甲府市議会議会議員・・議員活動評価報告
蔵六と違うという方は、私までご連絡をお願いします。
サイトにて公開はします。訂正もします。
貴方の意見を入れます。
 

  • 議員通信簿(市会議員総合評価)
  • 甲府市議会議員の通信簿 その①

    ■2015年6月~2019年12月  

    合計 15回の本会議での質問回数による評価

    ■蔵六の市会議員通信簿について

    4年間で 15回の本会議で質問ができます。

    本会議 で3日間・一日目、代表質問 4人・2日目 一般質問で4人・3日目  一般質問で4人(5人の時もあり)

    合計 12人が質問に立てます。今回は15回で179回でした。

    32人の議員は 4年間で 1人 5、5回の質問に立てる事になります。甘く見て、4年間に 3回以下の方は議員の責務を放棄している事と見なします。その方たちをどうするかは・・・選挙民の責任です。

    ■甲府の議会は少数派閥に質問を譲っているのでしょうか?

    共産党は 3人で  29回

    公明党は 5人で  29回

    社民党は 一人で  8回

    無所属は 一人で  8回

    創政こうふは 8人で  38回

    政友クラブは 15人で  67回 

    1、木内直子    10回(共産党)

    1、清水英知    10回(共産党) 

    (代表質問 5回)

    2、内藤司朗     9回(共産党)

    (代表質問 9回)

    2、佐野弘仁     9回(公明党) 県議選へ

    (代表質問 4回)

    5、神山玄太     8回(無所属)

    5、山田厚      8回(社民党)

    5、小沢宏至     8回(創政こうふ)

    5、天野一      8回(創政こうふ)

    9、向山憲稔     7回(創政こうふ)(県議会選挙へ)

    9、藤原伸一郎    7回(政友クラブ)

    9.望月大輔     7回(創政こうふ)

    9、小沢浩      7回(政友クラブ)

    9、末木咲子     7回(政友クラブ)

    14、深沢健吾    6回(政友クラブ)

    14、長沢達也    6回(公明党)

    (代表質問 3回)

    14、植田年美    6回(公明党)

    (代表質問 3回)

    14、鮫田光一    6回(政友クラブ)

    18、中村明彦    5回(公明党)

    (代表質問 2回)

    18、長沼達彦    5回(政友クラブ)

    (代表質問 2回)

    20、金丸三郎    4回(創政こうふ)

    (代表質問 4回)

    20、桜井正富    4回(創政こうふ)(引退)

    (代表質問 4回)

    20、岡正義吉    4回(政友クラブ)

    20、山中和男    4回(創政こうふ) 

    (代表質問 4回)

    20、坂本信康    4回(政友クラブ)

    (代表質問 2回)

    20、原田洋二    4回(政友クラブ)

    26、鈴木篤     3回(政友クラブ)

    (代表質問 3回)

    26、清水仁     3回(創政こうふ)

    (代表質問 3回)

    26、兵藤顕司    3回(公明党)

    (代表質問 2回)

    29、池谷睦雄    2回(政友クラブ)

    (代表質問 2回)

    29.大塚義人    2回(政友クラブ)(引退)

    (代表質問 2回)

    29、萩原隆宏    2回(政友クラブ)

    (代表質問 2回)

    32、広瀬集一    1回(政友クラブ)

    (代表質問 1回)

     

    ■この赤色の皆様が不合格です。

甲府市議会議員の通信簿 その②

■2015年6月~2019年12月  

15回の通常院会での発言回数で比較、評価

■蔵六の見解

委員会は 15回以上開催されていますが、メインの15回で計算をしました。

Dランクは 一回の委員会にて発言が数回の議員です。4年間で15回であれば、一年に1回しか発言していません。

年間給料 700万円として 15回の場合 1回の発言は46万円という事になります。Dランク4人は議員の責務を果たしていないと判断します。

 

 

1、山田厚      (社民党)

2、向山憲稔     (創政こうふ)県議選へ

以上 AAA

3、木内直子    (共産党)

4、神山玄太     (無所属)

AA

5、金丸三郎    (創政こうふ)

6、山中和男    (創政こうふ)

以上 A

7、鮫田光一    (政友クラブ)

8、内藤司朗    (共産党

9、清水英知    (共産党)

BBB

10、鈴木篤     (政友クラブ)

11、藤原伸一郎    (政友クラブ)

BB

12、末木咲子     (政友クラブ)

13、清水仁     (創政こうふ)

14.望月大輔     (創政クラブ)

15、桜井正富    (創政こうふ)

16、植田年美    (公明党)

17、小沢宏至     (創政こうふ)

18、佐野弘仁     (公明党) 県議選へ

以上 B

19、兵藤顕司    (公明党)

20、長沢達也    (公明党)

21、天野一      (創政こうふ)

CCC

22、長沼達彦    (政友クラブ)

23、深沢健吾    (政友クラブ)

24、小沢浩     (政友クラブ)

25、広瀬集一    (政友クラブ)

26、池谷睦雄    (政友クラブ)

CC

27、坂本信康    (政友クラブ)

28、中村明彦    (公明党)

以上C 

29、萩原隆宏    (政友クラブ)

30、原田洋二    (政友クラブ)

31、岡まさよし      (政友クラブ)

32.大塚義人    (退任)(政友クラブ)

以上 D

この赤色の皆様が不合格です。

 

  • 政務調査費の使われ方

この評価はむずかしいのですが、一人会派は自分で行動し、報告書を書いていますので評価できます・・神山議員です。

山田議員は本にお金を使っています。この本はどうなるんでしょう??

大人数の会派は、視察等の行動を共にしていますが、報告書は若い者に書かせていると思います。一人一人報告をすべきと思います。

共産党や公明党は 自分の党の情報に金を使っています。市民という感じではありません。

 

 

  • インターネット、SNS活用状況
  • ■情報発信メディアアンケートの報告

    小沢浩

    末木咲子

    内藤司朗

    清水英知

    金丸三郎

    以上の 5名の議員の皆様からご返信をいただきました。

    蔵六の見解は

    一市民の問いに応える姿勢は、議員の根本的要素である事

    市政情報等発信等にメディアを使用している姿勢は評価できる事

    という事で、以上5名は続いて議員をする資格があると判断します。

     

    ■返事のない方で、メディアを使用している方も知っていますが、私の質問に真摯に応える姿勢を評価しました。

    ■議員団で、新聞折り込み等で報告を行っていますが、あくまでも議員一人でという立場で評価しました。

     

  •  

1214日 甲府市議会議員の皆様へ 9月議会議事録を読んで

_1}   {C}開府500年ご当地ナンバープレートは決定らしい(できるものは何でもやった方が良い)

{C}   {C}災害の為の備蓄の未了分の食料の利用は、社会福祉協議会と締結しで、無駄をなくす(どんな締結したか聞く)

{C}   {C}中核市構想の中で、広域連携の戦力構想が見えない(動き方により甲府が合併をしようとしている等の邪推が生まれる事を危ぐしているらしい)議員はもっと突っ込んだ議論ができないのかな?勉強不足としか思えない

{C}   {C}しかし、中核市の議論を今頃やっている市議会の感性(先見性)の無さは残念だ

{C}   {C}8つの都市宣言、市民の認知度は0だろう

{C}   {C}貧困問題は県が動き出して、やっと市もという感じで、残念だが動きが悪い.これからの施策に期待したい。

{C}   {C}山梨県は、ことし初めから総合球技場の説明会を各地の会場で何回となく行い、7月19日、山城地区の説明会を最後に終了いたしました。後日、総合球技場は山城地区の小瀬スポーツ公園第3駐車場付近に決定したという山梨県からの発表が報道されました。
 この総合球技場は、2万人を収容できる施設であることから、今後定住人口、交流人口に期待をいたすところであります。甲府市にも、この件に関しましては御苦労をいただいた経緯がありますことから、山城地区住民の1人として感謝を申し上げたいと思います。以上議員の発言・・(議論もなく、こんなんでいいんですか?)

{C}   {C}旅行者への環境整備につきましては、先月8月9日、甲府駅南口駅前広場がオープンいたしました。広場は、緑豊かな木々が心地よさやぬくもりを感じさせてくれる開放的な憩いの空間であります。甲府ならではの暑い夏にドライミストも完備されており、気配りが感じ取れます。
 また、カットした宝石や山々をイメージした観光案内所・バスセンターにおきましては、多言語案内により外国人観光客の方々におもてなしのできる施設であり、県都甲府市の玄関口にふさわしい新しい観光の拠点として生まれ変わりました。以上議員の発言・・(甲府駅南口、こんな褒め言葉でいいのでしょうか? 観光案内は山交のバスのキップ売り場の隅にちこっとですよ!! タクシーの降車場もありませんよ!! 広い場所は何の為ですか?? 辛口の質問が無いのですか? 市会議員の問題意識はその程度のものですか??)

{C}   {C}仮称ということで農業振興計画を現在つくっているという段階ですけれども、こういう計画の中で、先ほど答弁していただいたような紹介をしていく制度、地域と行政がしっかり手を携えて新規就農者を受け入れる体制が整っているんだということを仕組み化し、明記していく必要があるかと思いますが、その点、再質問ということでお考えをお聞かせください。以上議員の発言・・(これはもっと突っ込んで実現化を目指したらどうでしょうか? 貴方が視察したように)

{C}   {C}(中心市街地の活性化のついては、議員の皆さんが一つ一つ検証してみてはいかがでしょうか?? 蔵六はそれをしようと少しづつですが行動し始めました・甲府市への質問も返事をいただきました。)

 

続いて、委員会の議事録を読んで、蔵六の感じた事を書きます、

 

詳しくはこちらをクリック

9月議会

総務委員会

向山協働推進課長 まず今回の甲府市の協働によるまちづくりに関する基本方針の改定では、協働の主体を明確にするとともに、その役割も明確にしてまいりました。(主体とは?・役割とは?ヲ聞く)(協働の戦略構想が役人にはできていないと感じる)

民生文教委員会

英語教育の取り組みが古い発想で全く評価できない。

丁寧な説明にありがとう・・という議員が多い。当たり前の事を市民の代表としてきいているのに、お役人様という発想が議員に多い。

環境委員会

意見なし 開会9時55分 閉会11時06分

実審議時間   71

経済建設委員会

意見なし 開会156分 閉会213

実質審議 17

 

おやまあ!!!  おやまあ!!!  17分 給料泥棒に等しいかな??

議論する事がないんかい!!

 

詳しくはこちらをクリック

甲府市会議員の皆様へ

6月定例議会議事録を読んで・・感じた事です。今まで(3月議会迄)は市議会議員に送っていましたが、一市民の声を聞く気もない議員のようなので、フェイスする事にしました。

議事録もより早く公開するように議員の皆様にお願いをしました。当局に一市民の意見を届けていただいた議員もいます…ご報告…感謝!!

 

3月本会議より

◆甲府城周辺地域については、陸橋の脇につくった駐輪場との合理性を問うて欲しいかった。3回の部分を取り除こう!!

◆人口問題を数人の議員が質問したが、人口が減り続けるという現実の政策についての疑問を問わない議員の姿勢には納得がいかない。

◆500年の質問は、盛り上がらない原因にもっと追究の目が必要と思います。

◆競技場が本当に必要か市議会の議論は足りません。全くないのかもしれません。こんな議会でいいのですか??

◆子供の貧困問題については甲府市の取り組みは遅いと思います。甘い質問すぎるのではないでしょうか。その後を追ってきますか?

◆競技場への質問に市長は答弁なし・・代わりに・・企画部長・・・市長の資質に問題アリます…別にフェイスしました。

◆人口増加地区へ市の対応はイマイチである事がわかった。スピード感の無い市政である。5年後、10年後を考えてこなかった市政に原因があるのかも。

◆コンパクトシテイ構想は具体的な観点もなく、多分、プランも何もできないで終わりだろう。

◆動物園を子供最優先の事業と考えっていると市長の答弁・・期待したい。初めて聞いた。じぁ、具体的な政策は?? 疑問を感じる??

 

◆自分の言葉で質問している議員は、2人かな?? 共産党は除くが?

 向山議員、望月議員は自分の言葉かなと思う(共産党・公明党はわからないなあ)

 

ここより委員会

総務委員会

■コンビニにて印鑑証明等を取り出すソフト開発に、一億円、ランニングコスト、○○円・・・そんな事甲府市に必要かな?? 甲府市程度では必要ないと思うが。

民政文教委員会

■貧困問題への市の取り組みを議論しているが、県の流れにそってやるようだが?市独自でやる気がない事が明白である事がわかった。市は何にも考えていないという事だろう。

経済建設委員会

■議員が質問、市が答える・・議員はありがとうと言う・・どこかおかしい委員会運営に思える。なにをありがたがっているのだろうか? 聞く内容も、先に担当から聞けるような事ばかりで、本質的な議論にならない、勉強不足が如実に表れている。

唯一、本質的議論を、あえてしているのが、金丸議員だった。祭りの事、甲府の業者を守る事等々・・・

■企業誘致、8年間で1社 税金5000万円程、評価もない!! 社員100人・・・5000万円かけた価値あるの? ないのか? もっと検証をして欲しい。

環境水道委員会

■リサイクルプラザの管理指業者が,どうも、市の取り決めと違うような事をしているらしい。…すでに3か月立ち、管理体制はキチンをなったのか確認したい。 

こういった事は、市のHPで公開して欲しい。企業側がきちんと対応したのかも!!

 

詳しくはこちらをクリック

3月議会議事録を読んで 蔵六の感じた事

■平成29年3月議会、数人の議員から質問があった。貧困門題である。

早期の実態調査をすると市長答弁があった。しかし残念ながら、子供最優先の市長の市政とは感じられない答弁だと感じた。

子供の貧困の本質について議論が欲しい蔵六である。

幾つかの政策をしておりその事は評価する。

基本的な人権というか、最低限の行政としては、満足に食べられない子供たちがいる事、平等な教育環境が与えられているかという事であると思う。

放課後子どもたちに勉強できる環境づくりもいいと思うが、子供達全員が、例えば、修学旅行に行けているのか・・・等々気になる事である。

貧困問題の調査に甲府市の取り組みに熱さは感じられない。早急の調査と行動を期待したい。

 

■カジノ施設の質問に、甲府市はいらないと言えない市長は何を考えているのでしょうか? くだくだした言い訳みたいな答弁はしない方が良いと感じる。

 

■地域コミニュテイについての質問がありました。市は協働という言葉を使っています。蔵六はなんでも行政任せより、市長は、市民の自助と責任を打ち出すくらいの勇気を持ってほしいと思いました。

また、自治会への加入促進については、答弁に疑問があります。自治会で促進のための事業なんてやっているのでしょうか?

また、コンパクトシティについては、本市に適したコンパクトな街なんて構想があり・・推進してまいりたいと答弁しているが・・本当にあるの??かな? 

 

■甲府スタイルの授業???  市民は誰も知らない??

 

■たまたま、二日目の議会をネットで見た。質問も答弁も、先に議事録があるらしく、一斉に資料をまくる姿は、出来レースだなあと思った。役人が書いている原稿らしく、読めない漢字もあるらしい、内容も理解しているのだろうか??

 

 

 

 

 

 

常任委員会における議事録より

■市営住宅の未払い問題がある。1000万円もの税金で処理された。裁判費用に10万円かかった。税金である。148カ月、120カ月もほっておいた責任は誰が負うの?? 税金だから真面目な市民? おかしいと思うのは蔵おr区だけかな!!

■動物園の調査費・・1900万円・・冗談だろ・・どこかの調査機関に丸投げ・・? 税金である。

■甲府大好き祭りの位置づけの議論を金丸議員が何回もしています。市の答弁を読んでもはっきりしません。市長にもまつりビジョンを話してあるとの事ですが、この問題は市長が方向性の決断をすべき問題であると蔵六は思います。こんな決断もできない市長にがっかりです。また、大好き祭りが小瀬に行った最大の原因は、岡島の考え方のように聞きます。岡島の前でやってほしく無いとの事です。

■開府500年で何を残すの?という問いに・・未来に甲府を背負う子供達という答えがありました。市長の考えとの正整合性も有りいいと思いますが、現実、やっている事との反古が有りすぎる500年の進み方です。

■水道代を払えない、払わない人が2013件、解除が1943件、停止中が160件・・この現実の分析はなされていないようだ。業者に任せているかららしい。

■業者との懇親会の問題、2000円会費・・安い・・懇親会5時30分開始、集合5時30分、皆、走って会場に行ったようだ。

■蔵六が甲府の闇と言っている、産業廃棄に1億円もの支援をした事に疑問点が多く指摘された。業者に何らかの忖度があった事は事実らしい。領収書も?申請等の期日もおかしい?? 確認等の日にちも書おかしい?? ように感じる。

それよりも、本当に産業廃棄物が申請の通りあったのか疑問視されている。

 

以上 

蔵六の観点!!です。

 

詳しくはこちらをクリック

12月議会を議事録を読んで 市会議員の先生方に送った手紙です。

蔵六は、前回選挙後からこの活動を継続してきました。次回からは、サイトでの公開のみにいたします。(下記にもご案内しました)

 

甲府市議会議員各位    

 

新緑の候、皆様にはご健勝の事と思います。

皆様には、6月議会に向け市政への熱い思いをまとめている事とご推察申し上げます。

さて、蔵六です。選挙も近づいてきた事もあり、議事録を読んでのお手紙は最後にさせていただきます。

(本音を言うと、結構大変なんです)

 

代わりに、サイトにて議事録を読んでを公開していきますので、皆様には蔵六ドットコムを見ていただければ幸いに存じます。

皆様方の中に、一市民の疑問等を市当局に聞いてやるよ・・という方がおりましたらご連絡をお願いします。私の方からもよろしくお願いしたいと考えています。

 

さて、皆様ご承知のように、私は金丸さぶろう議員の選対の一人であります。故に、よく議論をいたします。長い経験や情報量の違いから、ケンカ腰の議論も時にはあります。蔵六はその議論から生まれてくるものが大事だと思っています。夜の中心街の活性化などのテーマ(内容は議員のアイデアですが)は、議論の中から、彼のアドレナリンを動かしている事と思います。

そういった意味でも、議員の皆様、当BARにご来店いただき、甲府の未来、山梨の未来の為に議論をしようではありませんか!・・という呼びかけを、改めてさせていただきます。

 

前回のご案内で、皆様に情報公開のアンケートをお願いいたしました。

結果、小沢浩議員、末木咲子議員、鮫田光一議員、内藤司朗議員、清水英知議員、金丸さぶろう議員の皆様からご返信をいただきました。ありがとうございました。

近日中にサイトにて報告いたします。

また、ご返信をいただけなかった議員の皆様には、いつでもご連絡いただければ

サイトにて市民に報告させていただきます。

議員として、市民への情報公開の姿勢が明確になると思います。

 

さて、私は老後をどう生きるかというテーマの中で、65歳時に、まちづくりを残された人生の十分の三の割合で関心を持っていこうという決断をしました。

その人生の一端を皆様と同じ志を持ちつつ、共に、地域の為に、と考えています。

そんな蔵六をこれからもよろしくご指導お願い申し上げます。

 

最後に数点考えている事を書きます。

◆リニアです。市長は一時間に一本停まると名言したそうであります。JR東海は一言もその事には触れていないと聞きます。

市のリニア構想は、一時間に1本停まる前提でつくられているという事で、市民は理解していいのでしょうか?? 

 

◆動物園は動物を主体に考えてください。動物は見世物ではありません、生きています。

 

一度議会に行き、現場で聞きたいと考えていましたが、昼間の時間帯は仕事もありなかなかいけません。前にも意見をしましたが、夜の議会を、市民の為にしていただけないでしょうか??(年に1回でも・代表質問の1日でも)

今回(3月議会です)、録画し数人の議員の先生の答弁を聞く事が出来ました。

名前は言いませんが、自分の書いた原稿の漢字が読めない先生がいました。先生自身で書いた原稿には思えない内容も感じました。

良く言う、質問取りをし、役人が原稿(質問と答え)を書き、という事だと思いました。質問も答えも役人が書いてくれるという事は現実にあると聞きます。

自身が勉強をして、自分の言葉で鋭く当局に質問をできるようになっていただきたいと思います。議員として勉強不足だと思います。

 

◆議事録の早めの公開依頼については、議会事務局の方から直接話も伺っています。正確さ等々の話を聞きました。世の中、IT,AIの時代です。

最新技術の導入で、役人の仕事も効率よくなります。議会も紙なし議会の時代です。議員の皆様の勉強をお願いします。

 

◆デュオヒルズマンション・・甲府中心街活性化まちづくり会議・・ご存知ですよね?? 

中心市街地まちづくり会議のことであります。昨年の8月に委員会答申(この内容にも問題がある)を出したまま、この委員会は9か月間、開かれておりません。こんなんでいいのでしょうか??

真面目に市政を行っているのでしょうか? 

 市会議員の皆様の見識を聞かせていただければと思います。向山議員が質問しています。

過日、デュオヒルズで聞いてきましたが、空調には50万円の補助金が出るそうです。どこから出ているのでしょうか? 調べてください。

また、甲府の繫華街には、やくざが今でもいます。この方々がこのマンションを買い、女の子の拠点するとかいう話も聞きます。真面目な生活をおくっている市民が、やくざの住むマンションをどう思うか、すぐ調査をしてください。

 

 

◆英語教育に、英語の歌を教える事を導入したらいかがでしょうか? しゃべれない英語、発音の悪い英語・・これが日本の英語教育です。

これを打ち破る方法が歌です。英語の勉強に素直に入る事が出来ると思います。

幼稚園で10曲くらい、ABCの歌からでいいと思います。小学校3年まで、20曲くらいを、意味を含めて教える事がいいと思います。一度、ご検討ください。

 

◆開府500年記念です。市からの公開されている内容に全面的に賛成ではありませんが、予算を含め審議をお願いします。1000万円丸投げまつりを予算の審議なく通しているのが市議会です。

市民からの企画の中には、武田24将の銅像をつくる計画があると聞きます。一億円かかると聞きます。

私は、甲府検定制度を企画したらどうかと思います。京都や大阪にはこの制度があります。甲府を知ることには、このプログラムが面白いと思います。ご検討お願いします。

 

まだまだ、興味のある問題点もありますが、時に応じてサイトにて発信をしていきます。

皆様のご活躍を心より期待しています。

活力ある市政は、活力ある市会議員の皆様から!!

 

                     合掌   蔵六 事 茂手木寛

 

 

 

 

 

 

 

 

クドイようですが・・

ここからは向山議員の質問(ディオヒルズ)と答弁です

 都市計画でいくと、甲府銀座ビルの1階部分は都市計画、お伺いをしてよろしいでしょうか。9月の末にまちづくり会議のほうでマルシェとか健康施設をという提言があったと記憶をしていますけれども、この提言をどのように生かして、また完成までにどういうアプローチを甲府市として行っていくのか、行動していくのかっていうところを、担当課としてのできる範囲の御回答をいただければなと思います

石原都市計画課長

 そちらの1階部分につきましては、企画の地域振興課で所管をしておりますので、今聞き及んでいる範囲でお話を、御回答させていただきたいと思います。


 今年度中にそこに入る業者を決めていきたいという話を聞いております。それも近隣の商店街と勉強会みたいなのをつくって、どんな業種を入れたらいいのか、そういったところを話し合いをする中で、今年度中に業者を決めて、来年度2月に引き渡しをされて、3月、4月ごろから入居がされると思うんですけれども、そういったところに向けていきたいということで、何かしら地元の商店街、地元の方たちとお話をする中で、どんなことをすればまちづくりにつながっていくか、そんなところを今話し合いをして、事業者選定しているとお話を伺っております。

 

 

(中心街のまちづくり会議からの答申がどのくらい進んでいるかわかりませんが、昨年の8月に答申をして、以来、9カ月間委員会は開かれていません・・こんなんで・・いいんでしょか?・・議員の先生方!!! 中心街の活性化の為に議論する事・・いっぱいあるじゃないですか!!・・まつりもその一つではありませんか・・課が違うからって、そんな縦割り市民には関係ありません!

前の課長は責任を取らないいんですよ!! 飯田課長です。こんな市政でいいのでしょうか??)

(今後どう進むのかわかりませんが、新らたな補助金には議員の先生方は絶対反対をしてください。)

 

 

議員の皆様へ4回(3月議会を終えて)目の送付文


甲府市議会議員各位

少し春めいてきました。蔵六ドットコムの茂手木です。

議員の皆様におかれましては、3月議会ご苦労様です。

さて、蔵六の3回目のご案内をお送りさせていただきます。面倒くさいと思わず一市民の声として聴いていただきたくお願いいたします。

2回目の送付からこの間、向山議員と神山議員からの広報紙をいただき、蔵六ドットコムへも掲載させていただきました。皆様の活動報告にもご利用いただければと思います。議員の情報公開は32分の2であります。

さて、12月議会の議事録を読ませていただきました。気になった点です。

■総務委員会では、第六次甲府市総合計画の基本構想案の審議をしていました。私も意見書を提出しましたが、意見書は2人(12の意見)しか提出していない事を知り非常に関心が薄い市民が多い事がわかりました。

市民からの意見を公開もしなければ(最低審議会の会員は読んでほしいとおもいます)、お礼もなければ、報告もないのが市のやり方です。

■一つ疑問に思ったことがあります。それは、議会での質疑、委員会での質疑の中では具体的な政策は少なく、実際の政策の動きは役人の世界でなされており、議員の皆様にはその情報がどう伝わって、市民の声を反映していただいているのかという点です。動物園問題も議論されていますが、同じ傾向と思いました。役人が決めて、市会議員は何にもできず、物事が進んでいくでいいと思いませんか??

■委員会採決では、賛成者名、反対者名が明確にされてない事です。これは前例踏襲ですか?? なぜですか

■議会答弁で一番気になったのは、市長答弁で、県と市の人口問題の考え方が全く違うという事が分かったことです。しかし、間違いなく人口は減る事は誰もが分かっているのに、その事を正さないのは何故ですか?人口が減る事を前提とした政策論議が必要と考えます。

■指定管理業者が市のOBである事がわかりました。公開できませんか??

税金の事も含めて。天下りですか?

■一般財団法人甲府市の事が良く理解できません。教えてください。

■田口工業・・の売買で、税金で支払われているのに何故公開できないのか、個人情報とあるが、税金の使い道は公開が当たり前と思うが、議員の皆様はどう思いますか。

以上

 

■樋口市政の検証が新聞に掲載されていました。蔵六の関心のあるテーマは中心街の活性化です。何にも効果を上げていない政策をしてきた結果が書いてありました。根本的な政策も何にもない市の補助金のばらまきだと思います。これを直そうと蔵六は市の中心街活性化委員会に公募いたしましたが、落選させられました。(21人が応募、当選の11人にも入れなかった蔵六の論述だそうです・その資料同封します)

役人が、過去や今の補助金行政の検証が気にいらないのかもしれませんが、12月議会では、向山議員がGAZKOFUについて検証をと依頼していますし、鮫田議員の答弁に、堀井部長は、事業ごとに検証を行うと言っています。これはきちんとやっていただきたいと思います。

なお、落とされた事になっとくがいきませんので、金丸議員に同行をお願いし、市の担当者にお会いしました。3人の役人で3つの評価基準で判断したそうです。私は最低、熱意は一番だと自負しています。市の総合計画にも時間を割き書いたほどです。同封した資料の評価ですが、考え方9分の4,5・熱意6分の3,5・表現力15分の7で・・合計30点満点の内15点だそうです。

不信感があります、その理由①何人応募とかいう情報が漏れている事、②補助金をもらっている方が選ばれている事(これ利権構造ですよね)、➂市にとって都合の悪い委員は入れたくない事(見え見えです)。

私は、金丸議員を通して役人の担当者にお願いをしました。情報をすべていただく事です。まず委員名簿、会での資料、議事録です。これは了解いただきましたので、金丸議員を通じて手元に来ると思います。私は、いただいた資料を基に、わたしなりの中心街活性化の為の行動を起こします。

 

■これは、蔵六ドットコムにいただいた投稿です。

甲府大好き祭りがゆれています。盛り上がらないからなんとかしようということで、会場を小瀬スポーツ公園に移そうかなんて議論が進んでいます。モッテノホカです。市街地活性化を目的に作られた祭りを小瀬に移してどうするんですか。なんでこの祭りが盛り上がらなくなったのかは行って見ればわかります。パレードに参加している人、踊っている人が楽しそうじゃないんです。真剣な顔と違う、実につまらなそうな顔で踊っています。そしてそれを見る人も楽しそうじゃない、しかも見物人はパラパラ。これは祭りじゃアリマセン。何でこうなったのかは原因は明白で、参加している人も見物人も祭りを何のためにやるのか趣旨がわかっていないんでしょうね。ただの中心街の活性化とか市民のふれあいなんて抽象的なものでは祭りのトキメキは生まれません。主催者が心をひとつにして熱っぽく参加者に呼びかけ「やろうじゃないか!」という気持ちが生まれなければダメなんです。盛り上がっている他県の祭りには必ずそれがあり、そこから熱気が演る人にも見る人にも伝わってくるんです。昭和61年山梨国体のアトに行われた身障者スポーツ大会の後夜祭が平和通りで行われました。甲府青年会議所(JC)が企画を任され1年かけて準備した祭りでした。JCメンバーが県下各地の団体・企業を訪問し祭りの趣旨を説明し協力を要請した結果47の団体・企業と5000人のスタッフが参加して、会場となった平和通りには6万人が集まり、後夜祭史上空前の規模になりました。甲府大好き祭りに言いたいのは、要は主催者の熱意なんですが実行委員会とは言うものの、実質的にはYBSというイベント屋さんに丸投げになっています。YBSも企業ですから熱気で一体感をつくるような余計なことに労力を割かず、当然利益を求めます。だから参加する人も見る人もシラケルようなつまらない祭りになってしまったんです。信玄公祭りもまったく同じ理由で年々衰退しています。祭りは「祭り事」神事からはじまりました。神が居ればある意味簡単ですが、今のような神のいないイベントであっても人の心の熱気を生むための何か、心の芯になるようなものが必要なのです。その点「浜松まつり」が大いに参考になります。浜松の祭りにはここに書いたことがゼンブ出来上がっています。毎年5月に開催されていますから、甲府大好き祭り実行委員会の皆さんはぜひ一度ご覧になったらイカガでしょうか。結論は「主催者の努力が足りない、」「祭りの熱気、盛り上がりを作るのは心だ」ということです。

■蔵六の意見

①その大好き祭りの代わりに、夏祭りをするといって今回の市の予算に1000万円が計上されたと聞きます。当然、市会議員の皆さんは反対しますよね。投稿の問題が議論されず、進むとすれば議員さんたちは必要ありません。大好き祭りの市の担当部署・・夏祭りの担当部署・・・中心街の活性化担当部署・・お城周りの開発担当部署・・等々・・縦割り組織の弊害だ!!!と思います。

アドブレーンに丸投げで、市民祭りですか??

②陸橋の所に駐輪場ができました。陸橋を歩いて、お城の廻りを探索すると、急にお城が見えなくなります。あなた方が決めた予算で作られました。ご存知ですよね。県と市でお城フロントを計画し、観光拠点にする構想はどこに行ってしまいましたか。市会議員の皆さんはどこを見て街づくりを担っていますか? 江戸小町文化(この構想も疑問ですが)に駐輪場はマッチしていますか??

 

■蔵六の提案

中心街の活性化にイベント型補助金はやめませんか!

中心市街地の活性化案を提案します。

甲府市内を縦横にコミニュテイバスを、朝早くから、夜遅くまで、マトリックスに走らす事を考えてください。

山交の大きなバスに人は本当に乗っていません。補助金が一億円位出ていると聞きます。

朝は通学から、通勤、病院と、子供から、勤め人、公務員、お年寄りが利用します。

昼は、中心街へ、買物に、お友達に、昼飯に、主婦が利用します。

夜は、会合に、勤め後の一杯に、酒を飲んでも、飲酒運転の心配はありません。

すべてのバスは、中心街を経由します。

そして、ITの技術を使い、今、どこを走っているか、自分の所にいつ来るかわかります。

コンビニを利用すれば、トイレも使います。

このシステム構想を考えれば、山交の今のシステムは破壊します。だから山交と行政で構想を練ればいいのです。

全国どこもやっていませんから、甲府は注目を浴びます。全国から人が来るので、観光にも役立ちます。

中心街に人がきますので、活性化なんて考えなくてもよくなります。

1回100円にすれば、どうなるのか専門家に考えさせてください。年より、障害者は0円でいいじぁないですか。バスも車いすが利用できればもっといいです。

中心街の活性化の柱になる可能性があります。

  議員の皆様で議論し、役人に可能性を研究させてみてはどうでしょうか、市民との議論過程でもいろいろな案が出ると思います。

 

 

 

以上

■皆さんにお願いしたことで何の動きもない事

議事録を一か月後には公開できるようにしていただきたいと思います。よろしく議会事務局に話をしてください。

広報誌の発行日時からして、もっとい速くは可能と思います。

  

甲府市議会議員各位

日に日に寒さが身に染みてくる季節になりました。

議員の皆様におかれましては、12月議会に向けていろいろなご提案を考えている事と思います。

さて、蔵六の2回目のご案内をお送りさせていただきます。

9月議会の議事録も公開次第読む予定です。

皆さんにお願いしたいことは、議事録を一か月後には公開できるようにしていただきたいと思います。よろしく議会事務局に話をしてください。

今回、第六次甲府市総合計画の基本構想案に意見書を出しました。資料同封させていただきます。また、県も総合計画への意見書を募集しており、蔵六も意見書を提出いたしました。この資料も同封させていただきます。

未熟な、蔵六の書いたものですが、皆様の議論に一つでも取り入れていただければ幸いです。

zouroku.comも皆様の政策や議員活動のPRにご利用いただければと思います。

党派関係なく掲載させていただき、議論の輪を期待したいと思います。

3点、申上げさせていただきます。

   山梨の基幹産業に知事は機械電子産業(エネルギー産業?)といいます。しかしながら、東京エレクトロンを初め山梨からどんどん撤退していきます。山梨の飯のタネ(基幹産業に医療を蔵六は提案)に貴方はどんな産業を考えているのか教えてください。その産業を柱に、中小企業が育ち、雇用が生まれ、すそ野が広がり、甲府市民(山梨県民)が豊かになるにはずです。貴方のご意見を聞かせてください。

    動物園です。開府500年、新聞での情報しかありませんが、ある議員からもう決まっているよというような事を聞かされました。開府500年事業、樋口市長の子供最優先都市構想の核となる可能性があります。別紙蔵六案を同封いたします。

    中心街の活性化にイベント型補助金はやめませんか! 郊外から、中心からコミニュテイバスを走らす事を考えてください。山交の大きなバスに人は本当に乗っていません。補助金が一億円位出ていると聞きます。

朝から、夜10頃まで、市内どこでも止まるバス、コンビニに止まるバス(コンビニがお金を出すかも)、トイレも利用できる、老人にはやさしい(椅子もある)1回、100円なら皆さん利用する(老人なら無料でもいいかも)

中心街の活性化の柱になる可能性があります。

  議員の皆様で議論し、役人に可能性を研究させてみてはどうでしょうか、市民との議論過程でもいろいろな案が出ると思います。

 

 

 

同封資料ご案内

   市の総合計画への意見書

   県の総合計画への意見書

   県の総合計画への意見書②

   動物園の事

 

 

以上

 

蔵六は、月、火、木、金、8時~10時は、原則BASIEにいます。

中心の浅草街です。

皆様のご来店をお待ち申し上げます。            茂手木 蔵六

 

■追伸 お願い事

県も市もですが、意見書は知識のない中、一所懸命考えて書いたものです。お礼の一言もなければ、何人の方から意見書が出ているのかもわかりません、公開もしていないようです(他の方がどんな事を提案しているのか知りたい事もあります)。官僚(職員)がどういう判断をしているかわかりませんが、出された方は公開していただき、県民、市民の中で議論してもらえればいい事なのです。

官僚の皆さんは、自分たちに都合よく判断します、面倒くさい事はしたくないのはわかりますが。

心ある議員さんは、担当者に聞いてくれませんか。

詳しくはこちらをクリック

甲府市議会6月議会について思ったこと(蔵六が)

■甲府市議会議員の選挙に大勢の皆様が立候補し、どんな甲府像を創りだしていくのか楽しみにしている蔵六であります。

私は議会の経験もなくどんな風に物事が進んでいくのか興味もありました。

6月議会を見て、感じた事を書きます。

■開府500年を見て、動物園のあり方が議論になっています。

海がないから水族館の発想はやめた方がいいと思います。樋口市長は樋口市政の理念として、子供最優先のまちづくりを唄っています。

この問題は、動物園だけでなく、遊亀公園全体構想として考え、子供中心のものにする事がいいと思います。

そして、動物は、象とかライオンは中国やアラブが高く買いあさり、資金的に無理だと思います。私は、子供が触れる事ができる動物のみに限定した、特化した動物園にする事を提案します。

市政の中で、子供に関係があり、市民と直結している施策をここにあつめたらどうでしょうか? 子どもスポール公園も考えられます。それから、駐車場の事があまり議論になっていないようですが、大事な問題だと思います。

■中核都市のテーマが出てきました。官僚の皆様もいまからの勉強を言う感じに受け取りました。議員の皆様も今から勉強する会を立ち上げた方がいいと思います。できたら、市民も交えて。

■リニアで国際交流都市の発想は無理があると思います。もっと考えた方がいいと思ました。

■リニアと甲府駅を結ぶ中間に、山梨交流センター(私が勝手に名づけました)を市場の土地を利用するという発想はいいと思いました。

ココから、山梨全県に交通網を張り巡らしたり、情報の提供をしたりいいとおもいます。山梨交通をここに移したらとも思いました。

■市の付属機関が気になりました。公募制、20歳から70歳、14機関、43名いる。その組織全体を調べ議事録も読んでみたいと思います。

■山田厚議員の言葉で、先例と慣例で甲府市議会があったものは、この甲府市議会である以上必ずその事を守っていただきたいと。市長さんのいうふうにお答え願った時に、何度もこの議会でおねがいしているけれども、いささかも御答弁ないというのは、この間の甲府市議会の先例、慣例に少しおかしいじゃないかと思って当然です。ぜひ、市長さんその辺の所のご判断をお願いします。

(この発言の意味をおしえてください)

■パソコン、ダブレットの持ち込みにいちいち許可? (時代遅れでは?)

■木内委員:済みませんが、ちょつと私、理解力が足りなくて、もう一度説明いただいてもよろしいでしょうか。

鈴木委員長:勉強会じゃないので、もう少しわからないとかじゃなくて、質問の仕方をもう少しかえましょう。

木内委員:済みません、その件に関しては、ちょつとここでは難しいですかね。また、個別に教えていただくということでよろしいでしょうか。

(ココの発言の中身がよくわからない、教えてください)

 

 ■木内議員からは電話をいただきました。後日勉強をしたそうです。非常に謙虚な方のような気がしました。頑張っていただきあっと思う議員の一人だと思います。

市政

甲府市市会議員の皆様へ

 

 

突然のご案内失礼申上げます。

 

自己紹介させていただきます。

私、茂手木寛(号:蔵六)といいます。1949年1月1日生まれ、現在66歳であります。

60歳の還暦を迎えた時、65歳で、経営の第一線を退くことを決め、この5年間後継者の育成等と老後の生き方の模索をしてまいりました。

一昨年、経営するモテギ株式会社(印章・印刷の総合商社)の第一線を退き、65才からの老後を過ごす形づくりをしてまいりました。

その形は、好きなJAZZを聞きながら、好きな本を読む。好きな事が第一でした。(JAZZ BAR BASIEです)

二つ目は、第一線を退いたとはいえ、消費者からのはんこ相談、業界の発展、印章の信頼性の維持、後継者への応援等の形づくりをしてまいりました。hanko-concierge.comを立ち上げました。

 

三つ目、これが皆様と一番関係がありますが、山梨オピニオンと名を付けたホームページ(zouroku.com)を立ち上げました。

この原点は若き頃の青年会議所時代が大きく影響をしていますが、私と地域とのかかわりがテーマであります。

国政、県政、市政、まちづくり(個別テーマとして・中心街の活性化・天守閣問題等々)また、特に、議員活動にも興味を持っています。税金の無駄遣いが大きなテーマでもあります。

また、若者に夢のある未来、老人の生きがいもテーマであります。

そんなテーマを、ホームページを通じて、私のオピニオンで発信、市民、県民の皆様のオピニオンも頂きながら、議論の場を提供できればいいなあと思っています。

そして私たちのふるさとが少しでも良くなればと願って立ち上げたものです。

 

その他、官民格差問題、近代現代史(なぜ、日本は第二次世界大戦へ突入したか)をテーマとして持っています。

 

 

 

つきましては、市政の先頭に立っている皆さんのご意見をいただき、皆様の意見、主張を広く市民にアピールし、より良いまちづくりを行っていきたいと思っています。

ホームページをご覧いただければわかると思いますが、甲府市市会議員一人一人の皆様をご紹介させていただきました。

これは、過日の選挙公報の資料であります。

皆様の、主張、議員活動、様々な問題に対する考え方等々、書き足しますので原稿等、いただければ幸いと思います。

4年後の、18歳の高校生も参加できる選挙に役に立てばとも思います。

 

このサイトは、6月1日にオープン致しました。

すでに何人かの議員の皆様に見ていただいているようです。こいつ何やっているんだろうと思った方もいると思います。

私も皆様方の活動を市民に紹介、あるいは時に辛口になるかもしれませんが、皆様の主張を一党一派に偏ることなく公平、公正に論評していくつもりです。

この街を少しでも良くしていきたいという気持ちですからですので、お気に障ることがあるかもしれませんが趣旨をご理解の上ご容赦ください。

 

ホームページには、何人かの市民、県民の皆様に投稿も頂き始めています。

まだまだ、スタートしたばかりですので、試行錯誤ではあります。

今後、皆様へのアンケート等を実施し、市民に伝えていこうかとも思っています。

その時は、ぜひ真摯に取り組んでいただければと思います、

また、議員通信簿の企画も勉強中です。まだ、試行錯誤の段階ではありますが、

次回選挙の時に市民の参考になればとも考えています。

 

最後に、こいつ何考えているんだ等々、疑心暗鬼な面もあると思いますし、まだ始めたばかりで内容的には不備が目立ちますが、これから皆様のご意見も頂き、内容の充実を図ってまいりたいと思います。

私にご連絡いただく場合は、下記によろしくお願いします。

なお、お酒が飲める方は、私のBARへご来店いただければとも思います。

暑い夏が続きます。体調に気を付けて、この夏を乗り切り、9月議会の皆様のご活躍期待申し上げます。

 

 

蔵六オフィス 主宰 茂手木寛 こと 茂手木 蔵六

 

 

■山梨オピニオン サイト  zouroku.com

■氏名  茂手木寛 (号:蔵六)

■自宅 400-0017 甲府市屋形3-2-16

■会社 モテギ㈱ 400-0858  甲府市相生2-10-12

■蔵六オフィス

 甲府市中央1-2-4  浅草街共同ビル1F

 JAZZ BAR BASIE

h-motegi@motegi-kk.com

■蔵六サイトからも送信できます。

■なお、JAZZ BAR BASIE 

 営業日 月・火・木・金

 8時~10時(原則)

■携帯

 090-3243-8641 

 

■略歴

昭和24年1月1日生まれ

相生幼稚園

相生小学校

南西中学校

甲府一高 (現在同窓会副会長)

明治大学 昭和48年卒

茂手木印材店入社

モテギ株式会社 専務・社長 (現在相談役)

 

■所属団体

山梨県印判用品卸商工業協同組合 元理事長

全国印判用品商工連合会 元会長

甲府商工会議所 元議員(常任理事・二号議員・監事)

甲府青年会議所 第36代理事長

甲府南ロータリークラブ 現会員

青年会議所時代、甲府商工会議所時代、いくつかの審議会委員

 

以上

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-3243-8641

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)