置づけに考えているのか興味があります。皆さんはどう考えますか??

自分だけ良ければいいという最近の風潮から言えばどうなんでしょうか??

 

じあ、JR東海の本音はどこ?? リニアの売り上げ予想??

一時間に10本走らせて、一列車1000人で1万人・・

運賃が2万円として、2万×1万=2億円?

18時間動くとして、×18=で、一日の売り上げ36億円かな????

30日で、1080億円 一年で一兆2960億円かな???

間違っていたらごめんなさい!!

 

JR東海は甲府には一本も停めたくないのが本音なのか??

 

あずさの人、甲府駅まで10分 新宿まで、90  東京まで100分。

リニアの人 駅まで20分 リニア20分 東京まで55

その差 45分 代金はリニア 5000円 位かな??

 

君は、どちらを選ぶ??

中部圏、関西からの人は山梨に来て頂く機会は増えるかな!!

南アルプスは本当にトンネルが掘れるのかな??

 

さあ、蔵六のBARで、いろんな観点からリニアを議論しよう!!

 

ブツブツ 

リニア問題・・詳しくはこちらをクリック

330

蔵六ドッココムです。

http://zouroku.com/624082409

蔵六は、皆様に代わり、県や市へいろいろな事を質問いたします。

御遠慮なく、蔵六をご利用ください。

 

県への質問の答え

質問③

電通の長時間労働の問題もあり、働き方改革への関心が高まっています。

 県庁職員の労働規則や残業規則について、民間との違いを含めて教えてください。

 民間は労働基準監督署の指導もあり残業は厳しく制限されていますが、

  県庁は夜中まで電気が点いています。

  県庁職員の働きすぎについて課題があれば教えてください。

  また、働きすぎの対策があれば教えてください

 

県からの答え

労働基準法は地方公務員にも適用されますが、都道府県については、一部の職場及び職員を除いて、人事委員会が労働基準監督機関として管轄しております。

 山梨県庁においても、昨今の働き方改革への関心が高まる以前から、職員のワーク・ライフ・バランスの取り組みを推進しており、特に残業については縮減に努めて参りました。

 しかしながら、繁忙期や突発的な事案への対応など、どうしても残業をしなければならない場合があることから、部局ごとに目標時間を定め、過度な時間外勤務が発生しないよう、所属長によるマネジメントを徹底しております。

 また、完全定時退庁日やイクメン退庁日(※)を月に数回全庁的に実施するなどの様々な取り組みを通じて、職員が働きやすい環境づくりに努めております。

 ※ 毎月19日を「育児家庭の日」として定め、定時退庁日としている

 

 

質問②

地方公務員の再就職について質問します。企業や団体に職員やOBの情報を提供したり、雇うよう求めたりする「あっせん」の禁止を10府県が条例や内規で明文化していると新聞報道で知りました

 

県からの答え

 県職員について、公益法人などから再就職の推薦要請がある場合には、職員の知識、経験などを勘案して適任者を推薦しておりますが、県から再就職の要求や依頼をするいわゆる「あっせん」行為を行うことはございません。

 また、法律や条例などにより規制の強化と透明性の確保も図っております。具体的には、退職者全員に退職後の再就職状況の届け出を求め、このうち本庁課長級以上の状況は県ホームページで公表するとともに、退職者による現職職員への働きかけについても条例により法律よりも厳しい規制を行っております。

 

 

質問③

やまなし大使の全員の名前と肩書き、大使に任命した理由がわかる文書をください

 

県からの答え

■ 山梨県では、平成19年度から、山梨にゆかりがあり首都圏を中心にご活躍されている経済人・文化人等で情報発信力のある方々に「やまなし大使」を依頼し、現在870余名の皆様に山梨の応援団として、それぞれのお立場から、様々な機会を通してやまなしの魅力をPRいただいております。

 なお、大使の氏名、肩書きにつきましては、個人情報であり、就任の際にそれらの公表について承諾をいただいていないことから、公表は差し控えておりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

  蔵六のブツブツ

{C}  下衆の勘繰りという言葉がある。

【意味】

下衆の勘繰りとは、心の卑しい者は、とかくひがみっぽくて邪推をしたがるものだというたとえ

下衆という言葉は・・下衆不倫・・という事で最近よく出てくる。しかし、平安時代の今昔物語に出てくる言葉のようで、権力に対する、一般人のような使われ方をしたような事を聞いた事がある(間違っているかも)。権力者が下の者を称して使った言葉だろう???

蔵六はまさにひがみっぽいので下衆かもしれない。

権力者・・役人もその中に入るのであると思う。

 

ブツブツ

 

■役人の残業については、予算内であれば残業代が支払われ、予算をオーバーした時点でサービス残業になる・・と聞いています。本当だと思いますが・・問題は、一般人と役人とを差別化している所だと思っています。役人は、お前ら下衆とは違うんだ俺たちは国、県、市を考えているんだいうような・・所でしょうか???しかし、県庁は時間外に電気がコウコウト点いています。仕事が多すぎる事も問題があると思います。

働き方改革なんて役人が役人の立場で書いていますので、差別の法律になると思いますが、皆様はどう考えますか?

 

■天下り問題、これは問題があります。役人の天下りには、忖度があります。手続等に配慮があります。一般市民との差別があります。

この差別が許せない蔵六です。

 

■やまなし大使・・氏名も公開できないようなものはやめたらいかがでしょうか!!何の意味もありません。

 

ついでのブツブツです。

詳しくはこちらをクリック

3月28日 蔵六ドットコムです

http://zouroku.com/14375388794769

■投稿いただきました。

早速物は試しと中部横断道を通ってみましたが、案の定後続車に煽られましたね。 制限速度を守ったこちらが悪いのか、はたまた飛ばす後続車が悪いのか。 何にせよ行きも帰りも煽られたので肝が冷えるドライブになりました。 煽られる方って県民性ですかね?

(今度六郷から帰る時、利用してみます・・蔵六)

 

■当店へご来店のお客様からの疑問点を聞いています。下記の問合せ事項に返事がきましたのでご案内します。それにしても、県の駐車場にわけのわからない車が多く駐車しています。県外ナンバーの高級車もありました。蔵六的には、誰にでもわかる県政を望みます(県の公用車は全て・・山梨県と入れる事・・・・マスコミの車には許可書を見えるように置く義務化等々)。土曜日や日曜日に県の職員が止めている等々の話が出ます。観光客に開放しているのでしょうか??も不明?? 甲府城周辺地域の開発との整合性を持ち続けてもらいたいものです。

蔵六は、県の車の90%はなくせる事が出来ると思います。県の公用車の使用時間、時間帯、頻度等を調べる事、必要最小限にして、レンタル方式を導入し、民活を利用する事・・等々をすれば・・頭のいい方たちなので・・計算できると思います・・頭を柔らかくする事ができればですが・・・

 

■質問:

旧県立図書館の土地と交換した甲府信用金庫本店跡地の利用方法を教えてください。  また、交換を決めたのは誰ですか。議会は承認しているのですか。

 

返答:

 旧県立図書館跡地につきましては、図書館の解体工事が始まった平成24年頃に甲府信用金庫から当時の甲府信用金庫本店敷地との土地交換の申し出が知事にあり、県としてもほぼ同等の面積で県庁に近くなる等のメリットがあることから、この申し出を受けることとし、議会にも説明する中で平成261月に交換契約を締結しております。

 また、甲府信用金庫本店跡地につきましては、甲府城周辺地域活性化基本計画に基づき廃止となる県庁東側公用車等駐車場の代替地として、公用車等駐車場を整備することとし、平成28年度当初予算に設計費を計上し、議会に承認をいただいております。

 なお、平成29年度当初予算には建設費を計上し、現在2月県議会において審議を行っていただいております。

 

■質問:

県民会館跡地の利用方法を教えてください。  また、跡地の利用方法を決めたのは誰ですか。議会は承認しているのですか。  跡地にある駐車場に公用車ではない車が見えます。駐車許可を出しているのですか

 

返答:

県民会館跡地につきましては、甲府城周辺地域活性化基本計画において、集いの広場として、「くつろぐ、お城等を見る、イベントを楽しむ、交流する」場所として利用することを位置づけております。

 この甲府城周辺地域活性化基本計画は、学識経験者等により構成された「甲府城周辺地域活性化基本計画検討委員会」に甲府城周辺地域の再整備のあり方等についてご意見を聞きながら、平成286月に山梨県と甲府市が共同で策定した計画です。この基本計画自体は議会の承認を経て策定するものではありませんが、計画策定の過程において県議会の常任委員会等で説明等を行っております。

 なお、公用車でない車の駐車につきましては、現在、20台分の報道関係者の車両の駐車を許可しております。

 

■質問:

県庁駐車場の利用規定を教えてください。

 

返答:

「山梨県庁舎等管理規則」を規定しており、その内容については県ホームページで公開しております。

http://www.pref.yamanashi.jp/somu/shigaku/reiki/reiki_honbun/a500RG00000061.html

(こんなもの頂いても、訳がわかるわけないのに・・・蔵六的には)

 

今日は、こんなブツブツです。

 

j次回選挙で落とす人達・・詳しくはこちらをクリック

3月24日  http://zouroku.com/

匿名さん投稿です。

 

■中部横断自動車道の増穂⇆六郷の開通しましたが… 喜ばしい事でしょうが?素直に喜んで良いものか? 自分は不安だらけです。

 

 まず鰍沢から静岡までの国道は大型トラックが我が物顔で走っており、制限速度を無視をして、制限速度を守っている普通車が煽られているのが現状です。 そのトラックが中部横断道で道交法を遵守するか? 答えはNOだと思います。

 

 そして何より怖いのは片側一車線と言うあり得ない構造です。 そう、逃げ道が一切ないのです! 制限速度を守っているドライバーが傍若無人のトラックに煽られても、一切の逃げ道がない、恐怖の自動車道なのです。

 

 更に怖い点は、中央分離帯にガードレールもコンクリートなどが無く、簡易的なポールが設置してあるだけなのです。

確か中部横断道の制限速度って70〜80キロでしたよね? それで中央分離帯にポールのみ… 対向車がスリップなどで突っ込んできたら絶対に助かりません… 何より高い橋の部分で突っ込まれて下まで落下なんて事も十分考えられます。 そして、いつか必ず事故が起きると思います。

 

一体何を考えてあの様な危険な仕様にしたのか理解に苦しみます。 もし通る機会がある方はご注意下さい。

 

ココから蔵六

{C}   中部横断道の投稿がはじめてありました。リニアと同じく、私が甲府JCの理事長時代に起きたテーマでもあります。話が現実化してから30年経っています。君は太平洋を見たか、僕は日本海を見たい・・のキヤッチフレーズが思い出されます。リニアより、山梨経済に影響があるような気がします。静岡空港の利用も増えるでしょう。静岡まで車で、新幹線で京都へも増えると思います。山梨から外に向かって攻める企業には、新潟、北陸も大きなターゲットになると思いますし、愛知への戦略も検討する事になります。逆に、山梨を生産の拠点構想や、物流の拠点構想も考えてくれる企業が来るかもしれません。そういった意味では楽しみです、早く開通を求めます。

 

{C}   上記のような高速は、大月からの高速もそんな高速道路だったと記憶しています。注意して運転をお願いするしかありません。中部横断道は全線自動運転システムにすれば、事故0になるかも??

 

ブツブツ

山梨県議会・・・詳しくはこちらをクリック

3月23日 http://zouroku.com/  です。

つぶやきさんからの投稿です。

 

 

■地域産業が元気か衰退しているのかを知る指標として「公示地価」があります。地価は景気が良い地域は上がり、景気の悪い地域は下がります。21日の国交省発表では、残念ながら山梨県は25年間地価が下がり続けています。つまり山梨県は25年間にわたり不況状態が続いているわけです。

 

電子部品産業、農業、サービス業、観光などの主幹産業といわれる山梨を豊かにする産業の舵取りを行っているのは知事ですが、25年間も不況であることを知りながら何も手を打てない、何のアイデアも持たない歴代知事って何なんでしょうね。

 

申し訳ないが農業政策にしろ観光政策にしろ、そして市街地活性化策にしろ、茂手木さんのフェイスブックには今までより数段マシな政策がごろごろしています。素人でもこれだけのアイデアを持っているのです。私たち山梨県民は25年間もの間知事の選び方を完全に間違っていたようです。

 

こんな情けない山梨県を見限って優秀な企業はどんどん山梨から逃げ出しています。同じ日の新聞に本社機能を県内から首都圏に移転した企業は13社あり、これは全国7番目だそうです。

 

近頃「怠惰な中央商店街がイオンに負けるのは当たり前だ、」という近視眼的な評価がありましたが、イオンが代表する中央資本の巨大企業が地方の富を食いつくし、全国をぺんぺん草の生える草原に変えていることに、お気楽ノーテンキな山梨県民はどうして気がつかないのでしょうか。おかげで就職したくなる優良地場企業がドンドン減っていき、地方には人材が残らない。人材がいないところには発展の要素がありませんから企業が逃げ出す。人口が減る。空き家が増える・・・ということなのです。

 

地元に納税し、地元から人材を採用する地場企業が、稼いだお金を全部東京へ運んでしまう県外資本大企業に勝てなければ山梨県経済の明日はありません。経済がわかる中央との太いパイプを持つ優秀な知事の出現が待たれます。

 

ココから蔵六

    今日は籠池氏の証人喚問を聞きながら書いています。100万円の寄付という話は本当のように感じる人が多いように思いますがどうなんでしょう? その事よりも役人の仕事については不信感を感じます。忖度と言う言葉の限度論は役人も悩むところなのだとお思います。よく聞く話ですが、議員の方が何かしようとする時、便宜を図ってくれるという事です。書類の書き方などはその最たるものだと思います。一般人が同じことをしようとすると、大きなハンデを負うことになります。口利きも大きな影響力を持ちます。国民の多くの方が、口利き、忖度があったと思っています。一般人と差別する事には怒りを感じます。

 

ブツブツ

リニア問題・・詳しくはこちらをクリック

3月21日 http://zouroku.com/

匿名さんからの投稿です。

 

◆はっきり言って甲府駅南口再開発には疑問ばかりです。

■夥しい数の点字ブロック、景観無視の配色で見てて不快、点字ブロックの設置には賛成だが、過剰過ぎる設置と目立つ色で浮いている点は疑問です、もう少し要所を押さえた設置と、歩道の色に合わせて景観保護は出来ないのか?

 

 ■進まぬ工事、いつ通ってもロータリーと歩道の工事が進んでいません、店に休業補償を出してでも、一気に進めようとは思わないのか?

 

 ■なぜオートメーション駐輪場を設けずに、地下に駐輪場を一箇所だけ作ったのか? なぜ駅前通りの要所要所に駐輪場を作らないのか? せっかくロータリーや歩道を新しくしても違法駐輪で溢れかえるなら、新しくした意味が無いと。 再開発で設計や計画に携わった方のセンスを疑います。

 

■なぜロータリーや道をグネグネ曲げて作ったのか?綺麗なだ円形や真っ直ぐな道路を作り土地を有効活用しようとは思わなかったのでしょうか?

 

■歩道を新しくするのは良いけど、雨が降ると若干滑る素材を選択した理由は何故か?なぜ車道の脇に自転車専用レーンを作らず、歩道に看板のみで区別した簡易レーンを設けたのか?

 

ココから蔵六

{C}   この勅語に関しては、「憲法の理念に反する」として1948年に衆議院で「排除決議」が採択され、あわせて参議院でも「失効決議」が採択されている。こんな文章を見つけました。森友学園の子供たちに言わせている教育勅語問題です。教育の政策を遂行するに当たり、上記のような採決に、この森友学園は問題にならないのか疑問という事で書きました。

 

{C}   昨日までの東京都百条委員会を、ところどころ見て(ニュースで)、都議会議員の能力の無さにはあきれました。特に自民党はなれあいでした。石原元知事は晩節をげがしたと思いました。自分の保身しか考えない老人の、哀れな姿でした。と私は思いました。

 

{C}   甲府駅の南口を歩く機会もないので、一度歩いてみようと思います。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

3月18日 

http://www.hanko-concierge.com/14225084609065(花押とは)

蔵六の別サイトです。いろんな事やっているんです。

 

 

■なかなか禁煙ができない方は、この話をお読みください。私の話ではありません。小島さんの話です。

 

たばこにストレスを解消する効果はありません。たばこを吸ったあとに「ストレスが減った」と感じるのは、体内にニコチンが入ることで、ニコチンの離脱症状(イライラや集中困難、落ち着かないなどの禁煙による禁断症状)が消えるのを、ストレス解消だと錯覚しているに過ぎません。

 初めて吸ったときのたばこの味はどうだったでしょう。たいていの場合、気分が悪くなっただけで気持ちがよくなることはなかったはずです。これは、ニコチンを体に入れても、気分をよくする効果はないからです。アルコールを初めて飲んだときに、人を酔わせる効果があるのと対照的ですね。

 

 たばこを吸い続けると、脳がなまけてドーパミン(幸せ気分に関係する脳内ホルモン)が出にくくなります。そして、体内のニコチンが切れると、離脱症状のために食事や仕事など生活全般の幸福感も目減りしていきます。そうした中でたばこを吸うと、体内で減ったニコチンを補給するため、そのときは満足感が得られるようになります。

 

 例えるなら、きつい靴をはき続けたあとにその靴を脱ぐと足がほっとするようなもので、「きつい靴は足のストレスを解消する」とは言えませんね。

 

 逆に禁煙すると、たばこによって起きていたニコチンの離脱症状といった普段のストレスがなくなって、精神的な健康度は上がります。対人関係のトラブルが減ったり、自動車の運転で歩行者や他のドライバーに対して優しくなったりするというのも禁煙外来ではよく聞く話です。

 

 喫煙者の半数がたばこ関連の病気で早死にすることが分かっていますので、吸い続けるよりは無理をしてでもやめたほうが健康にいいでしょう。百歩譲って、ストレスが解消できたとしても、喫煙で健康を害するのでは本末転倒というべきでしょう。ニコチンの離脱症状が続くのはせいぜい1週間です。禁煙は必ず実現できます。

 

・・と、小島正美さんが言っています。

 

ココから蔵六

{C}    蔵六の行動体系に役人に対する事柄があります。役人の体質問題です。個人個人は非常に好感が持てる方が多いのですが、これが組織なると人間が変わってしまうという事であります。村の原理です。何が一番重要なのかと言う観点が欠ける時が多く見られます。今国会の、財務省と防衛庁がいい例だと思います。若い役人の皆さんが、いろんな発想を議論できる環境づくりに役に立ちたいなと思う今日この頃です。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

3月17日 http://zouroku.com/14247607278798

蔵六のリニアのブツブツに横内前知事からご意見をいただきました。

前知事には、当サイトに関心を持っていただきありがとうございます。熱い、熱意を感じます。

 

横内正明いつもながらの卓見に感心しております。


1リニアの新山梨駅への停車頻度については私が知事の時にはまだ本格的議論はされていません。今は建設事業を軌道にのせる時期だからです。しかしダイヤを検討する時期になったら、沿線県市町村、国会議員が結束して在来新幹線並みの停車をJR東海に要求すべきです。JRも地元の思いや今迄の苦労はよくわかっていますから、常識的な結論で収まると思います。

 


2リニア新駅が鉄道駅というより空港に近いというのはそのとおりで、乗降客が県下各地にスムーズに行けるような乗り継ぎ機能を重視すべきです。1週間車を置いても大した負担にならない安い駐車場、バスネットワーク、観光案内所などです。ニュータウンづくりは難しいでしょう。よく長野新幹線佐久平駅が引き合いに出されますが、あれは地元市が区画整理をやり核施設としてイオンを引っ張ってきたから商業施設や住宅が立地したのであり、新幹線の効果は限定的です。とはいえリニア駅周辺には、研究施設、大学、ホテル、通勤客目当てのマンションなどは立地ニーズがあるでしょう。理工系大学の誘致を核とする頭脳産業団地なども魅力的です。

 


3高齢化と外客の増加によりバスネットワークが益々重要になってきます。県は幹線バスネットワークの再編を進めていますが、これに合わせて甲府市始め市町村も最適ネットワークづくりを進めるべきです。県市町村はもっとバスネットワークにお金を投じてもよいと思います。バス停なども屋根と椅子を備えたものに道路予算で整備すべきです。欧米の都市では交通政策が重要課題ですが日本ではそうなっていません。その理由はバス、タクシーなどの許認可権がすべて国にあり、自治体は口を挟む余地が少ないからです。権限移譲が必要です。

 

 

 

 

 

ココから蔵六のブツブツ

{C}   最近、教育勅語の話が話題になっている。大きな背景には日本会議のような組織が影響力を持ってきている事も想像できる。行き過ぎたというような発言も籠池さんが話されていると聞くがこの事かもしれない。判断力もない子供に強いる事は許せない蔵六でもある。この勅語に関しては、「憲法の理念に反する」として1948年に衆議院で「排除決議」が採択され、あわせて参議院でも「失効決議」が採択されている.とサイトにあったが、本当なのか見識ある方にお聞きしたい。できれば山教組の幹部の皆さんに。蔵六の生まれる1年前なので、私には記憶がない!

 

{C}   昨日、当店(BASIE)へ、市の関係者の皆さんのご来店をいただいた。○○部長さん、○○さん、500周年の田村さんも途中顔を出してくれた。百鬼丸さんもご来店いただいた。500周年に協力をいただけるようだ。田村さんに提案したい事も有ったので、いい機会と思った。その内容は・・③へ

 

 

{C}   過日京都に行ってきた。京都には、京都検定と言う制度がある。京都商工会議所が主宰しているようだ。これをヒントに、甲府開府500年検定制度なるものを企画したらどうだろうか・・という提案である。HPを見ていただきたいし、京都の商工会議所から資料を取り寄せ研究したらどうだろうか。奈良とかにもあるかもしれない。これを企画する事により、歴史と言う観点が一本化される、甲府城の説明者の組織もあると聞くし、今、ばらばらにされてる郷土の歴史関係事業をまとめる事により、ストーリーもできるし、無駄は省けるし、子供教育にも使える(大人も勉強になる)。500年の委員応募で当選した川上さんの意見も同じ方向性を持つと思う。そして、5年間で終える。500年は、市民巻き込み、市民一緒に行動し、その後は市民主体性を持って行動する・・・この事を・・・JCでは・・をとが計画・・・という。市政では、協働と言えるプログラムになる。かな??

 

ブツブツ

リニア問題・・詳しくはこちらをクリック

3月16日 http://zouroku.com/624082409

蔵六サイトに投稿をいただきました。

氏名も書いていただいていますが、匿名にて掲載します。このように皆様からの熱い思いをお願いします。

 

■まずイオンの増床ですが、なぜ一々中心街の顔色を伺う必要があるのでしょうか? それこそイオンの勝手だと思います。 自分たちの怠慢と無努力で中心街が衰退して行ったのに、イオンに責任を押し付けるのはお門違いだと思います。 駐車場は数少なく、料金は高い、求めているものが売っておらず、広い映画館も、レンタルビデオ屋もおしゃれなカフェも皆無でキャバクラと居酒屋だらけな中心街と 広く無料の駐車場があり求めている店が集中しているイオン、どちらに行きたいのか一目瞭然ですね。 次に甲府駅南口の再開発ですが、はっきり言って「なんじゃこりゃ?」って箇所が多々あります。 まず県庁前の歩道部分に意味不明のポールの設置、恐らく県庁に出入りする車の出入りに注意という意味かな?と思いますが…はっきり言って通行の邪魔です(そもそも歩道なんですから、注意すべきは車側ですよね?) 最近見たときに早速誰かがぶつけたのか曲がっていました(苦笑) 次に駅前ロータリーの山交前を通って舞鶴城方面に抜ける脇道ですが、一通ではなくて両側対面通行なのに、車がギリギリすれ違えるか?ってレベルの狭さなんです、税金投入して改悪って…いつか事故が起きると思います。 最後に駅前通りに自転車専用道の不設置、歩道との区別を曖昧にして、簡単な看板のみで 、しかも見ると早速違法駐輪がチラホラと…(市も県も放置ですか?) もう何がしたいのか意味不明ですね(ヤレヤレ) 税金の無駄遣いは止めて欲しいですね。

 

 

ココから蔵六

甲府市へ質問をしました。その返答を公開します。蔵六はこのように議員がするべき事をしていただけないい事も多々あり、その責務(議員の)については大きな不満を抱いています。

 

甲府市職員のうち、甲府市外に住む人の割合が30%だと聞きました。 もし、市外に住む職員が市内に住めば、税収はいくら増えますか。 市税の税目ごとにわかる範囲で教えてください

 

①税収について

市外の職員が市内に居住することにより、固定資産税、軽自動車税、市県民税等が増収となる可能性はありますが、各職員の所得や生活実態などにより税額は変化するため、算定は困難です。

 

これまで、甲府市中心街に出してきた補助金の名称と金額を 年度ごとに全て教えてください。

 

②甲府市中心街への補助金については、別表のとおりです。

 

 

市議会本会議を欠席・遅刻・途中退席した議員を教えてください。 期間は平成27年6月、9月、12月、平成28年3月、6月、9月の分です。

 

③市議会本会議を欠席等をした議員について

議員が会議を欠席する場合は、甲府市議会会議規則により届出を行うこととなっておりますが、ご指摘の期間に開かれた本会議を欠席した議員はおりません。

また、本会議の遅刻、途中退席につきましては、定足数を満たしているかの確認のため会議中は把握をしておりますが、記録として残してはおりません。

 

蔵六の疑問

   について

市の職員の給料を把握していないなんて答えはおかしいと思います。以外の収入もあるかもしれませんが、最低な事はわかるはずですが・・

   については

・・一つつづ事業等について聞いていく予定です。

   については

県の議会が流れた時、県の議会事務局に離席した議員名を聞いたのですが、把握していないという、答えをいただきました。

今回の市の答えは、少し違うようです。定足数を確認するために議員の事を把握しているとの答えのような気がします。

ともかくも、役所らしいと思うばかりです。

県民、市民サイドにたった事はしていない事がはっきりします。

 

ブツブツ

 

 

詳しくはこちらをクリック

3月15日  http://zouroku.com/14410828243421(山梨県政)

つぶやきさんの投稿です。

 

■山梨県初の女性副知事として、後藤知事の肝いりで就任した新井副知事の退任が決まりました。新井さんは長野県出身で昭和62年3月に東大を卒業して農林水産省入りし、林野庁森林総合利用・山村振興室長、農水省食品産業企画課長、産業連携課長などキャリアの出世コースを順調に歩まれてきた非常に優秀な方です。

 

この点では東北大学経済学部卒業して昭和55年に農林水産省に入省、平成4年に農林水産省食糧庁輸入課長補佐で終わって衆議院議員を目指した経歴の後藤さんとは格の違う官僚でした。

 

鳴り物入りで山梨県の副知事に就任したものの、活躍の場が与えられず、この一年を振り返っても新聞の記事になったのは去年の5月ツツジの苗木の寄付を受け取ったとか、7月県庁を訪れたJICAボランティアを迎えたとか、12月甲府卸売市場で県産ころ柿をPRしたとか、そんな仕事しか伝わってこなくなりました。

 

そもそも新井副知事は人口問題対策担当として期待され、ご自身も『人口減少は全国で問題となっている。産業やリニア中央新幹線など魅力のある県であり、お手伝いしたい』と就任したときは意欲満々でしたが、その後後藤知事のリンケージ人口構想などの荒唐無稽な公約不履行の言い訳に振り回され、結局実力を発揮できないまま県庁を去ることになりました。

 

312日の新聞にも「県庁として人材を生かし切れていない」という指摘の声もあったと書かれていましたが、後藤さんの下で働いたことにジクジたる思いもおありなのではないでしょうか。県民の一人として「誰が担当しても実現するはずのない『人口100万人構想』」を無理やり担当させられたご苦労をお察し、農水省帰任後のご活躍をお祈り申し上げます。東京に帰っても、山梨のことを嫌わないでくださいね。

 

ココから蔵六

{C}    蔵六も一度、新井副知事とお会いする機会がありました。その時、知事のリーダーシップの事をお聞きしました。新井副知事は、知事が一言、これをやれと言えば、動く組織なんです県庁は、と話されたことを思い出します。後藤知事の一番足りないところを、官僚的な発想しかない点を、指摘したと思いました。しかし、つぶやきさんのような評価しかないのも残念です。誰か、新井副知事の業績を教えてください。

 

{C}    昨日は、公立高校の合格発表がありました。今年は私の孫、大学受験が一人、高校受験が2人おり、すべてが終わりました。南高校の理数に合格しました。近いうちに3人呼んでご馳走する事にしました。お祝いもやると言えば、きっと来ると思います。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

3月13日 http://zouroku.com/

つぶやきさんからの投稿です。

 

■世界に誇る日本の老舗時計メーカーのセイコーの純利益が95%も減少し苦境に立たされています。主な原因は機械式の高級時計が売れなくなってしまったことです。

 

腕時計の歴史を調べるとこれが大変面白いことに気が付きます。1900年にオメガは腕時計を商品化しましたが普及せず、1904年、南米のパイロット、アルベルト・サントスが親友のフランスの時計職人ルイ・カルティエに、操縦に適した腕時計を依頼し、これを製品化したサントス腕時計が販売されたことから、紳士用腕時計の普及が始まりました。それまで1日に何時間も狂っていた誤差が20分に縮む画期的な製品でした。この後から世界中の時計メーカーの間で1秒でも誤差をなくすなどの性能向上競争が行われました。

 

オメガの「スピードマスター」は、19697月、月で宇宙飛行士に着用された最初の時計となり、ロレックスは1926年にグライツ嬢が腕にしたオイスターとともに英仏海峡を横断して有名になりました。100メートル防水仕様のサブマリーナをつくったのもロレックスです。この時「腕時計をして100メートルも潜る人間が世界に何人いるのか」なんて冗談も生まれました。

 

ところが1969年、セイコーが世界で初のクォーツ腕時計アストロンを製造し、水晶振動子の高性能・正確さと低コストのため、それまでの性能競争の意味をなくしてしまいました。

 

さらには、現在はエコドライブ・電波時計の誕生で電池交換もいらず誤差は10万年に1秒といわれている原子時計をもとに送信される標準電波を受信し、自動的に時刻やカレンダーを修正する電波時計が5万円足らずで手に入るようになってしまいました。

 

こうなると消費者は重くて高価な機械式時計より安価で正確な時計を選択するのは当然でしょう。810,000円で売っているグランドセイコーは平均日差+5秒〜-3秒ですが、5万円で売っているアテッサは10万年に1秒しか狂いません。

 

結局セイコーという会社は技術が凄すぎて自分で自分の首を絞めてしまったようなものです。車の世界でも同じようなことが起きています。これまで何十年もかけて高馬力・高性能のガソリンエンジンの開発競争をしてきた自動車メーカーは、電気自動車の登場で性能競争そのものが陳腐化しようとしています。電気モーターを使った車のほうがずっと速く高性能で、しかも構造が簡単なのです。現代は年月をかけ積み上げた高度な技術がある日突然無用になるという恐ろしい時代です。科学技術の進歩って何でしょうね。

ココから蔵六

{C}    後、10年後・・ソフトバンク、ユニクロの電気自動車が販売されます。グーグルの自動車も販売されます。その時、トヨタ・ニッサン・マツダ等々日本のメーカーは???山梨県はリチウム電池の研究にお金をつぎ込むと聞いています。これは先見の目があります。本当ならですが・・そんな研究をしている人材が山梨にいるのでしょうか?? 全国から、世界から人材を呼んでくるくらいの意気込みは感じられませんが??

 

{C}    物にはいろいろの価値観があります。時計もその一つだろうと思います。蔵六は時間が分かればいいので、携帯で十分です。あと何分とか言う時、見やすい時計は利用価値があります・・携帯ではダメです(文字盤が出る携帯を希望します)。オメガ等ブランドには全く興味がありません。昔、父にもらった時計がありました、京都のホテルで見失いました。こういった記念の時計は価格に関係なく大事にしたいものです。でも、ピゲのような歴史ある、人間味ある時計も興味あります(私の想像ですが)。今年、フランスへ行こうと考えています。スイスも行って、工場を見て買いたいなと思います。コンナ、ジッチャカメッヤナ自分が分からなくなります。

 

ブツブツ

甲府市の闇・・詳しくはこちらをクリック

横内正明いつもながらの卓見に感心しております。
1リニアの新山梨駅への停車頻度については私が知事の時にはまだ本格的議論はされていません。今は建設事業を軌道にのせる時期だからです。しかしダイヤを検討する時期になったら、沿線県市町村、国会議員が結束して在来新幹線並みの停車をJR東海に要求すべきです。JRも地元の思いや今迄の苦労はよくわかっていますから、常識的な結論で収まると思います。
2リニア新駅が鉄道駅というより空港に近いというのはそのとおりで、乗降客が県下各地にスムーズに行けるような乗り継ぎ機能を重視すべきです。1週間車を置いても大した負担にならない安い駐車場、バスネットワーク、観光案内所などです。ニュータウンづくりは難しいでしょう。よく長野新幹線佐久平駅が引き合いに出されますが、あれは地元市が区画整理をやり核施設としてイオンを引っ張ってきたから商業施設や住宅が立地したのであり、新幹線の効果は限定的です。とはいえリニア駅周辺には、研究施設、大学、ホテル、通勤客目当てのマンションなどは立地ニーズがあるでしょう。理工系大学の誘致を核とする頭脳産業団地なども魅力的です。
3高齢化と外客の増加によりバスネットワークが益々重要になってきます。県は幹線バスネットワークの再編を進めていますが、これに合わせて甲府市始め市町村も最適ネットワークづくりを進めるべきです。県市町村はもっとバスネットワークにお金を投じてもよいと思います。バス停なども屋根と椅子を備えたものに道路予算で整備すべきです。欧米の都市では交通政策が重要課題ですが日本ではそうなっていません。その理由はバス、タクシーなどの許認可権がすべて国にあり、自治体は口を挟む余地が少ないからです。権限移譲が必要です。

いいね!返信110時間前

甲府の闇・詳しくはこちらをクリック

3月10日 つぶやきさん投稿です。

山日新聞の役割!!

http://zouroku.com/14889360987817 甲府市の闇

 

■マスコミは、三権(行政・立法・司法)に次ぐ「第四の権力」と言われてきました。三権と国民をつなぐ役割を果たすため、国民に対して大きな影響を持つからです。

ところが、海の向こうの米国ではツイッターなどのSNSを駆使して、直接国民と接する「新しい大統領」が誕生しました。いまでは、米国民はマスコミ報道を見る前に、トランプ大統領のSNSを見て情報を得る人も少なくないようです。これはマスコミにとってはまずい状況で、だからトランプ氏に対する批判を強めていると見ることもできるわけです。

 

さて山梨県の第四の権力と言ったらサンニチ新聞ですが、権力と言うなら当然現在の山梨のあり方について責任があるはずです。サンニチ新聞は正義のペンを持って社会の悪と戦っていますか? 事実ではあるが、行政や警察や裁判所が言えない事を県民に伝えていますか?

 

サンニチさんは山教組(山梨県教職員組合)が選挙のたびにやっている「三日選挙」と称する違法すれすれの選挙の実態を、臆することなく県民に伝えていますか? 富士急行が県有地を格安で何十年も借りている利権の実態を正しく県民に伝えていますか? この二つの問題の影響で、現在の山梨県の政治が捻じ曲がっているわけです。

 

結果がよかったかどうかは別にして、マスコミが本来の仕事をしていれば政党支持率からいっても去年の夏の選挙で自民党候補者が敗れることはなかったはずです。サンニチさんが富士急行の県有地利権を正しく伝えていれば、山梨県自民党県連の分裂、仲間割れもとっくに解決しているはずです。さらには民進党の知事と甲府市長が誕生する可能性も、今の県内の政党支持率から言ってあり得ないことです。

 

米国ではトランプ大統領があのニューヨークタイムスやCNNを向こうに回してホンネの政治をやろうと頑張っています。サンニチさん。新聞の発行部数も減っていると聞いています。知りたいことを伝えてくれなければ、新聞を読む価値がなくなるからです。ここはひとつ山梨県のために一肌脱いでもらえませんか。

 

ところで39日の「ごみ撤去・手順に不備」の記事ですが、だれが1億円をもらったのか、何の土地なのか、何で市は1億円も払わなければならなかったのか、肝心な点が全くワカリマセン。ひょっとしたら全国的なニュースになるのかもしれない内容ですが、こういうことを勇気をもって書くことが地方紙の使命の一つなのではないでしょうか。さらなる追加記事を期待します。

 

ココから蔵六

    かなり昔になりますが、ある自治会の役員の使い込みをマスコミに話をして欲しいという事で話をした事があります。その新聞だけが記事にすれば特ダネになるわけですが、そうでもない事がわかりました。それは、そういった事件性がある事柄は、すべてのマスコミで情報を共有するという事でした。言い換えれば、抜け駆けはしません、皆さんマスコミ仲良くやりましょうという事なのだと思います。こんな山梨のマスコミなのです。今は、知りませんが!!

 

    今日の山日の一面に、個人消費悪い5割、3割回復見込みなしとありました。山梨、甲府の不況感の現実を感じる記事です。回復には、賃金の増加、減税が必要と言う認識のようです。日銀の短観とは違うようです。こちらの記事が実態でしょう。山梨の企業の殆どは中小零細です。今、お金を使ってもらいたいのは、将来に不安がなく給料が上がる公務員と、大企業でいい賃金をもらっている社員の皆様でしょうか!! 

 

    さあ、山梨県後藤知事、甲府樋口市長、山梨に支店を持つ大企業の支店長の皆様、毎週1回は、部下や社員を連れて甲府の中心街へ出よう!!

 

ブツブツ

 

詳しくはこちらをクリック

3月7日 蔵六のブツブツ

http://zouroku.com/14837643804340

 

 

■甲府市よりリニアに対する意見を求める募集がある。蔵六なりに考えてみようと思い、基本計画書を印刷し読んでみた。

総花的で、これでは書きようがなく、蔵六の公共交通革命も何回も書いているのでやめる事にした。

その替りではないが、蔵六サイトに書いて皆さんと議論できればいいかなと思う事にした。

 

■そのヒントは、金丸さぶろう市会議員の一言であった。その言葉は『リニアって飛行機ジャン』である。

飛行機なので、甲府に着陸する事は不可能なんです。

東海道新幹線の時、名古屋は無視されるのではないかと思ったそうです。

しかし、名古屋はトヨタがありました。

甲府にはトヨタがありません。

 

しかし、リニアが、飛行機と違うのは、途中で自由に乗り降りができる事なのだという事です。

JR東海の資料によると、おおよそ、一時間に、のぞみ10本、ひかり2本、こだま3本だそうです。

山梨県や甲府市が、勝手に言っている言葉と聞きます。それは『リニアは一時間に1本は甲府に停まる』です。聞くところによると・・JR東海はこんなこと一言も言っていないらしいです。

ココに、大きな、認識と勘違いがあるように思われます。

一時間に、何本のリニアが甲府に停まれる技術があるのでしょうか??

甲府に停まる事は、リニアの意味が半減される事になるのではないでしょうか?

真剣に、甲府市、山梨県は、JR東海と話をしているのでしょうか?

疑問です?? 

 

■私がJCの理事長時代の38歳の時、リニア構想が持ち上がった事もあり、JCを政策する行動集団に体質を変えるという私の考えもあり、12月の最後の例会に、大阪の天野こうぞう先生を招き、コリドール構想なるものを聞いた記憶がある。リニアが通る各地域ビジョンのような話だったように思う。違ったら教えてくれ。

 

こんな事を書くのも、リニア構想における、山梨、甲府ビジョンが心配だからである。

行政の皆様は、リニアの本質、飛行機である議論をして欲しい。リニアを夢のようなものにするには、県民挙げて議論の輪を広げなければならないと思う。

行政のような総花的な議論ではダメなような気がする。     ■つづく

リニア問題・・詳しくはこちらをクリック

3月6日 つぶやきさんの投稿です。

http://zouroku.com/14837643754934

 

■総務省統計で山梨県の子育て世帯の相対的貧困率は8.96%、約9パーセントの世帯の子供がいわゆる貧困家庭の児童といわれる生活を送っているわけです。子育て世帯の相対的貧困率が高いところは学校給食費滞納率が高く、生活保護受給世帯やひとり親家庭が多いことがはっきりしています。

 

山梨県には約7万人の幼稚園児・小・中学校児童がいますから、このうちの6千人がいわゆる貧困家庭に育っているわけです。新しい洋服や靴も買えない。家族で食事に出たこともない。ディズニーランドなんか夢のまた夢という子供たちです。

 

山梨県はこの子供たちの実態調査をすると言っていますが、そんな数字はわざわざ調べなくても国税庁がすでに詳細に発表しています。問題はこの子供たちに対して行政が何ができるのかということでしょう。貧しいということはお金が足りないということですから、この子たちを救うにはお金を無償で配るしかないわけですが、行政はそんなことはできません。それができなければこの「貧困調査」は何の意味もないことです。

 

山梨県には24千人の公務員が居て、「民間並み」という妙な理屈をつけて年々自分たちの給料をアップして県職員は平均671万円もの年収があるわけです。年収671万円の人が年収200万円以下の家庭を訪問して「何か困っていますか?」なんて質問する姿は、コッケイを通り越して失礼千万の話です。

 

山梨県の公務員がお手盛りで上げ続けた自分たちの年収の中から20パーセントを貧困家庭の児童に贈ったら、貧困家庭の児童一人一人に53万円の贈り物ができる計算になります。これが実現したら(しないでしょうが)、山梨県における貧困児童問題は一挙に解決です。どうですか公務員の皆さん。それでもあなた方は貧困家庭の児童問題に取り組みますか。貧困家庭を訪問して調査を行う勇気がありますか。仏教ではこういう行為を「偽善」と言います。それを行う人を「偽善者」と呼びます。

 

 

ココから蔵六

{C}    レトポンが廃止になるという新聞記事をサイトに過日掲載したが、年間の運用資金480万円、市が半分、商店街連盟が半分という事だった。蔵六が聞いた話ですが、この商店街連盟の280万円は岡島が出しているとの事らしい。中央商店街連盟の事業報告書と決算賞を公開して欲しいが、何時総会が開かれているのかも含め聞いてみようかな。

 

{C}    3月4日、蔵六は最後の小池塾の勉強会に出席してきた。小池さんの話は、今のマスコミ等の領域を超えるような話はなかったが、大義と共感、これが小池都政の柱である。ビデオ放映も会員は出来るので時間を見て、再度見てみようと思う。聞けなかった弘兼憲史氏の話も聞こう。山梨の知事と甲府の市長の柱は何だろうか・・と考えたが浮かんでこなかった。教えて欲しい!! 講演には徳川宗家の方が面白い提案をした。首都大学、元の東京教育大学らしいが、1000人の授業料を無料にして、全国、国外から人材を集める・・人を育てる政策提案だった。東京は金があるならこれくらいの事やったらいい!!多摩地区がいいとの事、東京で一番遅れている地域だそうだが(蔵六にはそう聞こえた)この地区に、寮も併設する、いい人材が集まるぞ!!!街づくりにも役に立つ、このくらいの政策を山梨の役人に求める事は無理かな??

 

{C}    そのまま大阪に向った。業界の展示会を見学、京都の漢字ミュージアム等々はともかくとして、大阪の南の歓楽街は人人人だった。今夜、蔵六のBARへ来ると、聖護院八つ橋(私のJC時代の友人の会社)が食べられる。1000円でハイボールが2杯飲める。今日のテーマは、山梨県と甲府市の次年度予算案の議論だ、テーマは行革・・行革については知事も市長も関心がないように思われるがどうなのか?? 教えてください。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

蔵六のブツブツです。

つぶやきさんが休業中なのでさびしい気がしています。

楽しみにしている読者も多いので早く元気になってください。

 

3月議会が始まっています。蔵六は議員の皆様に市に聞いて欲しいいくつかの事を過日手紙にてお願いをいたしました。

その一つ、議事録の公開を早く!!!

一市民の声、届くでしょうか??

12月議会の議事録も公開されたので時間をつくり読もうと思います。

YCCと言う会社が、言葉を話すとスマホやタブレットに、言葉が出てくる装置を開発した事をテレビで見た。

この機械を使えば、早くなると思う。全国の議会へ売り込んだらいかがでしょうか!!

 

 

http://zouroku.com/14837643754934

これはうれしいニュースです。久しぶりに県の動きをほめたいと思います。貧困問題に手を付けたようです。貧困状況の実態を調査するとの事です。遅すぎる感もありますが、動かない甲府市も動くように指導をお願いしたいと思います。樋口市長の子供政策優先を実行してください。そして、食と教育を柱に政策を動かして欲しいと思います。18歳の高校卒業まで、教育費、医療費等無料政策・・中学まで給食無料政策・・・民間のフードバンクなど素晴らしいと感じています。蔵六のできる事しますので、ご遠慮なくご連絡ください。

 

■今日は、下記のような質問を甲府市へお聞きします。

 

甲府市職員のうち、甲府市外に住む人の割合が30%だと聞きました。 もし、市外に住む職員が市内に住めば、税収はいくら増えますか。 市税の税目ごとにわかる範囲で教えてください

 

これまで、甲府市中心街に出してきた補助金の名称と金額を 年度ごとに全て教えてください。

 

http://zouroku.com/14375388857410

中心街を走る・・レトポン・・・税金の無駄遣い・・まではいわないが中心街を走る・・レトポン・・・・・運営に頭を使っていないいい例である。おそらく、何にも考えていなのだろう。商店街連盟も知恵がない・・・イオンに金を出していただいたらと・・ため口も言いたくなる。市は2000万円と運営費480万円の半分を負担らしい。会議所も2000万円出している。えびす講まつり、七夕まつり、中心街へ補助金出すの止めよう議員の発言も聞く。夜の中心街構想もある。また、同日の新聞に、地域交通の将来という事で、コミニュテイバス強化の模索と言う意見も出たようだ・・蔵六の提唱する公共交通革命こそ今だと言っておく。

 

 

 

市議会本会議を欠席・遅刻・途中退席した議員を教えてください。 期間は平成27年6月、9月、12月、平成28年3月、6月、9月の分です。

 

ブツブツ

甲府市政・・詳しくはこちらをクリック

2月15 日   つぶやきをいただきました。

http://zouroku.com/14410828243421

(アリアの債権放棄問題・後藤県政検証問題)

 

■後藤知事は再選を目指すためにウルトラC的なアイデアをさりげなく発表しました。210日のサンニチ新聞です。

 

後藤知事は地方創生やリニア開業をふまえ、各地に住民や団体が意見を言える「地域創生連絡会議」を置く考えを表明。一方、自身の支持基盤づくりで全県を網羅する衆議院時代と違う後援会を設立する方針を示した。

 

ということなんですが、連絡会議を作らなければ知事に物が言えないわけがありませんから、「地域創生連絡会議」というもっともらしい名前をつけて、実は、役人を使って官費で県下各地に自分の選対支部をつくると言っているようなものです。身銭は切らずに自分の後援会が出来上がるのですから、こんなにおいしい話はありません。みんなから「一期で終わりだろう」と言われ、後援会作りがママならない後藤さんが編み出した苦肉の策ですが、自民党支持者の皆さんは良く考えてこの連絡会議に参加してくださいね。

 

それに「衆議院時代と違う後援会作り」というのは、支持率が低迷している民進党では次の選挙に勝てそうも無いから、山教組(山梨県教職員組合)、自治労離れをしたいということがミエミエです。これは引退して力が衰えた輿石さんへの裏切り行為で、はたから見ると良くこんなことが言えるなという思いもしますが、民進とはモメルでしょうね。

 

「自民党を励ます会」ができて、山梨県自民党も「これじゃいかん」とやっと目を覚まし始めました。堀内さんが亡くなり、輿石さんが引退し、去年の夏の選挙で自民党候補が惨敗したことが山梨県の政治地図を塗り替えようとしています。堀内詔子さんは「脱富士急行」の後援会作りを再構築するというところまで追い込まれています。2区のつばぜり合いはますます激しさを増し、このままでは確実に自民党県連の分裂は避けられないでしょう。

 

ま、県民としては、民進知事は早くやめにしてもらって、政党支持率どおりの知事が誕生して、中央からどんどん金と仕事を引っ張ってきてくれて、少しは夢と希望のある生活を送ることが出来さえすれば、それに越したことはないという気持ちです。

 

ココから蔵六

    アリアにまたまた税金がつぎ込まれる事になった。この責任は誰がとってくれるのだろうか? 2月県議会にて審議されるとの事、議員の発言に注目したい。豊洲の問題と重なる。この時の知事や議員や役員や協同組合の責任者等々、含め、県民に説明責任があると思う。今の議員の皆さんにそれができるのかも見極めたいな。

 

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

215日 つぶやきをいただきました。

http://zouroku.com/14410828243421

 

4600億円の2017年度県予算のうち、県税収入はたったの2割だけ。3割が国からの地方交付税。2割が借金と預金の取り崩しです。

 

これは年収が170万円しかない家庭が、年収600万円のような生活をしているのと同じです。普通の感覚の人ならこんな見栄っ張りと言うか、無理な生活設計を立てませんが、県予算となるとなぜか平気でこういうことをやってしまうわけです。

 

国はどうして1287億円ものお金を毎年山梨県にくれるのかと言うと、大企業が山梨県民から吸い上げた利益を国税として吸い上げ、省庁のひも付きで地方に分配しているからです。したがって地方は国の言うことは何でも素直に聞く仕組みになっているわけです。地方交付税というのは儲けすぎを分け与えているだけで、決して思いやりではありません。

 

ところが最近大企業が地方の金を吸い上げすぎて、というより地方が衰退しすぎて貧乏地方と金持ち中央の格差が広がりすぎてしまいました。ガマンが美徳とされる日本でもさすがにこの格差は限界になり、地方の反乱が起きそうになりました。

 

地方の反乱で国が最も恐れるのは、地方に本社を持たず、稼いだ利益を東京で納税している大企業の商品を買わない、全国チェーン店へ行かない運動です。つまりトランプの言っている「アメリカン・ファースト」と同じです。これと同じことを全国の貧乏地方にやられたら、国も自民党も立ち行かなくなります。そこでちょっと地方寄りに振り子を戻そうとして始めたのが国の「地方創生」事業ですが、見事に失敗しました。

 

どうして失敗したのかと言うと、地方振興の新しいアイデアがゼンゼンと言っていいほど出てこなかったからです。これで今の貧乏地方に人材がいないことがハッキリしてしまいました。これではいつまでたっても大企業の全国展開に勝てるわけがありません。大企業勤務と地方の零細企業勤務とでは生涯賃金が違いすぎて、優秀な若者は地方に帰ってきません。オギノは山梨県の代表的な企業の一つですが、東大や早稲田を出てオギノに就職したいと言ったら変わり者扱いされます。

 

そうは言っても地方は負けてばっかりではいられません。ではどうしたら良いのかというと、それはトランプが教えてくれた「ヤマナシ・ファースト」です。とりあえず山梨県民はイオンに行くのをやめて、オギノ・いちやま・やまとで買い物をすることです。洋服は近くの洋品店で買い、外食は近くの食堂で食べ、電気製品は近くの電気店で買うことです。

そしたら県内企業の社員の給料も上がり県の税収もかなりアップします。確実にヤマナシが良くなります。簡単でしょ?

 

 

 

ココから蔵六

    蔵六は市議会が閉会するたびに、その議事録等を読んで、議員の皆様に一市民の声なき声を届け、いい質問、問題提起、市政への意見、議員への意見を発信してきました。すでに6回目になります。今回は、アンケートをお願いしました。その内容は、議員の情報発信と市民の意見の吸い上げ方等々です。すでに3名の議員から返信をいただいています。なお、今回お送りした資料を近いうちに蔵六ドットコムに公開しますし、いただきました市会議員の皆様の考えも公開していきたいと思います。

 

    山梨県バス交通ネットワーク再生計画の素案が出来合って、それに対する意見を求めているとの記事を読み、15日までという事で、日曜日に蔵六の意見を書いてみた。これも近いうちに蔵六ドットコムへ掲載します。素案には今、将来の問題点が殆ど網羅されていると感じました。ただ、蔵六は県内バスの全体像はわかりませんので、甲府に限り意見を書いてみました。皆さんも感じていると思いますが、バスに乗っている人、見ますか?? 山交には補助金一億円と聞いています。

 

 

    山梨の政治も3年目に入るという事で、最近の新聞記事には市政、県政の検証記事が多い。2年後の選挙も視野に入ってきているという事だろう。辛口のつぶやきに期待したい。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

2月10日 http://zouroku.com/14247612881205

つぶやき投稿です。

 

■デュオヒルズで中心市街地を活性化しようと考えたまでは良かったんですが、デュオヒルズの商業スペースなるものが当初の期待と違って「それほどのものじゃない」ことに気が付いた甲府市のお役人は、ここに、国・県・市合わせて10億円も補助金をつぎ込んじゃった手前、もしココリのようになったら担当者の責任追及は免れないことがわかり、それではこの商業スペースの利用法は市民の皆さんが提案し、市はそれに従ったという形にしようと「中心市街地まちづくり会議」なるものを立ち上げました。お役人の責任逃れの典型的手法です。

 

そもそも論ですが、中心市街地のド真ん中にある旧銀座ビルをなんとかして、賑わいを作り出そうという発想は間違いではありませんでした。ところがマンション業者は商売ですから、マンションが完売すれば一件落着です。業者にすれば「何とかしてください」と市から頼まれたから、それじゃ一階の春日通りに面した5分の一ほどのスペースを商業施設にすると言ったんだ。でも家賃は普通の値段でしっかりいただきますよ・・・ということなんでしょう。

 

市の担当者にすれば「え?」てなものです。10億円も出してただの店舗を一階のわずかなスペースに作っただけですか、そりゃああんまりです・・・なんてやり取りがあったかどうかは知りませんが、昼間人っ子一人歩いていない場所に100坪で毎月100万円も家賃を払って店を出そうなんて奇特な人が、いまどきいるわけがありません。ここで成り立つとしたらキャバクラかフィリピンパブくらいのものでしょう。

 

そもそも、またそもそもですが、こんな計画は補助金申請時点で分かり切っていたことです。なぜこんな計画に10億円もの補助金をつけちゃったんでしょうね。

 

たぶん、たぶんですが、市の担当者はマンション業者側に過大な期待をかけたものの、マンション業者は商売ですから、結局最初から「中心市街地の起爆剤」になんかなりっこないことが解りきっている形で押し切られたんでしょうね。

 

そこで市の担当者が考えた責任逃れの切り札が、「市民の意見でこうなった」ということにしよう。「市は市民の意見に従っただけなんです」ということにすれば、入居者が決まるまいが、閑古鳥が鳴こうが知ったこっちゃない・・・というわけです。

 

これじゃ、何年たっても中心市街地の活性化なんてできるわけがありませんね。

 

ココから蔵六

{C}    ココリのマンションから上がる税金はいくらになるか教えてください。50億(忘れました)とか言われる税金をつぎ込んで、ここから上がる税収(新たな)がどの位あり、そういった面では成果が上がっているという話を聞きました。正確な事(数字含め)を教えてください。政策的にはあり得る話です。一方、活性化という面では、少し評価ができる点もあります。しかし、人は歩いていません。終末的な銀座通り程ではありませんが、ココリの宝飾店も撤退しました。なんとかいうコーヒー店も撤退するでしょう。イオンは最後まで残らざるをえないでしょう。もう、中心街に補助金を入れる事は止めましょう。貧困の子供たちの食や教育を優先させましょう。樋口市長の一声です。

 

{C}    さて、つぶやきのディオヒルズ・・ここも、税金という観点からみると、税収はどのくらい増えるのかまちづくり活性化委員会で議論したのでしょうか?? 議論なんかするわけはありませんでした。想像です・・・マンションが完成しました。マンションの前には、キャパクラの客引きが大勢(若者が多い)たむろしている姿が見えます。タバコは吸い放題です。怖くて家族連れや、可愛い女の子たちは避けます。益々、中心街は夜の街を模索せざるをえなくなります。これを何とかするのは、中央商店街連盟と警察と商工会議所と甲府市です。ついでに、イオンにも協力を求めたらどうでしょうか!やる気はないと思いますが・・・

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

28日 http://zouroku.com/14247612881205

つぶやきです。

 

■銀座ビル跡地につくられるデュオヒルズの商業スペースの活用法を、補助金の言い訳に市から委託され昨年8月上旬から協議を重ねてきた「中心市街地まちづくり会議」は、「みんなで考えた結果ビジネスモデルとして成り立つ業種はなかったので、採算性をはずした上で提案したい。」と言っているそうだ。

 

デュオヒルズ側は最初から一階の商業スペースをきちんと家賃を取って貸すといっている。採算が取れない利用法を考えて誰がこのスペースを借りようというのか。そんな人は居るわけがない。そしてまたこんな状態でデュオヒルズが中心街活性化の起爆剤になるわけが無い。デュオヒルズ1階にある商業スペースのまともな活用案が出なかった場合、この会議を企画した甲府市の担当者は、10億円も補助金を投入して多大な税金の無駄遣いをしたことの責任を取るべきだろう。

 

もしこのスペースで中心街活性化のための商売を自分でリスクを負ってやろうとする経営者が現れなかった場合は、甲府市はどうするつもりなのか。

まさか市が借り切って子供の遊び場や、市民のふれあいナンタラや開府ナンタラの施設をつくるんじゃないでしょうな。そんなことをしたらその施設の運営費だけで年間何千万もの赤字をさらにつくる施設になってしまう。それだけはやめて欲しい。

 

今思うと、商業施設を考えるのだから、この委員会には一流の経営者をもっと揃えるべきだった。商売を知らない学者や団体の代表を集めても意味がなかったといえる。そう考えると、商人として、経営者として成功している茂手木さんをなんで委員からはずしたのか。甲府市担当者の意図がマッタク見えてこない。

 

 

ココから蔵六

    久しぶりに中心街の投稿をいただきました。中心街のまちづくり会議には蔵六はものすごく違和感を持っています。怒りになっています。昨年の8月に答申を出したまでは聞いていますが、その後、半年も何もしない会議です。甲府市政の大きなテーマ、中心街の活性化問題を討議する会議ではなかったようです。ディヒルズの補助金の為の会議のようです。蔵六は近日中に委員全員に『あなた方はこんな事で委員の責任をはたしていますか』を送るつもりです。

 

    昨日私の店に来たお客様、銀座通りの8時頃の写真を撮ってきたと言い見せてくれました。人一人いません。野良猫もいません・・・・こんな甲府の中心街です。昨年の12月議会で、中心街の活性化で補助金やめたら・・夜の中心街の活性化を考えたら・・そして今年・・イオンに全面的に降伏した商店街連盟・・・成田で県産品のPRが、甲府の商店の活性化??・・・オカシインジャないの・・・と思う蔵六でした。ここ樋口市政、後藤県政の山日特集・・・よく読んで・・・ブツブツ言おう。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

http://zouroku.com/ です。いただいたつぶやきです。

 

 

26日のつぶやき

 

つぶやきで大統領選挙を勝ち抜き、つぶやきでアメリカを動かしているトランプ大統領。今や全世界のマスコミや経済界や政治家が彼のつぶやきに注目し、今日は何とつぶやいたのかと、毎日チェックを欠かさないという。つぶやきが世界を変えている。

 

それにしてもトランプは頭がいい。彼は根っからマスコミを信じていない。記者会見しても発言は編集されることを知っている。だからツイッターでつぶやく。仕方なくマスコミはそれを報道するが、短すぎて編集できない。しかもつぶやきは単なる独り言だといえば公式発言ではないから、どんなムチャクチャでも発言できる。言いたい放題のムチャクチャに正面からけんかを売るマスコミもいない。ものすごくよく計算された作戦だ。

 

日本でもマスコミの信用度が低下している。馴れ合いの記者クラブ制度や、金太郎飴のような共同通信のニュース配信、NHKのもっともらしいが実は偏向しているニュース解説、電通のメディア支配なんかの裏話がSNSによって次々に明るみに出て、人々はテレビのコメンテーターの意見をまともに受け取らないようになってしまった。次の総選挙は日本もアメリカ同様エライ事になるだろう。朝日新聞の慰安婦捏造謝罪で新聞はすでに末期症状で、テレビCMの効果もドンドン下がり、テレビ局の存立さえ危うくなっている。自分たちの撒いた種だ。

 

誰も知らない歌手が受賞する日本レコード大賞。ジャニーズ事務所のジャニーズ事務所による紅白歌合戦。軒並み一ケタ台視聴率のテレビドラマ。年末のテレビはひどかった。

 

ココから蔵六

    蔵六は2年前の選挙から、甲府市議会の議事録を読み、都度、議員の皆様に蔵六便りをお送りしてきました。今回で6回目になります。これは、次期選挙の時に議員通信簿を公開し、市民の皆様の投票に生かしてもらいたいという事、議員も緊張感持って議員活動をしていただきたいという蔵六の気持ちが根っ子にあります。これを続けていく中で、役人の仕事の内容についていろいろな疑問が出てきたこと、市政の改革や改良をした方が良い事、長期ビジョンや将来の甲府市のあり方に疑問、無駄な税金の使い方等々、いろんな事がでてきました。今回、いろいろの内容含め、9月議会の分がやっと送れる状況になり今日発送いたします。サイトには一部公開しますが、希望者には議員に送った資料と同じものをお送りいたします。サイトより申し込みください。

 

    千代田区長選挙が小池陣営の圧倒的勝利で終りました。松山が勝ちました。すごい!既存の政治に区民が何かを感じている事は間違いないようです。その気持ちが結果として出ているような気がします。蔵六が思う点です・・・いま、給料が上がって、安定しているのは大企業社員と公務員です(議員も入ると思います)。発言もできず、流れるままに右往左往しているのが一般と言われる人たちです。アメリカ的にはしいたげられた白人の皆様という事になると思います。日本的には、中小零細企業の皆さんだと思います。老人も入るかもしれません。この方たちは、自民党を支えてきた人たちです。この方たちの変遷が時代を左右する時がくるかどうかわかりません。民進党はどうにもなりませんので。こんな感じで当分続く世の中かな。

 

ブツブツ

 

県立図書館駐車場問題・・・詳しくはこちらをクリック

2月3日 http://zouroku.com/14837643754934

投稿をいただきました。

<公務員と災害協定を結ぼう。タダ働きが嫌だというなら、根拠を作ってしまえばイイ。公務員のボランティア活動の促進案>

 

大きな災害が起きたとき、甲府市は自治会と協力して住民の避難や救助、避難所の食料支援などを行うことになっている。

 

しかし、ある自治会長が、こう嘆いていた。「公務員が防災訓練に積極的に関わろうとしない」。なぜか。土日に行う防災訓練やその準備に参加したとしても、残業代がつかないからだ。自治会のみなさんはボランティアで参加しているにも関わらず、公務員はボランティアはできないというのだろうか。

 

 甲府市に確認すると、防災担当課の職員は(業務として)参加しているという。だが、実際の災害時には防災担当課は市役所にあって全体のまとめをするのであって、現場で活動するのは、その地域に住む指定された職員である。防災課の職員ではない。

その職員が防災訓練に関わろうとしないで、災害時にスムーズな住民支援が行えるのだろうか。

 

 この状況を改善する方法を考えていところ、災害協定が利用できないかと思いついた。4月に起きた熊本地震の惨状を目にしたからか、改めて災害時の体制を確立する必要性が叫ばれている。

甲府市や山梨県も、民間企業と災害協定を結んで、非常時に物資の輸送や水や食料の供出などの協力体制を作ったというニュースを良く目にするようになった。

 

ニュースを観ていて、ひとつ考えたことがある。これって、無償なのだろうか、有償なのだろうか。

 調べてみると、両方あるらしい。例えば、伊藤園が自治体と結んでいる災害協定では、自動販売機の飲料を無償で提供することになっている。また、測量や設計を行う企業は、建物の被災状況の初期調査を無償で行う協定もある。いわば、企業が非常事態に対してボランティアで協力するわけである。

 

これを公務員にも適用できないだろうか。もちろん、災害時には出勤して動くことになるだろうから、対象は防災訓練などの事前の準備だ。職員組合と役所が災害協定を結んで、防災訓練は無償で参加すると規定できないか。理由がないからできないと職員が言うなら、根拠を作ってやればいい。

 

 かつて、市職員OBはこう言いった。「自治会は任意団体のボランティアなんだから市は金を出さん」。

その発言に対して、じゃあ、防災時の協力もボランティアなんだから、やるもやらないも自治会の自由なんですねと尋ねた。

すると職員OBは「緊急事態なのだから協力するのは当然だ」と言い放ったのである

 

。公務員に対してこそ言うべき台詞だろう。本来はこんな協定がなくても自発的に協力するのが筋だとは思うが、自分でできないのであればしょうがない。

住民に奉仕するために公務員の職を選んだのだろうから、反対はすまい。なんのために公務員になったのか、いまいちど考え直してみるがいい。

 

 

ココから蔵六

{C}    甲府商店街店主殿へ 街の活性化はドンドン大型ショッピング店を勧誘することで、若者達も居残り 自然に旧商店街も潤います。都心が近いので逃げますよ。 

    小野田(76歳)・・・昨日の投稿にご意見いただきました。

 

{C}    甲府市の公務員・・蔵六は役人と呼ぶ・・・の3割は甲府市に住んでいない。甲府に住む7割の役人たちの人たちで自治会に協

力している役員は何人いるんだろう。消防員も不足しているという。役人には地域活動に強制的に義務化させるのがいいと思う。その評価は昇級時の採点に加えればいい。甲府市の役員の場合、10人いれば、一人は使い物にならないという役人の言葉を聞く。その埋め合わせは他の9人でする。お手当ては皆同じだそうだ。もつと、厳しい評価基準を望みたいと思った。甲府に住んでいない役人たちにはなにかのペナルティを課す。何かトランプみたいになりそう!! いやだね!! 

 

{C}    安倍総理は2021年ころまで総理をやる続けるらしい。どうしょうもない民進党なので自民党一人勝ちで国政は継続すると見る。全国で民進党知事、市長が政治の中心にいるのは山梨と、佐賀と、滋賀と聞く(間違っていたら教えてください)。残念ながらこの県にはお金が来ない事に自民党の論理からするとなっているらしい。山梨の建築土木の衰退が激しいそうだ。ファナックも減収減益と新聞報道。税金も減るのだろう。

 

ブツブツ

 

甲府議会改革・・詳しくはこちらをクリック

2月2日 http://zouroku.com/ です。節分前日!!

 

■つぶやき(新しい投稿のスタイルでしょうか?・・蔵六はブツブツです)

 

2010年から2015年の5年間に、山梨から出ていった人(転出)が41千人、山梨に入ってきた人(転入)が42千人。これだけ見ると人口流出が止まってメデタシメデタシのようだが、未来を担う貴重な若者が転出し、人生の終わりを故郷で過ごそうという老人が増えただけでは意味がない。

 

アメリカ国民は「メキシコとの国境に壁を建設する」という大統領を選挙で選んだ。トランプは就任早々その通りに大統領令に署名した。壁の建設が良いのか悪いのかは別にして、政治家というものはこうでなくてはいけない。公約を並べただけで何にも実行しないどこかの知事とは大違いだ。

 

ODAの調査でウズベキスタンを訪れ「議員として一皮むけた」と胸を張っていた宮沢議員。オイオイ、たかが海外に一回行っただけで「一皮むけた」では困るんだよ。そんな人生勉強は議員になる前に済ませてから立候補してくれ。

 

千代田区長選挙で5選を目指す75歳の老人を支持することにした小池都知事。何千人も小池塾に集まったんだから、もう少しマシな候補者が選べなかったのか。単に小池ブームに乗って当選したいだけの老人を支持した小池さんが解らない。

 

ココから蔵六

    http://zouroku.com/14837643754934  子供貧困門題に取り組んで、行動している皆さんに敬意をはらいたい。蔵六も何か行動をと考えているが、皆さんの声を聞きたい。

食・医療・教育・社会へのチャレンジ、は公正で公平な環境をと思う。蔵六にできる事教えてください。今年の私のテーマです。

 

    http://zouroku.com/1483426671621開府500年問題(蔵六はあえて問題という言葉を使う事にした)、一人くらい辛口でいう人間がいてもいいかなという気持ちである。一番心配なのは、役人の考えた事に、追従する実行委員会で、そこには市民がいないという点である。甲府市民に何にも残らない500年になる可能性も有ると思いつつ、将来を背負う子供達に甲府を好きでいて欲しいと思う蔵六でもある。蔵六は委員募集に落選、当選した方の論文の公開を要求しようと思う。蔵六はこのサイトに公開したが、ある人曰く『政策提言はいいが、与えられたテーマとかけ離れている』・・そういえばその通りだ。500年と人??・だったかなテーマは?

 

    甲府市の議会の議事録が遅いので、市会議員の皆さんに早くなるように(公開を)お願いをする事にした。9月議会の議事録が、11月30日に公開、委員会議事録は12月6日に公開・・誰が見ても遅いと思うと思います。AI/人工知能の世界の話を聞くと、翻訳の世界は人間の能力を超える技術特異点をすでに実現しているといいます。自分の思うまま人に喋らしたりすることもできるという。そういえば、タブレットに話しかければ、文字が出てきていることはすごいなあと思った。ならば、議事録なんて簡単な事になる。早くやれと言いたい。市の職員はAIの進化を勉強した方が良い。

 

    甲府市政の検証のような事を山日新聞が始めた。とてもいいことだと思う。トランプとCNNまではと思うが、姿勢はかいたいと思う。植田祐作、山本文香記者の署名がある。がんばれ!! とエールを贈ろう。話は代わるが、三沢耕一という毎日新聞の記者・・何年か前に甲府にいて署名記事を見て頭に名前が残っていた、今、イギリスに記者として派遣されている。その彼が、私の店に顔を出してくれた(金丸さぶろう議員がつれてきてくれた)。今、私の同級生の三澤君(グレイスワインに社長)がロンドンにいるが(甲州ワインPR活動と思う、知事も市長も行くとの事である)・・・毎日新聞の三沢記者は、甲州のワインがヨーロッパにというような事は知らなかったとの事である。まだまだ、PR不足とこちらで感じる成果と、実態がかけ離れたいるのかなあと感じた。多分、ロンドンで会って、甲州ワインのPRを現地記者として応援してくれると思う。

 

ブツブツ

 

次の県議選で落選させる人達・・・詳しくはこちらをクリック

日本人の心『和』これが問題かも

ある新聞記事を読み感じました。

 

◆昭和16年夏に出した一つの結論がある。緒戦は勝、国力の差から劣勢になり、必ず負けるという事であった。

時の政府は総合力研究所なるものをつくり、各省や軍部から優れた優秀な若手約40人を集め、日米が戦ったらどうなるのかを問うたと聞く。

 

◆時の東条英樹陸相は、これはあくまでも机上の演習であり、実際の戦争は君たちの考えるようなものでない、日露戦争でも日本は勝った・と一蹴したという。

 

◆結果は皆さまご承知の通りであります。

 

時の優秀な、陸軍、海軍、東大卒の官僚の皆さんが戦争を先導しました。

 

 

■さて、現代・・今の日本であり・・将来の日本であります。

人口が、私のような団塊の世代が死ぬと、日本は大きく変わると思います。

団塊の世代は、2025年には、75歳を迎え、多くの団塊の世代の人が亡くなる一方、100歳以上も増える、そして・・・社会保障費、医療介護に金がかかる。その内、人口も下げ止まりになる・・・、

 

2040年まで・・・この15年間が日本の分水嶺になる。

分かっていて、何にもできない、しようとしない、この国は敗戦という形を再度とるのかもしれない・・・ネガティブな蔵六は将来を危ぶむ!

 

一方・・・・地方山梨県甲府市・・

◆人口が減り地方はさんさんたる状況になり、都市部では高齢者が急増し医療や介護の費用が増え、財政はパンク状態になり、介護で身動きできない家族が相次ぎ・・・限界集落ばかりになり・・こんな現実になるかもです?

 

これを乗り越える長期展望を何故、今、語らないのか・ここに日本人の『和』が存在するという。

 

◆日本人は、物事を容易にできる事を妄想し、現実に立脚しない希望的判断をする民族であると・・言う方もいる。

 

◆日本人が冷静で現実的な判断ができないのは『和』を優先する精神だともいう。

 

◆明治維新と戦後のみ『和』では日本が動かなかった時代であるともいう。

 

蔵六は、日本で一番頭のいい、東大法学部卒の人たち集まる、その世界に危険を感じる一人でもある。その方たちが、日本の影の羅針盤であるから。

山梨県庁、甲府市役所は、国を動かす人より少し(?)レベルは落ちるが、体質は同じ危険性を持つと感じるのは私だけではないと思う。

 

こんな事考えてみました。ナガテイブな蔵六です。

 

 

甲府市政・・詳しくはこちらをクリック

1月26日 http://zouroku.com/14619832725134

 

◆汚職や腐敗のない世界を目指すNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(本部ベルリン)は25日、各国公的部門の2016年「汚職番付」を発表した。

 

アジアの順位は、汚職度が低い順に(清潔度が高い順に)16位香港、20位日本、34位台湾、52位韓国、81位中国、82位インド、87位モンゴル、100位スリランカ、104位フィリピン、115位ベトナム、126位ラオス、133位ネパール、174位北朝鮮と発表された。

 

ま、これを見ると、やっぱり汚職が横行している国は将来性も発展性もないってことがよくわかる。

 

ところで日本の中で飛びぬけて汚職度が高いところが山梨県。山梨県では学校の先生の採用、昇進が山教組(山梨県教職員組合)の支配下にあり、汚染度はいまや北朝鮮並みだと言う人もいる。

 

詳しくはこちらに↓

http://zouroku.com/14332127563518

 

だから山梨県には夢も希望も将来性もない。こんなことしてちゃだめなんだ。

 

ココから蔵六

{C}    23日の新聞に保守王国復活へ一丸というタイトルで議員のOB会が発足、自民党をはげます会というらしい。記事の言葉からすると、利権構造を復活するぞ・・というようにも読める・・・現職へのご意見番ともある・・大久保彦左衛門ならいいが・・年寄りの僻み、影響力行使なら弊害しかない。どうも県民とはかけ離れている。だから選挙も勝てない・・民進党王国・・山梨なのだと感じるのは蔵六だけではないと思う。蔵六も基本的政党支持は自民党だが、山梨自民党はとなると考えてしまうな。民進党の県政、市政と結別してみてはどうだろうか??なんて考えてしまうな。

 

{C}    http://zouroku.com/14375388794769

学院の駅伝が残念な結果に終わり県民も正月はがっかりしたと思う。過日、タクシーの運転手が曰く『北新に学院の生徒が住んでいるといい、ここ数年は生徒からの挨拶もなく、何か昔の生徒と違っているよ』と。そのせいでもないと思うが、もし本当だったら生活の基本から立て直して欲しいと思い・・ここに書きました。そうすれば必ず県民の応援に応えてくれると思います。蔵六は応援していますよ。ついでに、学院にJAZZのBIG BANDをつくって欲しい。講師は私の友人たちが応援すると言っていますよ・・・学長に伝えてください。スポーツだけでなく音楽でも学院の名を日本中に!!!

 

{C}    http://zouroku.com/14834266716214  甲府開府500年が本格的に動き出してきたようだ。蔵六サイトにも500年欄をつくって、応援もするし、批判するし、でいこうと思う。蔵六も委員募集に応募したが見事に落選をした。応募原稿もサイトにアップした。選考方法等や基本方針に納得がいっていない事もあり、斜に構えていく事にする。市では応募者が多く、応募者からの意見を聞く会を設けるとの事で、楽しみである。

 

ブツブツ

詳しくはこちらをクリック

1月24日  http://zouroku.com/14375388857410

 

 

■インフルエンザが流行している。県内でも35校が休校や学級閉鎖になった。考えてみると、子供のいない家はインフルにかかりにくい。子供が学校でインフルになる。親が感染するというパターンで風邪が広がるのではないか。インフルは空気感染するから教室で1人がゴホンとすれば、皆が感染しやすいのはあたりまえ。

 

であるならば、風邪を引いたかなと思った子供は自宅授業にすれば日本のインフルエンザは大幅に減る。テレビ会議がある時代だから、家のパソコンに授業を流せば簡単だろう。パソコンなら双方向で居眠りもチェックできるから、まじめにやるだろう。

 

インフルが流行ると内科医院は満員になる。あの医療費って国の税金なんだよな。学校感染対策ができれば、かなりの税金の節約になるのだが。

 

風邪を引いたと思ったら強制自宅待機。テレビ授業って制度、だれか考えてくれないだろうか。

 

■個々から蔵六のブツブツ

◆18日にイオンと甲府商店街連盟の話し合いが行われ31日に覚書が交わされる事になったらしい。内容が楽しみである。市と会議所と商店街連盟とイオンモールの4社で締結するらしい。内容は、七夕やえびす講などにイオンが参加する事などらしい。まさか補助金は出ないと思うが、話し合いは非公開というのが気にかかる。情報公開から言ってもおかしい、蔵六は中心街の活性化の4社の議論を聞きたいし、連盟は何をイオンに求めているのかも聞きたし、市や会議所の考えも聞きたい。

やまとに文句言われるからかな?? 小林君どうかな!!

 

 

◆17日は甲府駅周辺のまちづくりシンポジウムムが開かれたと報道にあった。蔵六はネガテイブで申し訳ないのだが、この場に県がいない事に大きな疑問と問題点がある事を書かせていただく。

ここ2年間、いろいろな勉強をしていく中で、県と市の情報の共有が非常に悪い事がわかってきた。現に、この場に県がいない形が、それを表現しているのではないでしょうか!!

甲府城周辺の基本構想も県と市(部長級が出席)が協議しているものであるが、市の政策を見るにつけ、そんなことは頭にない事が分かってくる。

本当にイライラする!!

リニア構想の議員の会は、いい形で議論が進んでいると聞く。県と市の議員同士の議論の中身には期待したい。

 

甲府市政・・・詳しくはこちらをクリック

1月23日 蔵六のブツブツです。

http://zouroku.com/

 

 

■14日に小池塾4回目の講座がありました。

政治には大義と共感が必要である。

大義のない政策は意味がないし、廻りでピーチク・パーチク言っても意味がない、大義をとらえていかなければ意味がなく、共感が無ければ大儀にならない。

 

小池知事の大義は東京大改革であり、共感は透明性と覚悟である。

 

後藤知事と樋口市長に贈ります。

貴方がたにありますか? 覚悟と透明性。

山梨県と甲府市の情報公開度は全国で下の方と聞く。県民市民としては恥ずかしいなあ。

 

 

◆また、政治家には

鳥の目:全体を俯瞰する、研ぎすまされた眼、自分の立ち位置、国家

虫の目:小さなこと、小さなところに真実がある、ミクロの部分を見る

魚の目:流れを読む、歴史の流れも読む

この3つが必要との事・・・

山梨県と甲府市の政治家の皆様に贈ります。

 

 

■さて、行政機構は組長や議員以外に、大きな問題を抱えて居るのが役人の皆様です。(文部省の天下りなんかいい例です)

小池塾講師の話より抜粋しました。

 

 

◆役人の制約

継続性の重視

先送りの主義

事なかれ主義

縄張り主義

極度の縦割り

リスクや責任のとれない終身雇用の役人社会

 

◆部局の制約

議会の横並び要望

業界団体の要望

過去の政策との整合性

予算部局や他部局との公平性

 

以上 今日の小池塾からの問題提起でした。

 

県立図書館問題・・詳しくはこちらをクリック

1月19日 http://zouroku.com/14557580244515

蔵六のブツブツ・・今日は少しうれしい事です!!

 

■18日の山日新聞、甲府市は動物園の整備の見直しを決めたと記事に有る。

蔵六は、動物の事をまず第一考えるべきであるという事と、樋口市長のメインテーマ子供たちの為に・・この2つを柱としてこの問題に対処すべきだと主張してきた。

 

■動物の事は動物の生息域を復元し・・・・と展示方法について専門家と検討するとある。いい方向だと思う。

今いる象も何年生きるかわからないが、もし亡くなった後、あの檻はそのまま放置されることになる・・ならば・・違う動物に変える事を検討した方が良いと思う。象は3000万円もする。(全国の動物園と交換すればいい)

トラも狭い檻の中で一生を終える・・こんな悲しい事はない。

蔵六は、動物と触れ合える動物園に特化したらと思う。その為に、縮小してもいいと思う。いろいろな動物に会いたければ上野へ行けばいいし、旭川もある。

ITによる、映像なんかも考えられる。

 

子ども主体の市長の気持ちとも政策は一致すると思う。

開府500年記念事業の一つにもなる・・・未来を背負う子供たちに動物たちとのふれあい、生体系の勉強・・等々・・理屈は役員がお得意な分野だ。

 

 

動物園の問題が・・市の建設部が担当している事もおかしいと蔵六は思う。

(公演は理解できるが)

 

■その建設部が、遊亀公園の池を埋めると言いだしてこの問題が表面に出てきた。その事が発端でこの問題が大きくクローズアップされてき、地元の人たちも関心を持つようになったのが事実である。

新聞に池を縮小とあるが、埋める予定だったと聞く・これは市が嘘を言っていると思う。

やり直しに市が動かざるを得なくなった原因はここにある。動物の事ではない。

市の第六次総合計画の湯田地区の説明会で、この件(池を埋める事)について10人ほどの人から意見が出され、最後には、市長が全部は埋めない事を明言した。きれいにすることは発言した。

その結果が新聞報道になったと思う。

甲府市動物園問題・・・詳しくはこちらをクリック

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

1月17日 蔵六のブツブツ

 

■14日の日曜日、県立図書館にて開催された『ギカイを変えるキカイ』という表題の~議会基本条例と住民参加で、ローカル政治をクールに! という会に参加して来ました。これは若手県内議員の会『未来を拓く議員の会・来山会』の主催でした。これに学院の学生たちが協力してという事でした。

蔵六は北川正恭元三重県知事が来るという事で興味を持ちました。また、学生の行動にも興味を持っていました。

 

■さて、北川先生曰く:県や市は、地方公共団体といい、国の下請け機構である。県は国の80%下請である。(市は県の何%の下請けなのか聞きたい?)中央集権から地方分権時代へ向かい(疑問だが)、県や市は自己責任を負い、議会は大改革をしなければならないとの事である(私の理解度ではこんな話)との事。

 

■続いてのパネルデスカッシヨンはイマイチであった。熱き議会改革の息吹は感じられなかった。

県会議員の望月さん:いま、県議会で進めている議会基本条例の進み具合、議員の意見・見解・問題点等は全く聞けず。

山梨市の乙黒さん;山梨市の基本条例の現実は聞けず。

学院の学生の小椋さん:知識をいろいろ勉強しているのはいいが、山梨県の基本条例ついての考え等は聞けず。

物足りないデスカッションであった。

何の議論をするのかよくわからなかった(蔵六の能力の問題かも)

 

■質問をした(質問にはなっていない事は反省):今回の議会流会に対し、県議会議員・議会事務局、誰一人も謝っていない事に(県民に対し)怒りを感じている事と北川先生がやっているマニフエスト大賞に川崎青年会議所が選ばれており、それは首長を評価する事をやったと聞き、蔵六の進めている、議員通信簿、10人の県会議員を選挙で落とす事等の話をした。

望月議員の答弁は忘れたが、北川先生には、そういったネガティブな考えもあるとは思うが(先生は否定的なのかな?)と言い、約束をさせその評価をする・・というような話だと記憶した。(マニフェスト型なのだろうと思う)

 

ともかく、議会流会は、政策でなく政局で起こった事に間違いはなく、議員は県民生活の事は後回しである事も間違いない事実だと思う。蔵六は!

 

■最後に北川先生は来年も来ますと、その事は、議会改革が約束事で進んでいる事を確認しに来るという事だと理解した。来山会の皆さんでは少し心もとない蔵六でもある。来年までに何か変わっていればいいのだが・・・・・・

学院の生徒も、蔵六のような老人が感じるのは、熱きものがありそうなのだが、という感じだ。

 

以上 14日 日曜日の蔵六のブツブツである。

1月16日 蔵六サイトにいただきました投稿です。内容はイマイチわかりませんが、いただきました事もあり掲載します。

事実拡散

 最近異常気象が目立ちますけど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを、秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です

 本題に入りますけど、創価(なりすましのNSA)が一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます 犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ) NSAです 創価が、CIA(米中央情報局、スパイ)の下部組織ってのもあって、『NSA』っていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です 公明が与党になってから、精神科、心療内科急増、障害者手帳を持つ人急増、向精神薬の売り上げ急増。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明(なりすましのNSA )です 多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が世間に漏れてない理由は、遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に懲らしめる事をします 【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします 行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです 咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます 生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです 例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です 創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、NSAが軍事技術を用いてヤってます ちなみに、2738Hzで不眠に、4855Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です 特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです 人間心理ってのは面白いもんで、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに大胆な振る舞いが出来ますけど、身元を特定されて犯罪手口が皆に知れ渡ると、大胆な事をすれば自分に被害が及ぶので、やりたい放題出来なくなり、犯罪の抑止効果に繋がります。なので、こいつらに火の粉を振りかけるべく、【米国防総省】の名を全面に出して広げてます 

1月13日 蔵六ドットコムです。0

http://zouroku.com/14247607278798

 

112日のリニア乗降客の輸送方法を県が決定したという記事が、よくわかりません。記事にはこう書いてあるのです。

2027年に東京・品川―名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線に関連し、山梨県は11日までにリニア駅と甲府駅を結ぶバス高速輸送システム「BRT」について新平和通りを使うルートを採用する方針を固めた。

というものですが、BRTは、混合交通、平面道路でのバス専用車線、他の交通から分離したバス専用道路を含む多種多様な優先権でバスが運用されるものです。

 

が、新平和通りの朝夕のあの混雑を知っている方は「あれにまだバス優先システムを割り込ませたら、どれだけ一般車両が混雑するんだ」と思ったに違いありません。県は交差点の改良工事を行って解決しようとしているようですが、BRTは本来何車線もある道路の1車線を割り当てるもので、もともと片側2車線しかない狭い道路にはBRTの導入は向いていないのです。平和通りのような狭い道路では、バスを優先した分、当然一般車両が迷惑します。

 

ところで、リニア開業を機にリニアを商工業、観光振興の起爆剤にしようと山梨県はさまざまな審議会、会議を立ち上げ、これ以上ないほど県民の期待を膨らませて来ましたが、出てきた結論が「平和通りにバスを走らす」だけとは、がっかりしました。それは誰が考えても一番最初に思いつく方法で、県のリニア交通局、専門家会議、リニア環境未来都市検討委員会などが知恵を絞った結果とはとても思えません。これからリニア駅周辺の整備計画も随時発表されるでしょうが、どうか「平和通りにバスを走らす」ようなショボイ計画にならないように祈ります。

 

ココから蔵六

{C}    自治労の県本部が新年会を開いた記事が掲載されていた。手塚委員長曰く『自治体にも長時間労働がまん延しているのではないか』とのお言葉である。昨日、県庁前、時間夜10時30分頃・・・県庁の電気は明るく、明るく、電気が点いていた。タクシーの運転手曰く『偉い人は、みんな帰って、役職の低い人ばかり、やにやってるかわかないよ』と・・・それはともかく・・・公務員の労働条件が甘いのはなんでだろう???・・・民間には厳しくて・・・おかしい・・・官民格差・・と蔵六は疑問をもっています。

 

{C}    県議会の基本条例・・・反問権を削除・・・前島議員・・・当然の流れだね・・・今の、県議会議員の中で反問権の仕組みの中で議論できる議員が、いるのかな??・・・いても数人だね・・・県民はみんなそう思っている・・・と思う。

 

ブツブツ

 

追伸:自治労の新年会・・来賓・・後藤知事・樋口市長・中島、宮沢議員・そして大物輿石氏・・皆民進党・・・山梨自民党・・・手を切ったらどうでしょうか?? 山梨の疲弊は・・山梨自民党の責任が大!!

リニア問題・・・詳しくはこちらをクリック

1月12日 http://zouroku.com/14837643754934

 

 

■イオンが2年連続赤字というニュースが流れました。累積債務は2兆円を超えています。赤字の原因は週刊文春に書かれた「産地偽装」で、売られている食品が不安視され、客離れが進んでいることが原因だそうです。つまりイオンというのは、もともと「企業モラル」の低い会社なんですね。

 

イオン甲府昭和店の増築工事はかなり進んでいます。外から眺めただけでもその巨大さに圧倒されますが、この増築のおかげで何軒、県内のお店がツブレルのでしょうか。今年の秋にリニューアルオープンするイオン甲府昭和店の増床分は36千㎡ですから、単純計算で小さな商店の1000軒分に相当します。1000軒の中小零細商店がつぶれると、商店主と従業員数千人がフツーの生活から時給900円の低所得層に転落します。イオンでお買い物をしたお金はみんな県外にもって行かれ、県内には循環しないばかりか、イオンは2兆円の負債がありますから税金も払っていません。山梨県にはひとつも良いことがない今回の増床は、ほんとに必要だったのでしょうか? 

 

金融広報中央委員会が毎年行う「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、2人以上の世帯で「金融資産非保有」、つまり「貯金ゼロ」の世帯は昨年の調査で全体の3割に達しているそうです。別の調査によると未婚男性に限れば実に5割以上が貯金ゼロなんですって。世界一と言われていた日本も年々貯蓄率が下がり続けていることに驚きです。これはもちろん非正規雇用の年収200万円前後の低所得層が増えたことが原因です。そして地方の低所得層をジワジワと増やしている県外資本の頂点にいるのがイオンです。

 

老人は貯金を溜め込んで使わないと良く言われますが、実は調査をすると無貯金層は各年代層にまんべんなく分布しています。

<年代別・金融資産を持っていない人の割合>
20代……36.4%●30代……27.8%●40代……35.7
50代……29.1%●60代……30.1%●70代以上……28.6

お金に余裕がありそうな50代以上でも、約3割は貯金ゼロ。老後生活がどうなるのか、病気でもしたらどうするのか、ほんとに心配です。

 

イオンの一つ良いところは進出も早いが撤退も早いところです。赤字店はさっさと閉店してくれます。ですから低所得層から抜け出したい方は、イオンで買い物をせずに地元のスーパー、商店で買い物をすることです。「イオンに行かない。行っても買わない。」これが山梨県を豊かにする最速の方法です。

 

ココから蔵六

    県の予算案の中に、働き方改革というテーマがあるようだ。人的余裕のない中小企業にアドバイザーを派遣して改革を支援するそうで、1056万円が予算化されたとある。これも、国の意向を受け、山梨の役人の頭の中だけで、税金をどう使おうか、考えた結果という事だと思う。蔵六的には税金の無駄遣いの部類に入る。中小企業にはそんな政策はいらないのである。お金を出すなら、中小企業向けには優先度の高い他の政策を考えてもらいたい。特をスルノハ、アドバーザーだけだ!! 無駄!!

 

ブツブツ

蔵六の本職・・・詳しくはこちらをクリック

1月11日

 

 

■こんな文章を見つけました。手遅れかも知れませんが、多くの人が思いあたるはずです。

 

アメリカでの興味深いデータがあります。80歳以上の老人を対象としたアンケート調査です。質問は・・・

「人生で最も後悔していること」は何ですか? といったもの。 どんな回答が多いと思いますか? ちなみにですが70%の方が全く同じ回答をしています。

それは・・・『チャレンジしなかったこと』です。

 

世の中の9割が「こんなはずの人生じゃなかった」と言って死んでいきます。であればあなたには、「こんなはずの人生だった」と言って笑って天国に行って欲しいと本気で思っています。人生はたったの一度きり、もっとダイナミックに挑戦、進化をしていきましょう。

 

他人がどう思うか気にしなければ良かった・・・

私たちは人のからの目、評価を気にしてしまいます。しかしそれに重きを置けば置くほど自分が本当に求めているものが見えなくなり他人の意見、意志によって人生が決められてしまいます。他人の事を気にすれば気にするほど自分が取れる行動の幅はどんどんと狭くなり自分の首が締め付けられていきます。ぶっちゃけ、他人の目なんて気にしなくていいのです。

大事なのは、

『自分が』どうしたいか
『自分が』何をしたいのか
『自分が』どんな人生を生きたいか

です。

 

こんな心を打つ文章が続くのですが、やり直しのきかない一度しかない人生の正解ってなんなんでしょうね。

 

一番見ていてつらいだろうなと思う職業は政治家です。4年に一回自分の顔写真をそこら中に張り出すわけですから、ラーメン屋に一人で入るのもチュウチョすることでしょう。そのうえ誰にも愛想よく頭を下げなければなりません。かと言って資産公開を見るとそれほど恵まれているようにも見えません。良くこんなことやっているなと感心します。

 

後悔しない人生を送りたいと思った頃はすでに老人。『もっと早く気づけばよかった』というのが多くの人の人生最大の後悔でしょう。

 

ココから蔵六

    後悔という字は航海ともかけます。人生そのものといっていいのでしょうか。蔵六の今年の一つの大きなテーマは貧困問題です。生まれた時から、その子供の環境から、チャレンジできないような世の中に対して、少しでも何かをしてあげたいという気持ち、蔵六を動かそうとする何かを心の中に感じています。公平、公正という言葉が好きな蔵六です。私にお手伝いできることがありましたらご一報ください。高校までは教育の無償化に税金を使ってもいいかなと思います。医療、給食も・・・・

 

 

ブツブツ

お城の陸橋問題・・・詳しくはこちらをクリック

1月10日 http://zouroku.com/

頂きました投稿をご紹介します。

 

■今日の新聞によると、全国の地方議会で資料をタブレットで配布し印刷しない、いわゆるペーパーレス化が広まっているということです。大賛成です。甲府市議会も山梨県議会もこんな良いことは早く取り入れたら良い。

 

山梨県議会は昨年の「県議会流会」の不祥事の後始末に県議が全員で流会費用を負担することになりましたが、実はその費用のほとんどは「議会資料の印刷費」でした。このとき県財政課は、年4回の定例会に提出する議案書を年間730冊から570冊を印刷し、総ページ数120万ページの資料を、年間1868万円支出して印刷していると説明して、はからずも資料代がバカ高かったことが露呈してしまいました。

今回は流会問題で知事が専決処分をするために印刷しなおさなければならなくなった印刷代は520部に455万円ですから18750円ってことになります。日本中探したって、この程度のもので、こんなに高い印刷物は滅多にありません。

 

山梨県では富士川町と小菅村が実施し全国では60の議会がすでに議会資料のペーパーレス化を実現しているそうですが、山梨県の担当者の回答は?

「電子化を検討した経過は無い。電子データでは資料改ざんの恐れがあるから」というものでした。なんという頭の固い担当者なのでしょうか。議会資料が簡単に改ざんされるようなら、ほかのデータもやられるはずです。元の資料だけを印刷して残しておけば済む話ではないでしょうか。電子データになれば県民への公開も閲覧も、今よりはるかにスピードアップされるし、資料の検索も容易になり、倉庫のスペースも大幅に軽減され、そのうえ毎回の議会ごとに455万円もの経費が浮くのです。

 

こういうことを改革するのが知事と議会の役割です。失敗を恐れこれまでの業者とのシガラミを断ち切れない役人には、なかなか出来ることではありませんが、後藤知事、ここはひとつ踏ん張りどころです。ベテラン議員はどうやら「タブレットなんかは・・・」と難色を示しているようですが、若手の県議さん方、ご老人方にタブレットの使い方を伝授してあげてください。

 

県議会議員のみなさん方は流会の責任を取って自分たちの給料から「バカ高い」資料印刷費を支払っているわけですから、議員自身が身をもって体験している今が山梨県議会にとってはペーパーレス化を実現する絶好の好機ではないでしょうか。条例が提案されたら、全員賛成で可決されることを祈ります。

 

 

ココから蔵六

    いよいよ2017年、平成29年・・本格的始動は今日からでしょうか・・2019年には皇太子が天皇になり、新しい年号になる・・・そんなニュースが入ってきた。どんな年号になるのか興味はあるが、老の世界に投入している蔵六には、西暦、年号の二本立ては頭の中が混乱してくる。皆さんはいかがですか??

 

    昔、県庁に行く機会がありました。廊下に紙が詰まれている風景を良く見ました。今はどうなんでしょう。紙を無くす【原則賛成】、資源保護(これは多少疑問あり)、経費節減(これはいいが、印刷屋は困る)等々、・・紙一つにいろいろな利害があり、利権もあります。行政は、税金で動いている組織なので、ITを使い、議員の配布する資料も、配布と同時に公開すればいいと思います(○○委員会等の資料も公開すればいいのです)。議会答弁も、質問も答えもわかっている議会(なれあい議会)なら議事録を作る手間もかかりません。県も市も情報公開という点からは後ろ向きと言われています。(全国平均でも下の方です)

 

    休み中に、甲府9月市議会の議事録を読みました。わかりました。甲府市場問題、まつり問題、中心市街地活性化問題・・等の市議の質問は、議事録を書かねばならない展開だったことが・つまりなれあいでない事・・故に・・9月市議会の委員会の議事録が12月6日公開・・という時間がかかった事が・・・理解できました。

 

ブツブツ

 

追伸:山梨県議会の流会で生じた無駄な税金使用を議員で負担しているが、笛吹市の山下市長はどうしているのか・・教えてください。また、時の議会事務局にも責任ありとされた役人に対してはどのような処置がなされたのか教えてください。

甲府市議会・詳しくはこちらをクリック

1月6日 

投稿ご紹介します。無人スーパー!!

 

■マッタク店員がいないスーパーが実現しそうです。アマゾンが考えたのですが、客はスマホに登録されたAMAZONコードが認識されれば店内に入ることが出来ます。店内で自分が欲しいものを手に取り店を出ると、購入した商品タグが出口で読み取られるので、その情報がスマホを通じてAmazonに送られ、商品の代金は後日Amazonから請求されるというものです。これをアマゾンは将来的に米国で2000店舗展開する予定だとか。

日本は少子高齢化で働き手が少なくなり、スーパーなどのサービス業はマスマス人手集めに苦労する時代がやってくると予想されています。かと言ってヨーロッパなどの状況から、日本の場合人手不足を解決するために移民を増やすことには賛否両論があるようです。

 

そこで考えられるのが高効率化による省力化。つまりアマゾンの無人スーパーのようなAIによる省力化です。80パーセント以上の国民が何の抵抗も無くインターネットで買い物をしている時代では、銀行や保険会社、それに車の販売なんかもクリック一つで契約完了、という時代がついそこまで来ています。

 

文具や電気製品などはすでにネット販売に圧倒され、郊外の大型店舗はガラガラです。しかしネット販売には「配達」という大きな問題があり、いずれ頭打ちになるだろうと言われ、実際この年末年始はアマゾンの配送を担当しているクロネコヤマトはパンク寸前になったということです。

 

ところがアマゾンは配送の問題さえテクノロジーで解決しようと考えています。アマゾンのドローン配送サーヴィス「Prime Air」のドローンが127日、英国ケンブリッジシャー州で初めて荷物を配達しました。飛行時間は13分。これは同サーヴィスの最初の「民間テスト」で、今後多数の顧客に荷物を届けていくことになるそうです。

 

このように世界はヒジョウな速さで技術が進歩しているわけですが、そうなると「技術失業」という新たな問題が起きてくるので、各国はなかなか実施に踏み切れない。しかし少子高齢化社会の日本は先進国の中で若年失業率が最低。15歳から65歳までの生産年齢人口が急激に下がっている国ですから、その心配はイラナイ。省力化しても技術導入が出来る先進国の中で唯一の国で、移民の導入なんぞはモッテノホカ。少子化はむしろ働く人にとっては待遇改善、年収向上の好機だと主張しているのは経済評論家の三橋貴明さんです。

 

今朝の新聞の一面のトップ見出しは「高齢者」と呼ぶのは75歳以上からにしようと日本老年学界が高齢者の定義の10歳引き上げを提言したというものでした。なるほどな、そう来たかという思いです。政府は高齢者対策の対象人口を一挙に減らすことができ、「まだ老人と呼ばないでくれ」という団塊の世代には好感を持って受け入れられることでしょう。

 

ココから蔵六

    準高齢者の蔵六です。準老人でもいいです。90歳以上、超高齢者より超老人? 腰を痛めた蔵六に下記の川柳をいただきました。

新年なので、難しい事は来週からにします。

 

シルバー川柳

 

あーんして
昔ラブラブ今介護

診察日さけて
旅程を組む苦労

お釣だけ確かめ
品物置いてくる

ばあちゃんの勝負肌着
の診察日

白内障術後ビックリ
シミとしわ

本性がでるというから
ボケられぬ

欲しい物 今じゃ
優しさだけになり

来世も一緒になろうと
犬に言い

若作りした日に席を
譲られて

我が家での序列
妻 犬 金魚 オレ

夫婦して風呂 めし
済んでまだ6時

誕生日ローソク吹いて
立ちくらみ

LED 使いきるまで
無い寿命

三時間待って病名
加齢です

目覚ましのベルは
まだかと起きて待つ

ガガよりもハデだぞ
うちのレディババ

万歩計半分以上
探しもの

少ないが満額払う
散髪代

いらっしゃい
孫を迎えて去る諭吉

腰よりも口につけたい
万歩計

孫帰り妻とひっそり
茶漬け食う

妻旅行 オレは入院
ねこホテル

助手席の妻は
昔の上司並み

恋かなと思っていたら
不整脈

早送りしたい女房の
愚痴小言

指一本 スマホとオレ
を 使う妻

中身より字の大きさで
選ぶ本

老いの恋
惚れるも惚けるも
同じ文字

婆さんよ犬への愛を
少しくれ

デジカメはどんな亀かと
祖母が聞く

この頃は話しも入れ歯も
噛み合わず

 

 

山梨県政

1月5日 蔵六ドットコムです。http://zouroku.com/

休み中、少しサイトをいじってみました(作業途中です)が、2日に腰を痛め…寝正月です。

 

さて、いただきました新年初の投稿をご紹介します。

 

■新年明けましておめでとうございます。

 

東洋の暦では、甲乙丙丁の十干(じゅっかん)と、子丑寅の十二支、木火土金水の五行を組み合わせ、甲子(きのえね)から癸亥(みずのとい)まで六十種類の年を順番に繰り返します。2017年は4番目の丁酉(火の弟酉=ひのととり)の年で、気学では丁は火、酉は金なので、火が金を溶かす如く互いに克し合う相克(そうこく)の年、「上に対して下が弱い年」とも言われます。上が下を剋するということは、政治が国民に対して優勢なわけです。トップダウンを行いやすい。将来の人々の生き方を決めるようなことを、勝手に政治家が決めてしまう年になりそうです。

 

60年前の丁酉の年は1957年でした。この頃日本は戦後の混乱が収まり高度経済成長が始まり、今と比べてはるかに希望に満ちた時代でした。しかし少年の凶悪犯罪が最も多かったのはこの頃で、今の倍以上もありました。自殺率のピークもこの頃で10万人当たり25.7人、当時の日本は世界一の自殺率でした。

 

その原因は、東西冷戦で核ミサイルのボタンが押され世界の終わりがいつ来るかも知れないという切迫した現実が招いた結果だと言われています。確かに子供心にも、その後のノストラダムス以上に、世界中が終末論の恐怖に覆われ、どことなくヤケッパチで荒んだ空気が漂っていると感じられた時代でした。

 

そこで60年後にあたる2017年の日本で最も憂慮されるのは、人口のかなりの部分を占める高齢者のモチベーションです。金は無い。家族は離れてしまった。社会にはついてイケナイ。体は病気のデパートで、いつお迎えが来ても不思議は無い、まさに人生の終末を迎えた高齢者が人口の4分の一を占める社会は、どことなく自殺に走る人の多かった60年前に似ていませんか。

 

2017年の世界を左右するのは間違いなくドナルド・トランプという、いまだに正体のつかめない人物と、そのスタッフの手腕と言動です。この人たちがすべて最善手を指し続けるなどとは誰も信じていません。チーム・トランプが悪手を指す度に世界は混乱の渦に巻き込まれることでしょう。今朝のサンニチの風林火山欄にも、今年を象徴する鳥はダチョウで景気は「右往左往の横ばい」と予想されています。

 

とにかく今年一年、アメリカがあまり張り切り過ぎないで、むしろ引きこもってくれたら世界は幸せです。2017年、平成29年、皆様のご健勝とご多幸を心より祈念申し上げます。

 

ココから蔵六

    蔵六の誕生日、1月1日です・・多くのフェイスの皆様からお祝いをいただきました。この年なのであまりうれしくはないのですが、素直に、お礼申し上げます。68歳になりました。(皆様へのお礼はこれでかんべんしてくださいませ)この年になると、新年に向かい、何か新しい気持ちとか、目標とか、ないのですが、与えられたものに(腰の痛みにムカツキツツモ)、しょうがないの精神で、頑張らないで、いこうと思います。

 

    政治というのは、政治家、役人、国民(県民・市民)の三位一体の状況を表した形だと思います。では、その形が間違っていた時、誰が責任をとるのでしょうか? 最終的には増税という形で国民(県民・市民)がとる事になります。そして、将来この形を背負うことになる子供たちに大きな影響を及ぼします。故に、蔵六は、政治家、役人、国民(県民・市民)にいろいろの問題点を提起し、情報を公開し、議論を起こしていきたいと思います。そんな、蔵六ドットコムを今年もよろしくお願いいたします。

 

ブツブツ

 

完熟農園問題

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)