詳しくはこちらをクリック

匿名投稿:いよいよ主役が登場

 

 

■国民民主党が後藤知事を支援することが決まり、輿石元参議院副議長が最高顧問に就任することになりました。

 

いよいよ山教組(山梨県教職員組合)のドン輿石さんが表舞台に出てきたのです。じつは自民党長崎候補の最大の敵はこの方です。この方の手腕で山梨県の自民党候補はこれまであらゆる選挙で苦杯をなめてきました。

 

 

来春の知事選は山教組(山梨県教職員組合)の違法選挙を好き放題にさせるか、あるいはそれを長崎陣営が阻止することができるかにかかっています。本来学校の先生の選挙活動は公職選挙法で厳しく禁止されていますが、ドン輿石さんは「教職員が政治にかかわってどこが悪い!」と公言しそんなことは気にも留めません。

 

 

誰かが勇気をもって違法な「三日選挙」を止めさせれば山梨の選挙が正常化するのですが、自民党の国会議員や県議も山教組の仕返しが怖くて声を上げられません。なにしろ山教組(山梨県教職員組合)の巣窟になっている教育会館の理事長を現在の自民党県連最高権力者の皆川さんがやっていて、皆川さんの背後には富士急がいて、その富士急とドン輿石さんは仲良しですから。

 

 

いま山梨県はまるで西部劇に出てくる悪者に支配されている田舎町のような状態になっています。ハリウッド映画ではここで身を捨てて悪を倒そうとする正義漢が必ず出てくるのですが、山梨県ではなかなか現れません。日本は法治国家のはずですが、選挙違反を取り締まるはずの警察はどう考えているのでしょうか。選挙管理委員長にも当然この話は入っているはずですが、前回の参議院選挙の時も問題になりませんでした。

 

 

来春の知事選を契機に山梨県を覆っているこの真っ黒な雲が一気に払しょくされることを念願してやみません。もう一度気持ちの良い山梨県、明るく希望にあふれる山梨県を見てみたいものです。それには山教組(山梨県教職員組合)との妥協のない徹底的な戦いしかありません。1万人の先生が一人80票のノルマで票を集めたら長崎さんに勝ち目はアリマセン。中央との太いパイプを使って警察に働きかけ教職員の違法な選挙活動をやめさせることができたら政党支持率から言っても当然自民党候補が勝ちます。しかしこれまでの候補者のような中途半端では必ず負けます。

 

 

ちなみに山教組(山梨県教職員組合)の違法選挙を詳しく知りたい方は↓こちらをクリックしてみてください。

https://ironna.jp/article/1011

詳しくはこちらをクリック

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)